プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
アタシとアナタを死が訣つなら 猫とシュークリームを詰め替えて 送りつけてやる
<本日のタイトル:筋肉少女帯「カーネーション・リインカネーション」より引用>
うーんおいちゃん作曲は名曲多し。


というわけで行ってまいりました!
モチベーション'09筋少初ライブ!
1日目『新曲さえもやる!春の予感ライブ!』

in恵比寿LIQUID ROOM\(^o^)/

昨日書いたとおり、急遽余ってますよということで1枚譲っていただいて
当日まで整理番号も知らなかったんですが、
それがAの100番以内で。うれしいより先にショックを受けた/(^o^)\
自力で引き当てたことのない良番・・・/(^o^)\いや、もちろんうれしいですよ!
オクに流したら高くなるだろうに定価ですみません
当日券もないくらいの完売ぶりだったんですよ~ほんと奇跡です。
ありがとうございました。

しかし今回頭がごっちゃだなー/(^o^)\なんでだろー
おいちゃんばっかり見てたからかな!オーケン先生のMC半分も覚えているかどうか!


今回、2列目あたりで観てたんですが、おいちゃん(本城さん)の目の前でして・・・
なんであんなに眩しい笑顔なのー\(^o^)/
それで、自意識過剰じゃなくてほんとに、最前付近の目が合う距離のファンには
ちゃんと目を見て笑いかけてくれるの!しかも結構満遍なく!
私も何回か笑いかけてもらった/(^o^)\手も3回くらい握ってもらった/(^o^)\
手伸ばしてると、あちらから握ってくださるんです(ノ∀`)

ピックもげとーヽ(´▽`)/!
1114850405_245.jpg
かなりすり減ってるんですよーカッティングすごいしなーおいちゃん。


だ、だめだもう今日眠くて・・・明日もあるし早く寝ます/(^o^)\

<2009-3-21 筋肉少女帯『新曲さえもやる!春の予感ライブ!』セットリスト>

1.イワンのばか
2.モーレツア太郎
3.電波Boogie
4.ノーマンベイツ
5.踊る赤ちゃん人間
6.これでいいのだ
7.心の折れたエンジェル
8.人間嫌いの歌(プラグレス)
9.世界中のラブソングが君を(プラグレス)
10.日本印度化計画
11.くるくる少女
12.カーネーション・リインカネーション
13.暴いておやりよドルバッキー
14.星座の名前は言えるかい

encore
1.香菜、頭をよくしてあげよう(プラグレス)
2.PICNIC AT FIRE MOUNTAIN
3.Go! Go! Go! Hiking Bus
4.ドナドナ
5.ツアーファイナル
6.サンフランシスコ





☆☆ここから先、ライブの感想というかMC集w追記しました(2009.03.23)☆☆
※私が音楽的なことを言っても仕方ないと思っているので、
 MCに特化した内容でございます\(^o^)/新曲の感想とかろくすっぽありませんので
 あしからず・・・ミーハーですみません/(^o^)\自覚してるから許してぽ!☆☆

<2009-3-21 筋肉少女帯
 『新曲さえもやる!春の予感ライブ!』感想>


メンバー登場のSEはキャンディーズの「春一番」w
今日のテーマにぴったりすぎますね!/(^o^)\

登場時というか一発目の音を出す前に、フロント4人が全員後ろを向いて、
じゃーん!という感じで音出しとともに全員で客席側を向いたのがなんかかっこよかったなあ!

オーケン「きたきたきたー!何がきた?!春だ、春がきたー!」
「筋肉少女帯が、恵比寿にきたーー!!」


1.イワンのばか
2.モーレツア太郎


しょっぱなからイワン!ヽ(´▽`)/
これは盛り上がらざるを得ない!!そして立て続けにア太郎!熱い!!

オーケン「こんにちは筋肉少女帯ですー!」
「SEはキャンディーズの“春が来た”にしたんだけど」

ちがうw春が来たちゃうwwその後ちゃんと直ってましたけど最初あきらかに春がきたって言ったw
ここでキャンディーズの話の流れ?にのって

おいちゃん「俺ランちゃん」
オーケン「おー、おいちゃんはランちゃんか。俺スーちゃん。内田は?」
うっちー「3人揃ってキャンディーズだから、誰がいいとか・・・」
なんという模範解答w

オーケン「おぉ~。俺ねえ、ピンクレディーだとミイちゃ・・・」
うっちー「ケイちゃん!」
うっちー即w答wさっきの模範解答どうしたww

オーケン「“春一番”を歌っていたキャンディーズはなあ、普通の女の子に戻りたいって言ってキャンディーズを解散したんだよ!」
「俺たちもう普通のおじさんには戻れないんだよ!」
「おまえたちも普通のオーディエンスには戻れない、普通のライブでは満足できない、筋肉少女帯のライブでしか満足できなくなってるんじゃないのかい?!」


オーケン「New衣装の橘高君・・・その衣装は・・・」
なんかゴブラン織りと、金ぴかのつやつやした部分と、あとはレースふりふりで首元はふさふさしたフリルボウタイ?みたいなーど派手衣装でしたが。

オーケン「○○みたい!っていうのは言わない方がいいんだよね?じゃあ各自で○○みたい!って思ってください。」
なんだろうww普通に橘高さんらしくてかっこよかったけどな(^ω^)

オーケン「おいちゃんはいくつになったんだっけ?」
おいちゃん「45です」
オーケン「45歳、新衣装にピンクを選ぶ男・・・」
おいちゃんは上下鮮やかなピンクで上がライダース、下もジッパーがたくさんついたパンツでした。かわいいし似合う!

オーケン「無駄に大きな声でー!次の曲のタイトルコールいってみようかー!!電波!ブギー!!」

3.電波Boogie
4.ノーマンベイツ'09


私は活動凍結後のファンなので、ノーマンベイツをライブで聴くのは初めて。
難しいことは言えないんですけど、かっこいいな~と思いましたよ。

メンバー紹介したのここでしたっけ。違うかも。

オーケン「ニコニコなー!筋少仲間を紹介してほしいかと問うならばー!」
問うならばー( ´ ▽ ` )ノ !
オーケン「紹介してほしいですよねーえ?」

オーケン「ギター、橘高文彦!」
ここでまた衣装について触れて、○○みたい、は言わない方が・・・って言ってたので、
よっぽど何かに似てると思ってんだろうな~(ノ∀`)

オーケン「小春日和なピンクの衣装、本城聡章!」
wwwよっぽどいじりたいんだなwピンクの衣装wいやほんと似合ってますし!

オーケン「ベース、・・・ラフな、内田雄一郎!」
うっちーは幅広のボーダーTシャツ(丈がチュニックぐらいあって、ひらっとして素敵!)でスタイリッシュでした。

オーケン「・・・40代男のファッションチェックになっている流れは自分でもどうかと思った」
ちなみにオーケン衣装はリバーシブル特攻服を、最初は白地側にして着てました。
中には筋少Tシャツ(胎児っぽいイラストの)着てた。
あと、オーケンブログで特攻服新調したって書いてあったけど、のちに裏返して着てたの見ると、
文字が普通に縦書きだったので新調した方ではなさそう。

オーケン「サポートキーボード、エディ三柴理!」
エディはいつもどおり、堂々とした佇まいで素敵(^ω^)
でもサポートに徹しているというか、あまり前に出てこない感もあり。

オーケン「サポートドラム、真矢!」
真矢はあいかわらずものすごい低姿勢で客席に向かってどーもすみません的なお辞儀w

オーケン「今日のメンバーで唯一、東京ドームでライブをやった経験があるが、謙虚だ!」
「筋少の何十倍も経費かけていると思うが、謙虚だ!」

真矢いじりが面白くてしょうがない元SLAVEな俺/(^o^)\

オーケン「楽屋が喫煙と禁煙に分かれてるんだけど、禁煙が俺一人なんだよ!」
「いや、寂しいわけじゃないんだ、でも、喫煙の方からどっ!と笑い声が聞こえたりしてさ・・・」

なんかかわいそすww

オーケン「エディ、楽屋では楽しくやってるのかい?」
エディ「楽しいよ!」
オーケン「真矢さんは?」
真矢「楽しくやらせてもらってます!」

オーケン「あー俺、PSP買ったんだよ!ワンセグで怒りオヤジ録ったりして、楽屋で見てる・・・」

5.踊る赤ちゃん人間

この曲は筋少復活の先駆けになったというか橋渡しになったというか
大事な曲だし、筋少で聴けて本当にうれしいです。アルバム収録万歳ヽ(´▽`)/!

曲中で、スタッフによだれかけ(鮮やかなピンク色で金色の王冠がプリントされたもの。大きめだったので乳児用じゃなくて、3歳くらいの子用のお食事エプロンだと思う、ビニール素材だったし)をつけてもらうオーケン。大人用に、というかオーケンように後ろにマジックテープ継ぎ足されてました(^ω^)
あとはガラガラも持たされてたw

曲の後、よちよち歩きしながらうっちーや橘高さんの方に近づいていくオーケン。

オーケン「おぎゃあ~ママァ~☆※△×」←言葉に直せないけどようするに赤ちゃん語/(^o^)\

橘高「うれしそうにしやがって・・・赤ちゃんプレイで鍛えてるからなあ」
オーケン「赤ちゃんプレイはすっきりするんだよ~」
橘高「(踊る赤ちゃん人間の)赤ちゃん声も録り直したんだけど、うまくなってるんだよ。前は何回か録り直したんだけど、今回は一回でOKが出た。しかも、終わったあとすっきりした顔してるの」


6.これでいいのだ

オーケン「ちょっと回しすぎじゃないかー?!」
www曲中でタオル回しすぎて疲れてしまったご様子w

オーケン「もうちょっと(タオル)回す部分を少なくした方がいいかもしれない、みんなも話し合っておいて」
ネットとかで話し合っておいてねとかそんな話だったかな?

オーケン「5月に『シーズン2』というアルバムが出ます」
「テレビを見ていたら“○○シーズン2”(海外ドラマのタイトル)っていうのが沢山あって、流行ってるのか?!と思って・・・」
「じゃなくて、復活筋肉少女帯の新しいシーズンが始まる、という意味」


オーケン「橘高君、シーズン2はどんなアルバム?」
橘高「いろんなタイプの曲が入ってるね」
オーケン「もっと、聴き所とかないの?」
橘高「あまり言っちゃうと、先入観持って聴くことになるじゃない、だからCD聴くまであまり情報なしで・・・でも先に今日のライブでやっちゃうんだけどね。」
「筋少はライブバンドであるけれどもスタジオバンドでもあるんで、スタジオ録音の構築美を・・・」

オーケン「こうちくび・・・こう、ちくび・・・」
橘高「下ネタは嫌いだなあ!」
オーケン「わかってるよ!構築の、美を楽しんでください、ということで」

オーケン「おいちゃん、NEWアルバムはどんな?」
おいちゃん「バラエティに富んでるねえ」

オーケン「内田君は、どう?」
うっちー「・・・あぁ?」
オーケン「中川さんみたくなってるよ!大臣の」
うっちー「“どのアルバムだぁ・・・?”とかな。」
そんなこんなでNEWアルバムについてはどのメンバーもあまりはっきり言及せず、以下の流れ↓

オーケン「こんなに時間とるような内容じゃなかったね!」
「今の時間がなければ、ライブ終わってすぐ家に帰ったらアド街に間に合ったよ!」
「今日のアド街は埼玉の嵐山小川だって。最近のアド街はそれどこ?!っていうようなマイナーな所に行くよ」
「逆に“ちい散歩”がねえ、新宿南口とかちょろっと歩いただけで終わったり、地井さんが出てこなかったりするの」

うっちー「ほんとにテレビ見てるねー」

オーケン「次は『シーズン2』収録の新曲を3曲やります」

7.心の折れたエンジェル

オーディエンスが気持ちよく参加できそうな部分もあり、
ライブ向けの曲かな?と思いました。激しい曲というよりは流れの美しい曲かな。

オーケン「翼の折れたエンジェルじゃないよ!」
「中村あゆみって人も歌ってた曲でカバーらしいよ?とか言われちゃったりして」


そしてこの曲はゲーセンのギターフリークスに入るそうで、

橘高「みんながちゃんとプレイしてくれないと、悲しいかな俺の音が鳴らないんだよ、俺の音をみんなが弾くんだよ。がんばってね」
私あのゲーム一度だけやったことあるけど全然できなかった/(^o^)\
橘高さんのためにももうやりません/(^o^)\

オーケン「十代で筋少ファンです、っていう子にね、何で筋少を知ったの?って聞いたら、ポップンミュージックだって言うんだよ。釈迦が入ってるんだって」
「(ポップンの権利関係のお金は)我々のところに入ってきているのかねえ・・・?」

橘高「金の話はやめろよ!」
www
で、入ってきているらしいという流れで
オーケン「入ってるのか、それならいいんだ」
どんだけーw

ここで、CD出る前の新曲をライブでやるのって筋少ではめずらしくない?
もしかして初じゃない?という流れになったんですが、
うっちーが「仲直りはCD出る前にやったよ」と。

オーケン「ほんの数年前のことももう覚えてないんだよ!」

まだ聴いたことがない曲はオーディエンスもどう反応していいかわからないよねみたいな話で、
売れているアーティストが、ビデオシューティングの関係で発売前の新曲を
ライブでやっている様子を収録して、客席が微妙な反応している映像が
そのままPVになってるのがあるよね~でも俺はそういうのも好き、とオーケン。
今日はカメラも入ってるからなにかあるかもしれないよね、
じゃあもう1回エンジェルやり直す?(笑)と橘高さん。

オーケン「次の曲は、アルバムではバンドアレンジで収録したんですが今日はアコースティックで」

というわけでおいちゃんと橘高さんが椅子に座ってアコギを。他のメンバーは退場。

オーケン「すごく大槻ケンヂらしい、良い詞が書けたなあ、と気に入っています」

これは期待が高まる(`・ω・´)

オーケン「聴いてください、『人間嫌いの歌』」

それはオーケンらしいwww客席もう大w爆w笑w

橘高「出オチじゃねえか!(笑)」

8.人間嫌いの歌

そんな風に笑われながら始まったこの曲ですが、しみじみとよい曲でした。
プラグレスライブの時も思ったけど、バンドサウンドの中でがつーんと聴くオーケンの声も
もちろん魅力的だけれど、楽器の音数が少ない中だとどうしても
声そのものに依存するというか、じっくり聴いてしまうわけで、
またオーケンも浪々と歌い上げる系の歌い方になりますよね。
そのとき、しみじみとああ、私はこの人の声が好きだな、って気づくというか。

この曲の前後かな?オーケンは人間が嫌いという話wをしていて、

オーケン「酒を飲まなくなったらもう人とサシで話ができない。したくない。」
「10分とか話していたらもう目が泳いじゃうもん」

わかるなあ・・・

オーケン「オフコース筋肉少女帯というか・・・そういう路線、ありだと思うんだよ!」
「この曲のPVを作るとしたら、写真が次々と出てきてさ・・・」

橘高「妙に泣けちゃう、みたいな」
それ○○生命w

オーケン「俺、ナゴム小田和正だから!」
wwwww

次の曲のために他のメンバーも登場。

MCしながら、前開きではおっていた特攻服のはだけが気になるのかしきりに前を合わせるオーケン。

オーケン「(舞台上手側を向いて)これ閉めた方がいい?カメラさんどう?」
「(今度はうっちーに向かって)うっちーコーディネイト的にはどう?開ける?閉める?」

うっちー「じゃあ閉めろよ!」
うっちーに従っていそいそとボタンとめるオーケンかわゆすw

オーケン「筋肉少女帯は、今まで結婚式で歌える曲が1曲もなかった」
うっちー「俺、イタコLOVE歌ったよ」
オーケン「えぇっ?!誰の結婚式で?!」
うっちー強ええw

オーケン「次の曲は、おいちゃんが素晴らしいメロディーの曲を書いてきて・・・」
「でも他のメンバーが、『どうせ大槻はドス暗い詞を書くんだろう・・・?』って」
「前にもさあ、橘高が書いてきた泣きのバラードにひどい詞を・・・なんだっけ」

橘高「愛のリビドーだろ」
オーケン「あーリビドーもそうだけど、あ!「レティクル座の花園」だ!ただ人が死んでいくだけの詞を書いてさ」
「それで、『どうせまたドス暗い詞を・・・』ってみんなに言われるもんだから、何をー?!ってなって」
「酒飲まなくなったもんだから、何をー?!っていう前向きなエネルギーが出てきた」
「結婚式で歌えるような曲になりました」

というわけで次の曲へ。

9.世界中のラブソングが君を

この曲は、エディがよい感じだったと思います。要するにKeyパートが。
ピアノじゃなくてオルガンの音がメインだったかなあと。
そのへんがより結婚式ぽいというか教会ぽいですよね~
それにしてもおいちゃんはほんと素晴らしいメロディメーカーですね。
私あまり作曲者意識しないダメファンなんですけど、ふと気になって
好きな曲の作曲者をざっと確認してみたらおいちゃん曲の多いこと!ふひー。

オーケン「(客席に向かって)人間は嫌いだけど、君たちのことは好きだよ!」
「1人1人になるとまた別です!」

おいwww

でもその後のMCで(何曲かあとだと思う)今度は、

オーケン「君たち1人1人とだって、スタバで向かい合って、10分くらいなら会話ももつかもしれない」
というようなことを(^ω^)10分ももてばいい方ですよね!

オーケン「次の曲にいく流れを考えてあるんだ、それだけやらせてくれ」
「俺にはなあ、夢があるんだよ。シーズン2からメガヒットを出して、紅白に出る!!
「紅白に出たら、時代の中心だ!おまえたちももう筋少ファンだからといって肩身の狭い思いをすることもない!おまえたちが世界の中心だ!世界の中心で筋少を叫んでもいいですか!
「1曲どーんとヒット曲を出して!そのあとどーんとヒット曲がなくて!そうだ、いわゆる一発屋だよ!」
「一発屋っていうけどな、一発売れてるだけでもいいじゃないか!メガヒットがひとつもないバンドもあるんだよ!筋少もそうだ!」
「一度だけ、メガヒットになるかもしれなかった時があるんだ・・・筋少が人気が出た頃に、シングルカットしたらいいって言われた曲があったんだ」
「でも(売れそうだからシングルカットするなんて)そんなのナゴムじゃないです、って俺が断っちゃったんだよ!」
「そのおかげでメガヒットもなく一発屋にもならず、カルトバンドになっちまったよ!!
「でもそんなカルトバンドが、筋肉少女帯が、好きなんじゃないのかい?!どっちがよかった?!」

(客席からこっちがよかったー!の声多数)
「次の曲はその、シングルカットしなかった曲だ!」

はいこの辺りから私の記憶力の限界を超えましたのでMC省略です!

10.日本印度化計画
11.くるくる少女
12.カーネーション・リインカネーション
13.暴いておやりよドルバッキー
14.星座の名前は言えるかい


印度とかくるくる少女とかリインカネーションとか、
私が知る限りではライブでも定番と言っていいと思うのですが
筋少かっけーな!と素直に思います。こういうががっと攻めてくる曲、
やっぱりたくさん聴きたい!だってライブだから!
あとドルバッキーと星座は、そんなにライブで聴いた記憶がないのですが
両方すごく好きな曲で、うれしかったです。

というわけでこれにて本編終了\(^o^)/

続いてアンコール!
オーケンもプラグレスライブのとき言ってたけど、
筋少のアンコールはほんと予定調和でよいと思いますw
そんなにコールが大きくならないうちに、さくっと始まる/(^o^)\


若草色のチャイナ服というか、老師が着てそうな装いで登場のオーケン/(^o^)\
杖ついてるしね!

オーケン「今日は久しぶりの筋少ライブだから、衣装もいろいろ着ようと思って考えてきたんだけど・・・失敗したなあ」
「次の曲もこんな格好で歌われても・・・っていう曲だなあ。でも師が弟子に教えているような歌詞だし、いいか!」


ここ以降のMCも省略でおねがいします/(^o^)\もっと喋ってたと思うけど!

1.香菜、頭をよくしてあげよう(アコースティック)
2.PICNIC AT FIRE MOUNTAIN
3.Go! Go! Go! Hiking Bus
4.ドナドナ
5.ツアーファイナル
6.サンフランシスコ


香菜はねえ・・・私、はずかしながらこんな名前を名乗らせてもらって
こんな名前でメイドカフェで働かせてもらってたくらいなので、
特別な曲です。ライブで聴くたびに神妙な気持ちです。
3月8日のプラグレスライブでもこの曲聴いたけれど、
オーケンの歌唱力も表現力も昔よりずっといい。お酒やめたのも関係あるかも。

活動凍結後のファンのくせに、仲直り後の音源にいまひとつピンと来ていなかった
不届き者な私なんですが、ライブで聴くごとに好きになってきたなあと思うのが
ドナドナとツアーファイナルかなあ。ドナドナはメロディアスですごく好き。
ツアーファイナルはロックバンド!って感じの歌詞と曲でライブで聴くのが好きだ!
あとはこの日はやらなかったけどトリフィドは仲直り後で一番好きかも。

でもサンフランシスコはどうしても、特撮から筋少に戻った私には
特撮の印象が強くて・・・ライブで聴くとすごいうれしいし熱くなる反面、
特撮のことを思い出して複雑な気持ちになります。
エディがサポートで筋少にいてくれてよかった。
でも私はNARASAKIと有松さんがいる特撮が、
また見たいんです。


あれーなんか最後しんみりしちゃった/(^o^)\☆

ライブは楽しかったですよ!

筋少ちゃん祭りの感想も早くまとめたいー(ノ∀`)
スポンサーサイト
【2009/03/21 23:36】 | 筋少・オーケン関係ライブ感想 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<恋する二人はドナドナ 口ずさむだけで涙ぐむ歌 | ホーム | 星の夜 月の空 黒ネコの爪を磨ぐ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuigulumar0206.blog68.fc2.com/tb.php/208-bbdfee48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。