FC2ブログ
プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
ラッコ 1st FULL ALBUM「弱肉教職」の感想文。
2016年11月3日、デモンストレーション的な1stライブをもって正式に始動したラッコ。


今日、2018年11月3日はラッコさん2歳のお誕生日。
おめでとうございます。

私はMy BACTERIA HEAT IsLANDから点々さんの、平一洋さんのファンになったので、
その長い経歴の中のほんの4年の活動しか見てきていないのだけれど、
ひとつのバンドや活動が2年続くのを見るのは初めてで。
その原動力について考えたりしている。
長く続くことだけが正義ではないのは理解しているけれど、その音楽はとても素晴らしいから、
もっと遠く、もっとたくさんの人に届くまで、途切れずに続いたらいいなとは思っています。

2周年の今日、本当は2周年記念ワンマンの感想でも書き残したいなと思ったけれど
ライブ中にとめどなく泣きすぎて記憶も流してしまったので、思い出したら書くことにする。
本当に、今のラッコの実力、凄さを体現したような素晴らしいライブだった。

雨の怪虫や人間博覧会、PM5:00といった重さを伴う曲での平さんの歌声の痛切さ、迫力は鳥肌が立つようで、
私が平さんに期待してしまうのもこういった痛みなのだなあとあらためて痛感させられて、
それは普段のイベントライブではあまり聴けないから、私はラッコの客の才能がないなーなどと思う。
傷口を開くようにして歌うこの人が好きなんだって。自覚する度に苦しくなる。
私のジーザス・クライスト。私達のために血を流して苦しんで、磔になってください。
恍惚の表情で祈りを捧げながら、私のジーザスが苦しむのを眺めている。それが私の崇拝。


それでも何かしらラッコへの愛(もしくは、執着)を語りたいので、
1年前の2017年11月1日に発売された、ラッコ 1st FULL ALBUM「弱肉教職」の感想文を、自己満足で書き綴りたいと思います。(画像のリンク先はGLK MUSIC SHOPの商品ページ)

ラッコ 1st FULL ALBUM「弱肉教職」


私はこのアルバムを10枚以上は買っているので、興味をもってくれた友人に聴いてほしいと押し付けたりもしていて、
その度に少しずつ書き足しながら自分の思いの丈を書いた文章を添えていました。
(先入観をもってほしいわけではなく興味をもってほしいという意味でしたがあまりよくなかったかもしれない)
発売から1年経ったこともあり、もういいかなと思ってblog上にもこの長文を残しておきます。

私の中では日本の音楽史に残るべき名盤です、長く聴き継がれる1枚になりますように。

<「弱肉教職」に関する感想文。>
続きを読む
【2018/11/03 23:58】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |