プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
出てこい 出てこい 餌になるよあたし
巻けても 引いても つなぎとめてあげる
<本日のタイトル及び冒頭:大槻ケンヂと絶望少女達「ニート釣り」>


しつこいようですが届きました。
あれが。
R0012877.jpg
うわあい(ノ∀`)待ちわびたよー

こういう形のCDケース初めて見た。なんか角が丸いし。
R0012879.jpg
DVD付きの初回限定版なんだけど? DVDどこぞーとおもたら、

黒いのがCDで、下に赤いDVDが。
R0012881.jpg
2枚重ねなんだー。へーこういうケース初めて。←もう言いました


オーケン自ら「20年のキャリアの中でも裏ベストと呼べる」と言い切る大絶賛のアルバムであり、
“「レティクル座妄想」と対の関係となる一枚”であるとか。
↓レティクル座妄想
レティクル座妄想
当然期待しちゃうよねー(ノ∀`)
あ、オーケンソロの「I STAND HERE FOR YOU」とも通ずる世界観って言ってたんでしたっけ。

で、聴いているわけですけどなんかすごく面白いんですけど!
いやほんとすごいんですって! 聴いててわくわくする。
サウンドプロデュースのNARASAKI天才と言わざるを得ない。

エディも参加してるし音は特撮っぽい感じなのかなと思いきやそうでもなかった。
(特撮曲のカバーもあるけど)
エディのピアノもよかった。でもあくまでもピアノだから、参加していない曲もあって
キーボードは他の人(DIEさん)なのね。
「さよなら!絶望先生」とかかなりキーボードが前面に出てきてて、
NARASAKI曲でそういうの新鮮だなとか。
私わりとピコってるキーボードも好きなので(^ω^)
ゴリゴリしてるのもあればしっとりしてるのもあって
暗いのもあれば明るいのもあって、でも通して聴くとしっくりくる。抑揚があっていい。
あ、特撮カバー「綿いっぱいの愛を!」の
「起きちゃったまたする?」担当は常月まといでしたね。色っぽすぎてなんか原曲とのギャップがw


最後のらっぷびとはボーナストラックみたいなものですし嫌いじゃないけど。
「おやすみ-END」という曲がいかにも終わりな感じなので、
そこで終わるのならそれもよかったね。とは思った。
プレイリストで順番変えておくのもいいかな。

コンセプチュアルアルバムということもあってか歌詞の世界観もいい具合にこなれてるし
言葉の選び方がすごく好き。韻のリズム感とかが感覚的には、
特撮のアルバムでいうと「オムライザー」ぽいと思った。
正直に、ものすごく正直に言うと、復活以降の筋少の歌詞そんなにピンとくるのがなかったんだけど・・・
トリフィドくらいかなあ? でもこのアルバムの収録曲のはすごく好きだな。


あとは声優さんたちが歌うまくて声がかわいくていいよ。
何人か聞き分けできない人がいるんですけどw
カエレとマリアと可符香と千里はわかるw マリアかわいすぎるw(ノ∀`)
「釣ってー釣ってーまた釣ってーヽ(・▽・)/」

筋少と特撮の曲も結構女性声入ってる曲あるしなあ。歌も台詞も。
「夜歩くプラネタリウム人間」とか「サンフランシスコ・10イヤーズ・アフター」とか
「ハッピーアイスクリーム」とか「美少年で探偵でS」とか。
あ、みやむーと水木一郎参加の「B221戦記」もあった( ´_ゝ`)あれはよいものだ。
他の人の声が絡むのってなぜかオーケンの曲にすごく合うんだよなあ。


かくれんぼか鬼ごっこよの話に戻りますが、
「無神論者が聖夜に」がとてもあたたかい曲で素敵です。
時々こういったどうしようもなくさびしげでやさしい世界を描いてくれる、
オーケン先生が大好きだ!

聞くところによるとこのアルバムは制作期間が超短かったらしいんですが
それでこの完成度。NARASAKIの才能が怖いよー(´Д`;)
もちろんオーケンの才能も怖いよー(ノ∀`)


ただの感想が冗長ですみません。
今年はCANTAといいこれといい、音楽との出会いに恵まれすぎた年だった。
大切に聴いていくよ。
オーケンとNARASAKIのタッグが私には最強なんだろうなあ。
筋少復活している今、特撮の活動まで望むのは無理だとここ数年あきらめていたけれども
こういった形でオーケンとNARASAKIの作る音楽に触れられてうれしい。
ほんとにうれしい。
スポンサーサイト
【2008/12/13 23:37】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<愛がぬいぐるみのように 抱かれたがってる | ホーム | 僕は妄想モンスター流星コースター>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuigulumar0206.blog68.fc2.com/tb.php/125-6e9989d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |