FC2ブログ
プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

05 | 2019/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
2019-05-25 ラッコ単独公演 -排他的主張-in心斎橋PANHEAD GROOVE
ラッコ活休前最後のワンマンツアー、地方公演ラスト。

ひとつずつひとつずつ、最後を消化していって(最後のツーマンとか最後のイベントライブとか)迎えたワンマンツアー。
十三階段をのぼるような気持ちで、死に向かっているように感じていたけれど、
回数を重ねるごとに私自身の心持ちに少しずつ変化があった。

あくまでも主観でしかないけれど、一時期は弱まってくすぶっていたバンドとしての輝きを取り戻していかれる過程を肌で感じるようなツアーだったし、ああ、今ラッコというバンドはとてもいい状態なんだ。と客席で実感できた。

もちろん、いい状態なのに止まらざるを得ないことは勿体ないことだとは思う。
それでも止まることを決めてくださったからこそ、休止を迎えるツアーファイナルに向けて焦点が定まったところもあるのかな。

明日でラッコは活動休止する。その日をやけに凪いだ気持ちで迎えようとしている自分に驚いている。
禍根が残るほどに苦しくて痛い思いをしないとそういう事象は受け止められないと思い込んでいたから。

平一洋さんのファンになってからの5年弱。MBHIの活動休止も、Re:MBHIの活動停止も。
痛みで忘れないようにと、喪失の証を刻みつけた。

もしかしたら今回は初めて、笑って手を離せるのかもしれない。これでよかったし未来にまた会おうねって。
それが良いのか悪いのかはわからないし、実際のところは時間が経たないとわからないかな。

覚悟していたよりもずっとフラットな気持ちで、私は明日を迎えられそうだ。

その前に最後の地方ワンマン、大阪の記憶を書き残します。

続きを読む
【2019/05/29 23:38】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
2019-05-24 ラッコ単独公演 -排他的主張-inHOLIDAY NEXT NAGOYA
ラッコ最後の地方遠征1日目名古屋。
夏のように暑かったあの日の記憶を少しだけ残しておく。
(本当は執拗に残しておきたいがファイナルの日までに名阪両方の感想を書き上げたいので時間が足りない・・・)

夜にはワンマンライブが行われるHOLIDAY NEXT NAGOYAで、
15時からCDショップfivestarsのアウトストアイベントが開催され、私はそちらにも参加したのだけれど、
事前に「衣装にて」と告知されていたものの、私服のメンバーさん達が登場されて、ちょっと驚いた。
タイムスケジュールがタイトすぎて無理だったらしい。私は私服も好きなので普通にうれしかった。

平日とは思えないほど参加者も多めで、トークに向けた質問用紙も多数提出されていたけれど、
全部答えるよ!という宣言どおり、すべての質問に答えてくださって優しいなあと思った。

私が提出した「ラッコのメンバーで無人島に遭難してしまった場合の役割分担は?」という無茶な質問にも
真剣に答えを考えてくださって楽しかったな。
平さんの考えた布陣ではmilkさんは頭が切れるから采配する人で、SANさんはお料理。平さんは狩り担当?狩りできるかなあ機敏だから得意そうじゃないですか?とか。
higiriさんは水汲み、ということになったけどhigiriさんも「俺も料理がいい。あ、釣りもいいかな」とおっしゃったり、釣りならみるみるの方が得意じゃない?などと和気藹々とお話してくださってかわいかった。

「離脱る」のインストアイベントは翌日の大阪でラストで、トークがあるのはこの日が最後だったんだな、と後から思った。
すごく楽しかったしいい雰囲気だったなあ、とニコニコしていたけれど、いつもより更にあたたかさを感じる内容だったのは、メンバーのみなさんの誠意だったのかもしれない、と考えると泣けてきてしまった。



そしてライブ。

続きを読む
【2019/05/29 01:20】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
2019-05-22 ラッコ単独公演 -排他的主張-in東高円寺20000電圧
これを書いている5月27日現在。ラッコのライブは排他的主張ツアーファイナルの残り1本となった。
可能な限り当日を迎えるまでにそれまでのライブの記録をしておきたいので、
いつもほど執拗に書くことはやめて記録していきたい。
余力があればあとから追記します。

ワンマンツアー4本目は東高円寺二万電圧。
私の中では、いわくつきの、というか平一洋さんという人と密接に結びついたハコだ。

2016年夏、毎週金曜と土曜に5週に渡って開催された、Re:MBHIの10日間のツーマンシリーズの会場だった。

二万電圧は地下にある天井の低い小さめのライブハウスで、文字通りアンダーグラウンドで、V系のきらびやかさよりもパンキッシュな雰囲気が似合う会場だ。
とはいえハコ内は小綺麗でスタッフさんも感じがよく、好きな会場のひとつ。
それでもこの場所に足を運ぶたびに目眩がするような気持ちになるのは、あの夏の記憶があまりにも大切で苦しくて、それでも絶対に忘れたくないものだからだと思う。

二万電圧のことを思う時、「小さくて愛しい箱庭」という形容詞を思う浮かべることが多い。
その場所は点々さんにとてもよく似合っていた。

あの夏、まだ発表はされていなかったけれどすでに次の活動が、ラッコの始動が決まっていたはずの点々さんの瞳は、楽しそうだけれどどこか遠くを見ていたし、どんなに動員が少なくてもそれに対する悔しさは感じなかった。
見せないようにしてくれていたのかもしれないけれど、私にはそれがもどかしかった。振り返ればずっと、身勝手な感情で怒ったり泣いたりしてばかりいるファンだった。


思い出を上書きされることに怯えていたのかもしれない。
それでもやっぱり、あの愛しい箱庭はあの人によく似合った。

続きを読む
【2019/05/27 23:59】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
2019-05-20 ラッコ単独公演 -排他的主張-in川崎セルビアンナイト
また凄いものを見せつけられてしまった、というのがライブ直後の正直な気持ちだった。

私の大好きな平一洋さんは、ラッコというバンドは、凄い人で凄いバンドなんだよ。
そんなこととっくに知っていたのに、またあまりにも新鮮な驚きがあった。
愕然とするようなライブだった。震えている。

その空気感は到底、私が言語化できるものではないし、会場に来てほしいと訴えることしかできないけれど、
いくつかのことは書き留めておきたいと思う。
それが例え表面的だとしても、言葉を手がかりにして、
この日の感触を、皮膚感覚を、思い出すことができるように。
(西川口の感想、書き上げるのにリアルに10時間くらいかかったので、今回はあんなに長文にはならないですのでよろしければ最後まで読んでください・・・)


ラッコはこの日の会場、セルビアンナイトで今月のピックアップアーティストに選ばれたようで、通常の看板以外にポスターにもなっていた。

セルビアンナイトに来るのは2回目で、1回目もラッコのワンマンだった。
そんなにキャパが大きいわけではないと思うけれどステージに横幅と高さがあり広めに感じる、見やすいライブハウスだと思う。

開演の18時30分を過ぎてまもなく、「午後4時52分をお知らせします」という時報と効果音をリミックスしたようなSEが流れ始める。
この演出を見るのは2回目だろうか。ということは「PM5:00」始まりのセットリストということだ。
そして律儀に時報の通りに進むので開演は8分後だな、と冷静に考える部分もあった。
続きを読む
【2019/05/22 01:44】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
2019−05−14 ラッコ単独公演 -排他的主張-in西川口ハーツ
ラッコ最後のワンマンツアー、初日から2週間あいての2日目。

考える時間がある、ということはメンタルは当然ながら乱高下で、
やたらと凪いでいる時もあればこの世の終わりみたいな気分にもなった。
めんどくせえファンだなと思うので生まれ変わったらフラットでドライなファンになりたいです。

この先はライブの感想というか私の感傷とひとりごと祭りという感じなので、そういうのも許せる心の広い方はぜひお付き合いください。
私のことは嫌いでもいいのでラッコのことを好きになってください。


この日は前日あたりから心配が絶えなかった。当日の平さんのツイート。


前日からInstagramで、熱が4日間下がらないというようなことをおっしゃっていて、
なおかつ今度は別の理由で全身が痛いという。。どうしたんですか厄年なんですか。
前世でどんな罪を犯したんですか・・・と聞きたくなるほど苦労していらっしゃるなあ最近・・・
MCで何かしら触れてくれるかな、とそわそわしながら開演を待っていた。
続きを読む
【2019/05/19 23:22】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
2019−04−30 ラッコ単独公演 -排他的主張-in巣鴨獅子王
blogを半年近く放置していた。
忙しかったわけでもライブに行かなくなったわけでもなく、書けなくなっていただけで。
折を見てまた更新したいと思います。
(CANTAの周年も書きたいと思って少しだけ下書きはあるのでいずれ。)

私の大好きな平一洋さんのバンド、ラッコが5月30日に活動休止します。
1月26日にそのことが発表されてからの4ヶ月間。去来する思いはいろいろあったので、
休止してしまったあとでまた記憶や感情は整理したい。

4月30日から最後のワンマンツアーが始まった。
このライブのことももっと早くに書けばよかったのに時間が開いてしまったので、
セットリストくらいしか残せないけれど。
記事という形にはしたいので投稿しておきます。


続きを読む
【2019/05/16 01:27】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
ラッコ 1st FULL ALBUM「弱肉教職」の感想文。
2016年11月3日、デモンストレーション的な1stライブをもって正式に始動したラッコ。


今日、2018年11月3日はラッコさん2歳のお誕生日。
おめでとうございます。

私はMy BACTERIA HEAT IsLANDから点々さんの、平一洋さんのファンになったので、
その長い経歴の中のほんの4年の活動しか見てきていないのだけれど、
ひとつのバンドや活動が2年続くのを見るのは初めてで。
その原動力について考えたりしている。
長く続くことだけが正義ではないのは理解しているけれど、その音楽はとても素晴らしいから、
もっと遠く、もっとたくさんの人に届くまで、途切れずに続いたらいいなとは思っています。

2周年の今日、本当は2周年記念ワンマンの感想でも書き残したいなと思ったけれど
ライブ中にとめどなく泣きすぎて記憶も流してしまったので、思い出したら書くことにする。
本当に、今のラッコの実力、凄さを体現したような素晴らしいライブだった。

雨の怪虫や人間博覧会、PM5:00といった重さを伴う曲での平さんの歌声の痛切さ、迫力は鳥肌が立つようで、
私が平さんに期待してしまうのもこういった痛みなのだなあとあらためて痛感させられて、
それは普段のイベントライブではあまり聴けないから、私はラッコの客の才能がないなーなどと思う。
傷口を開くようにして歌うこの人が好きなんだって。自覚する度に苦しくなる。
私のジーザス・クライスト。私達のために血を流して苦しんで、磔になってください。
恍惚の表情で祈りを捧げながら、私のジーザスが苦しむのを眺めている。それが私の崇拝。


それでも何かしらラッコへの愛(もしくは、執着)を語りたいので、
1年前の2017年11月1日に発売された、ラッコ 1st FULL ALBUM「弱肉教職」の感想文を、自己満足で書き綴りたいと思います。(画像のリンク先はGLK MUSIC SHOPの商品ページ)

ラッコ 1st FULL ALBUM「弱肉教職」


私はこのアルバムを10枚以上は買っているので、興味をもってくれた友人に聴いてほしいと押し付けたりもしていて、
その度に少しずつ書き足しながら自分の思いの丈を書いた文章を添えていました。
(先入観をもってほしいわけではなく興味をもってほしいという意味でしたがあまりよくなかったかもしれない)
発売から1年経ったこともあり、もういいかなと思ってblog上にもこの長文を残しておきます。

私の中では日本の音楽史に残るべき名盤です、長く聴き継がれる1枚になりますように。

<「弱肉教職」に関する感想文。>
続きを読む
【2018/11/03 23:58】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
2018−09−04 MORRIGAN × ラッコ 2マン『独眼竜』東京公演 東高円寺二万電圧
MORRIGANとラッコのツーマンシリーズ、仙台に続き東京編。

二万電圧でツーマンするの好きだねてんてんさん・・・
「二万」と「2マン」かけてるの?と思わなくもないよ。
(Re:MBHIの時から言われてますね)

二万電圧、とても好きなハコだしてんてんさんによく似合うけれど、
私は情緒不安定になるから本当はあまり行きたくない。

私にとってはRe:MBHIのホームみたいなライブハウスだ。
記憶のフラッシュバックで眩暈がするし息が苦しくなる。
それでも本当にねえ、この場所で見る平一洋さんは特別なんだよ。
だから書き残しておきます。

<2018−09−04 MORRIGAN × ラッコ 2マン『独眼竜』東京公演 >

続きを読む
【2018/09/07 01:35】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
2018−08−14 MORRIGAN × ラッコ 2マン『独眼竜』仙台公演 Space Zero
半月以上あいだを開けてしまったけれど、やっぱり残しておきたいことがいくつかあるなあと書き始めてみる。

やはり私にとって仙台で見るてんてんさんは特別なのだと思う。
初めて仙台で歌う点々さんを見たのは3年前。2015年7月15日のMy BACTERIA HEAT IsLANDワンマン。
場所はMACANAだった。
私が世界で一番好きな曲は「無題」というタイトルなのだけど、
その日その曲に入る前に点々さんがおっしゃったことを、今も支えにして、というか縋りながら生きている。

「次の曲は、すごく大切な曲で・・・。今日が終わっても、今のこの時間が終わっても、この瞬間のことを思い出して、これから先も生きていけるように。そんな思いを込めて歌います。『無題』」

生きる意味はまだ知らない。きっと知らないまま死んでいくけど、
生きる理由は確実にくださったと思う。
それが私にとっての平一洋さんというアーティスト。

つまりは依存しているのだけれど。まだもう少しは許してほしいなと思う。


記憶は断片的だけれど少しだけ書き残させてください。嘘みたいに暑かった夏の記憶とともに。

<2018−08−14 MORRIGAN × ラッコ 2マン『独眼竜』仙台公演>

続きを読む
【2018/09/02 20:46】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
2018−07−31 ラッコワンマンツアー 夏の海水欲情 抗争特区 FINAL公演
ラッコの始動当初からの体制、すなわちIvyさんがいらっしゃるラッコの最後のライブが終わった。

約5日間、ぼんやりと過ごして記憶が戻ってくるのを待っていたけれど、私は今もぼんやりとしている。
なので淡々と、いくつかの記憶だけ書き留めたいと思う。

私はラッコのIvyさんとして、Ivyさんというベーシストに出会えたことは幸運だったと思う。
華やかなステージングも攻めるタイプの音作りも、とても好きだったし、飄々としたお人柄にもとても惹かれた。
この先もベーシストIvyさんとしての活動は続いていくので、私もその姿を見続けられたらいいな。

ラッコとして正式始動する前に「コアラ」という名前での数回のライブ活動、私は最初の1回、
一度だけ観に行った。受け入れがたいとは思いつつも、メンバーさんの熟練度の高さを感じたことは覚えている。
さらにその前、ラッコと同じ構成ではないけれど(milkさんはいなかった)ラメさんのお誕生日イベントで、
SANさんhigiriさん点々さん、そしてIvyさんという組み合わせでのセッションがあった時に、
Ivyさんを数年ぶりにステージで拝見して、記憶の中のIvyさんよりずっと大人びていることに驚いた。
(私はIvyさんのことは2014年に一度か二度、Moranで観たことがあるだけだった。)
全員おそ松さんのパーカーだったなあ。

ラッコの始動は私にとっては喪失だった。
Re:MBHIの終幕とほぼ同時にやってきた事象だったから。
(活動一時停止という立て付けではあったものの、実質的にはプロジェクトの終わりだったと思っている)
ラッコの活動だけがRe:MBHIの終わりの原因でないことは2年近くかけてようやく飲み込めてきたけれど。

喪失感と共にラッコというバンドの活動を追いはじめて、それでも着実に心を掴まれていったのは、
最愛のボーカリストてんてんさんの存在だけではなくて、楽曲とライブが、メンバーの皆さんが魅力的であったのに他ならない。

Ivyさんの脱退はラッコにとっては大きすぎる喪失だと思う。
それでも乗り越えていってほしい。
私はその先の景色が見たいから、というファンとしてのエゴだけれど。

IvyさんがラッコのIvyさんとして存在してくださった最後の記憶は、あまりにも断片的だ。
ただそういう日があったということだけど、残しておきたいと思う。

<2018−07−31 ラッコワンマンツアー 夏の海水欲情 抗争特区 FINAL公演>

続きを読む
【2018/08/05 15:05】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次ページ