プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

02 | 2016/03 | 04
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
2016-03-13 池袋EDGE Re:My BACTERIA HEAT IsLAND
点々さんのソロプロジェクト、Re:My BACTERIA HEAT IsLANDの初ライブが終わりました。

2015年7月20日にMy BACTERIA HEAT IsLANDが活動休止されて、
8月21日に点々さん以外のメンバーの皆さんの脱退が発表されて。
点々さんが再びステージに立ってくださる日のことを。
信じてはいましたがとても長かった。

2016年1月14日、Re:My BACTERIA HEAT IsLANDの名前が発表され、
18日にはライブの予定なども一部明らかになり。そこから初ライブまでの約2ヶ月もまた長かった。
初ライブを前にて公開された音源はとてもスタイリッシュで熱さがあって、
そして点々さんらしかった。
同時に、My BACTERIA HEAT IsLANDとは別物だということも強く思い知らされました。
だからライブの日を迎えるのは楽しみでもあり怖くもあり。

覚えていることはほんの少しで、曲にもまだ慣れていないので取り違えている部分もありそうだけれど
今日感じたことを書き残しておきます。

<2016-03-13 池袋EDGE「SBI」 Re:My BACTERIA HEAT IsLAND初ライブ>

セットリスト。

6曲目絶対違うと思うけど・・・。
(my headはMBHIの曲)

開演時、犬の鳴き声のSEが流れて、ああ次がRe:My BACTERIA HEAT IsLANDなんだなと思った。
狂犬をコンセプトにしているから。
幕が開くと、点々さん以外のサポートメンバーの皆さんがスタンバイしている。
黒づくめの衣装に、これはあとからわかることだけど全員首輪風なチョーカーをつけてらした。
そして登場時は全員一様に、茶色くて四角い紙袋を頭にかぶっていてお顔が見えなかった。

Re:My BACTERIA HEAT IsLANDはアーティスト写真でもサポートメンバーの皆さんの顔が伏せられていて、
ヘルメットをかぶった写真しか公開されてなかったので、まさかこのままライブでは、と思うなどした。

そしてSEが犬の鳴き声から、外国人男性が歌う少し調子の外れた、回転数のずれたレコードみたいな音楽に変わる。

上手後方から、ゆっくりと、同様に紙袋をかぶった人物の影がゆらりと現れる。

ああ。点々さんだ。
お姿もそうだけれど、オーラだけだってこの人だってきっとわかる。

点々さんの紙袋には右目のあたりに破れ目があって、少しだけ視界がひらけているようだった。
少し不安定な足取りでステージセンターまでたどり着き、
お立ち台の上にあるマイクを手にする。

乱暴に紙袋を脱ぎ捨てて、お顔が露わになる。
先日まで金髪だったのに、上半分が黒髪、襟足が金髪のツートンになってらした。
襟足はかなり短く刈り上げているようで、少年のようだ、と思った。

点々さんを呼ぶ客席の声が、怒号のように響いた。

そしてサポートメンバーの皆さんも紙袋を外す。
よかった、お顔が秘密のままなのかと思ったよ。

1.ハゲ散らかしたジョニー

点々「ハゲ散らかしたジョニー・・・」

曲前につぶやくような声で、タイトルコールがあったように思う。

YouTubeにMVが公式にupされているので未見の方はよかったら。
点々さんは、このMVの演奏シーン(街を歩くシーンではなくて)と同じ衣装に見えた。
ボトムの上にさらに、黒いバンダナみたいな布を巻いてらしたけど。
去年は度々そういう衣装着てらしたけどそれの色違いかな。黒地だけど模様が赤っぽかった。

ジップアップの上着と、黒いパンツと、赤くてソールが光る靴。
ちなみに上着の左胸の透明ポケットに、アー写だと犬の写真が入っているのだけど、
ライブではおざなり君のイラストが入っていた・・・。お気に入りですね・・・。

この曲の記憶ほとんどない。ただ、ああ点々さんが歌ってる。と思いながら聴いていた。
体から歌が溢れ出すような、突き動かされるようなステージングはやはり点々さんのものだった。
この人が歌う姿が好きで。ずっとステージに立っていてほしくて。
なんて揺るぎなくかっこいいんだろう。このメンバーでの初めてのステージだなんて思えなかった。


2.燃ゆる東京

2曲目は、点々さんのシャウトが印象的なこの曲。

これもLyric videoがフルサイズでupされているのでよかったら。

曲中で叫ぶ「もっといけんだろー!」とかそんな煽りも、
ああ点々さんが帰ってきた。と思えて泣けた。

この曲の時かな、ピアノのリヒトさんが本来座るためにある鍵盤前の椅子に乗って、
しゃがむでもなく前屈する姿勢で弾いてらして、驚いた。自由度の高い人だ・・・
鍵盤弾きの人はちょっと気が違っている人が多いような気がしていて
(私は筋少、特撮のエディが好きなので余計に)
そういう人ほど魅力的なプレイをする、と思う。
リヒトさんも例に漏れず。凄まじい演奏だった。鳥肌が立つような。

点々さん、ステージの床を転げ回りながら歌ってらして、もうそういうところ大好きだけど、
それだと最前の人しか見えないから。お立ち台乗っててくれ。と思ったとか思わないとか。
いやそういうところ大好きですよ・・・。


3.狂犬病



この曲もピアノが激熱で最高でした。テンポも速いし激しさもある曲なのに、
ピアノが洗練されていることもあって、スタイリッシュだな、という印象を受ける。

点々さんの歌い方がとてもかっこよかった。
うつむき気味に、吐き捨てるみたいにマイクに声を叩きつけるときもあれば
強い視線で客席を見据えながら歌う時もあって。
声に気迫を感じたし、実際とてもよく声が出てらしたと思う。なんて書くと偉そうだな。
でもほら、点々さんわりと声の出方についてはムラがあった時もあったので、
調子は気にしてしまう・・・。

そしてこの曲の時だと思うけど、ベースのアガサコウモリさんがドラムのヤスさんのそばに行って、
お二人で顔を向けあいながら、笑いあいながら演奏される瞬間があって、
リズム隊のそういうところ、とても好きなのでうれしくなった。
アガサさんとヤスさん、頻繁にリズム隊だけでスタジオに入ってらっしゃるようだったし、
きっと息のあったプレイなんだろうなと予想していたけど、とてもとてもよかった。


曲終わりで、リヒトさんが控えめな音量で、綺麗な旋律を奏ではじめる。
曲の導入にしては静かだな、と思っていたら点々さんがお話し始める。

点々「・・・ただいま。」

ああ。その言葉を、やっと聞かせてくださるんだ。
小さく、おかえりなさいとつぶやいた。
MBHIの活休が発表されて間もない頃、
「ちゃんと帰ってくるし、早めにおかえりって言わせるから」
とかそんな意味のことをおっしゃっていたことを思い出して泣きそうになった。

点々「このバンド名で、もう一度ステージに立ちたいと思って・・・。今日、叶って。念願叶って。帰ってきました。」

My BACTERIA HEAT IsLANDの名前を、お一人で守ってくださったことに感謝しかない。
点々さん、人生最後のバンドだとおっしゃっていたから。活休発表の時は目の前が真っ暗になった。

点々「ソロ活動だし、いつまでやれるかもわからないけど・・・長くても短くても、1回1回のライブを楽しんで、全力でやれたら・・・今日は気負いすぎてるけど、そんな風に1回1回やれたらいいなと思ってる。」

そんなことを言葉を選びながらゆっくりとつぶやくようにお話しされたあとで、ふっと笑顔になって

点々「・・・今日話す予定じゃなかったんだよ(笑)もうやめるわ!ピアノのせいだな、いい音色なんだよなー」

リヒトさんの方をちらっと見て、照れて笑うような表情もとても大好きで、愛おしかった。
即興なのかなと思うけどリヒトさんの奏でるメロディーは叙情的で、とても綺麗な音だった。

点々「もっといけるよな?付いてこれるよなー?!」

客席を煽って、勢い良く反応が返ってくるのをうれしそうに眺めたあと、

点々「・・・ありがとう。元気いいね(笑)元気のいい君達に、この曲を。心を込めて歌います。Wondeland」


4.Wonderland

ここまでの激しめの曲から一転してせつないメロディアスな曲。
バラード・・・に分類されるのかな。


ギターのシンペイさんのソロの前に、
点々さんが「ギター!」と叫んでシンペイさんを手で示してらしたのはこの曲だったかな。違うかな。
シンペイさん、ビブラートかけたりするニュアンスの出し方が素敵だなという印象だった。
ワウかな?と思う音色もあったのだけど足元見えなかったし違う気もする。

点々さんの歌声の魅力はたくさんあって、シャウトもデスボイスも好きだけれど、
吐息が、息遣いが感じられるような声で、
美しい旋律をせつなく歌い上げるところが本当に魅力的だと思っている。
点々さんの声が耳に触れることの尊さを思いながら、泣きたいような気持ちでじっと聴いていた。
ひりひりする。歌詞のせつなさとあいまって、点々さんの声がしみる。

バラードを歌われる時に点々さんがよくそうされるように、
お立ち台の上に膝をついて、座り込むようにして悲しそうな表情で歌う姿が、
幼くて、儚げで、せつなかった。
そんな時の点々さんは、自分の世界に入り込むようで、こちら側は見えていないのかもしれない、なんて思う。
どうしてこの人の声はこんなに、悲痛さをはらんでいるんだろう。

曲終わり、短く言葉を発されていた。

点々「残り2曲です。」

曲数を告げて、そのあとはなんて言ってたのかな。
次の曲がバラードだったから、煽っていたのではないと思うのだけど。


5.アイスピック

これは未発表曲。Wonderlandよりさらに繊細なピアノバラードといった印象だった。
V系ノリが一切なくて、とにかくじっと聴き入るような。
この曲のピアノがすごくよかったので早く音源で聴けたらいいな。
今までの点々さんの曲の中でも群を抜いて大人びた曲だと思う。
こんな風に歌うこともできる人なんだな、と思いながら聴いていた。

少し聞き取れた歌詞から、冬の曲なんだなと思う。
おそらく「冬の大三角形」と星座を示す歌詞を歌われる時に、
瞳の前で指を組み合わせて空を覗き込むようにする仕草が素敵だなと思った。

間奏中、点々さんがマイクのコードを持ってぐるぐる回し、投げ上げたマイクをキャッチする。
MBHIの時によくしてらした動作だったので、懐かしくて胸がきゅっとなった。
点々さん、有線マイクにこだわりがお有りなのだと思うけど、
コードの色も度々変わっていた。監獄島の死刑囚衣装の時は白だったし、その前は赤だったと思う。
この日は黒だった。それが一番デフォルトだと思うから、
あえてそうなのかはわからないけど衣装には合っているなあと思った。

最後の歌詞が、正確ではないけど
「君のサンタクロースは何歳まで生きていた? 僕のサンタクロースは今でも冬の夜空を飛ぶ」
というような内容で、うわあ点々さんらしい。と思って、ぐっときてしまった。


6.タイトル不詳

公式セトリにmy head って書いてあるけど・・・絶対違う曲だと思うのでこうしておきます・・・。
拳とジャンプを要求してくるような激しい曲だったので、my headのような系統の曲ではあるんですが。

点々「聞こえねーよ!もっといけんだろ?!」
と煽ったり、
点々「足使っていけるよなあ?」
と顎を上げて下目遣いに冷酷な笑みを浮かべて、指で足元を示したり。

あーもう点々さん。ほんと点々さん。おかえりなさい、と思った。
ステージングや佇まい、オーラは本当に点々さんそのもので。
歌われる曲が違っても。

でもあの頃と同じではなくて。歌い方も雰囲気もRe:の大人びた旋律に似合うものになっていた。

前に進まれているんだと思う。

点々さんはバンド経歴が長いから、振り返ってみると、
本当に柔軟に変化と進化を重ねてきた人なんだなという印象を受ける。

だからきっと、「点々さんだから」ずっとファンである人がいる一方で、
今度の音楽性は違うかな、と思って離れる人もいて当然だと思う。過去もきっとそうだったんじゃないかな。

MBHIとRe:はまた別の物だった。
だから一度離れた人とか、まったく知らない人、一度はピンとこなかった人にも、
今回の音を聴いてみてほしいなと思う。

ライブの感想から逸れすぎたな。

最後の曲を歌い終わると、ささやくような小さな声で、

点々「4月2日・・・ワンマンで、会おう」

とつぶやいたあと、笑顔を見せてくださってから、振り返らずに去っていかれた。


ライブ感想はここまで。

本当に、心底かっこいいと思ったし、もっとたくさんの人に聴いてほしいなと思う。

今回、4月2日に発売予定の会場限定音源を、YouTubeにフルサイズでアップしたことは、
戦略的には私はとても好き。
とにかくきっかけがほしいなと思うから。
興味を持ってもらえたら、ライブに来てもらえたら。
この人の歌がもっと届いてほしい。

何度でも言うけれど、点々さんは生まれながらのロックスターだから。
ステージの上でしか生きられないような、そんな人だと思っている。
点々さんにしか放てないオーラをまとって、ステージに立たれている様を、
一度見てほしいんだ。

小さな声だとしても、私はそれを訴え続けたいな。

最後にチェキを載せておくーーー。

リヒトさんへの興味が尽きなくてやばい。とっても好きになりました・・・。
ほんとライブでのプレイスタイルがかっこよすぎた。

点々さんがサポートメンバーさんに恵まれていてうれしい。
はあ。好きすぎてつらいので、今後はお母さんのような愛情で見守っていきたいです。(?)


最後になりますが4月2日に初ワンマンあるので。
Re:My BACTERIA HEAT IsLANDオフィシャルサイト:schedule
ご興味あったら足を運んでいただけたら、と思います。


今回も個人的な感情の部分含め、長文失礼しました。
最後まで読んでくださった方がいらしたらありがとうございます。

もしよかったら読了の印に、この下の拍手ボタン押していただけるとうれしいです。
コメントもお名前もなしで大丈夫です。

いやほんとありがとうございます。気持ち悪くてごめんなさい。
これが私の愛情表現です・・・。治らない病気だと思ってあたたかく見守ってください!!

スポンサーサイト
【2016/03/14 00:14】 | Re:My BACTERIA HEAT IsLAND | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |