プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
サーチライトは月の光とともに タイトロープを照らせ
というわけで行ってきましたヽ(・ω・)ノ
筋肉少女帯「サーチライト!後期曲(レティクル~San francisco)を大量に、お座席も入れての2010年大感謝ツアー」in Zepp Tokyo

ヽ(・ω・)ノわーいわーい。
R0022908.jpg

個人的には2度目のZepp Tokyoだずヽ(・ω・)ノ
R0022914.jpg
お座席ありw だと気持ち的に楽だわー(ノ∀`)
筋少のお客さんモッシュきついからなあ。ただホールじゃないから、段差少なくて見づらいかもw
私は筋少はおおらかな気持ちで見られるようになったので大丈夫だった(´ω`)
視界に背の高い男性が多くて、頭と頭のあいだからメンバーがちらちら見える感じだったけどw
全然見えない、てのではなかったからいいかなー。
橘高さん側だったので、橘高さんだけは常にクリアに見えてますた( ´艸`)
橘高さんも結構くるくるまわるギタリストだなあと改めて思ったりして。
あとピック投げすぎ(ノ∀`)いいなあ またもらいたいなあ。
橘高さんピックは、一度だけ受け取ったことがあります。
2008年12月の横浜BLITZの上手の壁に張りついて見ていたときで、
サンフランシスコのソロが終わったあとに(たぶん・・・)、
ずっと手を差しのべてソロを聴いていた私に向かって投げてくれたピックが、
まっすぐ自分のところに届いたのですよね。はいはい妄想乙。頭がお花畑なので気にしない!


まだ追加公演残っているので、セトリネタバレになるので畳みます。
↓セトリとMC覚え書きは続きに格納
<2010-11-27 筋肉少女帯「サーチライト!後期曲(レティクル~San francisco)を大量に、お座席も入れての2010年大感謝ツアー」in Zepp Tokyoセットリスト>

1.サンフランシスコ
2.タチムカウ~狂い咲く人間の証明~
MC
3.パリ・恋の都
4.ハッピーアイスクリーム!
5.モコモコボンボン
MC
6.小さな恋のメロディ
7.僕の歌を総て君にやる
8.機械
(MC?オーケンとサポメン以外のメンバー退場)
9.山と渓谷 (メンバー曲中で登場→うっちー曲後に退場)
10.ベティ・ブルーって呼んでよね
(うっちーも登場)
11.おもちゃやめぐり
MC
12.SAN FRANCISCO (オーケン弾き語り)
13.これでいいのだ
14.カーネーション・リインカーネーション
15.サーチライト
16.トゥルー・ロマンス

encore
1.さらば桃子
2.再殺部隊
3.221B戦記
4.釈迦
5.星座の名前は言えるかい



~オーケンMC覚え書き~
「東京ー!Zepp東京、筋少ではおそらく初?!」
「Zeppでやったことがあると思ったら、アニメのイベントとかで出てた」
「アニメのね、(客席の微妙な反応を受けて)いやいやいや、いやいやいやいやいや・・・言うてもね、言うても、すごいよアニメの人達の盛り上がり」
「北斗の拳の、ユーアーショック!っていう曲、なんていうんだっけ」
「そうそう、クリスタルキングの愛をとりもどせ! 今クリスタルキング、ムッシュさん一人なんだよね、低い声の」
「だから高い声になるところ、俺との愛を守るため~♪のところが歌えないんだけど、客席が歌うの。それはもう地の底からわきあがるような・・・」
「今日のモチベーションは、いかにあの愛をとりもどせ!を越えるか!だから」


「昨日タクシーにのったんだよ。そしたら運転手さんが、『大槻さんですか』あ、はい、って答えたら『昨日筋肉少女帯の曲、ラジオで流れてましたよ』そうですか、『新曲だって言ってましたよ』じゃあアウェーインザライフですかね『いやーそんなちゃんとしたタイトルじゃなかった』えぇ?」
「いやーでも新曲だとそれしかないんですけどねえ、どんな曲でした?『ナマケモノヌルヌル、とかそんなのでしたよ』そんな曲はないよ!でも運転手さんが言うには、そのFM局ではヘビーローテーションだって」

↑このあともことあるごとにナマケモノヌルヌルが・・・この日いちばんのヒットw
何と間違えてるんだろう、LADY GAGAかな?とか言ってたw

(今回はレティクル座妄想からSAN FRANCISCOまでの曲をやる、という流れで)
「あの頃俺は、健康だった・・・」
「俺の尿酸値は上がり続け・・・ライブで尿酸値という言葉だけは言いたくなかったぜ・・・」
「ペインウィンドウ、痛風になり・・・」

↑この前後でビール一気。きょーのお酒が飲めるのは!おーつきーさんのおかげですー!
久しぶりに見た感が。。。

「ツアーまわってきたわけだけども、打ち上げ地味だぜ?あれは打ち上げじゃないね、おっさんごはん会だね」
「知り合いの女の子でアニメカフェ?をやっている子がいて、若い女の子を5~6人雇ってるんだって、その若い子を連れてくるっていうから、若い女の子か~って久しぶりにテンションあがっちゃって・・・いいじゃないか、おじさんがそういうのを楽しみにして何が悪い!」
「どのへんで見てるのかな~あのへんかな~?(指さしポーズで)こんなことしちゃったりして、あまつさえ台の上までのぼったりして(ドラムセットの階段の方で)こんなことしたりして」
「で、ライブ終わってみたらその知り合いの女の子が、1人なんだよ。あれ、他の子は?って聞いたらなんか風邪ひいちゃったとかでこなくて~代わりに近くでガンダムバーやってる店長連れてきた、っていうんだよ!」
「そのガンダムバーの店長がダウンジャケット着てガタイがよくて、『すげーよかったっす』とか言われちゃって。俺は女の子にアピールしているつもりが、ガンダムバーの店長のハートをキャッチしてしまっていたんだよ!」


モコモコボンボンは内田さんがボーカル(`・ω・´)
オーケンは袖にはけてたんだけど曲の途中で登場。
「今の曲は、内田君に全部任せようと思ってたんだけど、体が冷えてきちゃって、出てきちゃった。そしたらツインボーカルのバンドみたいになっちゃって、ベースボーカルの横に変な奴がいるいみたいな。電気グルーヴ感が・・・瀧さんの気持ちがわかった」
「体が冷えてきちゃった・・・コートとかないの?いや、それだとちょっと暑い・・・」
「オーバーフォーティーは体温調節も大変だぜ?」
「それ着ると海老蔵さん殴った奴みたいになっちゃう。あ、俺すごいネタを持ってるんだけどさ、危ない、言っちゃうところだった」
「いや、言えない、これは言えない」


ツアータイトルだと後期曲だけど、オーケンは中期って言ってた気がする。
後期曲っていうのは復活前の呼称な気がするから、確かに後期より中期が正しいのか?な。
「今日は中期の曲をたくさんやっていますが・・・みなさんお気づきかと思いますが僕、その頃頭がおかしかったんですよー」
「パリ・恋の都、最初なんてタイトルだったかおいちゃん覚えてる?そう、ロックン笠地蔵!」
「おいちゃんがいい曲書いてきたから、これに誰も思いつかないような歌詞を付けなきゃ・・・と思って」
「でもパリ・恋の都も相当ひどいよ、よくOKだしたね」

ここでおいちゃんが、歌詞の最後に出てくる「カフェオーレ」で、いいなと思っただったか妥協できただったかそんなことを言っていて(とにかくカフェオレ絡みだったことしか思い出せない。。)
「俺、復活してからおいちゃんのことがよくわからないよ!」

「おまえたち、何が聴きたいんだー?!ナマケモノヌルヌル以外で!」
「どんな曲なんだろうねえ。きっとサポートのメンバーの方が知ってると思う」

エディと長谷川さんで即興のナマケモノヌルヌル演奏w これがまた巧いww
不協和音と変則的なリズムが・・・みたいな(ノ∀`)
「うまいフュージョンの人たちの演奏を聴いてる六本木のバーみたいになっちゃった」

