プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
2017-04-08 CANTA 赤坂BLITZ
CANTA15周年、おめでとうございます。

私は7周年を迎える頃からのファンなので、半分くらいの歴史は一緒に見て来たことになるのかな。

変わらないものも変わってきたものもあって、そしていつも新しい風が吹くようで。
この人達の音楽と一緒に年を重ねたい。
そう思わされることばかりです。

そしてこのblogを書き始めた今は、もうまもなくでたかむらさんのお誕生日を迎える。
同じ時代に生まれてよかった。
その魅力に気付けてよかったです。

たかむらさんは私の中で「正しさ」の核にいてくださる人です。
弱さもしたたかさも見せてくださる人間らしさで、傷口をなでるようにして。
たかむらさんの正しいを、私の正しいにしたい。
そう思っています。

お誕生日を迎える頃に一旦投稿したいので、まずはセットリストと使用ギターだけでも。
印象的だったMCなどはあとで追記したいなと思います。

<2017-04-08「春CANTA'17 Kissを初めて甘いと感じた、それは15の春でした?」CANTA結成15周年記念LIVE!>

赤坂は桜が満開で、折しも強風が吹いて、桜が舞い落ちる中で開場を待っていた。

花びらが舞う 春風の中で
戸惑いだけの胸抱いて少し泣かせて
【CANTA「Crying Days」より】


CANTAの歌詞の中でも特に美しいと思うフレーズを思い出しながら。


それでは、セットリストと使用ギターを。ペイズリーは正式名称がわからないのでペイズリーと書いています。


【KG-ペイズリー】
1.FEEL YOUR LIGHT
2.1400km/h

【KG-TRIUMPH V】
MC
3.Love Fixxxer
4.ニケ
5.My Turn

MC
6.Campanella
7.Madness

MC
8.あなたに
9.Everyday
10.My Dear Friend ~世界は寂しいで出来ている~

MC
【KG-ペイズリー】
11.Virginity
12.Bound for Freedom
13.HEAVEN’S WAITING
14.EVERYBODY NEEDS SOMEBODY


encore
【KG-SPELLBIND】
1.YEARS
2.春の嵐
3.Tonight3

【KG-ペイズリー】
4.ア・ソング フォー ジ アダルト

昨年11月にアルバムを出したけど、11月にツアーが終わっちゃって、
実はまだライブでそんなに演奏してないよね。今日はたくさんやるよ、と笑って、
Love Fixxxerの収録曲が多めのセットリストだった。
初めて聴いた「My Dear Friend ~世界は寂しいで出来ている~」が何よりうれしかった。
たかむらさんの優しさの本質にふれるような曲だと思う。たかむらさんにしか歌えないと思えるような。

そして、15周年ライブということで、15年前の1stライブでも演奏された曲を、という流れで、
タイトルコールされたのが「ニケ」だったので飛び上がるほどうれしかった。

「いつかは傷口を開いて 美しい何かを生まなければ」

なんて突き刺さる言葉だろう。たかむらさんの崇高なストイックさがあらわれているように思う。

バラードパートに入る前に、
「CANTAは普段は隠しておきたいような、人に見せたくないような暗い部分に光をあてるような曲が多い」
というお話があって。

たかむらさんが
「でもそうやって見せたくないような暗い感情に名前をつけてあげて、曲にすることで、俺の精神は昇華されているんだよね」
とおっしゃったのを聴いた時、心が震えた。

心底この人のことが好きで、惹かれる理由を突きつけられたような気がした。
「名前をつけてあげる。」
そうやって拾い上げて、傷口をなでてくれる人なんだという実感がある。
本当に好き。心から。


そして、たかむらさんが曲に込めた思いについて語られてから演奏された「あなたに」。

MCの内容はあとで触れられたらいいな。
聴きたかったです。とても。ひたすらに耳を傾けて全身全霊で聴いた。
忘れがたい「あなたに」になりました。


一旦ここまで。



たかむらさん、お誕生日おめでとうございます。
真摯さと優しさとご自身への厳しさに、惹かれながらも畏怖を感じています。

深淵をのぞくようにして、お慕いしています。

そしてたかむらさんとCANTAの存在は、私自身の仄暗さを照らしてくださる光でもあります。
どうかこれからも末長く。音楽を奏でてくださることをお祈りしています。



スポンサーサイト
【2017/04/12 00:00】 | CANTAライブ感想 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |