プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

06 | 2014/07 | 08
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
2014-06-29 えんそく 高田馬場club PHASE
今更ながら6月の記憶まとめヽ(・ω・)ノ
稔さんが休養される前の最後のライブの記憶なので、
ご不調を知らなかったときのテンションでは今更書けないなあと思ったりもしていたのですが・・・
本当に楽しかった記憶なので。残しておきます。稔さんの快復と復帰を心待ちにしています。

この日はマイナス人生オーケストラさんとのツーマンで!マイナスさんも超楽しかった!!!
マイナスさんの感想はあとで追記できたらもう少し書いておきたいなー今は短めに。

<2014-06-29 えんそくVSマイナス人生オーケストラ2マン
『This is a サブカルチャー』高田馬場club PHASE 感想というか覚書>
BrSK7AlCQAAid1m.jpg

この日はねえ・・・アンコールセッションでオーケン先生関係の曲のカバーがありそうだというのが
大阪の時点で判明していたのでそこからの一週間は、
もうそのことが気になって気になって夜しか眠れない感じの日々が続いていましたね。。。
もうほんと、参加できてよかった、聴けてよかったです。ぶうさん好き!大好き!
クラオカさんあいしてるよ!!!クラオカさんのギターで聴けて本当にうれしかった!
セッションについてはまたのちほど!

では続きに(PCの場合)格納。
続きを読む
スポンサーサイト
【2014/07/20 03:44】 | えんそく | トラックバック(0) | コメント(0)
2014-07-05 えんそく 浜松FORCE
前回更新したライブ感想で、えんそくさんの公式告知で心が揺れている、と書いたのですが
翌日の浜松FORCEでのライブのMCで、メンバーさんの口から直接説明がありました。
とても、とても心配しましたが、そして心配ごとは継続していますが
その決断をしたえんそくさんがとても眩しく、なんてかっこいいバンドなんだろうと思いました。
ファンであることを誇りに思います。

今回はライブ感想の前に、自分の感情を整理するために少し一連の流れを書かせていただきます。

赤坂BLITZワンマン中止のお知らせ※えんそく公式サイト内NEWS
ドラム稔休養のお知らせ※えんそく公式サイト内NEWS

稔さんの休養については6月30日時点で第一報がありました。
(そのときは、腕のご不調があり7月初旬の2回のライブをお休みされるという内容で、長期休養のお知らせではありませんでした)
稔さんへの心配が募る中、明確な理由の示されない状態で告知された赤坂BLITZ公演中止。
不穏な空気に動揺し、活動休止や解散が頭をよぎって目の前が真っ暗になりました。
赤坂BLITZに向けて着実に階段を上っている途中だったえんそくのメンバーの皆さんが、
今どんな気持ちでいらっしゃるのかと。とても心配でした。
しかし、ほどなくしてメンバーさんご自身のTwitterやblogにて、
「活動休止や解散は一切ない」旨を知らせてくださいました。
そのことが本当に、ありがたかったです。
メンバーさんの感情が見えない告知記事は本当に怖くて。恐ろしいことばかり想像してしまって。
メンバーさんがTwitterやblogで、ご自身の言葉で、発信いただけることがこんなにも心強いのだと知りました。

そして、赤坂BLITZ中止の理由は状況を整理して早ければ翌日にでも説明します、
とのお話があり、実際、翌日の浜松FORCEライブでのMCにて、ぶうさんの口から説明がありました。

・稔さんの長期休養が決定されたこと。ドラムを叩き続けていると回復が難しいため。
・5人揃っていないえんそくは完全な状態ではないこと。
・赤坂BLITZという大きな目標は、5人揃ったえんそくで目指したいこと。

稔さんが長期休養を余儀なくされるほどお加減がよろしくないことを知り、胸が痛みます。
どうかお早い回復を祈ります。
一方で、「休んでしっかり治す」という選択をされたことに安堵しました。
稔さんが大変我慢強くストイックな方だということは休養直前の高田馬場2daysで思い知らされていたので、
ご無理なさるのではないか、ということが気がかりでしたから。

そして、稔さんがいないえんそくは完全な状態ではないとして、赤坂BLITZ公演を一旦白紙に戻す決断をされたこと。
深い絆を感じました。
告知済のスケジュールを覆すことは、並大抵のことではないと思います。
大人の事情だってたくさんあることと思います。
でもそれが出来るのが、信念を貫いてくれるのが、えんそくというバンドです。
このバンドに、出会えてよかった、ファンになれてよかった。
心から思います。

ずいぶんと、独りよがりな前置きが長くなってしまいましたが、
ライブの感想と共に残しておきたかったです。

この日はADAPTER。さん、SEX-ANDROIDさんとのスリーマンイベントで、
どのバンドも楽しみにしていたし実際本当に楽しかったのですが、
えんそくさんが2番手だったので始まる前も、終了後も一部気がそぞろだったのは否めません・・・。
イベントに参加した際は極力、他のバンドさんの感想記録も残しておきたいと自分では思っているのですが
今回はえんそくさん部分のみ記録しておきたいと思います。
どれくらい気がそぞろだったかというと、福助。さん(ADAPTER。)が今回は
サポートさんを含むバンド形式だったのですが
ギターがお2人ということに気づかず、片方はベースの方だと思い込んでいたくらいです・・・。
全然ステージ見えてない。。。終わってからあれ?あの方ギタリストだ!と気づいた。。。
セクアンさんは、あいかわらず雄大さんがかわいかったです。飄々としてらしてとても好きです。


<2014-07-05 えんそく 浜松FORCE「三つ巴スクランブル-2014-」感想・覚書>
BrwDWlOCQAAp1xJ.jpg

ではえんそくさんのライブ感想ここから!
続きを読む
【2014/07/09 19:03】 | えんそく | トラックバック(0) | コメント(0)
2014-06-28 えんそく 高田馬場CLUB PHASE
えんそくファンの方はご存知と思いますが、公式発表で色々と、心が揺れています。
続報を待つのみですが、クラオカさんJoeさんがblogやTwitterを更新してくださって本当によかった。
告知というのはメンバーさんの感情が見えないので不安だったのです。まだ、心配事はありますが
力強いお言葉を聞いて、最悪の事態を想像してしまうことを回避できるようになりました。

今は一旦そのことは置いておいて、6月末のツーマンライブの覚書を、したためておきたいと思います。

<2014-06-28 2014-06-28 えんそくVS Jin-Machine2マン『This is a 悪ふざけ』 高田馬場CLUB PHASE>
BrNEMsZCUAAq8zN_201407050211528b7.jpg

今回はJin-Machineさんとのツーマン!Jin-Machineは仙台のバンドで、
ボーカルのfeaturing16さんは芸人さんとV系の2足のわらじを履く多才な方で通称閣下と呼ばれていますので、
私も閣下とお呼びさせていただきますよ!

先攻、Jin-Machine。

最初にぶうさんと閣下がでてきて、ド・ド・ドリフの大爆笑〜に合わせて横揺れダンス!
顔は笑顔と真顔を繰り返すいつものぶうさんでした。
なんですかもうのっけからかわいすぎますね。。。
そして、満員ソールドアウトの客席を見渡して、

ぶう「顔顔顔、顔だらけで体が見えなくて気持ち悪いな〜!(にこにこ)」

ぶうさんうれしそう。うれしそうなのがすぐ顔に出るの超かわいい。

ぶう「ディルアングレイを観に来たお客さんが外で5万人待ってるからね!入りきれなくて!」
閣下「ディルアングレイ、えんそく、Jin-Machine全部合わせて25分枠ですからね」
ぶう「ディルを先にブッキングしたらピエロがブッキングできなくてさ!神宮橋で戦争始まっちゃうから!」
閣下「そうなの?そういうのわからないのよね」
ぶう「昔の話だよ、今笑ってるのは全員オバンギャ!」
閣下「あー、ばばあね!」
ぶう「ばばあはよくないね!お客さんだからね!お姉さんだね!」

最初にオバンギャとか言い出したのはぶうさんじゃないですか!

そしてぶうさんがはけて、Jin-Machineのメンバーさんが登場してライブ開始!

1曲目で早速、特別ゲストをお呼びします!とのことでこれはえんそくメンバーきますね??
と期待していたらJoeさんとミドさんを呼び込み!わーいお2人も!
「妹コントローラ」という激しいオタ芸を含む曲だったのですが、
Joeさん一生懸命踊ってらして素敵でした(´ω`) ミドさんは私の位置からだとほぼ見えず。。。

Jin-Machineさんすごく、楽しかった・・・けど記憶がない・・・
夏のゾンビ、みたいなタイトルの曲がすごく楽しかったです・・・。

あとギターのひもりさんがとっても癒し系でした。MCの時のお話のされ方がふんわーりしてらした。

な、なにか思い出したら書き足しますね・・・先にえんそくの感想に進みます!

後攻、えんそく。

まずはセットリスト!
OPぶうさんと閣下のドリフ
1.This is a pen.
2.その後のペテン師
3,ブルーハーツ
MC
4.ツンドラの暴君
5.1999年のブルース
6.アンテナマン
MC
7.ゴードン
8.空は青、大地は桜
MC
9.少女戦闘員M、踊る。
10.TDL
11.最後のえんそく
12.改造人間「人間改造ニンゲン」

・アンコールセッション
さよならするのはつらいけど


幕が開く前のSEはいつもどおり「ここであったが百年目!」だったのですが、
そのあと流れてきたのはジャパネット・・・?
幕があくと、ぶうさんと閣下が並んでいて、閣下は寺子屋(えんそくの事務所)のポロシャツを着ている・・・!

閣下「はい夏が近いということでね、今日は夏にぴったりの商品ご用意しておりますよーまずはこのマッサージ機!」
ぶう「うわあそれいいですねえ」
閣下「いちまんきゅうせんはっぴゃくえん!」
ぶう「安!」
閣下「今ならさらに!テレビもつけます。2インチ!」
ぶう「持ち運びしやすーい!どこでも見られる!」

閣下が・・・ジャパネットの社長さんにそっくりです・・・!さすが。。。
そして2インチのテレビってw 突っ込みどころしかない!
それで、ジャパネットコントの果てに、最後にこれも付きます!とペンを取り出して、ぶうさんが

ぶう「これはなんだー!This is ?」
\a pen!!!/
ぶう「This is ?」
\a pen!!!/

の掛け合いをしてから曲へ!

1.This is a pen.

1曲目が始まる前に軍帽を脱ぎ捨てるクラオカさん。
それでもちゃんとかぶってきてくれるあなたが好きだよ・・・
あ、髪の毛短くなってる(´;ω;`)かっこいい。。。。かっこいいいいい。。。。(号泣)
「♪接触〜」のところはクラオカさんがぶうさんのお腹つついてらしたと思うのですが、
なんだかそのときの顔が険しくて、痩せろよ!って意味かな?と思うなどした。

そうそう、この日のクラオカさんのギターはトムさん、
Joeさんのギターは茜さんでした。

2.その後のペテン師

曲に入る前に、フロアにもっと前に詰めるように促すぶうさん。
ぶう「前の奴ら!もっと前に来れんだろ!最前、もっと入れてやれよ!俺は、後ろの奴らにも笑ってほしいんだよ・・・笑えー!」
で、ものすごい笑顔作りながらイントロへ。

曲中、「僕のそばに〜」の歌詞のところで、クラオカさんとじょいさんがさりげなく横並びになったなと思ったら、
お互いに指差して(胸のあたりを触ってたかもしれない)微笑み合ってて。
かわいかった。早く結婚しろください

3,ブルーハーツ

ブルーハーツ、この日も聴けてうれしかったです。ああもう、大好き。

ぶう「脱法ハーブより、気持ちよくしてやるよーー!!」
最近話題の。。。(´ω`)

「そんなボクに似たやつがもう一人います」の歌詞部分を、歌じゃなくて台詞っぽく
ぶう「そんなボクに似た、気持ち悪い奴らがこんなに沢山います!」
と客席をうれしそうに見渡しながら歌ってらしたのがよかったです。
ぶうさんははみだしものの私達を全部受け入れてくれているという感覚があります。

いつもどおり最後の方はクラオカさんじょいさん向かい合ってギター弾いて、最後はハグして。
そのあとクラオカさんがじょいさんの肩を左腕で抱いたまま客席を右腕で指差して煽り
なんなの?見せつけてくださってるの?
大丈夫です、じょいさんはクラオカさんのだから取りませんよ??まったく・・・(壁殴)

最初のMC。

ぶう「我々が本日のトリ、えんそくだー!Jin-Machineは盛り上がってたなー?もっと盛り上がってくれますかー? !今日はえんそくを大好きになってもらいます!」



4.ツンドラの暴君

あああああ!!久しぶりに聴けた感じします!!大好きです!!!
クラオカさんボーカルの♪冷たさ重たさ痛さに慣れた〜♪の部分、
横移動しながら歌うのですが、この日は上手の方に行き過ぎてそのまま袖に入ってしまっていた・・・笑
私はかなり下手から見ていたので引っ込まれてからも案外見えていたのですが、
上手側の人からしたらかなり長い事クラオカさん見えなかったのではないかと!
でも同じくらいの勢いつけて上手からセンターに戻ってこられた♡ かわいい♡ 好き♡←もはや言いたいだけ

ツンドラの暴君の後半でクラオカさんとじょいさんが肩に頭を預け合いながらギター弾いて、
(顔が近い!そしてなにその甘えた表情!!!むきー!!!!)
最後には向き合って見つめあってたのだけど・・・
クラオカさんがじょいさんをじっと見つめながらじょいさんの唇を指で触れる→その指先を自分の口に入れて舌でぺろっと舐める。というシーンがあり、
さすがに、は????なにしてはるんですかステージ上で????となりました(´ω`)いい意味で!
もっとください!!※えんそくではお2人はホモズと呼ばれています。
何度も書いてますけど別におつきあいしているわけではなくて、でも最愛の人みたいです!
そういうことですのでよろしくお願いします!

5.1999年のブルース

わーこれも個人的には久しぶりな感じです!何が好きってやっぱり最初のAメロの、クラオカさんがギター弾かないパートで天使の笑顔で腕を左右に振って踊っているところと
(2回目以降はAメロもギター弾くのでチャンスは1回のみ)
サビに入る前にクラオカさん→Joeさん→ミドさん と同じフレーズを回すところでピンスポット照明がぱしっと当たるところと、最後の方のギターリフでワウペダル使ってらっしゃるところですね!!
ワウ使う曲は限られているので貴重です!

