FC2ブログ
プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
ラッコ 1st FULL ALBUM「弱肉教職」の感想文。
2016年11月3日、デモンストレーション的な1stライブをもって正式に始動したラッコ。


今日、2018年11月3日はラッコさん2歳のお誕生日。
おめでとうございます。

私はMy BACTERIA HEAT IsLANDから点々さんの、平一洋さんのファンになったので、
その長い経歴の中のほんの4年の活動しか見てきていないのだけれど、
ひとつのバンドや活動が2年続くのを見るのは初めてで。
その原動力について考えたりしている。
長く続くことだけが正義ではないのは理解しているけれど、その音楽はとても素晴らしいから、
もっと遠く、もっとたくさんの人に届くまで、途切れずに続いたらいいなとは思っています。

2周年の今日、本当は2周年記念ワンマンの感想でも書き残したいなと思ったけれど
ライブ中にとめどなく泣きすぎて記憶も流してしまったので、思い出したら書くことにする。
本当に、今のラッコの実力、凄さを体現したような素晴らしいライブだった。

雨の怪虫や人間博覧会、PM5:00といった重さを伴う曲での平さんの歌声の痛切さ、迫力は鳥肌が立つようで、
私が平さんに期待してしまうのもこういった痛みなのだなあとあらためて痛感させられて、
それは普段のイベントライブではあまり聴けないから、私はラッコの客の才能がないなーなどと思う。
傷口を開くようにして歌うこの人が好きなんだって。自覚する度に苦しくなる。
私のジーザス・クライスト。私達のために血を流して苦しんで、磔になってください。
恍惚の表情で祈りを捧げながら、私のジーザスが苦しむのを眺めている。それが私の崇拝。


それでも何かしらラッコへの愛(もしくは、執着)を語りたいので、
1年前の2017年11月1日に発売された、ラッコ 1st FULL ALBUM「弱肉教職」の感想文を、自己満足で書き綴りたいと思います。(画像のリンク先はGLK MUSIC SHOPの商品ページ)

ラッコ 1st FULL ALBUM「弱肉教職」


私はこのアルバムを10枚以上は買っているので、興味をもってくれた友人に聴いてほしいと押し付けたりもしていて、
その度に少しずつ書き足しながら自分の思いの丈を書いた文章を添えていました。
(先入観をもってほしいわけではなく興味をもってほしいという意味でしたがあまりよくなかったかもしれない)
発売から1年経ったこともあり、もういいかなと思ってblog上にもこの長文を残しておきます。

私の中では日本の音楽史に残るべき名盤です、長く聴き継がれる1枚になりますように。

<「弱肉教職」に関する感想文。>
続きを読む
【2018/11/03 23:58】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
2018−09−04 MORRIGAN × ラッコ 2マン『独眼竜』東京公演 東高円寺二万電圧
MORRIGANとラッコのツーマンシリーズ、仙台に続き東京編。

二万電圧でツーマンするの好きだねてんてんさん・・・
「二万」と「2マン」かけてるの?と思わなくもないよ。
(Re:MBHIの時から言われてますね)

二万電圧、とても好きなハコだしてんてんさんによく似合うけれど、
私は情緒不安定になるから本当はあまり行きたくない。

私にとってはRe:MBHIのホームみたいなライブハウスだ。
記憶のフラッシュバックで眩暈がするし息が苦しくなる。
それでも本当にねえ、この場所で見る平一洋さんは特別なんだよ。
だから書き残しておきます。

<2018−09−04 MORRIGAN × ラッコ 2マン『独眼竜』東京公演 >

続きを読む
【2018/09/07 01:35】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
2018−08−14 MORRIGAN × ラッコ 2マン『独眼竜』仙台公演 Space Zero
半月以上あいだを開けてしまったけれど、やっぱり残しておきたいことがいくつかあるなあと書き始めてみる。

やはり私にとって仙台で見るてんてんさんは特別なのだと思う。
初めて仙台で歌う点々さんを見たのは3年前。2015年7月15日のMy BACTERIA HEAT IsLANDワンマン。
場所はMACANAだった。
私が世界で一番好きな曲は「無題」というタイトルなのだけど、
その日その曲に入る前に点々さんがおっしゃったことを、今も支えにして、というか縋りながら生きている。

「次の曲は、すごく大切な曲で・・・。今日が終わっても、今のこの時間が終わっても、この瞬間のことを思い出して、これから先も生きていけるように。そんな思いを込めて歌います。『無題』」

生きる意味はまだ知らない。きっと知らないまま死んでいくけど、
生きる理由は確実にくださったと思う。
それが私にとっての平一洋さんというアーティスト。

つまりは依存しているのだけれど。まだもう少しは許してほしいなと思う。


記憶は断片的だけれど少しだけ書き残させてください。嘘みたいに暑かった夏の記憶とともに。

<2018−08−14 MORRIGAN × ラッコ 2マン『独眼竜』仙台公演>

続きを読む
【2018/09/02 20:46】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
2018−07−31 ラッコワンマンツアー 夏の海水欲情 抗争特区 FINAL公演
ラッコの始動当初からの体制、すなわちIvyさんがいらっしゃるラッコの最後のライブが終わった。

約5日間、ぼんやりと過ごして記憶が戻ってくるのを待っていたけれど、私は今もぼんやりとしている。
なので淡々と、いくつかの記憶だけ書き留めたいと思う。

私はラッコのIvyさんとして、Ivyさんというベーシストに出会えたことは幸運だったと思う。
華やかなステージングも攻めるタイプの音作りも、とても好きだったし、飄々としたお人柄にもとても惹かれた。
この先もベーシストIvyさんとしての活動は続いていくので、私もその姿を見続けられたらいいな。

ラッコとして正式始動する前に「コアラ」という名前での数回のライブ活動、私は最初の1回、
一度だけ観に行った。受け入れがたいとは思いつつも、メンバーさんの熟練度の高さを感じたことは覚えている。
さらにその前、ラッコと同じ構成ではないけれど(milkさんはいなかった)ラメさんのお誕生日イベントで、
SANさんhigiriさん点々さん、そしてIvyさんという組み合わせでのセッションがあった時に、
Ivyさんを数年ぶりにステージで拝見して、記憶の中のIvyさんよりずっと大人びていることに驚いた。
(私はIvyさんのことは2014年に一度か二度、Moranで観たことがあるだけだった。)
全員おそ松さんのパーカーだったなあ。

ラッコの始動は私にとっては喪失だった。
Re:MBHIの終幕とほぼ同時にやってきた事象だったから。
(活動一時停止という立て付けではあったものの、実質的にはプロジェクトの終わりだったと思っている)
ラッコの活動だけがRe:MBHIの終わりの原因でないことは2年近くかけてようやく飲み込めてきたけれど。

喪失感と共にラッコというバンドの活動を追いはじめて、それでも着実に心を掴まれていったのは、
最愛のボーカリストてんてんさんの存在だけではなくて、楽曲とライブが、メンバーの皆さんが魅力的であったのに他ならない。

Ivyさんの脱退はラッコにとっては大きすぎる喪失だと思う。
それでも乗り越えていってほしい。
私はその先の景色が見たいから、というファンとしてのエゴだけれど。

IvyさんがラッコのIvyさんとして存在してくださった最後の記憶は、あまりにも断片的だ。
ただそういう日があったということだけど、残しておきたいと思う。

<2018−07−31 ラッコワンマンツアー 夏の海水欲情 抗争特区 FINAL公演>

続きを読む
【2018/08/05 15:05】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
2018−07−28 ラッコワンマンツアー 夏の海水欲情 抗争特区 大阪公演
明日は(きっとこのblogを書き終わる頃には日付が変わっているけど)7月31日。

Ivyさんがラッコから脱退される日だ。発表は4月16日だったから、3ヶ月半も猶予があったのに、心の準備なんてできないものだな。

Ivyさんがいらっしゃる最後のワンマンツアー4公演のうち3公演目、大阪のライブ感想をさらりとまとめておきたい。

私はいつだって、忘れてしまうことに怯えている。
何もかも覚えておくことなんてできないけれど。

<2018−07−28 ラッコワンマンツアー 夏の海水欲情 抗争特区 大阪公演>

続きを読む
【2018/07/31 02:05】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
2018−07−27 ラッコワンマンツアー 夏の海水欲情 抗争特区 名古屋公演
Ivyさんがいらっしゃるあいだの、最後のワンマンツアー4公演のうち2箇所目。

最終公演前にセットリストだけでも記録しておきたいので手短になりますが更新しておきます。

いつも記憶がないと言いながらそれなりの長さで書いているわけだけれども、
この日の名古屋と翌日の大阪は本当にあまり記憶がないな。
どちらもとても、良いライブだった。ステージとフロアが共鳴するような。
私はいつもそれを外界から眺めてしまうのだけど。

名古屋のライブが私にとって衝撃的だったのは理由があって、長らく聴けなかったラッコで一番好きな曲が演奏されたからだ。

でもそれだけじゃないな、こんなに圧倒された理由はなんだろうと大阪のライブが始まるまでずっと考えていて、
自分なりに一つの結論に達したのだけれど、平さんの表現がすごく、歌いたいという欲求に沿っていて、内側から炸裂するようだったからかなって。

例えばだけれど2週間前の大阪が本当に神懸かったパフォーマンスで、その時は怖いくらいでそんな平さんが本当に好きで。
でもそういう、何かが憑依しているみたいな状態とはまた違うベクトルで、この日の名古屋は凄かったから。

常々言ってしまうことだけれど、ラッコ以降、平さんが「ライブが楽しかった」とおっしゃる度に少し寂しく感じてしまう自分が心底嫌だったんだけど、
それはつまり、「楽しいもの」として片付けられるほど平さんの音楽は単純じゃない、という観念が強すぎて。私の中では。
もっと痛々しくて、突き刺さるようで、血を吐くような。
MBHIからRe:MBHIにかけては、全身全霊で受け止めようとするあまりにライブを観る度にぼろぼろになっていたし、そのことに依存していた。

そんな捻くれた思考の果ての崇拝にすごく引け目があったのだけれど、この日は、平さんが心から音楽とライブという空間を楽しまれているのが伝わってきて、そのことに心が洗われるようだった。
ラッコはいいバンドだなとあらためて思う。

セットリストくらいしかないですが書き留めます。

<2018−07−27 ラッコワンマンツアー 夏の海水欲情 抗争特区 名古屋公演>

続きを読む
【2018/07/30 02:16】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
2018-07-25 ラッコワンマンツアー 夏の海水欲情 抗争特区 巣鴨公演
楽しみにしていいのか、その日が来ないことを願えばいいのかわからなかったワンマンツアーが始まった。

Ivyさんがラッコにいらっしゃる最後のツアー。残り、4公演。

脱退が発表されたのは4月。ずいぶん昔のことのような気がする。

ラッコはとても、演奏に対してストックなバンドだと思う。
音源で聴いてもライブで聴いても、感嘆してそれぞれの楽器に耳を澄ましたくなる。
Ivyさんの、耳に飛び込んでくるようなベースラインが好き。
そして華やかなステージングも。
私が初めてIvyさんを観たのはおそらく2014年くらいのMoran、場所は池袋EDGEなんだけれど
くるくる回って衣装の裾がひらひらと舞って、機械仕掛けのお人形さんみたいだなと思ったのを覚えている。
今はIvyさんのことをお人形さんみたいとは思わないけれど。
いたずらっぽくて魅惑的な、捕まえようとすると逃げる妖精さんみたいだ。(お人形さんとあまり変わってねえぞ)

余談がすぎました。

淡々とライブ感想を書いていきたいと思います。
なぜ淡々とかというと記憶がないからです。いつものことです。

獅子王の最後列、ほどよく観やすくて好きだけれど、ステージ高くはないから機微まではわからなくて、
でも音がすごくクリアに聴こえたし平さんがお立ち台に立ってくださるとよく見えた。

<2018-07-25 ラッコワンマンツアー 夏の海水欲情 抗争特区 巣鴨公演>

続きを読む
【2018/07/27 03:15】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
2018-07-21 ラッコ 高田馬場club PHASE(GLK TOUR SUMMER'18ファイナル)
名古屋、大阪、福岡、と回ってきたGLKツアーもファイナル東京。
私は福岡以外の参加でした。

レーベルツアー独特の連帯感というか親密感を感じる、あたたかいツアーだったなあと思う。


ゲストあり、スペシャルバンドありなので地方公演より出演バンドが多いということになり、持ち時間も少しだけ短かったのかラッコのセットリストは地方は8曲、東京は7曲。
続きを読む
【2018/07/24 00:47】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
2018-07-14 ラッコ 心斎橋Bigtwin Diner SHOVEL(GLK TOUR SUMMER'18)
名古屋に続き、GLKツアー2日目大阪。私は福岡は行かなかったので地方最後ということになる。

猛暑というか記録的な酷暑の中、朦朧としながら大阪の街を彷徨っていたのでちょっと記憶がアレだけど、とても良い思い出になった。

この日の出演順は、オープニングゲストのBaby Kingdom、それからラッコ、B'LAIVE、Leetspeak monstersだった。
最初から最後まで楽しかったなあ。

ラッコ以外のライブについて先に触れておくと、ベビキンはホーム大阪らしい盛り上がりでファンの人達に愛されてるなあと伝わってきて微笑ましかった。フロアが本当に楽しそう。

B'LAIVEのボーカルジキルさんは「今日はステージがすごく暑い。どれくらい暑いかというと、ラッコ終わって戻ってきたてんてんさんが『今日はやべえ・・・』って言うくらい。それでもかっこいいんだよね」とか「てんてんさん、今日は香水忘れたみたいで、俺の香水使ってくれてます!今日は俺と同じ香りです!笑」とかてんてんさん大好きなんだなあというMCをしてくださるし、なんていい子なんでしょうとおばちゃんは思いました。

Leetspeak monstersは本編終了後に、今日もアンコールないのかなーと思ってたらhigiriさんとヨッシュさんが登場されて森のくまさん歌われて去って行かれたのでやっぱりないのかーと思ったのにアンコール応えて出てきてくださった。
そしてB'LAIVEからわゆさんと愁さん、ラッコからmilkさんとhigiriさんが登場して、舞台上でわちゃわちゃしているところが見られてうれしかったなー。milkさんがドメさんを見よう見まねでフリなさってるのもかわいかった。
higiriさんも穏やかな笑みを浮かべながらステージをうろうろしててわんわんさんと絡んだりしてらして、本当にもう孫のようにかわいい・・・。
あと、全然関係ないんだけどhigiriさんがオレンジ色のY−3のベルトをしているのが見えて、おしゃれさんだな・・・!と思うなどした。(ヨウジヤマモトさんのブランドですね)

そしてラッコのライブ感想を。記憶薄いけどこの日はどうしても書き残しておきたいことがあるのだ。
とても、印象的なライブだった。
続きを読む
【2018/07/19 01:46】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
2018-07-13 ラッコ HOLIDAY NEXT NAGOYA(GLK TOUR SUMMER'18)
2018年の夏がはじまりました。(おまえの夏は何度始まるんだよ)

夏の始まりの合図みたいなもの、直感でしかないけど大事にしていて、
たとえば2015年の夏は、始まった瞬間に終わってしまったことを忘れられずにいる。
My BACTERIA HEAT IsLANDの最後のライブの日。2015年、7月20日。

さらに遡ること1年前、強烈な洗礼のような、雷に打たれるような衝撃と共に夏が始まった。
2014年7月13日、高田馬場club PHASE。My BACTERIA HEAT IsLANDの東京初ワンマン。
私がステージで歌う点々さんを、平一洋さんを生まれて初めて見た日です。

それから4年目の同じ日に、ライブがあるなら行きたいなって、急に思い立って行くことを決めた。
感傷にひたるためだけじゃなく、今の平さんの輝きを可能な限り見届けたいなって。
と言いつつ感傷に浸りまくりだけれども。私はそういう病気だから仕方ねーよ。

Ivyさんがいらっしゃる最後のGLKツアーになるんだなあと思ったから、という理由も多分にある。
始動から1年半と少し続いた現体制でのラッコは、7月末で終わる。
このあとはワンマンツアーも控えているので、なるべくたくさんの人に観てほしいなあと思う。


この日の出演順は、オープニングゲストのBaby Kingdom、それからB'LAIVE、Leetspeak monsters、ラッコだった。
続きを読む
【2018/07/17 01:48】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次ページ