プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
2011-04-09 渋谷O-EAST
また、忘れたくないライブの思い出がひとつ増えたな。
どのライブだってそうだけどさ。だからこんなblogを続けているのだし。
思い出を記録する装置だからな、自分にとっては。

いつも、めももとってないし正確じゃない前提で、
それでも好き勝手に書いてきたわけだけど
今回はいろいろ迷うかもしれないなあ。言葉のひとつひとつが大事すぎたよ。

どちらかというと自分の感情を、忘れないために書いておくような感じで。
だから、これはライブのレポートではなく、私の思い出の再構築です。
色々とお見苦しい点はあると思います。
MCを話し言葉で書いてしまうのも癖なので。
たかむらさんこんな言い方してねえよとかたくさんあるとは思います。
何かお気づきの点があれば教えていただけると。

いろいろ突っ込みどころはあると思いますが、
苦情はいつでも受け付けています。オブラートに包むより罵詈雑言が好きです。
心のDEATH NOTEに名前書いてくださってもかまわないす。
あ、でも藁人形は好きくない。

<2011-04-09 CANTAの9周年!”9回裏の向こう側” 渋谷O-EAST ライブ感想>
R0023724.jpg


天気予報は雨のち曇り。CANTAらしい・・・ね。
激しい雨になるのかと思ったら、午前中に小雨が降った程度で、
ライブの前後はなんとかもったような。ありがたい。
ポジティブシンキンしといてよかった(´-ω-`)最近願いがよく叶うね。些細なのはね。

チケットとドリンク代をうさぎポシェットに詰め込んで~タオルも持って~
あとは全部ロッカーに放り込んで。開場を待つ。EASTは入場前にロッカー使えるから好きだお。
整理番号は、バースデーライブの番号としては早い方かも~100番越えてるくらい。

さて入場。えっ上手端ならまだ最前列空いてる・・・!?
端でもなんでも最前大好き(´・ω・`*)柵があると落ち着く。
今日は2柵狙いかなと思ってたけど(去年の4月は2柵で観たなー)
MASAKIさんよりさらに上手な最前げとです~(`・ω・´)
ああそれにしても緊張する。ライブの前はいつもそうだけど、
この日は特にね。

O-EAST大きいなあ。最前列上手端だと、下手側がすごく遠く感じる( ´ `)
目の前にはHARTKEのベースアンプが2段積み×3。
下手側にはMarshallの壁が~~3段積み×4!すごいな~(´・ω・`*)
一番左下が、蒼い炎ペイントのでした。

ライブ本編感想は続きに格納。
開演予定時刻の18時よりほどなく。
客席から歓声があがったので下手の方を見やると、メンバー登場・・・!
いつもはSEにのって登場するのに、ここからもう違うんだ。
今日の構成とか、きっといろいろ練られてるんだろうな、と思って
こちらも心して観なければ、と背筋が伸びた。

いつもどおり、衣装から書こうかな。
MASAKIさん。豹柄のベスト、白いフレンチスリーブっぽいTシャツ、ショッキングピンクのハーフパンツに膝下丈のスパッツ。Tシャツとパンツはカレンダー表紙と同じものですね。足元は白い編み上げブーツ、スニーカーブーツかな?ソールがコンバースみたいな感じだったので。髪型はハーフアップ。右手にピンクのチャリティリストバンド(`・ω・´)
雷電さん。黒いタンクトップ、銀色の鳥プリント。ボトムはジーンズなのかな?髪の毛伸びましたね~!
たかむらさん。白地にオレンジ?赤?なストライプで皺加工のシャツに、黒いベスト。細いストールは赤と黒、金具で留めてた。ボトムは茶色っぽい蛇柄プリント。足元は黒エナメル。右手に青のチャリティリストバンド!(`・ω・´)髪型はナチュラルな感じ。
登場時というかギター受け取った直後くらいかな、たかむらさんが右の拳をくっとあげて、
リストバンドをしているのを客席に見せてくれて、にっこり。きゅんときた。

リストバンドの付け方で気づいたこと~
MASAKIさんはベースを弾いているときに客目線で絵柄がまっすぐになるように付けてて、
たかむらさんは腕を上にあげたときにまっすぐになるように付けてたー。要するに上下逆。

おや、受け取ったギターは、Takamineのアコースティックギターですか!
MASAKIさんも銀色のフレットレスベース。アコースティックのときにお見かけするベースですね。
アコースティック多めかもな、という予想はしていましたが、
まさか最初からとは!想定外でした(`・ω・´)
あ、関係ないけどタカミネといえばこれ・・・買えばよかった(´ `)すぐ売り切れた~

1.ア ソング フォー ジ アダルト
し、しかもこの曲が最初とは!最後なイメージあるから新鮮!
アコースティックアレンジもかっこいいなあ。
ああ、たかむらさんの笑顔が、いつもとはまた違ってみえる。すごく、ほっとした。
なんていうか、保護者のような笑顔だと思った。変な言い方だけど。
大丈夫だよ、ここにいるよ、って教えてくれる、安心させてくれるみたいな。
地震後はじめて会えたわけですし、そういう感情のせいもあるのかな。

ああ。たかむらさんちの子になりたいな・・・←ちょ、おま
るーくママー・・・(´-ω-`)←そっちかよ

照明も極力抑えめな気がした。
そして2曲目に行くときは、雷電さんが曲に入るタイミングをうかがうように
たかむらさんの方をじっと見てて、たかむらさんが「はいよ!」とかって言ったのを合図に、
次にいった気がする。そういうの好きだ。

2.Good Morning, Wild Times!
これもアコースティックで聴くの私は初かな?どうだろー
アコースティックとは思えないほどの激しさだった。
確かこの曲のときなんだけど、
たかむらさんがステージに対して垂直気味に脚を大きく広げて上手を向くシーンがあって
(左足がドラム側で右足がステージ正面てこと。重心は左足)
雷電さんの方向を向きつつ弾いてるってことなんだろうけど、
すなわち上手の端から見ている私からしたら正面から見える形になったので、
あーこの角度もかっこいい・・・脚の開き方までかっこいい・・・
などと思いましたことよ。あいかわらずきもくてすみません。
Get Wild!のあたりでは客煽りもあったので、叫びました~
アコースティックでこんなに叫ぶとは(ノ∀`)最後のタオル投げ上げ、は勇気がなく、
タオルを振り上げるにとどめましたw

次の曲行く前にチューニング。照明が落ちたステージに向かって、
メンバーの名前を呼ぶ声援がたくさん飛ぶ。
薄暗い中でチューニングしながら、たかむらさんが「ふぅ~。」とわざと聞こえるように言って、
笑いが起こったのはこの曲間だったかな。和ませてくれたっていうか(´・ω・`*)

3.旅立ちの歌
あー。この曲聴きたかった。春に聴きたい曲のひとつ。
サビのところの裏声?高くなるところの声がすごくよく伸びていて、
うっとり聴いてしまったなー。たぶん全体的に声の調子がよかったのではと思うけど、
この曲のときにすごく、伸びを感じた。はまってるっていうか。

あとバラードのときのMASAKIさんがイケメンすぎる。いつもイケメンですけど( ´_ゝ`)
なんだろう、佇まい・・・?表情も曲に合わせて変わるの。アンニュイだったり険しかったり。
そしてそして雷電さん。
目をぐっとつむっていたり、一緒に歌うみたいに口が動いていたり、
バラードのときの熱のこもり方がすごく好き。一音入魂よね・・・素敵(´・ω・`*)

4.Beautiful
歌詞がしみいるようだ。ひりひりするけれどとても優しい。
たかむらさんの声は、訴えかけるように鋭く刺さる。

1曲目から5曲目までがアコースティックで、曲間は毎回暗転してたと思うのだけど、
雷電さんがスティックでカウントを取る音が薄暗闇の静けさに鳴り響いて、
その音を心地よく聞いていた記憶があるんだけどどの曲だったかな。Beautifulかな。
CANTAのお客さんいいなと思うのは、耳を澄ましているのが上手だなと。
わーって拍手と歓声が鳴り止まないほどなんだけど、雷電さんのスティックの動きとか、
たかむらさんの仕草に、ふっと静まって曲を待つ感じがいつもする。
この日の拍手とか、すごかった。ふわーって、ぶわーって。巻き起こる感じが。

5.108
これもアコースティックとは思えない激しさ!
MASAKIさんが客席に拍手をうながす。あと、MASAKIさんが客席に投げキスしてたのこの曲?
イントロはCDとはかなり違ったような。一定のリズムの繰り返しから始まる感じなんだけど。
ギターソロすごかったな~アコギの限界を見た気がする。超早弾きで、かっこよかった。

アコースティックここまで。

たかむらさんは通称LUKE-V(この呼称でいいの?)にギター交換。
MASAKIさんもいつもの黄色ベースに交換。
Vベースではない方~Vもどこかの曲で使っていたけど・・・

ここでMC。最初のMCがここだと思う。いつもから考えるとかなりあとの方かな。
開口一番、
LUKE「みんな、電気消してきた?
消してきたー!って答える人と、その言い方がおもしろかったので笑う人とで、会場が一気になごむ。
LUKE「ここにいるってことは、少なくともみんなの家ではその分電気を使っていないわけだから。その分をお借りして、今日はやらせてもらいます。」
おおおお(`・ω・´)確かに!
LUKE「やる気100%、電力60%でいきたいと思います!」

LUKE「こういう状況の中、みんなよくここまで来てくれたね。本当にありがとう。最後まで、よろしくお願いします。」
ありがとう、のところで雷電さんがすっと立ち上がって、
深々とお辞儀をしてらしたのが印象的でした。

LUKE「新曲やっちゃおうかな。」
TBSのらじこんというサイトで、新曲を2曲ダウンロード配信してます」
「初めての試みで・・・配信自体は初めてじゃないけど、パッケージになる前に新曲を先にダウンロードで配信っていうのはなかったから、みんな色々思うところあると思うんだけど」

曲ができてから、音源として聴いてもらえるまでのインターバルが短いのはよかった、
というようなお話。いずれパッケージでも出すからね、というお話もしていたかな。
LUKE「担当の人に曲を渡したのは配信が始まる1週間前だからね」
えええっΣ(・ω・ノ)ノ それは思ったより短い!ハイテクやなあ(・ω・)

LUKE「ほんとは2週間前までだったんだけど、いいですよ1週間まで待ちましょう。って」
「あ。言っちゃだめだったかな?他の人の担当さんが『ルークが1週間って言ってた』って言われちゃうな(笑)」
「いいんだよ、俺は特別なの!書くのが特別遅いんだ(笑)」

そっちの特別ww

それと、この2曲の収益はすべて、日本赤十字社を通じて東日本大震災義援金として寄付されるので、よろしくお願いします、というお話とか。
すべてってすごいなあ・・・

LUKE「新曲は、バラードと激しい曲の2曲なんだけど、これからやるのは激しい方」
「CANTAのライブに来ている人は何度か聴いたことがあるはずなんだ。そのときは『Spicy☆』という仮タイトルだったんだけど、抽象的だな、他にないかなって考えて」

それで別のタイトルも考えたときのお話の流れで、震災について触れつつだった・・・ような。
LUKE「色々考えて、つくづく・・・思ったんだよね。闘いは続くんだなって。」
正確には思い出せない。でも闘いは続く、という言葉が印象に残っています。
言葉を選びながら、考えながらお話してらっしゃる様子で、
時折無言の時間が長くなるような。たかむらさんの普段の様子に比べると、そんなところもちょっと違っていて。
あと、タイトルのお話で「ロビンソン」という単語が出てきたんだけど、
前後がよく聞き取れなかった(´ω`;)
1月のときも、曲の中でタイトルになるような言葉がなくて、仮タイトルつけるまで迷った、
というお話があったので、今回もいろいろ考えた末なんだな~というのはよくわかりました(´ω`)
NATURAL~も歌詞には出てこないですしね。

LUKE「聴いてください、NATURAL BORN FIGHTERS」

6.NATURAL BORN FIGHTERS
んふふ(´ω`)1月の視界良好ツアーで「Spicy☆」だったときから好きでしたよ。
すごく好き。リズムが気持ちいい。あ、歌がうまくなってる~(´ω`)←無礼
(1月のときはサビの転調するところで、声が上がり切ってないんじゃないかと思ってたんですよね)
バラードの反動か、このときMASAKIさんの動きがすごく激しくて、かっこよかった~( ´艸`)
ヘドバンとかとか。

曲終わり、たかむらさんがVから白いギターへチェンジ。
あのギターはなんていうギターだろう?(´ω`)
白ギターを受け取る前に、Vをおろしてスタンドに立てかけようとしたときに、
後ろ向きに(指板をステージ後方に向けて)置こうとしてなんかバランスが悪くて、
おっと、って方向変えてこちらに指板を向けて置き直したたかむらさんがかわいかった(´ω`)

7.Fly!
おおお!(`・ω・´)すごーく久しぶり感がある~つか私あんまりライブで聴いたことなかったかも?
わりとイントロドン!ができない人間なので(なにそれ)
Aメロ始まるまで「な、なんだっけこれなんだっけ」と考えてた(ノ∀`)いろいろ鈍いんです。

曲が終わると、KG-GALAXY Custom1号機にギターチェンジして、MCへ。
6、7曲目までは1曲ずつで変えてるってことか~

LUKE「NATURAL BORN FIGHTERS、Fly!を聴いてもらいました。」
「Fly!、久しぶりにやったなあ」

ここ、ぼそっと呟くというかしみじみでてきた感じでなごんだ(´ω`)なごなご

LUKE「NATURAL BORN FIGHTERSは是非TBSらじこんで、ダウンロードしてください。」
ダウンロードしようとしたけどダメだった、という人は、もう一度よく読んで!」

言い方がおもしろくて笑ってしまったw 懇願っぽくて。
私も親にPCの説明するとき、懇願になりがち・・・wお願いだからわかって!的なww
LUKE「Zを押したつもりがXを押してるかもしれない、自分が間違えたかもしれない、という謙虚な気持ちで・・・」
「コンピューターは、戻ることができます、何かおかしなことになったら戻りましょう」
「うわー自分なにしちゃったんだろう、ってなるときあるよね、俺も最初はそうだった」
「コンピューターで曲を作ってると、いろーんなことが起こる!」
「できた曲のデータを、2小節短くしようと思ってカタカタカタカタ、ターン!(打ち込む音)とやって、再生してみたら、1曲が2小節におさまっちゃってた。%$#*@~~!って曲が終わっちゃって、俺は何をやったんだー!?」
「でもコマンド+zで元に戻ったよ」

これはwww地獄のミサワかw(ノ∀`)と思っちゃってひとりばかうけ。

LUKE「困ったときは、コマンド+zです。(雷電さんの方を向いて)MacでもWindowsでも変わらないよね?」
うなずく雷電さん。WinだとCtrl+zかなと思ったけど(´ω`)そういうのもあるのかな?

LUKE「バラードをやります。」
バラード、じゃなくてしっとりした曲を、とか違う言い回しだったかもね。
LUKE「(舞台袖を見つつ)お願いします。」
オケから始まるから、その合図だと思うけど、いつも丁寧におっしゃるなあ、と思うの。

8.金木犀
ああ。私が世界で一番好きな曲。この日に聴けて、うれしかった。
照明の演出もいつもより控えめだったと思うのだけれど、
サビに入る前の一瞬のブレイクで、正面から照らすスポットが全部消えて暖色系の(ライトそのものの光色なのかオレンジ系なのか?)バックライトだけになる瞬間があって、
後光が差すように浮かび上がるCANTAの3人のシルエットが、とても美しいと思った。
いつも、この曲のときは涙腺がゆるみそうになるのだけど、大抵は我慢できる。
はたはたと落涙したのは、この日を入れても確かまだ2回だけだ。1度目は2009年11月の広島。
「こんな命無駄だなんて本気で思ってない」
・・・それでも、命の重さが同じだなんて思えない。
私の命よりずっと、生きていてほしかった命について。何度も考えた。でももう取り返せない。
「看取られずに死に逝く子も過ぎ行く日々にいる」
そんな悲しいことは、遠い外国の話か、日本なら、戦争が起きていた頃だけの話だと思っていた。
まさかこんなことが起きるなんて。


間をあけずに次の曲へ。

9.Everyday
切々と、という感じで歌い上げるたかむらさんの声がせつない。
私の位置からはよく見えなかったけど、泣いてらしたのかな・・・

曲が終わり、ふう、っと息をついたあとにタオルで顔を拭いながら
LUKE「心の汗かいちゃった・・・(笑)」
きゅんとくるね・・・(´・ω・`)

ここでギター交換してたはずなのだけど、LUKE-Vだったかなー?

いたずらっぽい笑みを浮かべて、
LUKE「さあ!みんなお金払って来てもらってるのに悪いけど、歌ってもらおうかな!」
「なんだよ、金払って観に来たのに歌わせられるの?って思うかな(笑)」
「でもみんな、金払ってカラオケに歌いに行くんだもんな」
「今日はさらに、いい男が3人も!

きゃー(´・ω・`*)いい男自称タイムきたー!
なんか好きなんです、ご自分のことをいい男、とかおっしゃるところが。

LUKE「紹介しよう、1人目のいい男、オンドラムス雷電湯澤!」
手をあげて歓声に応える雷電さん。かっこええっす!ヽ(´▽`)/
LUKE「2人目のいい男!オンベースMASAKI!」
ガッツポーズ的な。いえーいいい男ーヽ(´▽`)/!!
MASAKIさんが、あ、LUKEさん紹介しなきゃ!と思った風だったんだけれど(想像)
まさにマイクに向かおうとしたタイミングでたかむらさんが一瞬早く、

LUKE「そして1番いい男、LUKE TAKAMURA!!
とオチをつけてたのがもう、超素敵でしたwwえぇ、世界一いい男ですよ!!(真顔)
MASAKIさんの苦笑具合もかわいかった(ノ∀`)

というわけで、歌わされるといえばこの曲。
LUKE「きらきらしようぜー!!」
私の記憶だとそうなってるんですがw なんか違うかもw
今までだったら「いきいき」かな~

10.So Alive
うん、楽しかった(`・ω・´)精一杯歌わせてもらった!
声だすって気持ちいい。MASAKIさんと雷電さんのコーラス姿を見るのもまたよし。素敵んぐ(´ω`)

うぬー正確に思い出せなくて悔しいが、このへんでMASAKIさんがVベース使ってた気がする・・・
ここもあまり間髪入れずに次の曲へ。
11.My Turn
きたきた(`・ω・´)MASAKIさん前で、MASAKIさんのコーラスがかっこいい曲を聴ける喜び!
すごく好きです、このコーラス。
あ、そうそう、この日はあまりたかむらさんがターンする曲ないな、と思ってたんだけど、
My Turnの最初のサビのあとでしゅたっとターンしてた!俺狂喜乱舞ヽ(^ω^)ノ
たかむらさんのターンが大好き!

ここで・・・ギター交換してたかな?
してたとしたらKG-GALAXY Custom1号機だと思うのだけど。

このあとのお話が、とてもとても深くて、大事で、ニュアンスすらちゃんと書ける気がしない。
でも覚えておきたいから、自分の言葉に直して、書いておきます。
ニュアンスすごく難しいから、解釈が違うかもしれない。
自分がそのとき思ったことも同時に書いておきたいので、どうか読み飛ばしてください。

LUKE「もう1曲、新曲をやります。」
「配信でよかったなと思ったのは、震災のあとに詞が書けたこと」
「普段はがんばれって言われるような曲とか、素直に聴けないんだけど。がんばれ、って言われるとなんだよ、って思うというか。いや、そこまでひねくれてはいないんだけど。そういう曲で励まされる人もいると思うし。」
「でも俺はそういう曲とは違うものを作ろうと、今までは、普段隠しているような、見せるのも躊躇われるような部分を曲にしてきたんだけど、今回はそれがつらくてできなかった。」
「この時期に曲が書けたことは、しあわせだったと思う。」

MIRACLEは震災後に書かれた歌詞なんですね。
内容からして、そうではないかとは思っていたけれど、3月8日?のラジオで、
もう曲はできているとおっしゃっていたから、どうなんだろうと思っていたのですよね。

LUKE「みんなもいつも考えてると思う。自分に何ができるのかとか、何をすべきなのかとか。なんで自分が生き残ってるんだろうとか。」
「避難所では食べるものが十分じゃないらしい、と聞くと自分は住む場所にも食べるものに不自由してなくて、食べていていいんだろうかと思ったり、楽しいことがあっても笑っていいんだろうかとか。そういうのはよくないと思うんだ。自分を責めなくていい。」
「楽しいときは笑っていい。でも笑っているときでも、心の奥ではいつも忘れないでいる、それが大事なんじゃないかな。」
「矛盾しているように聞こえるかもしれないけど。後ろめたくは思わなくてもいい。でも、忘れちゃいけない。」
「この時代に生きる上での、十字架だと思うんだよね。忘れてはいけない十字架を背負ったんだって」

どうして自分が生き残っているんだろう、ということ。それは3月11日以降、ずっと考えてきたことだ。
だからたかむらさんの口からその言葉がでたときは衝撃を受けた。多かれ少なかれ、誰しも考えることなのかもしれない。
そして十字架、という言葉。忘れない、背負っていく、と自分が決めたものに、名前がついた気がした。


LUKE「原発は、パンドラの箱をあけてしまったようなものだなって俺は思ったし」
「でもそれを、今まで安全と言って騙したな!って言うのも違う気がして。そういう政府を選んできたのは自分たちなんだから。」

ここもすごく頷いてしまった・・・
私が政府や電力会社を責める気になれないのは、許容してきたからだ。
小学校低学年の頃、北海道で最初の原子力発電所が作られた前後のことを覚えている。
地元ではなく遠い場所だったけれど、周囲の大人は反対派だったように思う。
母も運動こそしていないが勉強会のようなものには参加していた。
風評被害に近い事例も経験した。毎年恒例の夏休みの集団キャンプの行き先が、原発近くの海辺の村から山間部の別の場所に変更になったこと。
海が綺麗でとても楽しいキャンプだったのに。だから、原発は怖いものだと思っていた。
その後札幌に引っ越して、札幌の小学校では原発が社会科見学のルートに含まれていることに吃驚したこともまた覚えている。
そのあたりから、次第に原発の存在を推進はしないまでも容認するようになっていた。
今だって知識不足でわからないことばかりだけど、人間が扱うには早すぎた技術だとは思う。


LUKE「阪神淡路のときも・・・広島や長崎もそうかもしれない、もうこれは無理じゃないか、と思ってしまうような惨状から、何年もかけて復興したのを見た人は、奇跡だ、と思ったんじゃないかな」
「でも奇跡が突然起こったわけではなくて。ひとつひとつ乗り越えてきたんだよね」
「それなら、今この瞬間も、奇跡でいいんじゃないかって」

配信されたのを聴いたときから、なんて優しく力強い詞を書いたんだろう、と思って
刺さるなあ・・・と思ってはいたのだけれど、このお話を聞いたことで、
よりいっそうこの曲が大切になりました。

そして演奏へ。

12.MIRACLE
心して聴こう、そう思ったものの、曲のあいだ、半分も目を開けていられなかった。
演奏中、こみあげてくるものを抑えられず、タオルに顔をうずめて慟哭した。

大切な、大学時代の先輩を津波で亡くしました。
悲しくて悔しくて、代わりに死ねたらよかったと思う。でもそんなのは、自分が安全なところにいるから思うこと。
「自分は被災者ではないのだから、わかったような顔で泣いてはいけない」
そう、常に自分に言い聞かせていました。すべてを失った人の前で泣けるのか?と。

でもライブでこの曲を聴いたとき、今まで感情を抑えなければならないと思っていた部分が、ふっと緩んだ気がした。
悲しさで押しつぶされそうな自分の弱さを、少しのあいだだけ、この曲を聴いているあいだだけ、許そうと。
泣いてもいい、とさえ言われているような気がしました。そこから乗り越えていけばいい。


目は開けていられなかったけど、耳はしっかり受け止めていた、はず。
とても力強いものを感じた。

音源では声が重なる部分、
「忘れないでいて これこそが奇跡」
はMASAKIさんが歌われていました。その声がとても優しくて。
思わず顔をあげました。

本編はここまで。
ありがとう、と言って一旦ステージを去るメンバー。
この日のアンコールの拍手は、いつもより大きく感じたな。
私もいつもどおり、精一杯声を出してアンコール。もう一度会いたいから、全力で呼ぶよ。

encore

メンバー3人とも、9周年Tシャツで登場。おそらく3人ともボトムは変わらず。
雷電さんのTシャツはピンクで、本編ではされていませんでしたが黒のリストバンドを右手に(`・ω・´)
MASAKIさんのTシャツは黒、本編ではピンクリストバンドでしたが今度は黒のリストバンドにチェンジ(`・ω・´)
たかむらさんのTシャツはピンク、本編と同じく青のリストバンド(`・ω・´)
そして本編では気づきませんでしたが、左手首に黒のサポーターしてらっしゃいました。
たかむらさん、Tシャツがぴったりサイズで、ベルトが見えたんですが、
色は白で、きらきらの石がたくさんついたベルトでした~。スタッズじゃなくて、きらきら。
あ、あと丈がぎりぎりなので背中がちらちらして、ついでに下着のゴムが見えry 

ゴム部分が黒で布地が赤っぽかった・・・ような夢をみた( ´_ゝ`)

うーん、ギターはLUKE-Vだった気がします。
ありがとう、とか短いご挨拶ですぐ曲にいったんだっけな?

1.春の嵐
春ですな(`・ω・´)3月4月はしょっちゅう口ずさむ曲です。うん、聴きたかった。
この曲、定番すぎて正直、他の曲も聴きたいなと思ったりする日も今まであったんだけれども
定番曲の強さ、というのも確実に感じます。きたきたー!的な。
エロトピア、は中央お立ち台で、私からは横顔が見える感じでしたが、
この日はものすごくイケメンでした・・・(たまにものすごく怖い顔のときがあるので。。)
着眼点がきもくて本当にすみません。下衆野郎ですみません(^q^)

ここで、白いギターにチェンジだったと思います。
音が鳴っている状態で、たかむらさんだけさっとチェンジしてそのまま曲に行ったような。
2.1400km/h
そうきたか・・・!!←なにそれ。でもそのときはそう思ったんですのよ。
ああなんてかっこいい曲なんだろう。魂が震えるようだ。

ここでMC。
LUKE「今日は本当にみんな、来てくれてありがとう」
「5月26日にO-WESTでやるMASTER STROKE!というイベントのチケットが今日発売になります。もうなった?」
「大先輩と、大後輩?(笑)に囲まれて、中堅で出ます(笑) 遊びに来てください。」
「5月1日には延期になっていたうちの、CANTAのファンクラブvivaceのイベントもあるし」


白いギターのまま次の曲、だった気がするけど自信なし。
というのは、曲の途中、唯一たかむらさんが上手端までがっつり来てソロまで弾いてくれた曲があって、
そのとき白ギターだったんですが~たぶんTonight3だったと思うの。
でも興奮しすぎてよく覚えてないのん( ´_ゝ`)ww

3.Tonight3
盛り上がった、超盛り上がった!!
ものすごく熱い演奏だったし、それに客席も全力で応えてた!楽しかったな~(´・ω・`*)
ジャンピングしまくりです。
そして私の記憶が確かなら、この曲のときに目の前でたかむらさんがギターソロを・・・!
近い近い。・゚・(ノД`)・゚・。笑顔がまぶしすぎなんですってば・・・
MASAKIさんが、上手下手を行ったり来たりしてコーラスするのはこの日もやってくれました(ノ∀`)
忙しそうw


LUKE「今日は本当にやってよかった。みんなのおかげだ。ありがとう」
こちらこそ(´;ω;`)実施を決意してくださって、ありがとうございました。
やむにやまれぬ事情で来られなかった方もいらっしゃるでしょうし、
私も実施のアナウンスがあるまでは、いっそ、延期なら延期でよいかもと・・・
参加できる心情になっているかわからないし、などと考えていた時期も実はありました。
でもライブに参加できたことで、ほっとしたり、勇気がもらえたり、決意を新たにしたり、
とにかく得るものがたくさんで、CANTAありがとう、な気持ちでいっぱいです。

ここで、たかむらさんがとても優しい笑顔で・・・感想の最初の方に書いたけれど、
保護者のような、安心させてくださるような笑顔で
LUKE「大丈夫だよ。悪いことを考えてる人なんてそんなにいないから。」
「みんないい方向にしようと思ってがんばってるから。」

ああ・・・もう本当に、この人大好きだ><と思った。
よしよし、と頭なでられてる気分だった。。。←うわあきもちわるい^^
結婚してくれなくていいから養子にしてくんないかな・・・(´-ω-`)←うわあry

LUKE「最後だー!完全燃焼するぞー!」

このとき、ギターはカポつきのKG-GALAXY Custom3号機。ということはあれですか!

4.Happy Birthday To You!
はー飛んだ飛んだ。いつもより一生懸命腕も振った。
きっと後ろの方から見たら綺麗な光景だったんじゃないかな。
MASAKIさんがたらいでベース弾いて、客席にたらい流し。
風船スタンドが出てくる前のシンバル片付けに、いつもよりちょっと手間取ってたかもー
MASAKIさんがスタッフさんに促してるのが見えたから、タイミング逃しちゃったのかな?
たかむらさんとMASAKIさんが風船スタンドセットして、
雷電さんが立ち上がってぱんぱんぱーんと風船割りヽ(´▽`)/
このシーンが大好きだ。だってパレードみたいでしょう。 
何度も書いているけれど、
 「小鍋にお湯が沸くような しあわせな日常(デイリー) ねぇそれってパレードみたいね」
これは好きな漫画の台詞。いつも思い出すの。
私の日常というパレードに咲く、ライブという非日常の、象徴みたいなシーンなの。

曲の最後の最後、たかむらさんのギターアドリブを聴きながら、雷電さんがタイミングをはかって、
エンディング。MASAKIさんが右手1本でベースを高く掲げる。
ああ、なんて素敵な大団円。

たかむらさんがギターを置いて、ステージ際まできて客席とタッチしていってくれる。
MASAKIさんがピックをばらまいてくれる。
ありがとう、ってまた言いながら、3人とも退場。

本当に、ありがとう。素晴らしいライブだった。
なるべく長く、覚えていたいな。

この日のアンコールは1回。このあととても長丁場な握手会があるからね(´・ω・`)
人数が多すぎて心配だったけれど・・・そのお気持ちが、本当にうれしい。

ライブの感想は、ここまでです。
思ったより長くなってしまいました。
最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました。
ひとりよがりで申し訳ない。
ここでは正直な気持ちでいさせてください。



この先は握手会のこととか。

私は上手の前方にいて、握手列は下手の後方から流れていく感じだったので、
かなり最後に近い方でしたが、メンバー3人とも、疲れも見せず、しっかり握手してくださいました。
私は皆さんにそれぞれ、「今日は本当に、ありがとうございました。」
とお伝えさせてもらいました。
MASAKIさんは確か、「ありがとう、またね」とかおっしゃってくださったかな。
たかむらさんは、正直覚えてないけど、「ありがとね」って笑顔で返してくださったと思う。
そして私が自分でもわかるくらい、笑顔が作れずに真顔になっていたせいか(だめじゃん、、)
たかむらさんも一瞬真顔になって、うなずいてくださったように思う。
そこで私もはっとして、あわててもう一度お辞儀して、移動しました。と言っても一瞬のことなんですが。
雷電さんのときは最初から深々とお辞儀しながら握手していただいたので、お顔があまり見られなかったんですが、「ありがとーう!」という風な言葉をいただいた気がします。

握手の横では義援金箱が・・・あったんですが、
痛恨のミス。財布がロッカーです。。。
なんで思いださんかったんやーーっていう_ノ乙(、ン、)_
でも物販のところにも箱あるかもしれないよね(´・ω・;)
つうか私最後の方だけどまだ物販やってるのか?というのも急に不安になりつつ、
1階へ駆け下りて外ロッカーへ。。(握手会場は普段は上がらない3階でした)
超高速で荷物取り出して2階の物販コーナーに駆け上がる。
もう人がまばらですが間に合いました・・・よかった。・゚・(ノД`)・゚・。
でもTシャツは、欲しいサイズが売り切れていたので、迷ったけど買わず_ノ乙(、ン、)_
その分義援金にするのもいいかなって。
しかし次に物販で見かけたら違うサイズでも買ってしまいそうだなあ。
やっぱりかわいいよあれ(´・ω・`*)

で、義援金箱は、2階にはない。

どうしようかなーと思ったのですが(行き先が赤十字なら、個人的にしてもいいかなと)
アンケート回収などされているスタッフさんにおそるおそる、
握手会のときは財布を持っていなかったので、
可能であれば今から、義援金を入れたかったのですが、とうかがうと、
「ではおあずかりして、責任をもって入れておきます」とおっしゃってくださって。
お手数おかけします、よろしくお願いします、と私が差し出したお金を
お辞儀しながら両手で受け取ってくださるので、私もさらに最敬礼に。
なぜかここだけ卒業証書授与のようなことになっているなーとか思ったりして・・・
っていうか面倒な客ですみませんでした・・・_ノ乙(、ン、)_
でもスタッフさんの優しさとか礼儀正しさに触れられて、良い経験でした。←おまえは反省しろ



帰り道、いろんなことを考えたけれど、
いつものように取り乱したり鬱になったりはしなかった。←いつもがひどいって話ですが。。
私は精神が脆弱なので、いろいろ耐性がない。
楽しすぎたこととか、指折り数えて待っていたこととか、そういうのが終わるのにとても弱い。
この日は、もらった希望とか決意の方がずっと大きかったから、大丈夫だったんじゃないかな。

グッズ。
R0023752.jpg
カレンダーが家宝レベルで美しいんですが・・・どうしよう。
4月だけど、横に10月のを並べてます・・・当然ゴスメイクのです。えぇえぇ。
好みすぎてもう、のたうちまわりたい。。。


本当に。出会えてよかった。
CANTAのみなさんありがとう。
そしてCANTAを支えてきてくれた方達に、本当にありがとうって思います。
私はまだまだファン歴浅いけれど、末永く、応援していけたらなと思います。

もう時間も時間なので(AM3:00)推敲せずにupしてしまいます(´ω`)
誤字脱字はあとでこっそり直します。気持ち悪いのは直らないです。


☆拍手コメントくださった方へ☆
コメントありがとうございます。
本当にあたたかくすばらしいライブで、
私の感想ではとてもとても表現しきれていないのですが・・・
この方達のファンでいてよかった、これからもずっと応援させてもらおう、
心からそう思えたライブでした。
拙い文しか書けないこんなblogですが、よろしければまたいらしてくださいませ。


スポンサーサイト
【2011/04/14 03:11】 | CANTAライブ感想 | トラックバック(0) | コメント(6)
<<この想いを花びらにのせて君のもとへ届けよう | ホーム | Fancy Free Strawberries>>
コメント
書いてくれてありがとう。
私も自分のブログにこの日の事を残したくて
思いつくまま文字を羅列させました。
本当にいいライブでした。
思い出を共有できる人が香菜ちゃんでよかった。
【2011/04/14 04:01】 URL | 月輝杏 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/04/15 00:23】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/04/15 03:09】 | #[ 編集]
>月輝杏さん
コメントありがとうございます、
月輝杏さんのblogも拝見させていただきました。
この日のことを、できるだけ鮮明に覚えていたいなと思います。
覚えていることを全部、そして自分の感情も全部、
記しておこうと思ったらこんなに長くなってしまいましたが、
できるだけたくさん、覚えておきたかったので・・・
blogという場所があってよかったなと思っています。
【2011/04/17 00:14】 URL | 香菜 #-[ 編集]
>2011/04/15 00:23非公開コメントさま(2文字のお名前の方)
コメントありがとうございます!
いえいえ、非公開コメントで全然かまわないですよ(´ω`*)

ライブの日は大きな余震もなかったですが、
前後の日は結構揺れることもありましたし・・・
本当に無事に終わってよかった、と今更ながら思っています。

私も基本的にライブは1人参加です、気楽でいいかなと思っていますが、
こうやって感想を書き連ねているのも、どこか共有したい思いがあるのかもしれないですね。
人様にお見せするにはおはずかしい内容ですが(´ω`;)こんな書き方しかできず。
よろしければまたいらしてくださいね。
【2011/04/17 00:29】 URL | 香菜 #-[ 編集]
>2011/04/15 03:09非公開コメントさま(4文字のお名前の方)
コメントありがとうございます。
そうですね、本当に・・・あの場所にいられたことがうれしいです。
どのライブも覚えていたいのですが、今回は本当に、大切な記憶になりました。
自分の書いた感想を何度も読み返しては、ライブの空気とか、
たかむらさんの言葉とか、思い出しています。
覚えておきたいことを全部書き綴ったらこんなに長くなってしまいましたが、
またさらに、CANTAを好きになれてよかったなと思います。
【2011/04/17 00:44】 URL | 香菜 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuigulumar0206.blog68.fc2.com/tb.php/427-0cd957b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。