6.アンテナマン

ひとつになってもらおうかー?!のような前フリで曲に入ったかと思います。
私がえんそくさんファンになった今年1月の七日間戦争ではよくセトリに入っていたので、
私は全然踊れなかったのですが肩を組んで踊るような振付けのところでは周りの園児さんに巻き込んでいただいてうれしかったなあとか、思い出しました。

MC。

ぶう「平民と園児は水と水だよ。混ざり合って、どっちがどっちかわからない!」

平民、がJin-Machineファン、園児がえんそくファンの呼称。両方いい呼び方だなと思います・・・

今日えんそくを見て好きになった人ー?みたいな質問をぶうさんがして、
それに反応して手を上げた人達が後ろの方に多かったみたいで
ぶう「案外分かれてるね!水と油だったかな!」

いやいや親和性高いですって!

ぶう「Jin-Machineが好きだけどえんそくも気になってきたっていう人ー?!
・・・大丈夫、Jin-Machineのメンバーには聞こえてないから。楽屋への扉は固く閉ざしてあるから!」

すごくイケメンな笑顔作ってにこやかに語ってるぶうさん。
Jin-Machineさんのファンをかっさらおうって魂胆ですね。いい心意気です!

ぶう「次の曲では皆さんに機関車になってもらいます!その辺りを中心にぐるぐると。どこを中心にするかって?いえ、お手間は取らせません。あの男がスタンバイしてくれてるよ!今日の中央会館はあっつtheデストロイ!」

中央会館ってなに!?
そしてJin-Machineのあっつさんが、上手袖から、手をしゅっしゅぽっぽしながら登場してくださった!

ぶう「すごいな!既に機関車だよ!」
なぜかそのまま舞台袖に引き返すあっつさん。今度は普通に歩いて登場されてましたw なぜ!
ぶう「フリ説明しなくていいよな!あっつさんは100点だしあっつさん見てればできるよな!」
あっつ「自信なくなってきた・・・」
ぶう「仙台でもあっつさんに出てきてもらって、同世代だし、あっつ!って呼んでたらあとでじょいさんに怒られてさ。年上なのに呼び捨てとはなんだと。ごめんね俺文化系だから2つ3つの差はいいかなと思ってたんだけど、ダメみたい」
あっつ「いいよーあっつで」
ぶう「じゃああっつで!!」

切り替え早!!

ぶう「あっつはさ、常識とかそんなもんもデストロイしてんだよ!」
か、かっこいい…

ぶう「俺が、出発進行ー!て言ったらあっつの周りをぐるぐる回ってください!あっつへのお触りは禁止だよ!」

7.ゴードン
フリ説明なかったからクラオカさんの昭和のバカ顔ダブルピースいえーいも再現なし(´;ω;`)
曲中だとギターから手が離せるのが一瞬すぎてほとんど見られない・・・
いいんです、クラオカさんは奇跡のイケメンなのでそんなことしてくださらなくていいんですよ・・・

8.空は青、大地は桜
!!!!!
ファンになって半年、ようやくこの曲にライブで出会えました。待っていました。
とてもとても美しいメロディと歌詞で、今よりずっと若かった頃のクラオカさんぶうさんが生み出された曲と歌詞と思うと、末恐ろしいほどの才能を感じる。
ギターはアーム使いが印象的で、アコースティックギターのようなクリーンなトーンで弾かれるアルペジオとか、
とてもとても美しかったです。また近いうちにライブで聴けたらいいな。

MC。

ぶう「告知をします。えんそくは9月10月にワンマンツアーをします!…そりゃあバンドだからワンマンツアーくらいするでしょうよ、と思ったでしょうがもっとわー!っと反応してよ!(客席拍手)東京は10月にキネマ倶楽部!」

ぶう「えんそくを大好きになる覚悟はできてますか?!(客席:いえーい!)えんそくは高みを目指してのぼっていきます!今のうちに好きになっておかないと手が届かなくなりますよ!再来年あたりには天皇になってるかもしれねえよ?!(客席:?!い、いえーい…?)・・・そうだな、そこはいえーいじゃねえよな!」

ぶう「どうしたら天皇になれるのかな?あいこ様と結婚したらいいのかな。お前ら、あいこ様に俺のブロマイドとか送っとけよー!園遊会に参加する暁には俺のこと売り込んでおいてよ!未来人のフリしてよ!」

う「未来人のフリして、『この人があなたの未来の旦那様になる方です…』とか言って信じさせてよ!俺と結婚しないと日本が滅ぶってことにしてさ!(客席の戸惑いの反応を見て)…なんでも同意が得られるわけじゃないっていうのは俺の力不足だね!天皇になっちまったら陛下だよ?閣下より偉いよ?日本牛耳っちゃう??・・・朕は〜


一人称が朕!それはかなりお偉いお方ですね・・・!このくだり私は大変面白かったです!

そして、えんそくは高みを目指して戦っていく、という話の流れで
ぶう「戦闘員諸君!覚悟はできているか?!」
\イー!!/
ぶう「ここから先は嫌だは通じない、全部イー!だ!イー!しか言わせない!次の曲は少女戦闘員M、踊る。ジャンプしながらヘドバンしながらバンスバンスバンスバーンス!!」

9.少女戦闘員M、踊る。

始まって客席がジャンプしているところで
ぶう「そんなもんか?まだまだ飛べるよな??処刑されたいか?!

それは陛下というより将軍様キャラですよ総統。。。(´ω`)


10.TDL

TDLもきた・・・!なにげのこの日神セトリだったのでは。+゚(゚´ω`゚)゚+。

「獣のモノサシで作った偽物(レプリカ)さ」の歌詞のところ、今までもあんなにしっかり溜めてたかな?
CDでもタメはあるけどそんなに長い時間ではないので。
演奏一度止まってぶうさんきっかけで曲に戻った感じでした。
ぶう「♪獣のモノサシで作ったレプリ・・・♪(止まる)・・・俺達は、レプリカじゃない。本物だ。・・・♪レプリカさ 行かないでよ・・・」

11.最後のえんそく

あああ高まる。この曲もまさにえんそくさんを体現している曲で、何度聴いても感極まる。
フロントの4人が曲の後半、センターに集まってくっつきながら演奏されているのも好き。

そして本編ラスト!!

12.改造人間「人間改造ニンゲン」

改造人間でも歌詞(というかセリフ)改変して叫ぶぶうさん。
ぶう「改造人間「人間改造ニンゲン」は人間を『えんそく大好き』に改造するために自らを改造した改造人間なのである!」

そして改造人間の最後の方、じょいさんがセンターお立ち台でソロ弾いてるあいだ、
後ろでぶうさんクラオカさんミドさんがきゃっきゃしてらした。
ぶうさんをクラオカさんとミドさんが挟んで押し合い、上手に押しやったり下手に押しやったり・・・
子どもか。無垢か。じょいさんも気になって振り向くし、なんなの仲良しすぎか。尊い・・・(号泣)

そして改造人間が終わったあと、ぶうさんが投げキスか何かして歓声に答えたあと舞台袖にはけていかれたので、
これでやっぱり本編終了なんだなあと思い。しかし。ぶうさん以外のメンバーさんが去らない。。
えーとこれは、と思いつつ薄暗がりの中でメンバーさんの名前を呼んでいると
ぶうさんが再登場。

ぶう「アンコールありがとうー!みんな声を枯らしてアンコールしてくれてたんでしょ?俺には聞こえてたよ!」

えっとあのその(´ω`)じ、時間短縮だったのかな!ありがたいですね!!

アンコール、Jin-Machineの皆さんを呼び込んでぶうさんと閣下でMC。
ぶう「終わっちゃうの寂しいね!」
閣下「えんそくは明日もあるじゃない」
ぶう「明日も来てよ!アンコールの司会してよ!」
閣下「明日はマイナスさんでしょ?」
ぶう「うんでもホモは、閣下とがいいよ(笑)」

????(´ω`)聞き違いかな・・・
ホモの子(マイナスのハルさんの自称)と絡むのと閣下と絡むことを比較していったのか、
ホモする相手は閣下がいいよって意味で言ったのかどっちかな。。。
後者だと思って聞いてたのですがそれだと何かおかしいな。。。
私の脳がホモ変換してるだけだなきっと。。。

ぶう「ハル君の場合、俺が前に前に出ると、ぶうさんちょっと考えてくださいよ〜ってなるからさ。閣下は俺が暴走しようとも、はいはい全部拾うよ〜って受け止めてくれる」

閣下さすがです。ぶうさんの暴走は手に負えないときあるからなあ・・・

そしてセッション曲もドリフで!

・アンコールセッション
さよならするのはつらいけど


あれ、なんだろうじんわりと涙が^^^
えんそくのメンバーさん、このツーマン本当に楽しそうにしてらしたから
さよならするのは本当に寂しいですね。。。

って、おい。クラオカさんおい。
クラオカさん、あっつさんの「膝」が大好きみたいで(お写真でみるとすべすべで本当に綺麗・・・)
あっつさんのステージ衣装は膝が大きくダメージ加工されているのでつるんとお膝が出ているのですが
隙あらばさわさわしている・・・クラオカさん・・・こら・・・!
しかもセッション曲の終盤では、あっつさんの剥き出しの膝を持ち上げて至近距離まで唇近づけてましたね???
舐めたいのかじりたいの???は????あなたにはじょいさんがいるでしょ???怒
・・・取り乱しました。いえ、もう好きにしてください全部おいしくいただきます。。。_:(´ཀ`」 ∠):_ …
お写真あった。


この天使の笑顔・・・!!!。+゚(゚´ω`゚)゚+。許すゆるす全部ゆるす・・・←何様だよ

はあ・・・クラオカさん・・・好き・・・・これも・・・




稔さん素敵・・・!!貴重なお写真ありがとうございますJin-Machineのみなさん・・・!
写真付きpost全部引用させていただきたい勢いですがものすごく長くなるのでこのへんで。。。

Jin-Machineさんとのツーマン、とても楽しくてメンバーさん同士も仲良くされてるのが伝わってきて、
とてもよかったです。

29日のマイナス人生オーケストラさんとのツーマンの感想も近々書きますので!
本当に、楽しい2日間でした。
この記事、あまりに駆け足で書いたのでちょっとたどたどしいです、あとで書き直すかもしれません・・・。
今夜はちょっと眠れないなと思って、blog更新してみたのでした。
数時間後には浜松に旅立ちます。。。( ˘ω˘)スヤァ 寝たらしぬぞ!!!起きろ!!!

【2014/07/05 02:40】 | えんそく | トラックバック(0) | コメント(0)
2014-06-22 えんそく 名古屋HOLIDAY NEXT
ライブ感想を3つ溜めているのでさくさく記録していこう!
ほぼツイートまとめです!

<2014-06-22 えんそく出演イベント「BadeggBox Presents「BATTLE FEVER TOUR2014」 名古屋HOLIDAY NEXT 主にえんそく部分感想>
Bqt8DIACQAA8XrN.jpg

大阪でマイナス人生オーケストラとツーマンの翌日に、名古屋のイベントでもマイナスちゃんと対バン!
(ハルさんは翌日も一緒なの気付いてなかったみたいですが・・・笑 気付かないまま当日迎えたら驚いたでしょうね)

出演バンドたくさんだったので細部は覚えていないのですが、
各バンドの印象も思い出程度に書いていきますー

入場したら、会場SEがエアロスミスだったヽ(・ω・)ノ渋い。
と言っても、有名などんわなみすあしんぐ 。アルマケドンのテーマソングですな。私もそれくらいしかわからぬ。

まずOAの Vent Croix
私のイメージする名古屋系ってこういう感じです!
ドラムの人がずっとにっこにこしてらして、激しい曲でもデスボの曲でもずーっとにこにこで。
お若いし、微笑ましいなあと思って観ていました(年齢的にね・・・バンドマンの母目線になるよね・・・)。
ベースの人はコーラスがかなり上手かった。
コーラスというか曲によってはツインボーカル扱いなのかもしれない。
ボーカルの人の声との相性がすごくいいという印象でした。


2バンド目、Dear Loving
私ディアラビさん何年ぶりだろ?と思ってこのblog内で検索かけたら、わー!!
初めて宇宙戦隊NOIZを観た、そして10年以上ぶりにTuskさん(中学時代の本命・・・)を観た、
伝説の柏じゃないですか・・・・;;
私が初めてNOIZを観た日のblog
ギターのYUKIさんがあいかわらずすごく面白かったです。バンギャル子ちゃんというネタを延々と・・・笑
あとは使用ギターの本数が多いのが印象的。年季の入ったレスポールとかストラトとか。
ボーカルのMASAさん、すごく、言葉が届くように一生懸命な印象を受けた。MCもわかりやすくて歯切れよいし、
歌いながらお客さんの目を見て語りかけているように見えるし。


3バンド目、Awake
Awakeさんはキラキラしてますね、歌詞からしてキラキラだった。
ボーカルさんが飄々として若いのに堂々としたいいキャラでしたねえ。若さゆえの自信なのかもしれないけど。
後日Twitterでボーカルさんの発言が話題になっていて、あー、こういう感じの方なのね。とどこか納得。
そしてシャボン玉飛ぶ演出にびっくり。これはバンドさんというよりハコにびっくりなわけですけれども。
まさかこのあとも見られるとは・・・w


4バンド目、えんそく!!!
まずはセットリストを

1.改造人間「人間改造ニンゲン」
2.その後のペテン師
MC
3.少女戦闘員M、踊る。
4.ブルーハーツ


ブルーハーツが聴けただけでも、名古屋に来たかいがありました・・・
本当に、大好きで大切な曲です。大好き・・・!

改造人間はクラオカさんとじょいさんが背中預けあって弾くところがあって、それがとても好き。
ツインギターのバンドでは結構見かける光景ですが、
お互いに体重かけることで支えあっているのが、信頼の証だなあと思うのです。

1曲目終了後
ぶう「我々がえんそくだ!ほら、笑えー!!」

という前フリで、『その後のペテン師』へ。

肘を体の横にかまえて肘の角度を3段階上げる振り付けがあるのですが、その時のぶうさんの顔がすごくて・・・
変顔で始まってもっとすごい変顔になっていくというか。
イケメンほど変顔がやばいですよね・・・アイドルの変顔がやばいのと同じ感じですね。

それから、その後のペテン師ではシャボン玉が飛ぶ演出が!

クラオカさんがネジの壊れた人形みたいなカクカクした動きで頭を動かしながら、
上を向いて大口あけてシャボン玉食べようとしてらして。目を見開いて。
本当にかわいいなあ無垢だなあ。。。(号泣)

MC。

ぶう「名古屋ー!ついてこれんのかー?!追いつくぞ!ん?・・・追い越すぞ・・・?」

ついてこれるか?と問うているのに、どちらにしても後ろにいないですかそれは。。。
置いて行くぞっておっしゃりたかったのかな・・・?


ぶう「えんそくを大好きになる準備はできてますかー!?」

すでに狂おしく大好きですが!!もっと好きになります!!!


ぶう「このつまらない世界を破壊したいと思っているみなさん、僕たちと一緒に行きましょう。
宗教じゃありません、仲間になりましょう。一緒に、楽しいことをしましょう」


ぶう「(突然)ヤクはやめろー!
そんなものよりもっと楽しくなれるものを俺が教えてやろうか?ROCKだよ・・・(ドヤ顔)」


やめろー!の部分をなぜか下手に向かって叫んでたのだけど、
クラオカさんがぶうさんの話が長い時によくなさる、目細くしてだるそうな表情とポーズで
眠そうに聞き流してるのがかわいかったです。

ぶう「告知をします。9月10月はワンマンツアーがあります!
これを聞いたら驚くと思いますがなんと!名古屋はありません!
え?東名阪は外さないでしょ?!常識を覆していくのがえんそくです!
名古屋の人たちはどこに来たらいいのかな?(Joeさんを振り返る)浜松だ!浜松まで来てください。」


そして来年4月4日の赤坂BLITZの告知もして、今年のえんそくは戦争だ!という話に。

ぶう「今年えんそくは他のバンドのお客さんをごっそり奪っていきますから。
えんそくのライブを見た他のバンドは焦っているはずです、えんそくやべえぞすげえ盛り上がっているぞと。
(オフマイクで)ラ○クアンシエルも怖くないぜ!


マイクはずしたw 大丈夫ですよ気にされないと思いますよ!

ぶう「そのためにはみなさんに戦闘員になっていただきたい。戦闘員になってくれますか?!
客席:\イー!/

ぶう「驚いた?驚いたでしょ!イーって何?!って思うよね!
戦闘員って言われるとイーって言っちゃうんだよ!」


ぶうさんうれしそう。

ぶう「勝ち馬に乗るなら今しかない!人は誰しもドヤりたい。
『あたしー、えんそくが売れてない頃から知っててー』とあとからドヤるためには今しかないんです!」


そうですよ今しかない!!もっとえんそくのすごさが伝わってほしい・・・!

ぶう「もうえんそくの持ち時間が半分終わりました。
(客席:えー!!)
えんそくはね、イベントで時間を押さないことにかけては定評があるんです・・・」


へ、へー。(遠い目)

そして次の曲は『少女戦闘員M、踊る。』である、と宣言してから
サビの振り付けを伝授してくださるぶうさん。

ぶう「ヘドバンしながらジャンプ!今笑ってる人!笑ってる場合じゃない!ここからもっとすごいですからね!
ヘドバンしながらジャンプしながらバーンスバンスバンスバーンス!」


うん、無理★ 私はこれをヘドバン抜いた感じでやらせていただいてます・・・

そして曲が始まり。
イントロの左右に飛んでイー!するところ、客席がイー!っと叫ぶタイミングで、
ぶうさんが両手を耳にあてて、ん?て表情で聞いてるポーズしてらっしゃるのにこの日初めて気付きました。
かわいかった・・・。

そう、この日は初めて、本当に初めてぶうさんセンターでライブ見たのですよ。いつも下手住人ですので。
後ろの方でしたが縦の距離があまりなくてステージの高いライブハウスだったのでとてもクリアに見えて。
正面で歌っていらっしゃるともう、それだけでどきどきしますね・・・!
目が合っているわけでもなんでもないのに照れてしまう!この純情BBAめ!

『少女戦闘員M、踊る。』のぶうさんの語り(我々は戦闘員を募集しております、のあたり)の後ろでは
クラオカさんとじょいさんが右手をつないでぐるぐる回る、という動きが6月あたりから追加されましたが
私が最初に見たとき(池袋)はつないだ手は腰くらいの高さだったのですが。
名古屋では頭の少し上くらいにつないだ手を掲げていて、フォークダンスっぽい・・・と思いました。
今日はちょっと変えてこうやって回ろうか?とか相談してるんですか???
かわいすぎませんか???(吐血)


そして最後の曲、『ブルーハーツ』。
ああこの多幸感ってなんなんでしょうね、本当にこの曲が好きすぎて。笑いながら泣きそうになる。
歌詞はぶうさんの高校時代の実体験に基づいている内容ですが、
これを歌詞に昇華できるセンスが本当に稀有だと思っています。
大人になる前の、でも子供でもなくて、愛だ恋だじゃ一切ないと言いながら、
好きという感情に名前も付けられなくて。
ライブの感想じゃなくなってるぞ・・・その話はまた今度。


ブルーハーツでもシャボン玉の飛ぶ演出があったのだけど、
ぶうさんがお立ち台の上で下手側を向いて、斜め上を見上げながら、
シャボン玉がくるたびにフーッと吹き飛ばしてらした。

つまり横顔でフーッとしてるわけで、くちびる尖らせてるご様子がかわいくて・・・。
ぶうさまのキス顔!頂戴いたしましたー!とか思ってしまってごめんなさい
生まれてきてごめんなさい。。。


ブルーハーツの最後、クラオカさんとじょいさんはいつもどおり、向き合ってギター弾いてそのままハグ。
からの、頭の後ろに両手あてた状態で、交互に背中側に倒れたり起き上がったり・・・
つまり向かい合って腹筋ワンダーコア~してらしたヽ(・ω・)ノ
このネタもう3回目くらいでしょうか、どんだけお好きなんですかワンダーコア・・・笑

それからぶうさん、ブルーハーツの時に上手のスピーカー(身長より高い)に結構長いことしがみついてたんですけど、
本当は登りたかったのかしら?足かけるとこがなかったのかな?
なんだか、動物園ぽかったです。かわいいっていう意味です♡


えんそくの感想ここまで!!

残り2バンドの感想もさらさらっとー!


5バンド目、マイナス人生オーケストラ
2日連続のマイナスさん、大変楽しかったです!
前日にお友達から光る指輪(フラッシュリング)いただいたのでそれも装備して、
ブレスレットタイプのサイリウムも装備して。
ハルさんがMCでえんそくちゃんを何度もネタにしてくれてうれしかったです!

ハルさん「ぶうさん、今年はハートフルなんでしょ?え、違う?ピースフル?同じ同じ!」

ハルさん「ぶうさんはねー、メイク前2時間もべっこうのプレートでリンパ流してるんですよー。
そして、イライラしたら甘いものを食べる、っていうOLみたいな生活を送っている、そんな愛すべき人なんですー。」


ぶうさん・・・おかわ・・・ハルさんおかわエピソードありがとうございます。。。

サブカルチャーを標榜されているのに底抜けに明るくて運動会か!というくらい動いて。
でも歌詞はとても深くて痛くて、優しい。

マイナスさんの音源は3枚かな、持っているのだけれど
よくライブで演奏される曲の収録されている音源を持っていない気がする・・・探します・・・。


そして6バンド目、本日のトリはBEETHOVEN
ベテラン(と言ってもまだまだお若いけれど)の風格だなあ。
曲はとてもメロディアスで耳馴染みがよい。
それから最前列のファンの方々の、愛情表現が、咲くときもあるけれど「捧げる」という感じで、
それが素敵だなあと思いました。

結構激しい曲が多かったかな、バラードを挟みつつの。

那オキさんが曲によってはフレットレスベースを使ってらしたのと、
福助。さんがアコースティックギターも弾いてらしたのが印象的でした。
私は福助。さんを最初に観たのがADAPTAR。だったので、ギタリストとしての福助。さんをよく知らなかったのだけど
やっぱりギタリストさんだなあと思ったりして・・・アコギの音がとても、良かったです。

演奏中はとてもシュッとしてらっしゃるYURAサマが、MCになると途端に人のいいお兄さんになるのがなんともいいですね。

このイベントは音楽事務所BadeggBoxの主催イベントで各地でツアーを回ってきたのだけど、
今回だけBadeggBox所属バンドがいない!そうで・・・
マコトさんが、俺たちがBadeggBoxだ!というようなことをおっしゃっていました。
愛があるなあ。ミネムラさんのところの事務所ですものね。

そして最後に出演バンドの名前ひとつずつ全部あげて、
それぞれのバンドに「大きな拍手を!」と言ってらしたのがとてもよくて、
あたたかい気持ちでイベントをしめくくれました。
マコトさんありがとう。

そんなこんなで、名古屋まで足を運んで、というか大阪遠征の帰りに名古屋も寄ることにしてよかったです!
私完全にこの日ライブあること忘れてたんですけどね・・・うん。。。。スケジュール管理ちゃんとできるようにしよう。。。

チェキ2日分!!



ディアラビのMASAさんが上げてくださったぶうさん!



メンバーさん同士が仲良くしてらっしゃると観ているファンも本当にうれしいですね・・・






では今回はここまで!
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

あとは高田馬場ツーマン2daysのことを早く・・・書かないと忘れる・・・・
【2014/07/04 17:13】 | えんそく | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |