プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

08 | 2006/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
【映画】 SWEET SIXTEEN
「カルラの歌」という映画を観て以来、ケン・ローチ監督の他の作品が気になってはいたのですが、
数年越しにやっと見ることができました。
まずはこれ、「SWEET SIXTEEN」

SWEET SIXTEEN SWEET SIXTEEN
マーティン・コムストン (2003/08/22)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る


「カルラの歌」はニカラグアの内戦が描かれていたので、政治的背景が色濃く、訴求力の強い、いかにも社会派映画!という感じでした。

今回も社会派ケン・ローチのストイックな演出が冴えてました。
イギリス映画は労働者階級とか低所得者層にスポットを当てた映画が本当に多いですね。

15歳の男の子が、ドラッグの売人をすることで底辺からのし上がろうとするストーリーなんですが、見ていてとても痛々しい。
彼自身は賢く、自分でドラッグを使うことは絶対にない。
暴力的な義理の父親の罪をかぶって服役中の母親が出所したら一緒に暮らしたい、という一心で、「これはビジネスだ」と割り切って裏社会に入っていってしまう。
父親のようにはなりたくない、負け犬にはならない、という強い意志を持ちながら、ドラッグを金儲けの道具にする点においては父親と同じ。
幸福になれるはずがない。

鑑賞後はひたすらせつなくなりましたが、観る価値の高い作品だと思いました。

有名な役者さんが出ていないどころか、素人同然の人の方が多いらしいんですが、なんとも自然な演技で胸を打たれます。

同じ監督の「やさしくキスをして」も一緒に借りてみたので、
のちほど感想書きます(´ω`)
スポンサーサイト
【2006/09/29 20:26】 | 映画 | トラックバック(0)
メイド・イン・ホンコン
これは最近見た映画というわけではないのだけど、
これまでの人生で見た中で1番好きな映画なので書いておこうかなと。

フルーツ・チャン監督、サム・リー主演の
「メイド・イン・ホンコン」です。

メイド・イン・ホンコン メイド・イン・ホンコン
サム・リー (2004/04/21)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


これ、名画座でかかってたときに2度観に行きましたよ・・・
この映画を観たあたりからアジア映画がマイブームになりまして、いろいろ見ましたにょ。

この映画はびっくりするほどの低予算映画だそうで、フィルムも知人から寄付してもらったものをかき集めて、音楽も内輪で製作したり、出演者の大半が素人だったり。
全体の勢いとかひりひりするようなせつない痛さは、そういうところからきているのかしら(´ω`)

主演のサム・リーが輝いてますわ~
街でスケボーしてたところを監督にスカウトされたずぶの素人だったそうなんですが、この映画で一躍スターダムへ。
日本映画の「ピンポン」にも出演していましたね。
(ピンポンも大好きだなー)

私この映画のチラシを随分長いこと部屋に貼ってたのでおぼえてるんですが、キャッチコピーが
涙よりも早く走れ。 ~恋も知った、銃も持った。
ていうんですよ。
これにやられましたね。。。どんぴしゃで。


まぁストーリーは割愛するとして、
スタイリッシュな映像と、返還直前の香港の混沌、低所得者アパートや市場の雑然とした雰囲気に圧倒されました。

フルーツ・チャン監督は都会の、現代のダークなおとぎ話を描くのが好きというか得意なんでしょうが、
のちに見た「ハリウッド☆ホンコン」という映画は私にはきつかったです・・・
見ていて「ぐぇぇぇえ(´д`;)」ってなっちゃいましたね、ダークな要素が強くて。
とは言え、笑って許せるくらいの演出にはなってるんですけどね。キルビルを想像してもらえればわかりやすいでしょうか?
(人の体が吹っ飛ぶシーンでもありえない飛び方したりとか)

話がそれましたが、「メイド・イン・ホンコン」は、青春映画としては私の中でトレインスポッティング以上です。
また見たいなあ。
【2006/09/13 23:30】 | 映画 | トラックバック(0)
いまを生きる
最近毎日のように映画観てますよ。

今日見たのはこれ、「いまを生きる」。1989年公開なので結構昔の映画。
1959年のアメリカ、名門全寮制高校が舞台です。

いまを生きる いまを生きる
ロビン・ウィリアムズ (2006/01/25)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

この商品の詳細を見る


うちの母がずっと以前から、この映画が好きだという話をしていたのでいつか見ようとは思っていたのですが、
母から聞いた感想で覚えているのは
「教室の机の上にみんなで立ってね、先生に向かって『キャプテン、キャプテン!』って言うところがいいの。」
これだけで、「?」だったのですが、実際に鑑賞して納得。
オーキャプテン、マイキャプテン!!と一緒に叫びたくなりましたね・・・

学園ものというのはどうしても、自分の学生時代に照らし合わせてしまいがちなので、
「こんな先生いねーよ!」とか「いてもこんなになつかないだろ、高校生の時期って素直じゃないし」とか思ってしまうんだけども
型破りで暖かい先生が出てきて、不良だったり無気力だったりする生徒の表情が変わっていって、新しい何かを見つけて・・・という定番の流れに安心したりもする(^ω^)

(『天使にラブソングを2』や『いつも心に太陽を』もまさにそういう感じですね)

この映画の場合はエリート校が舞台なので、不良はいないんだけれども、
誰もが両親の期待や学校の規律に縛られて、自分を押し殺して過ごしている。
そんな彼らが、ロビン・ウィリアムズ演じる新任の教師キーティングの授業や、「死せる詩人の会」という秘密の集まりを通して、自分らしく生きることの素晴らしさに気づいていくストーリー。

ロビン・ウィリアムズの演技がよかったな~すごく暖かみがあって。そしてあんな授業受けてみたい。
教科書の何ページから何ページまでを破り捨てろ!とか言っちゃうし、詩の授業なのにグラウンドに出てフットボールを蹴りだしたり・・・そして「いまを生きろ」というキーワードをくれる。生徒たちは日常生活の中でも、自分に言い聞かせるように繰り返し呟く。

「死せる詩人の会」はキーティングが学生時代に仲間と開催していた、詩を朗読したり自作したりする会の名称で、この映画の原題「DEAD POETS SOCIETY」はここから来ている。
生徒たちはこれに触発されて、自分たちも深夜に寮を抜け出して森の洞穴で「死せる詩人の会」をひらくようになるのです。


でも現実は厳しいんだよね、自分が変わったからといって、学校や親が変わるわけではない。
1959年という時代背景もあってか、現代だったら「そこでガツンと言い返せばいいのに!」と思うようなことでも反抗は許されず、そして悲しい事件が起こってしまう。

でもラストシーンは素敵だった、希望が見えるっていうかさ、
キーティングの教えてくれたことは彼らの中にずっと残っていって、
悲しみさえも乗り越えていけるんだろうなってさ。

すんすん(;ω;)

んーいい映画でした。もっと早く見ればよかったよ。
【2006/09/10 02:38】 | 映画 | トラックバック(0)
シュガー&スパイス
先日ゲド戦記を観に行ったでござるよ。

作画がどうとかストーリーがどうとか酷評されていたようですが、
まあコンパクトにまとめちゃったらこうなるんじゃない?くらいの感想。
私がジブリ作品に特に思い入れが無いせいかもしれませんが。


ゲド戦記は子供の頃にⅢ巻まで読んだのですが、よく出来たファンタジー文学だと思います。
映画はⅣを題材にしているとか。
Ⅰ巻からやってもよかったのでは、とは思います。
(Ⅰ巻ではゲドは少年~若者。映画ではすでに壮年の域。)


そんなこんなで久しぶりに映画館で映画を観たわけです。
(カンフーハッスル以来w)
映画館で何が楽しみって、予告編が楽しみですよね!(力説)

下手すると本編より面白い予告編なんてザラですから。

予備知識もまったく無い知らない映画の予告編で泣けたりしますから・・・!!

この日は「涙そうそう」とか「犬神家の一族」とか「ワールド・トレード・センター」とかの予告編が流れました。

そして中でも一際私のハートを揺さぶったもの。それは

柳楽優弥君ですよ。
「シュガー&スパイス」という映画の予告編だったんですが。

シュガー&スパイス~風味絶佳~VISUAL BOOK シュガー&スパイス~風味絶佳~VISUAL BOOK
(2006/08/24)
SDP(スターダストピクチャーズ)
この商品の詳細を見る


9月16日公開かあ。内容はベタベタの恋愛映画のようなので、実際観に行くのは気が引けるのですが・・・
とにかく柳楽君がかわええ(´д`)

この映画↓でカンヌ国際映画祭の最優秀男優賞を史上最年少で射止めた彼です、と言えば一番わかりやすいかしら?
誰も知らない 誰も知らない
柳楽優弥 (2005/03/11)
バンダイビジュアル
この商品の詳細を見る


「誰も知らない」は未見なんですよね、すごく観たいんだけど。
あまり爽快な後味の映画ではないようですね・・・


そして話は「シュガー&スパイス」に戻るのですが、
いやあもう・・・・おまえの笑顔にやられたよっ!!

柳楽君は無表情な印象が強く、2枚目半な、というか未完成な顔立ちと若さゆえの朴訥さがいいなあ、と以前から思ってはいたのですが、
この映画の予告編で垣間見えるあどけない笑顔に度肝を抜かれましてね・・・
ああ、こういう顔もできるんだなあ、とね(遠い目)

たぶん演技はまだ荒削りなんだと思うんですよ、
でも実生活でも棒読みだったりたどたどしかったりする男の子もいたりして、それはそれで愛らしいではないですか、
それを演技として体現できているならすばらしい。

こちら映画の公式サイト内の、予告編が観られるコンテンツ↓
http://sugarandspice.jp/movie.html
サイトトップでもよかったんですが、いきなり音がなるんですよ、びっくりしちゃうのであえてこちらで。
いやほんと、見てください・・・ そしてこの感動を分かち合いたい!
「ぜんぜん共感できねーよ!」とか思われたりするのかなw

まああれです、私の好みのタイプです!!

くはは。私いっつも脳内で好きな人ランキングをつけているんですが、
柳楽君、いきなり50位くらいから1位に浮上しましたよ。
神の位置に鎮座している大槻ケンヂは別としてw
【2006/09/07 02:30】 | 映画 | トラックバック(0)
バッファロー'66
お気に入りの映画を久しぶりに見た。
テレビで放送されたので(´ω`)

バッファロー'66 バッファロー'66
ヴィンセント・ギャロ (2000/03/17)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


ヴィンセント・ギャロの代表作ですね。
主演のみならず監督・脚本・音楽までこなすマルチっぷり!
映像からファッション、カメラワーク、すべてがスタイリッシュでうっとりしたもんです。

刑務所から出てきた男が、両親についた「女房を連れて帰る」という嘘を取り繕うために、通りすがりの女の子を拉致して実家まで連れて行っちゃうお話なんですけども。

その拉致される女の子のレイラをクリスティーナ・リッチが演じていてとってもキュート。
ぽっちゃりした体型で女優さんとしてギリギリでは・・・と思うほどですが、見ているうちに彼女の魅力に引き込まれます。
ダンス教室の通路で拉致されちゃうので、全編通して衣装はダンスのレッスン服のままなんだけど、水色のミニワンピと、銀色のヒールがかわいくてなあ。

(私は未見ですが、「アダムスファミリー」で一家の子供を
 演じたのが幼少時のクリスティーナ・リッチです。
 写真だけ見たことあるけど黒髪も似合っていたなあ。)

んでこの映画。要領が悪くて、人に(というか両親に)愛されなかった故に愛情表現が下手で、自分に自信がない男の話。
と言っちゃうとなんかひたすら暗そうだけど、
ぶっちゃけハッピーエンドです。
小洒落た映画がどうしても受け入れられない、じんましんが出る、という人以外にはおすすめしたいですねえ。
いや実際いるよね、小劇場系はむずがゆくて見ていられないっていう人・・・。

以下はネタバレありですのであしからず。
続きを読む
【2006/09/06 02:54】 | 映画 | トラックバック(0)
赤レンガ倉庫でニャッキに会う
赤レンガ倉庫に行ってきたよ。
えぇ横浜のです。

akarenga


クレイアニメーション作家として活躍する伊藤有壱さんの作品展示とカフェのイベント、I.TOON CAFEが8月末まで開催されていたので行ってきましたの。

伊藤有壱さんといえばニャッキ!が有名ですが、他にもポンデライオンのCMとか、宇多田ヒカルの「traveling」PVに出てくるクレイアニメとか、色々手がけてらっしゃる日本のクレイアニメ第一人者の方ですね~~

NHKプチプチ・アニメ ニャッキ! ニャッキ夏の海へ篇 NHKプチプチ・アニメ ニャッキ! ニャッキ夏の海へ篇
伊藤有壱、竹内信次 他 (2003/12/17)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


ニャッキ、かなり好きなんですよ。
はじめてPHS買ったときの、一番最初のストラップはニャッキだったし、うちには特大ぬいぐるみが2匹あるしね(´ω`)

ピングーも中高校生の頃激しくはまって、持ち物の半分がピングーグッズだったりしましたので、クレイアニメが好きなんでしょうね私は。
ピングーのイベントにも行ったことあるなあ・・・

今も昔もキャラものに弱いんですわなあ。困ったものです。

amazonのニャッキ作品の解説に、「シュールかつほのぼのと描く」というようなことが書いてあって、すごく納得した。
かわいいだけじゃないんだよね~ちょっぴりシュールなの!
そしてそれがよい。
【2006/09/02 16:55】 | 日々 | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。