プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

02 | 2013/03 | 04
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
見知らぬ空に名前をつけた
またご無沙汰してしまいました。

特に何があったわけでもなく、
特に何もなかったわけでもなく。

したたかな日々を。
泥水のようなぬるま湯に浸かりながら、のうのうと過ごしていただけですな。
今年始まったと思ったらもう3月でした。
なにこれこわい

きっとまた何ものにもなれないね。


とは言え飼い慣らされた平和なデイズ。

2月14日は宇宙戦隊NOIZの。。。
UCHUSENTAI:NOIZ KING of ONEMAN ☆SHOW 集 SHOW☆Vol.7「カバーしまSHOW」

にいってきた。

色々楽しかったが書き切れないので今は書かんヽ(・ω・)ノ

2月のライブこれだけ。自分でも驚くわ。

今年はまじで遠征しない人です。
4月のCANTAも東京のみ。5月のFCイベは締切まで迷ってみます。

3月はたぶん、やまとさんのバースデーライブだけだなあ。


先週かな、知人に誘われ演劇を観に行く。

劇団平熱43度の公演。タイトルなどはあとで探してちゃんとしたの貼ろうかな。
未来?近未来?の日本なのに幕末風の時代劇でもあるという設定がとても面白く、翌日もう一度観に行った。

犯罪者(の子孫)と看守が織り成す物語は戦闘シーンが多く、
登場人物が沢山死ぬ重い話でもありつつ、剣術、殺陣の技術が相当高くエンターテイメントだったので見入ってしまった。

安易に人が死ぬことで悲しませようとする話は好きではないし、死を乗り越えて成長する、なんてのもしらけるけれど、
捻くれた見方をするまでもなくすっとストーリーに入っていけた。
たぶんとてもよくできた脚本だったのだと思う。

その力の差の前で、この人が生き残ってしまったら途端に嘘になる。生き残るという選択肢がなかった。
とかそういう意味で、描写に無駄がなかった。

登場人物のキャラクターが立ちすぎてて、感情移入も半端なくできてしまったなあ。
背景や描かれていない人物像まで想像させられるというか。
生の舞台というのはすごいなとしみじみ思う。

千秋楽の終演後挨拶で、主催の方がこの舞台が終わって、この登場人物達ともう会えなくなると思うととても寂しいのですが、といった趣旨のことをおっしゃっていて、心に残った。
私もちょうど同じように感じていたので。
舞台は一期一会だな。でもきっと何事も全部同じだ。

何もかもは見られないし体験できないけれど、
目に触れたもの心に響いたもの、
そのときなにを感じたのか、
ちゃんと噛み締めて刻みつけたい。


つい先日の朝焼け。オレンジから薄闇色のグラデーション。

金曜夜に仕事していたら終電を逃したのでそのまま居座り、仮眠して始発で帰ったときの。肉眼だととても綺麗だったのだけど。
朦朧としながらも、少なくとも終電よりは爽快でした。酔っぱらいしかいないのは終電も始発も同じなんだなと思いましたが。
自分だと、飲みでオールするなんてないので未知の世界。



3月11日。東日本大震災から2年が経つ。
何を言おうとしても言葉を選ぶのが難しいですが、
おそらく他の多くの方と同じように、一日も、忘れることはなかったです。

私のような、当事者ではない人間でも日々、思い起こしている悲しみと心配に、
避け難く直面している方々の荷重を、想像するのは難しく思っています。
過ぎ去った災難ではなくいまだ残る問題。

せめてできることを丁寧に、自分の役割を果たしたいと。
自分で決めた些細なことを、守れるように努めたいと思います。
スポンサーサイト
【2013/03/10 23:23】 | 日々 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |