プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

08 | 2008/09 | 10
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
暗い夜の歩道を 手をつないで逃げよう
 疲れちゃったら休もう 君はケーキが食べたいね?

 そしたら君は「ばか」と笑うかい? ああ、ばかだよ。

~「ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ Lyrics by大槻ケンヂ」~




タイトルと冒頭はまあ、ちょっと甘いものの話でもしようと思っただけなんだ、うん。


たまにはオーケンと関係ない話でもするよ!しょっぱなで使っちゃったけど!!


さて。今期の秋アニメは何を見たらいいのか?を考え中です。
CLANNAD AFTER STORY」は鉄板として、
あとは「今日の5の2」と「黒執事」と「魍魎の匣」は観てみたいかなーくらい。

9月で最終回を迎えたアニメがたくさんありましたが~
わりと録りだめしてから一気に観るタイプなので、今週はアニメを結構まとめて観ましたよ(´∀`)

「RD 潜脳調査室」は最初ちょっと期待しすぎたせいか微妙だったのですが、
キャラに感情移入できるようになってきたのと電脳系にはやはり弱いので楽しめるように( ´_ゝ`)
残すところあと1回。クライマックスに期待。

「コードギアスR2」は中盤でなんかどうでもよくなって途中から観ていないw
「恋姫無双」は元がエロゲなので気になって気になって、早送りで観たww
密かに応援している声優さんも出ていたし。元コスプレイヤーさんなんですよねえ。
声優さんに“表名”というのがあるのを今回はじめて知った。
「School days」のときも、随分ゲームの声優さんに似てる声だけど名前が違うから別人か・・・
などと思っていたのになあ・・・


あとはノイタミナ枠の予約録画が入りっぱなしになっていたので観ないままたまっていた
「図書館戦争」と「西洋骨董洋菓子店~アンティーク~」の合わせて2クール分を
立て続けに観ました。
「図書館戦争」はとりあえず、
堂上教官に萌えるためのアニメでいいですね?異論は認める。
165cmでヒロインより背が低くて、鬼教官に見せかけたツンデレで実は優しくて、
ヒロインの頭なでてあげようとしても手が届かなかったりするなんてもう!じたばたしちゃうよ!
図書館戦争 【初回限定生産版】 第二巻
私も叱ってくだしあ

しかし何と言っても私的に予想外大ヒットだったのは、「西洋骨董洋菓子店~アンティーク~」ですねえ。
西洋骨董洋菓子店~アンティーク~ 初回限定生産版 第4巻
千影かわいいよ千影
超美形なのに超純粋が故に超不器用(ちょっとおばか)な使用人設定って、殺す気か。
萌え死ぬわ。すぐ泣くし。主人公を「若!」って呼ぶのがまた・・・(*´Д`)ポワーン
どことどこに萌えたのか詳しく列挙したいぐらいだがネタバレになるので自重する!
ああもう千影かわいい。千影の話ばっかりかよって感じですがストーリーもおもしろい~
ケーキ嫌いな主人公がケーキ屋をはじめた経緯とか、ちょっと重たかったりして深い。
原作も気になるんですがアニメのキャラデザの方が好みっぽい。

OPがミニチュア(ドールハウス)で実写なのがまたドツボです。すごい緻密だなあ。


観てたらケーキが食べたくてしょうがなくなりますね。しかも上等なのが・・・
でも舌が貧乏なのか、ルバーブとかカシスとかオレンジピールとか大人な味わいのはあまり受け付けず、
ふつーの生クリームとかふつーのチョコレートケーキが好きです・・・

さーてこの調子でどんどん現実逃避しちゃうぞ☆

あ、目の前に勉強しかけの本が1冊、2冊。。。
スポンサーサイト
【2008/09/27 09:49】 | アニメ | トラックバック(0) | コメント(4)
リュックサックに子猫をつめて
はあ。
自戒を込めて時々昔書いた文章とか日記とか読み返すんですが
今日は勇気を振り絞って古い日記帳(もちろん紙)も斜め読みしてみました。

・・・4年前と10年前と現在でほとんど考えていることが一緒w
10代の頃からなにも成長してないんですが。いやもう書いてある内容が同じすぎて死ねるww

と、いうわけで今日からこのblogは「中二病日記」です。
と開き直りたい。おまえいくつだよ・・・


前のエントリーとかも読み返すとやっぱりまだ痛々しいなw と自分でも思います。
なんだかんだ言って浮き足立っている感がにじみでていてはずかしいっつうの。
そんなにオーケンが好きなのかと。
やっぱあれだな~大槻ケンヂ大先生の功罪は、全国の女性ファンを
「この人、私がついていなくちゃ駄目なんじゃないかしら」 もしくは
「私でももしかしたらなんとかなるんじゃないかしら」と思わせたことだと思ってるんだけどどうか。
どうかって言われても。いやしかし正味な話、
オーケンとの運命を夢見てお嫁に行かなかったお姉さま方がどれだけいることかと

「あーオーケンと結婚してえ。」と1日に10回は呟いていた時期を抜け、
私も落ち着いたもんだ( ´_ゝ`) と思っていたんだけどやはりここ数日は
武道館で観たオーケン先生がかっこよすぎて、
オーケン熱をこじらせそうな自分に負けそうですよ。
  安西先生・・・オーケンと・・・けっこんしたいです・・・

あーもうしんじゃえよw 俺がww



そんなことより、私が突然死したときのために日記帳が自動で焼却される装置を早く設置しないと。
さっさと処分すればいいことなんですが、
やたらこまめに書いていた時期があるのでなんとなく捨てることができず・・・

昔「文藝」に載っていた短編小説で(著者は失念、でも筋書きはインパクトありすぎて覚えている)
「どんな軽犯罪でも法に触れた時点で死刑になる」未来で、
ありとあらゆる処刑方法がある中からいかに苦しまないで死ねる方法を勝ち取るかが弁護士の仕事、
という設定の話があったのですが、最も残酷な処刑方法の例として
“中2の頃に書いた秘密のノートに載っているポエムを大観衆の前で朗読されながら公開処刑”
というのがあったなあ。それは死にたくなるよね。ていうかもう死刑か。
主人公は古本屋でロリコン本万引きの初犯で死刑だっけな。
でも弁護士が歴史に残る名弁護をして、腹上死を勝ち取るんですよ。ってひどい話だなおい。


blogでパブリックに公開できるレベルのことを記録するくらいがちょうどよいのかもしれないなあ、
と思いましたことよ。

と、これも自戒のために! 残しておくのであった。
【2008/09/26 23:38】 | 雑文 | トラックバック(0) | コメント(0)
サーカスが来ると 二人ドキドキして
大槻さんは大変勇気のある方です。

我々オーディエンスに大変勇気のある行動を 見せてくださるとのことで


「筋肉少女帯が、武道館に、
 
   キターーーッ!!」


と言っていました。
(目薬をさしながら)
↑一年後に自分でこの日記を見たときになんのことかわかるように書きました、
念のため書きました。


それから、大槻さんはエディに向かって

「ルネッサーンス!」

とも言っていました。
(エディはブランデーグラスを揺らしてはいませんでした)
↑一年後にry


というわけで、

budokan

筋肉少女帯デビュー20周年記念公演
 
『サーカス団、武道館へ帰る』


行ってきましたよー ヽ(´∀`)ノ

なんというか、まさしく“お祭り”だったなあ。

ライブというのはファンにとっても闘いの場であるというような、
過酷な状況だって多いと思うのですが
少なくとも私の感覚では、この武道館においてはみんなニコニコだった。

「同窓会的なものにするつもりはない」とオーケンは言いました、が
20年間ファンを続けてきたと思しき方々がニコニコと集うさまはあたたかく、
客席はちょっとした同窓会に見えなくもないなと思ったりもしました。
若いファンも結構いましたけども。私は中堅かな( ´_ゝ`)

私は残念ながら
執筆家としてのオーケンのファン→特撮ファン→筋少も聴き返し始める
といったルーツの後追いなので、
当時のメンバーが集結! に対する期待感がたぶん昔からのファンの方とはベクトルが違う。
懐かしさというのはほぼありません。
しかし伝説の人が目前で演奏している! という興奮はありました。

80年代、90年代の筋少を支えてきた元メンバー・サポートメンバーの演奏を
まさかライブで聴ける日がくるとは。

曲目は節目のライブということもあり定番曲揃いの構成で
次曲の前ふりやイントロで客席のボルテージが上がる感覚が気持ちよかったです。


などと書いていくと、我ながら随分淡々とした感想だなあと思うのですが、


会場で感じたあの感情を、
どうやって言葉に変えたらいいのかはよくわからない。
というのが正直なところ。

単に、「楽しかったです。」で十分なのかもしれないな�。
いやほんと、楽しかったんです。終始ニコニコでした。
特に思い入れがある曲(「香菜、頭をよくしてあげよう」とか)では涙ぐみそうにもなりつつ、
それでもうれしい気持ちの方が大きくてすぐニコニコですよ。
楽しみにしすぎていたイベントの後は、ただの屍になるのが常でしたがそれもなく。
(ライブ後2日が経過した今日現在、首が痛すぎて日常生活に異常をきたしているのは置いといて)

そして武道館、今回はじめて足を踏み入れましたがライブ会場としてもよかったです。
アリーナの中途半端な席だったんですがステージもよく見えました。

40歳を過ぎたメンバー達が、あんなに輝いたステージングを見せてくれるなんて。
比較対象にはならないけど、私もがんばろう(´∀`)!と思ったりもしたりして。

いやあオーケンがMCで繰り返し言っていましたが本当に、
「あの時内田君の家が火事にさえならなければ こんなことにはならなかったのに・・・」

内田さん、火事になってくれて本当にありがとうございました。

念のため有名な火事エピソード→オーケンが中学校に上がる前の春休み、
星新一の「白い服の男」を読んでいると近所で火事が発生し、火事場見物に。
中学入学後、初対面の内田少年に会話のネタとして
大槻「こないだの火事すごかったね、煙なんかゴンゴン出ちゃってさ、中の奴は絶対死んでるね、あはは」
内田「・・・それは僕の家だよ」
この出会いをきっかけに、二人は仲良くなったそうですよ(^ω^)


「(また解散するんじゃないかとも言われていたようだが)
 小銭を稼げるうちは続けますよ
というオーケン先生の心強い発言もあったことですし
私もオーケンおじいちゃんの老後資金のためにささやかながら小銭を積みたい覚悟ですよw




続きはセットリストだけ。めもですな。

続きを読む
【2008/09/23 21:53】 | 筋少・オーケン関係ライブ感想 | トラックバック(0) | コメント(0)
筋少武道館が明日に迫りました。
今までの人生で5番目くらいにでかいイベントこと!
筋肉少女帯20周年記念ライブin武道館がいよいよ明日になりました。
(どんだけ軽い人生だったんだよ)


しかしね、しかし。私まだいろいろ足りてません。

だって8月末に発売されたらしいこれまだ買ってないし。↓

ツアーファイナル

ありえないー。
あと、アルバム「新人」は一生懸命聴いてるけど、歌詞がソラで言えるほどではない。

というか、武道館に至るまでにいろいろと布石はあったわけですよ。ここ数ヶ月。
ライブとかね。プロモーションとかね。

でも全部追っかけるほどの時間も情熱も銭もないわけです。

なので、なるべく情報を入れないように気に留めないように過ごしてみたわけです。

そしたらCDの発売日も忘れるとかww ばかすwww


というわけで、とってもニュートラルな気持ちで武道館を迎えられそうです。

何が言いたいかと言いますと、
オーケンなり筋少なりがもう好きで好きでしょうがなくてこのまま狂うのかなw
みたいにハマッた時期もあったけれども、今くらいのぬるい気持ちで生暖かく見守りたいですと。

もう、マニアじゃなくてもいいかな。と思えるようになったというのもあり。


私の愛読書『VOW10』に、町田康(町田町蔵)が選ぶ脱力系時代劇TOP10!
てな記事がありまして、その中で

「“物や事と正常な距離を保たないことにより何かを獲得したいんじゃないかという了見にさもしさを感じる”のでマニアは好きじゃない。よって自分時代劇好きであってマニアではない」というような発言していたのがとても印象的だったのですが、

私はまさに物事と正常な距離が保てなくなるタイプだったもので、
そうか~マニアってそういうことか~と納得したのでした。

まあマニアックであることは素晴らしいことだとも思うので前述の引用に全面的に賛同するというのではないのですが、
(これだけは誰にも負けない、という分野があるのはとてもよいこと)
気づきのひとつにはなりました。かな。
自分の知らないことがひとつもないくらい全部知りたい、という感情は時に重たいから。


執着を捨てて、長いスパンで、それこそオーケンがおじいさんになるまでファンでいたい所存です。


さてそんなわけで! 武道館は超! 熱く楽しんでくるー ヽ(´∀`)ノ
【2008/09/20 03:28】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。