5曲目のあとのMCで、
「次は神曲を3曲続けてやるぞ!」
というようなことを。神曲ってwwAKBですかw
小さな恋のメロディの、最後の「きっと地獄なんだわ」の叫びが、
「~なんだわー!」しか聴こえなくて、
ええ?キメなのに忘れたの?と思ってたら、どうやらマイク落としたそうです(ノ∀`)
落とした瞬間は時間がゆっくり流れて、どうしようどうしようっていろんな対処法が脳裏に浮かんだらしいw
「30年近く歌ってますがマイクって落ちるんですね・・・!次はゴムでとめておきます」
どんどん介護になる。。。(´`)

山と渓谷の前に、橘高さん、うっちー、おいちゃんがはけて、オーケン、エディ、長谷川さんが残る。
「みんないなくなっちゃった。ロックバンドのメンバーがいなくなってしまったとき、ボーカルはどうしたらいいのか?」
それで歌えばいいんだ!な流れだったのかな。
曲の途中で3人が出てきて、コーラス。曲終わりでうっちーが退場して、
アコースティックギターのセッティング→ベティ・ブルー
うっちーも登場して、おもちゃやめぐり。これはうれしい(´;ω;`)
ものすごく好きな曲。

おもちゃやめぐり後、俺の生き様を見せてやるー!とか叫んで、オーケンがアコギを持つ。
うっちー「いいギブソンだねえ」
橘高さん「それなんていうギターだっけ?」
オーケン「ギブソンJ-45、トゥルーヴィンテージ。(さらに説明を続けようとする)」
橘高さん「聞いた俺が悪かったよ」
オーケン「サイドはマホガニー、フロントは~で~~(材質の特徴をひととおり)、弦はダダリオ!」
「クロサワ楽器さんで買ったんだけど、クロサワさんにいってもイケベ楽器さんにいっても、どこでも『斉藤和義さんよく来ますよ』って言うんだよ」
「斉藤和義さんが持っているギターと同じで、同じセッティングにしてもらった」

ちょっと香菜のAメロとかも弾いてたけど、なんか合ってないww
おいちゃんがコード教えに近寄っていったりしていて微笑ましいw(´^ω^`)
でも随分うまくなったな~それにギターの音がいい!高いギターだから?(´^ω^`)いやいやいや。

サーチライトのイントロあたりでは、オーケンが実際にライトを手に持って客席を縦横に照らす。
この演出よかったわ。

客席からの声援を受けて、
「大槻さーん、と呼ばれるようになりましたね、さすがに40を過ぎると・・・若い頃はオーケーーン!という黄色い声援がきたものですが」
客席が黄色い声援。
「みなさん無理はしないでください!」
年寄り無理するなよ的な?(´^ω^`)w
「あとは僕たちが20代後半の頃だったので、10代後半から20代前半の男性のファンが多くて、兄貴と呼ばれたり」
客席からアニキー!コール。それで、この年だと叔父貴でもいいかもとか。これはオーケンが言ったんだっけ?
このへん曖昧だけど、それで今度は橘高さんがオジキより親父がいいかなとか。(逆かも)
でも実際にオヤジー!って呼ばれると
橘高「呼ばなくていいから!そういう癖が一度ついたら抜けないんだから!」
それで、中学生の頃にオーケンとうっちーの同級生のツッパリ(笑)が、
「胎児」というあだなになるまでの経緯とか。
オーケン「それはほんとにそうだよ、中学校の同級生でさ・・・内田君も同じ中学だったんだけど、うちの中学はツッパリがいなかったんだよ。ツッパリって言っても若い方はわからないでしょうが、80年頃、金八先生の時代ですよ」
「1人だけツッパリの○○君っていう人がいて、みんなでツッパリやってるなんてあいつは子供だな、小学生だな、いや小学生じゃ手ぬるい、幼稚園だ、いや、赤ちゃんだ、いや赤ちゃんより・・・ってことであだ名が『胎児』になったんだよ」
「X JAPANにいらっしゃいますけどもTAIJIさん。いやそうじゃなくて」

うっちー「ええっそうだったの?!」
オーケン「え、知らなかった?」
うっちー「○○が、とぅあーいじ、って呼ばれてたのは覚えてるけど胎児だとは知らなかった・・・」
胎児がとぅあーいじぃー、みたいに変化していった、って話をw

それで、橘高さんを結局なんて呼ぼうか?という流れで
オーケン「貴公子ーー!!」
客席も貴公子コール( ´▽`)ノ
橘高さんが笑顔で手をふりながらやぁやぁ、という感じで登場( ´艸`)
橘高「貴公子って(挨拶は)どんな感じかな。よきにはからえ、とか?聖飢魔IIみたいな・・・」
オーケン「いや、あんなに設定ちゃんとしてない、氏神一番さんくらい」
オーケンは氏神一番さんを引き合いに出すの好きですね~(´^ω^`)

これはアンコールのときかな、
「我々は、若い頃はヴィジュアル系だったんですよ。元祖ですよパイオニアですよ」
それで確か、V系の人たちが盛り上げるためにやる咲きとかそういうのに対抗して(?)
逆にかっこよくないことをやろうとかそんなんで、えいえいおー!とかやってた、とかそんな。
「アンコールなんかどうせ決まってるんだからすぐ出てこいとか思うでしょ、でも楽器はセッティングとか色々あってなかなか出てこられないみたいで。俺はすぐ出たい方だから、もう出ていい?待ってくださいまだセッティングが、って言われちゃうんだけど俺楽器ないよ~」
それで、長谷川さんも俺も出るよ!って一緒に出てきてくれたとか。
長谷川さんはこの日も笑顔が素敵でした(*´ω`)

それでメンバーを呼び込むときに、若い頃やっていたのをやってみてもいいでしょうかー?ということで
オーケン「ニコニコな筋肉仲間を紹介しましょう!」
ここで、ステージ下手からおいちゃんうっちー橘高さんが肩組んで登場・・・!と思いきや
「・・・ちょっと待って、若い人はね、おっさんが何やってんだって思うでしょうけど、ニコニコな筋肉仲間を~って言ったらメンバーが肩組んでにこにこ出てきたりしていたんですよ当時。」「ニコニコな筋肉仲間を紹介しましょう!」
で、3人が全然ニコニコじゃない感じで肩をゆすりながら登場ww
オーケン「あれー」
橘高「俺たちせっかく最高の笑顔で出てこようとしてたのにさ」
なんだよもう、的なww

釈迦の前で、おもむろに金色のガウンっぽい衣装をはおるオーケン。
「これ、さっき着るの忘れたから今着てみた」
適当すぎるwww
「こんな格好で納得いかないかもしれませんが、筋肉少女帯の定番曲をやっていいでしょうか」
わろす(´^ω^`)www
そして曲が終わったら今度は
「脱がせて・・・」
赤ちゃんっていうかおじいちゃんっていうかw この衣装は後ろ開きみたいで、1人では脱げないっぽいw

最後は、今日は楽しかった、ありがとう!という感じでしめ。

おっさんごはん会はこの日もあったのかしら・・・(ノ∀`)

好きな曲たくさん聴けてよかったわあ。
欲をいえばザジが聴きたかったわけだが(´^ω^`)
でもタチムカウ、僕の歌を総て君にやる、小さな恋のメロディ、機械、サーチライトあたりはどツボですし
あとあと、おもちゃやめぐり!!!泣けるわあ。。。
再殺部隊と221B戦記もものすごく高まったし、
あと星座の名前を言えるかいでオーラスなんて(´;ω;`)泣くわそんなん!
♪死にたいのかい~大丈夫~俺も消えたいから~

ということで楽しすぎた。が、あっという間すぎて不完全燃焼(´^ω^`)
今年はほんと筋少行かなさすぎたというか行けなさすぎたというかなので、
来年は!来年こそは!!行ってやるからなーーー。・゚・(ノД`)・゚・。
スポンサーサイト
【2010/11/30 00:50】 | 筋少・オーケン関係ライブ感想 | トラックバック(0) | コメント(1)
<<星空凍る十二月 硬質な夢に落ちる | ホーム | この世界は美しい 僕の醜さも、愚かさも光で包め>>
コメント
筋肉少女帯の コンサート 行ってみたいなぁ
【2011/08/03 22:08】 URL | 村石太ギャル&マンダム #8RZhsosc[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuigulumar0206.blog68.fc2.com/tb.php/396-852beb7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |