プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
冬来たりなば春遠からじ
3月も終わりましたね。そうかもう春なのか。
まだ生活圏内で桜も見かけず(心眼が捉えていないだけか?)
体感的には冬なのですが・・・。

あ、4月ということは。
CANTAの新曲配信開始ですね・・・!!
Mac非対応だそうなのでまだ聴けてません。。。
半年以上立ち上げていないWindows機を立ち上げてみようとは思うんですが。
うぐぐ。聴けるかなあ・・・

そうそう、最近更新を一時お休みされているMarshall blogさんですが、
休止の1つ前の記事がこちらでした。
不安で寝付けなかった夜にiPhoneで読んで、素敵すぎる写真がうれしくて、
マーブロさんありがとう!と思った記事でした。


最近仕事以外引きこもり。
iPhoneの写真データをひさしぶりにバックアップとろうとしたら、
1月分から放置していたことに気づいた。おいおい。。。

1月の東京タワー。
IMG_2377.jpg
このスポットが好きで、しょっちゅう写真に残している。

3月5日の大阪。
IMG_2614.jpg
vivaceイベントの感想書いてないなあ。4月中に書かないとそのまま放置だろうな・・・
いずれにせよ名古屋の記憶は飛んでいるが。。。
←ありえない良席(自分的には。見やすくはなかったけどかまわない~)で緊張しすぎた。

3月14日。東京タワーの先端が若干折れ曲がったらしいと聞いて見に行った。
IMG_2739.jpg
ってタワー映ってないし。折れているかどうかは、肉眼だとわからないレベルだった。



3月中旬以降に参加予定だったイベントは1件も開催されず、すべて延期になりました。
地震以降数日は、余震を想定しての安全確保の面からの延期が多かったというように理解していますが
その後は電力面や交通事情に配慮(これも安全面ですね)しての延期が多かったのではないでしょうか。
「自粛ムード」という言葉にはちょっと、そうなの?と思っています。
自粛なのかしら?何か起こった時の安全が保証できないから、という方向なのかと思っていましたが。
突然停電になったら大人数が暗闇に取り残されてしまいますし帰宅もできないし。
あ、それを自粛というのかな。

4月以降に延期されるものがもしあるとしたら、それは「自粛」なのかな。
いずれにせよ、このままでは人が集まることで収益を得ている業種が壊滅してしまうので、
開催される限りはなるべく参加したいと思っています。
ライブイベントしかり。映画館などの娯楽施設しかり。あとは飲食店もですね。
一番近いところでは4月2日のCOALTAR OF THE DEEPERS20周年ライブ、代官山UNIT。
その次が4月9日のCANTA9周年バースデーライブ、渋谷O-EAST。
どちらもとても大切な存在で、大切な節目のライブ。
今のところ双方、開催予定のようです。心して参加したい。


3月11日以降、東京でぬくぬくと暮らしながらも
色々考えたり、怯えたり、打ちのめされたり、感情的には忙しい日々でした。
なまぬるいことは十分承知ですが・・・
仕事は通常運用にほぼ戻りましたが、
残業時間は半分になったし、休みの予定がすべてなくなったしで、
ここ数週間で、1年分くらいインターネットしていた気がします。
頭が弱い自分のような人間は情報に溺れるだけかもしれません。
しかし知らなかったでは済まされない現実がそこにある。
無力に右往左往するだけだとしても、忘れないために、目と心に焼き付けなければ。

何を信じるかなんて脆いものだ。
たとえ正しい情報を迅速に出されたとしても、それを理解する教養が自分にはない。
何も知らずに恩恵に授かっていた自分は同罪だと思う。

刹那的にやりたいことやって生きてきたので、自分の人生に悔いはないけれど、
これからどうしたいか、次の世代に何を残したいのか、
それはこんな末端の人間でも、考えておく必要はあるんじゃないのか。

私の中では10年以上前の「ソバージュヘアでゲームに詳しい人」というイメージが抜けない、
飯野賢治さんが息子さんに語る体で書かれたこちらの記事が、
いちばんわかりやすく共感もできたのでめもしておく。



3月30日は父の誕生日で、定年退職からもう2年か、などとしんみりしながらメールを送った。
父からの返事はあいかわらず改行がない。句読点は打てるようになったようだ。
「手に入らない物があれば、困ったことがあれば連絡ください。」
母とも電話で話したけれど、東京は物がないらしいという報道がされているので、
心配していたようだ。ありがたいが私は大丈夫ですぜ~~
東京は結構、品不足は解消してきたかな。
お米やパン、ティッシュなど一時期姿を消していたものは在庫復活した気がする。
電池やガソリンはまだ大変なのかもしれないけど。
お店や商品によっては被災地に優先的に回しているため入荷が未定、
という貼り紙も見かけたので、そういう企業努力はありがたいなと思った。

企業などからの大口の募金は日本赤十字あてがほとんどのようですが、
集まった総額を平等に分配されるという意味でも安定感があってよいと思います。
ただし公平を期するために分配されるまでに半年程度の時間を要するらしいと知ったので、
すぐ支援活動につかっていただく道はないかと考えた結果、
私はこちらの情報を参考にさせていただいて、
この中で紹介されているNGO団体さんのひとつに決めました。
必要な物資のニーズ(これは場所によってかなり変わるようですね)を迅速に把握して送り届け、
避難所での炊き出しなども地震後わずか数日で実施されていたり。
本当に頭が下がります。

とはいえ自分のような小者が一度に出せるのは微々たる金額ですが・・・
ぶっちゃけ諭吉さん1人。3ヶ月に1回諭吉さん、なら継続的に出せる・・・
自分の出した結論です。それ以上だと続かない気がして。
3ヶ月後にはまたどこに寄付するか、を考えて
(避難から復興の段階になったら、必要な方向も変わるだろうし)
長期的に続けていけたらいいんですが。
あとは楽天などのポイントがつくサイトで、貯まったポイントで寄付できる仕組みが次々でてきたので、
手持ちのポイントはいくつかのサイトで寄付しました。
ネットでできるというのは気軽でいいですね。
携帯ソーシャルゲーム系の会社が着々と募金額を増やしていっているのもわかる気がする。
私はiPhoneなのであまり関係ないのだけど、
100円200円ずつ、携帯ゲームのアイテムを買う感覚で(実際待受などがもらえる様子)
募金ができるし、友達招待などで無償でもらえるポイントをそのまま募金にまわすこともできるし。
各社、動きが速かったなあというのにも感心。
翌々日くらいには結構出そろっていたような。



毎日、津波に襲われて亡くなった先輩のことを考える。
ありとあらゆる報道を手当たり次第見ました。
津波で亡くなった方、1週間以上経過後に救助された方、海まで流されながら生還された方、
全校児童が助かった小学校、全校児童の半数以上が亡くなった小学校。
助かった命、助からなかった命。
混乱する思考の中で、どう受け止めたらいいんだろうと思っていたときに、
こちらのサイトで引用されているビートたけし氏の言葉で腑に落ちました。

 2万人が亡くなった事件があったんじゃない、「1人が死んだ事件が2万件あった」ということ。

ぼんやりと考えていたことが言葉になった、と思いました。

悲しくて、悲しくて、どうしようもない。
こんなところで無力に打ちひしがれることしかできない自分が情けなく滑稽だけれど、
それもまた受け止めるしかない。


亡くなった方に対し、どうぞ安らかに、と冥福を祈るのは
生きている者の傲りでしょうか。生きている者の為、ではあるように思います。
少なくとも私は、そうです。安らかでいてくださらないと、自分がつらいからです。
そんなことを考えたら、祈れなくなりました。

ただ死の瞬間が、できるだけ苦痛でなければよかったのにと考えてしまいます。
でもそれも無理なことです。どうしたって、苦しかったはずです。
それを考えるのもまた、つらい。

私は宗教も信仰ももちません。今後ももたないと思います。
死は無だと思っています。異論を認めないわけではないですが、そうです。
それでも、もし、亡くなった方が、穏やかに導かれる場所があるのなら、
いいなと思ってしまいます。

どうやって祈ればいいんだろう。
スポンサーサイト
【2011/04/01 03:20】 | 日々 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<誰も傷つかなくていい場所を見つけて 連れていきたい | ホーム | 2011年3月11日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuigulumar0206.blog68.fc2.com/tb.php/423-fa620edd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |