プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ああ人間嫌いの歌に 世界中の人の名前を
 だけど人間嫌いの歌に ちょっと例外もあって ただ一人君
<本日のタイトル及び冒頭:筋肉少女帯「人間嫌いの歌」より引用>



はいライブ後恒例、首痛からくる倦怠感で思い切りダウナー/(^o^)\
香菜でございます。どんだけヘドバン下手なんでしょうか。
しかも昨日そんなに振ってないのにな・・・

さて昨日(5月19日)の
Versailles Presents "Tokyo Metropolis-Versailles Fes-"
出演:Versailles/筋肉少女帯/メリー
でございますが。
ヴェルサイユさんとメリーさんのことはさらっとしか書けませんが、
あと筋少のことも時系列で正確に書けそうにないので箇条書きにした方がよさそうなんですが、
せめて覚えているMCくらいは記録しておきたいと思います。
それが私の記憶になるので。

<2009-05-19 "Tokyo Metropolis-Versailles Fes-"感想>

開場後のSEはずっと厳かな宗教音楽というかゴシック系の曲でした。
さすがヴェルサイユプレゼンツ。。。( ´_ゝ`)
新木場COASTははじめて行きましたが綺麗だし見やすくていいかも。
立地があまりよくないので使用率低いんでしょうか?そうだろうなー。
今回は1階席の前半分と2階席しか使用されておらず、1階バルコニー席から
観てみたかった私としては残念でしたが、珍しく柵前がとれたので観やすかったかなー(^ω^)
ヘドバンするなら柵あるとなしでは大違いよね・・・
平日のわりには人もたくさん入っていたのではないでしょうか-。


さて、イベントのトップバッターはメリーでした。
ヴォーカルさんの立ち位置あたり、というかマイクスタンドの辺りに白っぽい布をかけた台のようなものがあり、
何かなーと思っていたのですが、これもパフォーマンス上必要なものだったようです。
というのはまた後述(^ω^)

ドラムのネロさんがかなり巨大なフラッグを掲げて最初に登場。
楽器隊が出揃ってから、ヴォーカルのガラさんが拡声器を持って登場。
拡声器でパフォーマンスする人を私は久しぶりに観ましたが、なんかいいですわー(ノ∀`)
左手に拡声器、右手を宣誓のポーズで掲げて、口上を述べる感じでスタート。
あれは曲なのかなそれともライブ開始の定番儀式なのかな?
客席も手を掲げて応えてました。

で、始まったライブなのですが、あーなんか、よかったよ・・・( ´ ▽ ` *)
←もっとまともなことを言え。
あの、えっと先月のミドリと筋少の対バンのときの感想と似ちゃうんですが、
ヴォーカルの方のキレ気味のステージングというか、ああいうのにグッとくるんですよねえ。
なんとなく、なので深く考えてというわけでなく、死ね死ね団のヴォーカルさん思い出したなあ。
いや、全然タイプは違うんですけど。

情熱的なパフォーマンスでオーディエンスに挑んでくる感じがしました。
なんというか、Youtubeでシングル曲のプロモーションビデオ見てみた印象とかなり違ったんですよね。
もっとパンキッシュだったというか・・・

そして先述の布がかかった台ですが、その上で立ち上がるなどかなり活用されておりました。
途中で布が取り払われたのですが、実は学校用の机だったという・・・
普段からライブで用いられているらしいですね。
曲によってはその上で膝を抱えて座り込んでみたりで、
少年のような華奢な体つきで裸足で歌うガラさんの姿にはきゅんとくるものが・・・
(お若い方達なのだろうと思っていたのですが、なんと30代!\(^o^)/若々しいなあ!)

演奏も勢いがあってよかったです。
あまり言及できない、それだけの素養がないからなー私・・・
ベースの人がしゅっとしててかっこよかったです。あ、見た目の話ですみません(ノ∀`)

それと印象的だったのはファンの方達ですかねえ。
お客さんがあんなにダイブするバンドなんですね!新鮮な驚き。
逆ダイブ禁止のライブハウスもあると聞きますが、あれはほんとやる方も
受けとめる方もそれなりに熟練してないと命に関わりそうだ/(^o^)\
今回は対バンイベントだったせいもあって、受けとめる側がよけてしまって、
最初はダイブ失敗してたような・・・
頭から落ちたりしてそうだけど大丈夫なのかな(・ω・;)と思いましたが。
心底楽しそうに踊りながら観ているお客さんが多くて和みました。

ああそれと。MCが一切なかったことにも驚いた。
ストイックだなあ。

終盤、ステージがの照明が一旦暗転に近いほど落ちて、今回のステージ唯一のバラード曲が。
さきほどまで飛び跳ねていたオーディエンスが静まりかえって、
噛みしめるように耳を傾けていて、それもとてもいいなあと思ったりしました。

メリーのステージはこれで終了。バラードでしめるとは心憎い。
なにか熱いの1曲やってよ!って気分になるところですが、
それはそれでうまいというか、心にひっかかるものを残していってくれた気がしたりして。
なんてな(^ω^)

お、思ったよりメリーの感想長いね・・・内容薄っぺらいのにね/(^o^)\


というわけでさくさく筋少の感想いきますか!

オーケンがblogで「筋少の出番は8時頃です」と告知していたとおり、
2番手の登場でした。19時スタートですから、機材交換入れて1バンド1時間か。
結構贅沢な感じかな~だって3バンド合わせたら3時間ですもの。

メンバーが一人ずつ登場して(今日のサポートドラムは真矢ヽ(´▽`)/私は大好き)、
最後にオーケンが出てきて全員揃うと、
フロント4人は後ろを向いてスタンバイ。この図を見ると高まってくる!
最初のイントロが鳴り出すのを、息を飲むように待ちわびる。今日の1曲目はなんだろう?

1.サンフランシスコ

うおおおおおいきなりサンフランシスコ!これは熱くならざるを得ない!
イントロの「ファイ!」で飛んでる人がたくさんいたので、
あ、筋少ファン結構多い!と実感した!ヽ(´▽`)/
エディのピアノが今日も冴えてます。鳥肌ものです。

オーケン「こんばんはー!筋肉少女帯でーす!」
「どこに行ってもアウェー!それが筋少です!」
「今日も、客席にポカーンとしている人がちらほら・・・」
「おまけに今日は火曜日、ド平日な上に会場は新木場で遠いし、大混雑でインフルエンザ大流行、パンデミック!って状況でもなさそうだ」
「でもな、俺20年もバンドやってるけど、そういうことの方が覚えてるもんなんだよ、パン買おうとコンビニ行こうとしたら遠かった、とか」

そういうことっていうのはたぶんちょっと違和感のあったこととかズレてることとかのニュアンスだったと思います、話の流れで。
正確な言い回しは忘れてしまいました。

で、橘高さんのことを
オーケン「1人ヴェルサイユがいますけども・・・間違い探しみたいになっちゃって」
オーケンのMCが長いことを見越してか橘高さん舞台袖にはけちゃってるしwwいたらもっと面白かったのになー\(^o^)/

そして、元祖ヴィジュアル系の我々も・・・というような話をして、

オーケン「SHOXXってまだあるの?あとなんだっけ、星子さんが作ってた雑誌・・・」
うっちー「音楽専科?」
オーケン「違うよ!それじゃなくて、ああSHOXXか!」
ってSHOXXはさっき言いましたww確かに星子さんの雑誌はそれですけどwww

オーケン「我々は20年前、SHOXXの表紙を飾ったこともあるんだー!」
これには若い子たちが、えー!的な反応(ノ∀`)
それにしても、SHOXXの表紙なんて飾ってたんですか・・・
私はわからんけど・・・
どちらかというとPLUMとかじゃないのwなーんて思ったりして/(^o^)\

それで20年たつとこんな風になっちゃうんですよ的な(ノ∀`)ww
オーケン「その20年の変化といったらあたかも、あたかも日本が印度になるような変化だ!」

20年前、深夜放送でちょっと流行った曲なんだ、というような前フリをしてw
「日本を印度に」「しーてしまえ」の掛け合いありますよっていうのを説明したんだったかな。

オーケン「日本を印度に!」
客席「しーてしまえ!」はい綺麗に決まった\(^o^)/w

2.日本印度化計画
3.くるくる少女


2曲目と3曲目は続けての演奏。
印度は豪快に歌詞飛ばしてたね・・・まあそれも含めて様式美。。。w

そして、くるくる少女きますか!名曲だとは思うけど対バンライブだし
もっと定番中の定番とかでくるかと思っていたので意外っちゃ意外かしら。
いやーでもかっこいい!ギターとキーボードの掛け合いっぽくなるとことか好きだなあ。

オーケン「今日はヴェルサイユさんのイベントに呼んでいただいて・・・」
「わざわざ楽屋に挨拶にきてくださってねえ。」
「ヴェルサイユのメンバーの方で、筋少のファンの方がいらして、リハでサンフランシスコを観て、ほろっときましたなんてことをおっしゃってて・・・」

おお。それはうれしいですねえ。

オーケン「明日!いや、明後日・・・?年とるとわかんねえんだよ」
「筋肉少女帯のNEWアルバムが発売になります!」
「と言っても、筋少のアルバムなんて持ってないって人も、多いんじゃないのかい?」
「ヤフオクで売っちゃったかい?TSUTAYAで借りたか?BOOK OFFで買ったか? あれ、俺に一円も入らないからな・・・」

それ言わなくていいですからwww

そして、NEWアルバムから、ということでこの曲へ。

4.心の折れたエンジェル

うん、ライブチューンって感じだなあ!メンバーのコーラス多いのもうれしい。
わりと溜め気味になって拍子がとりづらいところがあったりするんですが、
それもはまってくると気持ちいいなあ。

オーケン「気分がいいから(だったかな?)本名でも公表しちゃおうかな?」
「本名は、大槻けんじっていいます」
「宮沢賢治の賢に、漢数字の二で賢二です」
「公表しちゃったよ、本名!」

って、まんまやんwwwでも客席が「ほー」ってなってたのがまたww
YOSHIKIじゃないんだからwww

オーケン「先日NHK大阪に音楽番組の収録に行きましてね。司会がなだぎ武さんで」
「お客さんは3000人くらいいたかなあ。なだぎさんが“誰を観にきたんですかー?”って聞いてね」
「“筋肉少女帯を観にきた人ー?”わーパチパチって(控えめな感じ)」
「“W-indsを観にきた人ー?”うわー!(大歓声)、”はい最初の登場は筋肉少女帯の皆さんです!”って 」
「人間って嫌だな!」

wwwwwwwwwなだぎさんそれはわざとなんですかwww
(なだぎさんは、筋少武道館に行ったことをチケット半券の写メつきでblogに載せるほどの筋少ファンですよ!)

オーケン「君たち、人間好きか?!俺は嫌いだよ!」
で、当然この曲へ。

5.人間嫌いの歌
6.世界中のラブソングが君を


確かこの2曲も続けてだったような。
NEWアルバムから3曲もセトリ入りとは・・・(^ω^)
意図的にか、アルバム発売まではライブでやる新曲を絞ってきていたように感じているんですが
どれも耳馴染みがよくて、何度も聴いているうちにまだ音源も持っていないのに
すっかり覚えてしまっていたような。そういうのうれしいなあ。
人間嫌いはオーケンらしさが、世界中~はエディのパートが特段好きかなあと。
いっつも同じこと言ってますね俺。。。語彙も感性の引き出しも少なくて。


オーケン「次で最後の曲です。わけもわからず、飛んでみるのもいいんじゃないですか?!
この煽りに、会場のメリーファンの皆さん、ヴェルサイユファンの皆さんが
ガガっと乗ってきてくださった感が!
いや、この曲以前ももうほんとありがたいmmと頭が下がるほどに、
盛り上げてくださっていた感じはあったんですが、ダメ人間の盛り上がりはすごかったです。

7.踊るダメ人間

このダメ人間は、復活後観てきたライブの中でもかなり上位に入るダメ人間でした!
いやほんと楽しくて!あきらかに今日初めて筋少を観たと思しき皆さんまで
本当に楽しそうにダメジャンプを・・・(´;ω;`)!!圧巻でした。
(私、前から5列目くらいで観ていたので全体見渡せていたわけではないのですが、それにしたってすごかった。)

はいこれにて筋少のステージも終了。
いやーよかったです。
ライブはじまるまでですね、周囲の人の会話から、筋少の認知度の低さに愕然としていたのですが
(「筋少ってメジャー?」とかそういうレベル。若手のバンドが登場すると思っててあれが出てきたらびびるだろうなw)
ライブ中と、終了後の反応がかなり上々だったと思われ。
橘高さんのことをかっこいいよねって言ってる女子がいたりとか、
オーケンのMC面白かったねとか、ダメジャンプ楽しかったとか。
ライブが楽しめてもらえてこそロックバンドだもの。初見でここまでハートキャッチできればすごいよ!
筋少ってわりと対バンキラーなんじゃないかな\(^o^)/
他の出演者つぶすって意味じゃなくて、新規ファンへのアピールという意味で~




えっと、ヴェルサイユの感想書く余力が残っていません/(^o^)\また書き直そうかな・・・
じゃあメモだけ。
・最初の曲は「Aristocrats Symphony」だったと思います。
・3曲目くらいで、KAMIJOさん「お嬢ちゃんもお坊ちゃんも両手をあげて、盛り上がる時間だよ」的な前フリ。
 あまりハンドクラップするような曲はないと思ってたから意外でした。
・「会場中の女の子たちを、お姫さまたちを、うっとりさせてみせよう」で、「PRINCE」へ
・「KAMIJOタイムに付き合ってもらおうか!」にうけましたw
 メラメラかい?ムラムラかい?バラバラかい?おっと薔薇は俺たちのためにとっておいてくれよ?←これだけ読むと何が面白いのかわからんなw面白かったんですってww
・アンコールで登場後、KAMIJOさん「ドラムのYUKIがねえ、筋肉少女帯さんの大ファンで、リハーサルで「サンフランシスコ」を聴いて涙していたよ」
・アンコールの曲は、KAMIJOさん「最後はキラーチューンでお別れだ!」的な流れで「The Revenant Choir」だったかと。

ヴェルサイユのステージもかなり面白かったし想像以上に熱いものがあった。
これは本当に新鮮な驚き。
個人的な感覚なので石投げないでほしいんですが、ラレーヌ時代からKAMIJOさんのことは知っていたわけです。
でもピンとこないどころか歌声が好みじゃなかったんです。
しかしライブで聴いたらどうよ!目から鱗です。もちろん熟練されたのもあるでしょうけど、
音源で聴くよりずっと迫力があるし華もあって。
ステージにおける存在感によるところもあるかもしれない。
なにしろ華のある方でした。美形だから目が眩んだとかじゃないですよ/(^o^)\
むしろ綺麗すぎて、ドはまりはできない部類だなと・・・
私はーちょっと不完全な男の人が好きだからー。
・・・謝れ!たかむらさんに謝れ!(´;ω;`)←オーケンはいいのかよ

gdgdだなあ、これ後半どころか前半からちゃんと書き直します、読みづらいし。
色分けももっとちゃんとしよう・・・とりあえず明日が怖いので寝るます\(^o^)/
スポンサーサイト
【2009/05/21 03:02】 | 筋少・オーケン関係ライブ感想 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<情熱の嵐 もてあます私 正直に生きられん日々 | ホーム | ああ 世界中の愛の歌が今君のため>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuigulumar0206.blog68.fc2.com/tb.php/236-f56b6350
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。