プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
2011-05-01 東京キネマ倶楽部
迷ったけど東京から書くことにする。
元々は東名阪終わったら3/5大阪、3/6名古屋、3/13東京の順で書こうと思っていて、
でも震災が起こって。東京は5/1に延期になった。
もう3/11以前の気持ちでは書けないしなと思ったし、どのみちもう新しいことは思い出さないだろう。

しかし大阪と名古屋のことも、忘れたくない記憶なので、
私の下書きめもにあるささやかな箇条書きから、いくつかのことはあとからでも書き出せたらいいな。

久しぶりに、好きすぎて苦しい・・・という感覚を味わっている気がする・・・^^
4月のライブのときはそれどころじゃなかったんだなあ。
別の昂揚感で手一杯だったってことか。
すごく今、枕に顔を埋めてじたばたしたい感じがしてる。
叫びたい。大好きだって叫びたい。そしてそれはちょっと、
自分の日常を取り戻した感覚ですらある。。きもちわるいですね^^^^

というわけで、CANTAのファンクラブvivaceイベントの、感想を書き留めていきたいと~。
今まで数えるほどしかファンクラブ入ったことなくて、
ここまで色々企画してくれるファンクラブが他にあるのかよく知らないんだけれど、
vivaceはほんとーーーに入ってよかったです。
色んな方がいると思うのでもちろん万人受けというわけにはいかないんでしょうが、
(会員の方が全員イベントやライブに参加できるわけでは絶対にないし)
CANTAに興味があって、メンバーのファンだったり、ライブに行くのが好きだったりする方は、
そこから一歩踏み込んでぜひvivace入ってもらって、
イベント参加してみてほしいなあと思います(ノ∀`)
もっと好きになるんじゃないかなーって。と、無責任なことを言ってみる。

というわけでイベントの感想覚え書きしてみます。
あ、注意事項としては私きもちわるいです^^
検索でうっかり来てしまった方などには大変申し訳ないほどきもちわるいミーハーですので、
気分を害された方はごめんなさい(´^ω^`)
はい予防線張った!!

イベント中にめもはとらず、終了後にざざっと箇条書きで書き留めためもを元に
思い出しながら書くのが常ですので、いろいろ不正確でして、
私の脳内が再現されているだけの状態です。そのへんはご了承ください。

<2011-05-01 CANTA『VIVA!vivace'11 春の大感謝祭 "いつまでも 卒業出来ないロックンロール"』in東京キネマ倶楽部 感想>
R0023894.jpg


続きに格納ヽ(・ω・)ノ

☆最後まで書きました!(2011-05-09)☆
キネマ倶楽部~(´ω`)私何回目だろう。3回目かな?
2009年8月のvivaceイベントと、2010年1月のCANTA新年会。
新年会は昼夜両方参加できたから、イベント参加回数だと4回ね。
このレトロな会場好きだ。下の階はダンス教室なんですよね~

入場前は歩道橋の上に並んだりするんだけれども、
ぼーっとしてたら自分の番号がかなり前に呼ばれていたww
最後尾の方の番号だろうと思っていたら全然、真ん中あたりだった模様(ノ∀`)
この日は後ろの方でもいいので通路側で見たいなと思っていたので、
それは叶ったしいいのだー。

イベントの構成としては~~

・係の方の前説
・メンバー登場、ちょっと挨拶
・グループ写真撮影(東京は12人グループくらい)
・アコースティックライブ&トーク
(ライブ中、持ち込みのカメラで撮影可能な時間あり)
・握手で送り出し


でござるヽ(・ω・)ノ サービス精神満点ですね。

つか前説を項目のひとつに入れていいのかww
でも結構好きなんです前説(´ω`)・・・緊張がほぐれつつ緊張が高まる的な・・・w
この日は雨だったので、最初に集合写真撮影ですがみなさんお化粧直し大丈夫ですか?
とか気遣ってくださったw 大丈夫です私化粧道具持ち歩かないので直しようがないです!(キリッ

そして、今日の集合写真は舞台下手のバルコニー風な、中二階風な(うまく表現できない)
舞台上のスペースで行われることを知らされる・・・まじですか(;・`д・´)
2010年1月の新年会では、そこからメンバーが登場されたんですよね・・・!
言うなれば舞台装置みたいな感じなんです~まさかあの上に登るチャンスがあるなんて!

というわけで前説終わって、拍手でメンバーを迎えます!ヽ(´▽`)/わーいわーい

衣装めも~( ´▽`)
MASAKIさん。グレーに黒で星柄のタンクトップ?と黒いジレ。
白いパンツ。黒いワークブーツ。髪の毛はハーフアップ。黒のチャリティリストバンド。

雷電さん。インナーがショッキングピンクで、グレーに黒の細いボーダーなカットソーを重ね着。黒いベスト。ジッパーのたくさんついた黒いパンツ。
たかむらさん。グレーの裾長めなカーディガン?インナーはセットなのか共布で首周りがボリュームのあるカシュクール風な・・・←うまく説明できない。謎な構造の服(´ω`;)さらに赤とシルバーがかった黒の細いストールも巻いていたような。オニキスのペンダントも。パンツはくすんだ光沢のあるエンジ色。青のチャリティリストバンド。
えぇえぇ、みなさん素敵すぎます。。。。
うっとりしてもうたーーーーーこれ以上はいけねえこれ以上はいけねえ!←誰にも通じないモテ王ネタ

最初のご挨拶。イベントタイトルのコールなどあったかも~
LUKE「震災で延期になったからね、来られなくなった方もいらっしゃると思うんだけど」
最後までよろしくお願いします、というような。

雷電「まだ余震も続きますし、原発も心配だし、皆さん疲れますよね」
「今日はまったりトークと魂のこもった演奏で、楽しんでいってもらいたいと思います」

じわっ(´・ω・`)
雷電さんのこのご挨拶だけはくっきり覚えているのであった。

MASAKI「俺がーー!!MASAKIだーー!!
えっwww
このインパクトでこの先のご挨拶あまり覚えてないんだけどww
よろしくお願いします!!的な感じだったと思います(´^ω^`)w

LUKE「それでは早速、写真撮影にいきますか。係の人の指示に従ってお願いします」
MASAKI「足下に気をつけてください」
雷電「行き帰りね。」

確かに・・・撮影場所に向かうには階段を上る必要があるんですがちょっと怖いかも。。
まずステージに登る階段は手すりがないし、バルコニーに上がる階段はちょっと急で、
装飾的な手すりはあるけれどもつかむには低いので実質手すりなしです(´ω`;)

東京会場は広くて参加者数も多かったので、グループ写真撮影で1時間くらいかかったような気もします。
A~Xグループくらいまであったんじゃないかなー。
そしてグループの入れ替えごとに、階段を上り下りするファンをじっと見守っている
たかむらさんとMASAKIさん・・・(雷電さんは階段から一番遠い席だったので見えていたか不明)
なにその慈愛に満ちた眼差し。萌えるんですけど・・・!
ほんとにね、心配だから見てるって感じでねwうははは(ノ∀`)
しかし自分の番のときは、本当に階段怖くて、それどころじゃなかったww(ノ∀`)
そして各グループの撮影の度にまったく同じキメ顔になるたかむらさん(´ `)職人技やな。。。
撮影が終わって、ありがとうございました、と告げつつ去る私たちを
ちゃんと振り返って見送ってくださるたかむらさん・・・><
さらに1人ずつ階段を下りるとき、階段のすぐ近くにいらっしゃるMASAKIさんが
「気をつけてくださいね」と何度も繰り返してくださる(´;ω;`)
惚れてまうやろ。。。もう惚れてるがな。。。
背中にたかむらさんの視線を感じながら(見てねえよ!おまえなんか見てねえよ!!)
ぷるぷるしつつ階段を下りきりましたが。
私にはさらに、自分に課した使命があるので!ヽ(・ω・)ノ
というのは、ステージにあがるときは下手側の階段から上がって、
降りるときは上手側の階段から、という動線だったので、
恐れ多くもステージ上を突っ切るという新たなイベントが発生していたのである!
これすなわち、たかむらさんの目線から立ち位置を見られるってことだ~~( ´艸`)
通り過ぎざまに、ピックの並んだマイクスタンド越しの光景を見ちゃうんだー!
と思いつつわくわくしながら通りすぎようとした私の目に飛び込んできたもの。えぇっ?!

たかむらさんの足元には返しのスピーカーの他に歌詞モニターがあるんだけれども、
歌詞モニターになにか文字が躍っている・・・?!(;・`д・´)
『いい顔で撮れましたか?』という文字と、CANTAのロゴ。
なにこの遊び心(´;∀;`)ものすごいうけた!!青地に赤い文字だったかなあ。
思わず、ひゃ!って声がでたww(ノ∀`)

そしてステージ上の感覚を味わいながらw下手から上手に横切り、階段で客席に下りるわけですが
ここの階段がガチで怖かったわ・・・なんか隙間あるし・・・
転ぶと一発で捻挫しそうな厚底靴だった俺が悪いんです/(^o^)\
でもスタッフさんが私の足元をちらっと見て、「ヒールの方は特にお気を付けくださいー」
とおっしゃったのが、あーよく気配りしてらっしゃるんだなあと思ってうれしかったり。
生まれたての子鹿ようなへっぴり腰で(嘘つけそんなかわいいもんじゃない)階段下りましたよ、えぇえぇ。
もう生きてるだけでみっともなくてすみません。美しいものを目の当たりにしたあとだと
消え去りたくなりますな・・・(´ `)ぐへあ

で、写真撮影後はさっくりとアコースティックライブ&トークのコーナーへ( ´▽`)ノ
今回は「卒業」をテーマに、「卒業にまつわる思い出」と「こんなとき、メンバーならどうする?」というシチュエーションのお題を募るアンケートが配布されていたので、それにそってトークしつつ、
曲も演奏しつつ、な流れ。
どの部分でどのトークだったかまでは覚えていないので先にセットリストを。

☆アコースティックライブセットリスト☆
1.春の嵐
2.旅立ちの歌
3.etude
4.So Alive
5.金木犀
6.My Turn
7.MIRACLE


ほう・・・これはなかなか・・・(`-ω-´)
曲に行く流れで覚えてることを先に書いてみる。

「春の嵐」前。
このとき既に写真撮影OKタイムに入っていたので、
LUKE「MASAKIが弾きながら(タオルを)回してるんだから、みんなも撮りながら回せるはず」
雷電「カメラ回しちゃったら危ないよ~?」
的なw
私も右手にカメラ持ちつつ左手でタオル回そうかなとやってみたら、
いつも右手で回してるのでうまく回せないのなww 途中からカメラ置いてタオル回しに専念しましたw
MASAKIさんのタオル投げ→雷電さんがスティックでタオル回し、
はこの日もやってくれましたヽ(´▽`)/ 結構長いこと回ってた!
あとエロトピアの唇舐め回しが( ´_ゝ`)w
写真撮影あるイベントのときってさらに気合い入ってませんか・・・?ww( ´_ゝ`)
この、この・・・っ!!(壁殴り) ちくしょう、心乱されちまったぜ。。。←きめえ
ちなみにまともに写真が撮れたことは一度もありませんw( ´_ゝ`)


「旅立ちの歌」前。
LUKE「元々は3月にやる予定だったイベントだから、この曲はぜひ演奏したいと思って入れてたんだけど、5月にこの曲っていうのもいいもんだよ」
「5月ってさ、新しい学校や会社に入って、4月の間は気を張って頑張っていたのが疲れてくる頃で、ああ、自分って・・・こんなんじゃないはずなのにな・・・って気分は暗くなってるのに、外は季節がよくて明るくて、そのギャップがすごいわけ。でもそれが俺みたいなMにはたまらないんだよ(笑)」
「5月病になりたい!・・・嘘だけど(笑)」

んもうw(*´ω`)かわいいんだから・・・!!
自己愛と自己嫌悪のはざまに溺れたらいいじゃない・・・///はぁはぁ
この曲すごく好きだし、アコースティックセット向きだと思うから、
5月だけどw セトリに入れてくれてうれしかったな。
たかむらさんの声が、歌い方が、ものすごくはまる曲だと思う。

「etude」のときは、確か、次はバラードをやるよ、というような感じだったと思う。
言い回しは違ったかな。
CANTAはどの曲もそうだけれど、歌詞のひとつひとつがはっとさせられるし胸が痛いな。

「So Alive」は
LUKE「やかましい曲をやります(笑)みんなもよければ歌ってください」
わほーヽ(´▽`)/歌う歌う~♪
アコースティックセットとは思えない激しさね。
そういえば~最初に2009年にキネマ倶楽部で観たときは、会場のドラムセットを借りたっていうお話だったけれど
今回は雷電さんのセットでしたお。バスドラが飛行士うさぎのヽ(^ω^)ノ

「金木犀」には、「So Alive」からトーク挟まずにすぐ進んだんだっけな。
演奏中、私は静かに、4月9日のライブのことを思い出していたなあ。
目の前の演奏を噛みしめながらも、あの時の気持ちも、記憶もまた、忘れ得ないものだから。
とても大切な曲だし、聴く度に突きつけられるものとか揺さぶられるものとか、
整理できない感情とか。沸き上がってくる曲。

「My Turn」は、
LUKE「一番新しいマキシの曲です」
という前フリでスタート。
この曲の緩急の付き方もすごく好きだなあ。静かになるところの雷電さんのバスドラとか。
MASAKIさんのコーラスも大好きだっ(´・ω・`*)
しかしマキシといえば~~「たった」も聴きたいです先生。。。

そして最後に、「MIRACLE」が。
もし5月に延期にならなければ、このイベントでは聴けなかった曲だよな、などと逡巡。
この曲にまつわるお話は結構長かった。
TBSのらじこんでダウンロード配信されている曲をやります、ということで、
この曲ができた経緯など。震災後に書かれた詞なのですよね。
LUKE「大変なものを背負ってしまったと思うし、原発の問題は福島だけじゃなく・・・」
たかむらさんらしい真摯さ、誠実さでちょっと難しい話を長めにしたあと、
LUKE「・・・難しい話になっちゃったな(笑)」
「要するに、いい曲が書けた!ってことだよ!はしょりすぎ?(笑)」
「やっぱり人間だから、あれほど大きなことが起こると影響されてしまう。」
「いつものような詞は書けなかったんだよね」
「いつもは、普段見せないようなところに光を当てて・・なんてやってるけど、そんなこと言ってる場合じゃない、と」
「だから自分らしくはない詞かもしれない、でもこの曲が書けてよかった」
「今年はこの曲で勝負したいと思ってるから。・・・もちろん他にも曲は書くけど(笑)」


そしてちょっと現実的なお話も。。

LUKE「ダウンロードが伸びないんだよね。このままだとバンドとして義援金が出せないかもしれない」
「Macだからできないとか携帯でやったことないから怖いとかあるとは思うんだけど。」
「ここにいる人はそういう人はあまりないかな?」

収益はすべて義援金になる予定ですが、
その最低ラインに達するか微妙なのでしょうか・・・(´・ω・`;)うーん
TBSに必要な経費もあるでしょうしね。。。

うちも普段使っているMacじゃ全然だめで、古いWinを引っ張り出したしなあ。
それにしてもらじこんのサイト、試聴もないのは不親切では・・と思ってたんだけど、
今改めてみたら試聴ボタンついてるヽ(・ω・)ノ!やるじゃん!!
・・・でも試聴もWMA形式だからMacは無理だ~ヽ(;ω;)ノ
携帯サイトでもダウンロード可能らしいんですが、これもiPhoneは非対応だし。。。
Winかガラケー必須ですな(´-ω-`;)うーうううー

ということで微力ながら私も宣伝ヽ(;ω;)ノ
TBSらじこん ←ダウンロード配信はこちらから!!
こちらで2曲、CANTAの新曲がダウンロード配信されています~1曲315円です。
WindowsのPCをお持ちで、クレジットカードお持ちの方、Edyをお持ちの方は問題なく購入できると思います。
今回震災後に書かれた曲、というのは「MIRACLE」の方です。
が、「NATURAL BORN FIGHTERS」も勢いのあるかっこいい曲でおすすめです~。
どちらも収益はすべて日本赤十字社を通じて義援金として寄付されます。
また、歌詞はCANTAのオフィシャルサイト、NEWSのコーナーにて全文掲載されていますので、
まずは歌詞だけでも。
・・・このblogのしかもこの記事をここまで読んでくださっている方は、
既にみなさん購入済みな気がするんですが、、、それでも宣伝せずにはいられず(´-ω-`)失礼しました。

この曲がこの日聴けて、本当によかった。
4月9日、初めてライブ演奏でこの曲を聴いたとき、
感情を抑えきれずに号泣しました。張りつめていたものを、溶かすように。
胸にしみました。でもちゃんと目をあけていられなかったのが残念でもあったので、
今度こそしっかり、まっすぐ受け止めようと。
音の一粒ひとつぶが、言葉のすべてが、力強く響きました。

ラストの方で、雷電さんがスティックを逆手にもって、シンバルを撫でるようにして
やわらかい音を出したあとに、スティックを握り直して、
たかむらさん、MASAKIさんとタイミングを合わせてエンディング。
それがすごく、いいなと思った。

・・・・書く順序としてはめちゃくちゃだけれども、
まずライブパートに関わることだけ先に書きましたよってことで!!

あとはトークで覚えていることをうだうだとぐだぐだと書いていきますーヽ(・ω・)ノシ

繰り返しになりますが、
今回のテーマは「卒業」でございまするヽ(・ω・)ノ
お題を読み上げてくださるのは雷電さんです。

卒業の思い出。
卒業式の日、袴姿の私を見て、教授が「綺麗だ・・・好みだ。2人で飲みに行こう」と口説いてきました。
尊敬する教授にそんなことを言われてショックでした。
あれから20年。「世界一受けたい授業」というテレビ番組に教授が出ているではありませんか。

要約するとこんなお話。す、すごい/(^o^)\
雷電「教授、すごい人だったんじゃないの~」
LUKE「もったいない。そのとき付いていっていれば今頃は」
このお話気に入ったみたいで、その後もまたこの話に戻ってきてた(´^ω^`)ww

これも思い出ネタ。
高校生のとき、先輩のバンドの追っかけをしていて、ドラムの先輩のファンでした。
先輩が卒業するときに小さい太鼓とバチをプレゼントされ、上から目線で「付き合ってやってもいいよ」と言われたのですが、憧れとLOVEは一致しないのだなと気づいてしまいました。

雷電「小さい太鼓って・・・タムのことかな」
LUKE「もっと小さいやつかもよ」
雷電「バチって!スティックのことか」
ここ結構うけてたww(´^ω^`)
憧れとLOVEはね~そうだね~という風にふんふんと雷電さんがうなずいているのに対し、
MASAKIさんが若干神妙な表情で
MASAKI「ちょっと、ひどくないですか?好きって言っておきながら付き合おうって言われたら違うって・・・女心は複雑だ・・・(首を振って溜息)」
やだかわいい^^

続いて思い出ネタ。
第二ボタンください、とお願いしたら、「高校でもこの制服着るから」と、もらえませんでした。
ひょえー(´ω`;)中学校:学ラン→高校:学ランだとそういうことあるんですかねえ。
うちの周り、学ランの中学全然なかったなあ。高校は学ラン・セーラーだったけど。
雷電「そのまま同じの着るのかね」
LUKE「校章だけ付ければいいとかはあるかもね」
雷電「ボタンだけ替えたり。」
あー、ボタンに校章入ってたりはしますよねえ。
それで、中高一貫だと制服が同じときもある、という話があったりして、
LUKE「でもさ、もし同じ制服使うとしても、ボタンだけでも売ってるじゃない。あげてもまた付ければいいんだし」
「女の子にボタンくださいって言われて、そんな風に断れる?俺は断れないな」

(´;ω;`)たかむら先輩・・・!!優しすぎて女子を50人くらい泣かせてそうです。。。(鼻血)
雷電「俺は男子校だったからなあ」
もしボタンくださいって言われたとしたら男からだよ、とかww
LUKE「深い事情があって、あげたくなかったんじゃないのかな。まだ制服使うから、っていうのは表向きの理由で」
え・・・えぇ・・・_ノ乙(、ン、)_
雷電「名古屋か大阪でも、『おめぇにやるボタンはねぇ!』って言われたって話あったよね」
LUKE「深い事情があったんだよ(笑)」
ボタンもらいに行ったことはないなあ(´ω`)
断られたらショックやろなー(´ω`)その勇気が女子を綺麗にするのかもしれませんな。
私は今も昔も女子というよりゴリラに近いですしな(´ω`)←ゴリラはおまえより繊細だよ

シチュエーションネタ。
卒業式の日、たくさんの女子に囲まれて、全員に告白されました。しかも全員かわいい。どうしますか?
LUKE「・・・そんなわけあるか(笑)」
ちょw身もフタもないww
雷電「そうだよ、そんなわけあるかあああ!」
と言いつつ質問用紙をかなぐり捨てるポーズwでも紳士なのでちゃんと拾う雷電さんに萌え(ノ∀`)ww
雷電「MASAKIは?」
MASAKI「スケジューリングが大変ですね。まずは一番家が遠い子を調べて、効率的に回っていかないと・・・」
雷電「スケジューリングって・・・」
うわあ(´^ω^`)ww しかもいきなり家ww
MASAKIさんが言うとガチに聞こえて困るわー(´^ω^`)wwこのモテメンめ!


シチュエーションというか、卒業にまつわる質問。うーん、単発じゃなくて他のお題のときに一緒に聞いた質問かも。
卒業式に告白したことはありますか?
LUKE「ないなあ」
雷電「だから男子校だって」
LUKE「女性は先生だけか」
雷電「先生も基本的にうちの卒業生だから男ばっかり。事務の人だけ女性だったりはしたけど。あとは音楽教師の教育実習で来たり。でもうちは実習生をいじめて来なくなっちゃったりすることが多くて、あまり来させないようにしてたみたい。」
結構やんちゃな校風なんですかね(´ω`;)むしろ伝統を重んじる系?バンカラ系の。。

LUKE「よくそっちの方、黒い方にいかなかったね」
雷電「いかなかったと思う~?」
ここの言い方がかわいかったw(ノ∀`)

MASAKI「僕からすれば、卒業式に告白するほど効率の悪いことはないです」
雷電「また効率(笑)」
MASAKI「だって、卒業を境に遠くなるかもしれないんですよ。もっと早く告白していれば、楽しい高校生活が送れていたかもしれないのに・・・」
LUKE「告白して駄目だったときのことを考えると怖い、っていうのもあるじゃない。」
玉砕しても同級生なら毎日顔合わせないとですしね。。。
そして関係ないけど私はこのへんで、脳内BGMが「青春時代」になりました(´ `)母親が好きな曲。。。
♪卒業まーでのー半年で~答えを出すと~言うけれど~♪てやつですw昭和ですみませんww

MASAKI「次がありますよ・・・新しい人が現れます」
LUKE「でも男って勘違いする生き物だから、こいつ俺のこと好きかもしれない・・・と思ったら自分も好きになっちゃったりするし、(女子は)告白してみたらいいんじゃないかな」
!!!萌える・・・!ちくしょう、こんなんでっ・・・(壁殴)そっか好きになっちゃうのか・・・!
俺、生まれ変わったらたかむら先輩の後輩になるんだ。。。きゃーきゃーしたい。。(´ω`)

MASAKI「高3のとき、右も左もわからない1年生を・・・みたいなのありませんでした?」
え、ええ・・・?(;・`д・´)客席ざわ・・・ざわ・・・ww
MASAKI「・・・ないですよね。」
LUKE「MASAKIはそうなんだ(笑)」
MASAKIさんぱねぇっす。くそっ・・・明るく楽しい学生生活送ってたんだろうな。。。←と、暗黒の青春を過ごした根暗が申しております。
微妙な空気になったら曲にいきましょう、とか言いつつ曲にいったきがしますww

で、曲の準備で雷電さんももうドラムセットの方に行っているのに、話を蒸し返すたかむらさんww
LUKE「それにしても大学教授は惜しかったなー。そのとき付いていっていれば・・・」
「テレビに出てる人と・・・寝たなんて(笑)。」

ひぃぃぃい/(^o^)\ストレートすぎるだろw

そしてわざわざマイクのある位置まで戻ってくる雷電さんww
雷電「今度は、『こういうバンドのイベントでネタにしちゃいました!』って教授に知らせるのはどう?」
それが言いたくてでてきたんですかw かっわいいなあもう(´^ω^`)ww


シチュエーションネタ。
卒業式の日、校長先生と体が入れ替わってしまいました。スピーチの原稿もありません。どうしますか?
メンバー入れ替わりネタとかは今までもありましたねヽ(・ω・)ノ
LUKE「新しいね。」
雷電「自分が校長先生ってことは、中身が校長先生の自分がそっちにいるってことだよね。」
じゃあ名指しで説教する? でもそれだと周りから見たら「自分」が怒られてるようにしか見えないよ、とか。
雷電「じゃあ褒めまくるか!君よくやってるね、奨学金だすよ!とか」
LUKE「(原稿なくても)それなりにその状況を楽しめそうな気はするな」
雷電「いつの卒業式だろうね?小学校だったらそんな余裕はないね、楽しめるのは高校くらいからだね」
はいww
MASAKI「いかに笑いをとるか、って考えますよね。お辞儀するときにマイクに頭ぶつけたり」
LUKE「(ゴツッ)」
やってるやってるwww
個人的に『校長先生がお辞儀でマイクに頭ぶつける』は思い出深いことがあって(ノ∀`)
高校1年、2年の時の校長先生が~~わざとそういうことやってくれる人だったんす。お話も面白くて。
あんなに愛されてた校長先生他に知らんw武田先生の時に卒業したかったよ~(´;∀;`)



卒業の思い出。
卒業式の日、好きだった男の子が、男の先生とキスしてるのを目撃してしまいました。
工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工 ど、ドラマティック・・・
なんとなく西洋骨董洋菓子店(漫画)を思い出しました・・・あれは無下に断られちゃう話だけど。
LUKE「チューか・・・人のチューを見ることがまずないもんね」
えっ 今 チュー って言いました・・・?(;・`д・´)ぶぼぼぼぼぼ(;゚Ж゚;)
ちょ、ま、脳内が忙しいから待ってまって何このおじさまかわいい・・・!!
LUKE「結婚式の二次会とかでのせられて、みたいなことはあっても、マジチューはない。」
雷電「結婚式のは見せるためにやってるもんね」
マジチュー。。。マジチューてwwおいwwww
LUKE「自分のマジチュー顔は自分で見られないわけだから。どんな顔してるんだろう」
なんでそんな真剣な顔でそんなこと言うんですか(´;∀;`)wwwひぃぃいい
MASAKI「マジチュー(笑)
雷電「MASAKIうけすぎー」
MASAKI「ルークさんのマジチューはどんなかなあと思って・・・
ひゃああああああああやめて!!!私のライフはとっくにゼロよ!!!。+゚(゚´Д`゚)゚+。
LUKE「おまえ、何チューよ?!
なにその中学生の喧嘩wwでもマジチューって最初に聞いたとき、真っ先に浮かんだのが
「おまえどこ中よ?」だったわ(´^ω^`)wwあとは「同中(おなちゅー)」ねw

MASAKI「アニメタルのとき、ボーカルとキスしたりしてました」
そうなんだ・・・!!
LUKE「イエモンもそうだったよね、吉井君とエマがチューしてたよ」
MASAKI「そんな綺麗な感じではなかったですね、もっと汚い感じで。メイクしてましたし」
汚いてww
雷電「うちでも今後取り入れていく?
(´°∇°`)・・・・・ぷしゅー。。。(俺終了のお知らせ)
ち、ちくしょおおおおおおおおお。+゚(゚´Д`゚)゚+。←何がちくしょうなんだよ!

そしてさらにチュー話は続く・・・

LUKE「1番チューがうまいのは誰なんだろうね?」
MASAKIさん失笑しとるww
LUKE「石田純一かな?習いたいな」
石田w純一ww(ノ∀`)ひーー。つか習いたいってあーた。。。_ノ乙(、ン、)_
LUKE「あ、外国の人は上手だろうね。」
「フランス語ではベーゼっていうよね」

そうなんだ(`・ω・´)昔、V系でBAISERってバンドがあったんだけど、そういう意味だったのか~。
MASAKI「そうなんですか」
LUKE「(客席に)そうだよね?・・・今日はフランス語が堪能な方はいらっしゃらないみたいね」
しーんとしちゃいましたww が、ベーゼで正解のようです~。
LUKE「イタリア語ではなんていうんだろう」
「イタリアに行ったときに習おうかな」

なんでこんなにチュー話ひっぱったんだろうね。。。(´^ω^`)

卒業に関する質問。
卒業できないものはなんですか?
MASAKI「浪費癖と収集癖ですね。欲しいものは全部買ってしまいます。CDとか、DVDとか・・・もう見ないだろう、聴かないだろうというものまで。惰性で出る度に買ってしまったり」
DVDも借りればいいのにレンタルでなく買ってしまうとのこと(´ω`)大変らー
雷電「間違えて同じCDもう一度買ったりするよね」
LUKE「俺も○○のライブDVDたぶん3回くらい買ってる」
なんだっけ(´ω`;)まったく知らないバンド名でもなかったんだけど、、、
どなたかが在籍中のライブDVDが欲しいのに、お目当ての人が在籍していないときのものを間違えて何度も買った、というお話だったかと。
それで、雷電さんもMASAKIさんもDVDをたくさんお持ちである、という話から
LUKE「Blue-rayともう一つあったよね?」
雷電「HD-DVD?」
LUKE「どこかの企業はBlue-rayの製造やめたんじゃなかったっけ。」
(・ω・)?聞いたことあるようなないような。
でも部門として廃止したって話じゃないかなあ。
雷電「VHSとβみたいにどっちか消えるってこと?」
覇権争いはBlue-rayが勝ったはず、、と私は思ってるんですけど、おそらくたかむらさんは、
Blue-rayが消えちゃったらたくさん持っているMASAKIさんや雷電さんが困るんじゃないかな、
というお話がしたかったのではと。
誰も答えを知らなくてうやむやな感じだったんですが、
雷電「うちBlue-rayないよ、普通のDVD。」
LUKE「じゃあ大丈夫か」
でこのお話はおしまい。心配してあげてる感じがたまらなくかわゆすですね(´ω`)げふんげふん

たかむらさんが卒業できないものは~
LUKE「強制的に卒業させられちゃったものだけど、ギザ十。あと最近いろんなところで言ってるけど、ちょっと鉄っぽくなってきた」
雷電「ギザ十って作られた期間が短いんだっけ?」
LUKE「十円硬貨が最初に作られたのが昭和26年で、ギザ十は26年から33年の間だけ。さらに~年は製造が少なかったから・・・」
雷電「26年って、すっと出てきたねー」
ほ、ほんとにお詳しいんですね(´ω`;)

LUKE「現行貨幣で稀少価値のあるものがいいんだよ」
小判とかそういう古銭ではなく、って感じでしょうか。
LUKE「五十円硬貨でめずらしいものって知ってる?」
雷電「穴がずれちゃってるのとか?」
LUKE「そういうのもあるけど、昭和46年は五十円硬貨の発行数が少なかったから珍しいの。未だに五十円は何年の発行か確かめちゃう」
あとは五円硬貨も、最初は刻印されている文字が楷書体で、今はゴシック体だとか、
貨幣豆知識がどんどん増えました・・・ヽ(・ω・)ノあああああ萌えきゅーん。
知らなくても困らない知識たくさんある人好きだ・・・・・!!

雷電「うちに板垣退助の百円札、帯付きの束であるよ」
LUKE「え、なんで?」
雷電「親父が銀行員だったからさ、普通にある」
LUKE「あーそうか」
雷電「いくらで買う~?」
LUKE「(笑)百円札自体はそんなに価値上がってないんだけど、帯付きだといい値がつくかも」
あとは記念硬貨の話とか。(一万円硬貨とか十万円硬貨とか~?うちもたぶん祖父母宅にそういうのあるなあ)
LUKE「投資目的で買った人がたくさんいるから、数が多くて価値は低いんだよね」
なるほヽ(・ω・)ノ勉強になるお!

LUKE「(ギザ十は)今はもう流通しなくなったから集めてないけど家の中探すと大量にあるはず(笑)」


卒業の思い出。
小学校を卒業したとき、自分がいない間に親にソフビ人形を全部捨てられました。
唯一、脱衣所に置いてあったミドレンジャーだけが無事でした。
おかげで今は立派な特撮オタクです。

。+゚(゚´Д`゚)゚+。つらい・・・
自分に置き換えると小1から小6まで集め続けたシルバニアファミリーを全部捨てられた感じかな。。。
今は3歳の姪が私のコレクションを引っ張り出してるらしいが(´^ω^`)対象年齢になるまで待て(´^ω^`)

LUKE「なんで捨てるかね、親は・・・!」
このときにたかむらさんが切実につらそうな顔をしてて、萌えました、、、、
LUKE「年代によるけど、俺が子供の頃のソフビが今あったら、どれだけ価値があったか・・・」
いつのMCのときでしたっけ、子供の頃寝るときは体の回りにソフビをたくさん並べたまま寝てて、
お母様に寝苦しそうに寝てたよって聞かされたというお話・・・
あれを思い出してにやける俺( ´_ゝ`)wくくく・・・たかむら少年かわいかったんだろうなあ。

勝手に捨てられたことある?というような流れで、
MASAKI「僕は引っ越しが多かったので、夏休みの間に親戚に預けられて、自宅に帰れないまま実家が引っ越していることとかありましたから、全部捨てられてましたね」
えええ・・・(´;ω;`)
MASAKI「そうやって大人になったのかもしれないですねえ。物に執着しないように・・・」
「今、自分が欲しいものは全部買ってしまうのもその反動かもしれないですが」

せつない(´・ω・`)

卒業にまつわる質問。
Tバックはいつ卒業するんですか?
ちょww(ノ∀`)
MASAKI「戦闘服のようなものですから・・・卒業しないんじゃないでしょうか」
かっけえええwww
ここでたかむらさんが腰のあたりに手をあてながら、
LUKE「実は今日もTバックじゃないんだよね。卒業しちゃったかも・・・」
えええええええΣ(・ω・ノ)ノ!!衝撃!!!
Tバックを忘れた日はノーパンでステージに立つこともあるとさえ言っていたたかむらさんが・・・!!
だからなんだってわけでもないんですがww
LUKE「(雷電さんに)履かないの?」
雷電「俺はさ~(ドラム叩く時に)サドルみたいな椅子に座るじゃない。食い込んで痛そうじゃない?」
LUKE「あー、そうかも」
雷電「“あれ、雷電立って叩いてるぞ?”とか言われちゃったりして」
と言いつつ、中腰で痛そうな顔しながらドラムを叩くポーズwかっわいいなあもうww


これも質問。
大学卒業、もしくは中退時にミュージシャンになっていなかったら何になりたかったですか?
『もしくは中退』とわざわざ書いてあるあたりで、雷電さんが「うるさいよ!」と突っ込むお約束も(ノ∀`)w
卒業ネタではこれも定番ですね~~
雷電「中学の卒業文集では漫画家とか書いてたかなあ。宇宙飛行士・・・は小学生のときか」
LUKE「ドラム始めたのは高校生から?」
雷電「そうだね」
LUKE「じゃあなんの目標もなくだらだらと過ごしてたんだ(笑)」
なぜこの流れになったのかよく覚えてないんだけどw
「なんの目標もなくだらだらと」ていうフレーズが気に入ったみたいで、何度か繰り返してた(ノ∀`)
それで雷電さんがはいはいそうですよ何の目標もなく!とかって返してたw

LUKE「麻雀覚えたのは高校生?」
雷電「小学生。うちの親がボケ防止にっていとこを呼んだのが運のツキ。」
かなり早い段階で習得しちゃったんですねw それで高校?大学?のときには
雷電「先輩に呼ばれて麻雀に行って勝っちゃって、先輩から巻き上げて行きより財布が重くなってるっていう」
この話あたりで、それまでずっとマイクスタンド前にいたたかむらさんが
マイクを持って雷電さんのすぐ隣に移動してきていたんだけど、雷電さんを軽く制するようなポーズで
LUKE「(小声っぽく)巻き上げたとか言わないの!そんなことしてませんよ!」
う、うちもお正月はみかんを賭けて麻雀しましたよ・・・!ヽ(^ω^)ノそれなら無問題!
で、麻雀の腕はどれくらいなの?って話のときに
たかむらさんが『ジャンボーグA』とか言い出したんでしたか・・・?
まったくわからなくてきょとんとしてしまったので流れを覚えてないんです・・・!ヽ(;ω;)ノ

それで、たかむらさんの立ち位置について
雷電「あ、写真のためにこっち来たの?キスでもされるかと思った
(´Д`;)・・・・・ななななっなななんなのこれ私の息の根を止めたいんですか・・・?!
なんでさらっとそういうこと言うかなーーーーヽ(;ω;)ノもっと言って!!

で、3人並んで写真に写りやすいようにしてくれる御三方。
ありがとうありがとう萌えをありがとうヽ(;ω;)ノ!!!

そして何になりたかったか~の話の続き。
LUKE「俺はそうだなー、電車の運転手になりたい。EF58の運転手がいいな。
車輌指定wwwかっわいいいいいよおおおおこのおじさまかわいいよー(´;∀;`)
しかもなりたかったんじゃなくて今なりたい風な言い方でwwちくしょうww
ふぅ。。。。また壁殴っちまったぜ・・・・

雷電「古銭商はー?」
LUKE「うーん・・・儲からなさそうだな~(笑)ああいうのって人気商売だからさ、集める人がいないと価値が出ない。切手とかもそうだけど」
切手ね~w 最近の子は集めないでしょうね。。。
私の世代くらいで最後かなあ(´ω`)デパートで切手イベントとかやってたしw

と、ここまででトークパート終了です!!!!
もう何も思い出す気がしないww

締めのご挨拶があって、
LUKE「もうそろそろ終わりだよ。楽しい時間はあっという間だね」
それで、5月の対バンイベントとか6月の沖縄旅行とか、マンスリーライブのお知らせもあったのかな。
私今年は沖縄行けないと思いますので行ける方は楽しんで来てください~(´ω`)
雷電「夏のライブ、どうなるんだろうね、電力状況とか」
冷房などは制限しながらになるだろうね、というお話があったりして、
雷電「なるべく薄着で。水着ライブとか?」
それなんてGACKT?(´^ω^`)ステージはいいですけど客席は勘弁です・・・orz
LUKE「あ、水着なら俺、あの縞の・・・昔の水着着たいな(笑)」
大正明治的なあれですかww ワンピースタイプの(ノ∀`)
雷電「俺も着たい。」
ほんとかわいいおじさまたちですねw

MASAKI「今年はアルバムも出るでしょうし、そしたらツアーも・・・?」
「ライブもきっとこのあとさらにお知らせされていくと思います。」

(`・ω・´)!!!ですよね!!超高まるわー。
しかしツアー、、、どれくらい行けるかなあ(ヽ´ω`)多少弱気になっている俺です。。。
最近大人なんです・・・無茶なシフト組まないし・・・←大人の意味をもっぺん考えろ
ともあれ楽しみですな!

ででっででっでーヽ(・ω・)ノ
順番無視して書きやすいように書いたせいでおさまりが悪いですが!
本来の流れ的には、最後に「MIRACLE」周辺のお話が最後の方にあって、
イベント本編が終了した感じなのです~。

たたたたたいへん長らくお見苦しい文章を晒してしまいましたが、
これにてイベント本編の感想は終了でございますヽ(・ω・)ノ
駄文にお付き合いいただいた方、ありがとうございました・・・!

いやほんと心からごめんなさいと思ってます。
なんでblogに書いてるんだろうと自分でも思いますので・・・
チラシの裏に書けよレベルの。戯れ言をね。

ひとことでいうとblogが性に合ってたし使いやすかっただけなのかもしれないけど。
感情を記録する装置として。

私はライブレポートじゃなくて感情を記録しているのだと常に思ってやっているので、
自慰的な内容であるし、もしかしたらマイナス要素なことも全部書いてしまうし。
(演奏間違えたとかなんかこの衣装は変だなとかね。)
そのうえで私の考えとしては、
商業的にパフォーマンスを提供している立場の人に対する感想の表現は
いわれのない誹謗中傷でなければ自由であると思っているし、
私がたとえば他の人の感想をblogで読んだとしても、「この人はそう思ったんだな」
としか受け取らないと思う。この目で見たものだけが自分にとっての真実。

なんか話が逸れてきたぞ/(^o^)\

えーと。
要するに、「何言ってんだこいつ(・∀・)」
程度の軽さで読んでいただければさいわいです!と。





よし、駄文を連ねたのでこのへんで読む人がいなくなったはず・・|・ω・`)

握手会のこともちょっと書いておこうヽ(・ω・)ノえへへえへへ。

なんかもー、いっつもどおりだったわーーー!!
MASAKIさんで撃ち抜かれてたかむらさんの前で挙動不審になって、
雷電さんに辿り着くころには息も絶え絶え。

でもMASAKIさんにはいつも好戦的(?)に戦いを挑む俺であった。。。

俺「MASAKIさん、今日も大好きです^^」←黙れよ豚ゴリラ
MASAKI「当然じゃないか・・・俺もだよ(笑)」←すごいイイ声でw
いつもどおりの模範解答ありがとうございます^^と思ってたらものすごいジャブきた。
MASAKI「(人差し指をこちらに向けながら)大好き返し(笑)
だ、だだだだ、だいすきがえしって・・・!!(悶絶) ばきゅーん。
その人差し指に撃ち抜かれましたわ。。。
MASAKIさん紳士すぎて豚ゴリラにも優しいです、と_ノ乙(、ン、)_

なんだかこの日の握手進行結構ゆっくりで、ひとことふたこと交わしてる人が多かった印象。
スタッフの人もよほど長くないと剥がしてなかったし。

で、たかむらさんなわけだが。ちゃんと目が見られなくなっちゃって困る><
以前はガン見してたのになあ^^
俺「あ、あの、MIRACLEがすごく・・・好きです。。。」←他の表現が一切出てこなかった
LUKE「うん、ありがとう。またよろしくね。」
ね。のところで最後にもう一度、力を込めて握ってくれた・・・・ヽ(;ω;)ノ
もうゴールしてもいいよね・・・・
あああ。この日はMIRACLEに対するたかむらさんの思い入れも聞けたし、
自分にとってもどれだけ大切な曲になったか、なんとか伝えたかったんだけど、
「好き」しか出てこないって。。はは、はははは(ヽ´ω`)でもいいんだ。
2009年の熊谷でも同じことやらかしてるんですけどね、あのときは
「Bitter Sweetがすごく好きです・・・」って虚空を見つめながら言ったんだよなあw
成長してないね^^

最後に雷電さん。俺もう息してないんだけど。
俺「きょ、今日も素敵でした・・・!!」←いつもどもるのをなんとかしろ
雷電「うん!はいこれ(お土産のポストカード手渡し)」
雷電さんがいつも一番淡泊ですがそれもまたいいんです^^

はー楽しかったし好きすぎて苦しいしもうなにがなんだか。

沖縄行かないから、次の握手はしばらく先だなあとか。
そもそも年に何度も握手できるバンドマンばかりじゃなくってよ。
贅沢になってはいけないわ。

どうかもっとこの人達の音楽が、さらにたくさんの人に届きますように。
それが叶うならこれが最後の握手でもかまわないよ。
なんてな。はいセンチメンタル~。




☆拍手コメントいただいた方へ☆
はじめまして!
コメントいれていただいてありがとうございます~
読み逃げ歓迎ですよ、私もよそ様でコメントは苦手なのでほとんどいたしませんし(ノ∀`)
どうぞまたお気軽にいらしてください~~ヽ(´▽`)/


スポンサーサイト
【2011/05/05 00:48】 | CANTAライブ感想 | トラックバック(0) | コメント(10)
<<君に届け僕の愛の詩よ | ホーム | 写し身の君に想いを込めて 契りの代わりに名前をあげよう>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/05/05 08:13】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/05/05 12:34】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/05/05 21:48】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/05/06 20:33】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/05/08 10:15】 | #[ 編集]
>2011/05/05 08:13にコメントいただいたMさま
楽しかったですね~( ´▽`)♪
えぇえぇ、モニターに気づいていらっしゃらない方が多い模様でしたが
(素通りされる方が多かったと思うので)
それも計算のうちでしょうか・・・w

反芻しながら思い出す時間、本当にしあわせです・・( ´艸`)
行ってきたよメールは受け取った側もわくわくしますしね!

いつもあたたかいお気遣いいただいて、ありがとうございます。
またお目にかかれたらと思います。
【2011/05/09 02:02】 URL | 香菜 #-[ 編集]
>2011/05/05 12:34にコメントいただいたAさま
コメントありがとうございました( ´▽`)♪

イベントは本当に、いろんな表情がみられて、いろんなお話が聞けて、
いい時間が過ごせますね。宝物のような思い出で、
書くのにこんなに時間がかかってしまいましたが・・・

またお気軽にお願いします♪
【2011/05/09 02:05】 URL | 香菜 #-[ 編集]
>2011/05/05 21:48にコメントいただいたKさま
コメントありがとうございます( ´▽`)ノ

握手会のお話、すごく・・・うらやましいです(ノ∀`)
そういうネタがわかるとたかむらさんのお話がより面白いんだろうなあと~
何をおっしゃってるのかよくわからなくて、きょとんとしてしまったので、
その前後を覚えていないのです(^ω^;)特撮なんだろうなあとは思ったんですがw

いつもありがとうございます(*´ω`)またいらしてください~
【2011/05/09 02:10】 URL | 香菜 #-[ 編集]
>2011/05/06 20:33にコメントいただいたM。さま
こんばんは!
会場前で見つけていただいて、うれしかったです~(ノ∀`)

記憶力・・・捏造入っている気がしますが、
覚えておこうと必死だなあと自分でも思います^^;
いつかエロトピアを完璧なタイミングで撮りたいです・・・(ノ∀`)

夏もいらっしゃるご予定なのですね、
今度は私から見つけられるようにがんばります( ´▽`)
【2011/05/09 02:15】 URL | 香菜 #-[ 編集]
>2011/05/08 10:15にコメントいただいたSさま
はじめまして!コメントありがとうございます~(´ω`)

写真撮影はそうですね、ではなんと同じグループだったのですね~~(ノ∀`)
なんたる偶然でしょうか~。
はい、もし機会があればぜひお声かけくださいませ~~ヽ(´▽`)/
挙動不審なときも目つきが危ないときもあるかもしれませんが害はないですので。。。w

愛が似ていますか、なんだかうれしいですね(*´ω`)
萌えポイントが同じだったりするのでしょうか←私のは相当気持ち悪いと思うので違うでしょうか。。。

こんなとっつきにくいblogにコメントいただけるなんて、
本当にありがたいことだなあと思っております。
よろしければまたお気軽にいらしてくださいね。
【2011/05/09 02:26】 URL | 香菜 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuigulumar0206.blog68.fc2.com/tb.php/435-daa5287b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |