プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
2011-12-03 新宿BLAZE
ぐはっ。。。いつのまにかCANTAツアーも千秋楽迎えましてん。
今年も終わるってな。今年何か成し遂げましたか?いいえ何も。
あいかわらず駄目人間です。クズという自覚はあります。blog更新すらままなりません。

あ、ESAKA MUSEの感想は今更ながら書き終わりました。。。_(:3」 ∠)_

淡々と、時間見つけては、ちまちまライブ感想書いていきたいです。。。

ツアー終わったなー!っていうのはもっと寂しくなるかと思ったんだけど
(2009年の秋ツアーが代官山で終わったときの虚無感とか思い出すと)
今回は始まる前から、そんなに寂しさがなくて。ふつーに楽しみにできた。
色々理由はあるんだろうけど、「終わりじゃないな」って心底思えるし、次のわくわくはもう待ってる。
わかんない、単純に今回、自分が1/3くらいしか参加してないせいかもしれない。
それもあるかもしれないけど。
楽しいまま終われたこと、は自分にはとても大事なことかなと思う。

ゴタク並べてないで淡々とー⊂((・x・))⊃感想書こうず!

<2011-12-03 秋CANTA '11 「深く透明な情熱」ツアー千秋楽at 新宿BLAZE 感想>
IMG_4686.jpg

個人的なことも、曖昧な記憶も、すべて言葉に直して書いてしまうから
客観的なライブレポとは異なります。私の感想です。
自分で読み返すのが主目的で書いているので、ひとりよがりなのは自覚しています。
そして、正直ミーハーですので音楽的感想より萌え語り寄りです。
なんというか脳内劇場だと思ってご容赦いただきたく思います。

あとは他会場の思い出と混ざってしまっているかもしれません。
なにかおかしい点があれば、これはこうだった~とか教えていただけると幸いです。

特になにかあったわけではないんですがw
やっぱり自分って気持ちわるいなあと自分で思ったので、注意書き?長くしてみました(ノ∀`)

はい予防線はったーーー。

では長くなりますので続きに格納。


☆か、書き終わりました・・・_(:3」 ∠)_(2011-12-29)☆
定刻18:00より若干過ぎてたかな~くらいでSEなしでメンバー登場~ヽ(´▽`)/
このツアーはずっとこのスタイルでしたねえ。SEなし。

衣装めも。
たかむらさん。蛇柄ベージュパンツ、ラメでストライプと葡萄(植物?)っぽい模様が入った黒いシャツ、二重になってる黒ベスト。
シフォン素材ぽい黒ロングスカーフを中央で結んで長く垂らして、首元はオニキスのオーバルとリングの重ねづけで、
右手首に青のチャリティリストバンド、左手首に黒いサポーター。
髪型は右サイドをねじってアップにするスタイルで、全体的にも毛先をくるっと跳ねさせたセット。

かなりハードに毛先まで固めてあって、最後までスタイルキープされてたと思います~
右サイド、フェイスラインの髪が一束残してあるんだけど、それすら固めてある感じで。素敵でしたん。
MASAKIさん。黒いスリムパンツ、赤チェックスカート、胸にキラキラしたロゴ入りの黒タンクトップ、裏地が白豹柄の黒いベスト(裾からも豹柄がのぞく)、ピンク紐ブーツ、右手首に黒のチャリティリストバンド。
髪の毛はダウンスタイルでした。
雷電さん。黒い無地タンクトップ、太ももにジッパーの付いた黒スリムパンツ。髪型は、右サイドを編み込み三本してアップにし、左側に流すセット。
わ~雷電さんの髪型でここまで凝ってるのははじめて見たかも~かっこいい!
全体的にふわっと左側に向けて立たせているような感じで、たかむらさんとお揃いっぽいんですが、
たかむらさんは編み込みじゃなくねじっていて、雷電さんは細かい編み込みだったのが違う点ですね。

今日もメインギターは黒くて白いフチのGALAXYのようです。

0.ブルージーなインスト演奏

半分くらいアドリブなんでしょうが、固定の部分もあってだんだん覚えてきたので
曲としてCDに入ることはないのかもしれないけど、
4月のライブでもこの部分があれば、映像に残るからいいなあ・・・と思ったりして(´ω`)

1.NATURAL BORN FIGHTERS

この曲もツアーを経ていくうちにどんどんこなれてきたなあ←って書くと偉そうだな・・・
うむ、大好きだなーこの曲。ってそんなんばっかやんか(´^ω^`)
でも私わりと好き嫌い・・・嫌いはないか、好きと大好きがはっきりしてるので、
曲によって興奮度合いが結構違うのですよねー。

LUKE「新宿ーー!!」

曲中や曲間で煽りもありつつ(´ω`)

2.Good Morning,Wild Times!

お、ワイルドタイムズきたー(´ω`)いそいそとタオルの準備をする俺・・・w
普段はチキンな上に絶望的に運動神経がないため、
キャッチできない自信があるので投げ上げられないんですけど
この日はなんとありがたくも最前列だったので(千秋楽にしてツアー2番目の良番きたー)
落としても人様に迷惑かけずに拾えるなーと思って~。
あ、最前列といってもものすごく端で、雷電さんがたかむらさんの対角線上だったので8割方見えないという位置でしたがw
でも端っこスキーでもあるので自分にはありがたすぎる場所でしたよ!うん。
(ちなみに感想飛ばしてますが、宇都宮がツアーで一番良い番号で、そのときも最前の最端でしたw)
というわけで久しぶりにタオル投げ上げられてうれしかったですー(ノ∀`)そんだけw

ここでMC。

LUKE「CANTAです!」
「21本におよぶツアーも今日で21本目!最終日!・・・そういう感じは全然しない!(笑)」


しないんだw 奇遇ですね俺もしないんですよね!ヾ(・ω・)ノシ

LUKE「21ヶ所!史上最長ツアー!って言っても、ライブやって休んでライブやって休んでって感じでもなかったからかなー。もうそんな年じゃありません」

このへん、ゆっくりお話されながら、手を後ろで組んで、ゆーっくり歩きまわる感じで・・・
なんて言ったらいいんだww なんかわざとらしくて面白かったんですよね~

LUKE「そういうのは、だいたい経験してきてます。いったことがない都道府県も、ありません。各地で美味しいものを食べ過ぎて、東京で「おいしいところがあるんだよ」って連れていってもらっても、そんなに美味しくなかったりします」

ステージ中央までゆーっくりお散歩してきたあとw立ち位置に戻って、

LUKE「なんだろうこの普通さ加減・・・(笑)これが俺たちの日常だから、かな?」

(;・`д・´)そ、それだーーー!! すごく納得した!!!
客席、おお~と拍手。

LUKE「さわさわした拍手が似合う会場だなあ(笑)うおー!っていうのじゃなくて」

さわさわってww

LUKE「曲いこう(笑) 11月、いや10月か、MIRACLEというミニアルバムを出しまして。その中から1曲聴いてください」
「もう一息。俺と一緒にもう一息いこうぜ、という曲です」


俺と一緒に、っていうのがいいなあ(´ω`)

3.Just One More Breath

Bメロの♪散々な日々にBye Bye♪とか♪こんなんになっちゃってSorry♪とかの感じが好き。

そして次の曲のイントロで一瞬凍りつき、その後一気にテンションが最高潮になる俺・・・!!

4.ニケ

うっわああああああああ ニケだああああああああ:(;゙゚'ω゚'):どうしよう!!
←どうもしないよ・・・落ち着けよ・・・
いやー。興奮しました。すごく好きなんです。
CANTA聴き始めの頃に、「かっこいい曲だなあ」と最初に思った曲かもしれない。。。
2008年暮れにファンになった私には、ライブではなかなか聴けないレア曲だったわけで、
それでもたまには演奏されますのでこの日で4回目くらいかなあ。もっとあるかな?
その度にキョドる私でした。。。あーうれしかったヾ(・ω・)ノシ
ベースラインがたまらなく好きだな! 歌詞だと「いつかは傷口を開いて」のあたりが好き。

5.Rainbow

おうふー好きな曲祭り!!←好きな曲だらけなのであまり意味をなさない言葉
この曲もなんというか、迫ってくるものがあって、真剣に向かい合わされるというか。
たかむらさんの紡ぐ言葉のもつ力には、何度でも気付かされて、何度でも打ちのめされる。

MC。んーもうMCの順番合ってない気がしていますww
あ、ここでギターをKG-GALAXY Custom1号機に交換。

LUKE「ついにきたね。何がきたって、口の周りがしょっぱくなってきた」

はいwww

LUKE「数年前から体質が変わっちゃって汗をたくさんかくようになって。演奏中は拭けないからどんどん口の周りがしょっぱくなる」
「この話をするときはいつも、ツールドフランスの選手のトマ・ヴォクレールさんの話をするんだけど・・・ツールドフランスの選手っていうと語弊があるな、細かく説明すると違うんだけど、でもこの話興味のない人にとってはどんどん置いていっちゃうから・・・」
「日本で自転車の選手っていうと競輪とかサーキットをイメージしがちなんだけど、そうではなくてロードレースの選手で、ヨーロップカーというチームに所属している。」
「その人がレース中に唇をべろんべろん舐めるんだけど、彼らはカロリーをものすごく消費するから、レース中に甘いものを食べることはよくあるんだよね。でも塩分も足りないはずだから、汗を舐めて塩分補給してるんじゃないかな」
「トマ・ヴォクレールはここぞというとき、自分が一位になったときとか特にすごく舐め回すから、たぶんカメラを意識してると思う(笑)」


検索するとヨーロッパカーって出てくるんですが、たかむらさんはヨーロップカーって発音されてる気がするのでそっちで書いてみた。
もしかしたら解説とかで聞くとそう聞こえる発音なのかもしれないなと思ったり。
アークエネミーとアーチエネミー的な。。。(´ω`)←たぶん違う

LUKE「俺は舐めないけどね。でも、あ、今日はミネラルが足りてないな・・・と思ったら、後ろ向いてベロベロ舐めてるかも(笑)」

じゃあ後ろ向いてるときはそのように想像いたしますね!(´^ω^`)

LUKE「今日は晴れてよかったねー」
客席、拍手ヾ(´ω`=´ω`)ノシ

LUKE「晴れただけで拍手してもらえるなんていいね(笑)」
「一昨日・さきおとといが天気悪かったんだっけ?たぶん俺のせいだね」
「ここに来たら俺とMASAKIのせい(笑)」
「アメイジングブラザーと呼んでいます。嘘、呼んでません(笑)」
「ライブじゃないときでも、集まったら雨だったりするんだよなあ・・・」


はいはいアメイジングアメイジング(´^ω^`)ww

それで、長々としゃべってしまった・・・という感じで
LUKE「(雷電さんの方を向いて)またやっちゃったな~大丈夫? 曲いっても大丈夫?」

たぶんだけど、最初の大丈夫?は俺の話長かったけど大丈夫?みたいなニュアンスで、後半は準備OK?っていう意味かなw
雷電さんがOK!な合図を出してたような。

LUKE「じゃあ、曲いこうか・・・あ、ちょっと待って」

ここで客席に背を向けるたかむらさん。ん、もしや・・・(´ω`)
客席からはLUKEー!コールが多数飛ぶ。

LUKE「舐めてないよ!」
そうですかww
LUKE「まだ泣いてないよ」
そっちでもないですかww

ていうか私の立ち位置からだと見えたんですが、
袖をまくって、リストバンドで顔の汗を拭ってらっしゃいました~。
リストバンドって本来そういう目的ですもんね。伊集院光先生がラジオで言ってた、
幅広のリストバンドを両腕にして汗を拭ってるとかなんとかw

LUKE「じゃあ、しっとりしたコーナーにいこうか」
「次の曲は・・・こういうことは、みんなあるんじゃないかなあ、という曲です。Bitter Sweet 。」


6.Bitter Sweet

まさかこの曲まで聴けるとは(´;ω;`)
CANTAの秋の曲といえば、私の中では金木犀とこの曲です・・・
2009年の進化秋冬ツアーではおそらく毎回演奏されていましたが、
このツアーでは私が参加した会場では2回目のはず。
響くなあ。たかむらさんの純粋さがすごく出ている歌詞だなと思う。
サビのメロディーがせつなくて、たまらなく好きだ。

不確かながら思い出補完のために記録しておくと、あまり演奏されない曲のせいか、
ところどころ不協和を感じたような・・・?こなれている曲との差を感じるというか。
ボーカルのメロディーラインとギターのカッティングが微妙に違って難しい曲なのかしら。。。
1ヶ所だけ明らかにここ間違えたかな、って部分でギターの音がタイミングずれて出ていたのもあったな~
ライブはなまものなのでそういう発見も悪くないなと思ってしまいますが~
曲終わりでたかむらさんの表情がちょっと、チクショー。。って感じだった気がする~妄想かもしらんが(´ω`)
わりと間違えたあととか素直に舌だしちゃったりあちゃーって顔しちゃう人なので、そう思ったのかも~
ともあれ、名曲なのでもっと頻繁に演奏してくれたらいいなーとか思ったり(´ω`)


7.Everyday

はうあー(´ω`)今回、立ち位置のせいでたかむらさん「だけ」が非常に見やすいためw
必然的にたかむらさんばかり目で追うことになったわけですが、
Everydayのときにっていつもは意図的にMASAKIさんを見ていることが多いので、
今日は珍しくたかむらさんを凝視しよう!と決めて凝視していたはずw
両足を広げ気味で、左足が若干前で膝は落として、せつなく、感情をしぼり出すようにして
バラードを歌い上げるたかむらさん。というのもまた美しいです。
いつも美しいですけれども。

8.金木犀

ああ。ディティールのひとつひとつが沁みる・・・
オケとたかむらさんの歌声だけの入りだしも、リズム隊が入るタイミングも、
一瞬のブレイクも。Bメロの雷電さんのドラムのシンプルな小気味よさとか好きだ。
サビ前のブレイクで、照明がバックライトだけになってスポットがふっと消える演出とか、
すごく好きだなー。

♪ねえ小さなこと♪ からの歌だけになるシーン、やはり入り込んで歌うたかむらさんが美しくて。
目はほとんどつぶったまま、右手はピックを押さえる人差し指以外は握ったり広げたり感情豊かで、
必死に伝えてくれているように感じる。受け止めたいな。この人たちの思いを。

この曲とは無関係なのに、ライブで聴く度に脳裏に浮かんで離れない報道写真がある。
3月に見て以来、掲載していたサイトを何度か見返していたけれどいつのまにか記事が消えていた。
それが新宿のライブの数日後、2011年を振り返る内容の記事で、再度掲載されているのを見かけた。
脳裏に残っているそのまま、深い悲しみを描写したまま。2万通りの悲しみがあったことを忘れないように。

この曲を私が最初にきいた2009年2月14日から、この曲はとても大切な曲になって、
初聴でここまで耳に残るなんて、という衝撃もあった。
美しくて深いことを歌う人なんだなあとか改めて思ってはいたけど、聴きながら泣くことはなくて、
初めてライブ中にはたはたと落涙したのが2009年秋の広島。
ライブ前に訪れた記念館で見た内容が、この曲の一節で蘇って泣けた。
そのときのことを思い出しながら、そして3月の写真を思い出しながら、
この日も新宿で、ライブ会場の片隅で自分の宇宙に閉じこもって、ただからっぽで聴きたいと思った。


MC。
LUKE「・・・ありがとう。Bitter Sweet、Everyday、金木犀、3曲続けて聴いてもらいました」
「すごいね・・・曲っていうのは、その時々で感じ方が違うんだな」
「曲を書いているときはそのとき思ったことを曲にしているんだけど、そのあと思ってもみなかったことが起こって・・・」
「同じ曲を聴いても、また違うことを感じたりする」


このあたりをたかむらさんがおっしゃったとおりの言葉で再現できないのが悔しいのだけど、もうちょっと説明があったかな。
すごくうなずいてしまう内容で、お客さんもうんうん、って聞いてる感じなのがよかったな~(ノ∀`)
CANTAの歌詞は特に、しばらくたってはっとさせられることとかあるし、
金木犀のあとでこのMCだったので、すごく、感じるところがあった。深い歌詞ですよね金木犀・・・
だからこそ私も、ライブ中に別空間に飛ばされる勢いで別のこと考えてしまったりするのだし。

LUKE「生き残っていく曲っていうのはそういうことなのかな。すぐ忘れられてしまう曲もあるけど」
「この男も生き残っているんでしょうか?オンドラムス、雷電湯澤!」


立ち上がって、えええ?って感じの表情でたかむらさんを見る雷電さんw
最近紹介の仕方が微妙ですねwMCの内容と関連づけるせいでしょうけれども(ノ∀`)

LUKE「もちろん生き残っていますよ、俺より先輩ですから」

雷電「ぐわっはっはっは・・・!」
「先日は、両国の方でも楽しくやってきたんだけど翌日の情報番組でも流れたみたいで。」
「それを見た友人からすごく久しぶりに連絡がきたんだけど、『また聖飢魔IIやるんだってね』って内容で。未来形かよ!もう終わったよ!」
「俺は今日が、表に出る活動としては仕事納めなんだよね。インタビューとかは残ってるけど。だからみなさん、よいお年を!」
「では次の構成員・・・じゃなかった、メンバーを紹介しよう。オンベース、MASAKI!」


あいかわらずかわいい雷電さんww(´ω`) つかよいお年をは早いなww
MASAKIさんの第一声なんだっけなー?忘れてしもうたのでたぶん途中から。

MASAKI「両国のイベント、誰からも招待されなくて・・・僕の弟子も出てたはずなんですが。冷たいじゃないですか・・・!」
雷電「普通にメール送ってくればいいじゃないですか!!も~そういうところだけ他人行儀なんだもんな~(笑)」
MASAKI「メールしてくれてもいいじゃないですか!!・・・じゃあ次の機会があればメールします」

わろすwww2人ともかわいいw(ノ∀`)
cali≠gariの村井研次郎さんは、なんだかんだでライブで見る機会多いんですが
(なにしろDEEPERSのサポとか絶望少女達のサポとか、なっきーつながり多いし)
お見かけする度に「あ、マッキーのお弟子さんだわ(´ω`)」と思ってます~ふふ。

MASAKI「僕は今日、期待していることがありまして・・・先日雷電さんのお誕生日をお祝いしましたね。僕、12月19日が誕生日なんです」
「今日が今年最後のライブだし、今日しかないかな?って・・・」
「楽屋には冷蔵庫があるんですが、もしケーキが入っていたら、見つけてしまったら大変、と思って開けませんでした」
「・・・と、ステージに1人だけ残されて、思ったりしているんですが。」


お話の途中で雷電さんがドラムセットの後ろに降りてしゃがんで、
スタッフさんとなにやらお話されてましたw
どうするケーキないよね?俺聞いてないよ?とかだったらうけるなあとかいう妄想が捗る(ノ∀`)
そしてMASAKIさんはなぜ揉み手しながらお話してるんですかww

それで、たかむらさんがくくく・・と笑いながらステージに戻ってきた感じで、

MASAKI「オンボーカル&ギター、LUKE TAKAMURA!!」

LUKE「誕生日でケーキ出てくるのとか、はずかしいんだよね~。だから自分の誕生日は、バンドの誕生日だ!とか自分で言っちゃってやってるんだけど」
「(MASAKIさんの方を向いて)や、そういうのが好きな人はいいんだよ?(笑)」


さあ~ケーキ出てくるんでしょうか~どうなんでしょうか~(ノ∀`)

LUKE「新宿ありがとう、いい感じだよ。楽しい。」
「なるべく長く続けていきたい。そのためにも、近所の胡散臭い目にも負けず(笑)」
「大家さんとなるべく仲良くし、マンションの管理人さんが掃除していたら声をかけ・・・」


かわいい(´ω`)
この日のMCじゃないですけども、
お掃除の管理人さんは昨年退職されて、お別れの挨拶がちゃんとできなかった・・・
というお話がありましたが、結局そのあと管理会社に管理人さんの連絡先を聞いて無事に連絡がとれた、
というなんとも心温まるお話を3月の大阪・・・かな、イベントで聞いた気がします。
あとは「そこ車停めないでね」の管理人さんの物真似も思い出したり(ノ∀`)お掃除の方とは別の方のはず。
で、私が脳内でその話思い出してるせいで駐車場といえば・・・というつながりだったかな~と思うわけですが、次のMCのタイミング違うかも。んーわからん(´ω`)

LUKE「一昨日、国技館から車で帰って来たときに、マンションの駐車場に車を入れて。」

ハンドルを握るジャスチャーをしてらしたんですが、
たぶんバックで駐車するような仕草もしていたような・・・
きゃーー!!ヾ(´ω`=´ω`)ノシ
絵空事のような夢をひとつ言えって言われたら、即座に
・たかむらさんに正座で叱られたい
・たかむらさんの車の助手席に乗りたい
のどちらかを答えるだろうなあという腐りきった頭のわたくしには刺激が強いですwww
って超どうでもいいことで話の腰を折るなよwww 続けますと、

LUKE「・・・気がついたら、朝だったんだよ(笑)」
「疲れてたんだろうね。うわ、明るいし・・・なんか鳥鳴いてるし・・・(目を細める)」
「・・・年かなあ(笑) 曲いこう、曲」


かwわwいwいwww
なんなんでしょうねほんとにこのかわいいおっさんはwww←褒めてますから!
小動物かと思うレベル!!!!←最大級の賛辞


ほいで、いよいよ終盤戦。
まだいけるのかー!!系の煽りでコール&レスポンスを数回したのち、

LUKE「止まらない、心の詩!」

9.止まらない心の詩

MASAKIさんのコーラスカンペがいつか持ってみたいわw(´ω`)
最初から最後まで1人の方が持ってるのかと思ったけど、
途中で次の人に渡し変えたりしてるんですねえ。
この曲は、サビの最後の方の緩くなるところが好きだな。緩急ついてる感じが。

10.SHINE

この日はくるっと回転・・・してたと思うw
(名古屋?かな、回転楽しみにしてたのになんかしそびれてた~のでめもしてある。)
♪輝く~ のところねヾ(・ω・)ノシ

11.Tonight3


やっぱりブレイクのところでぴたっと止まって、
たかむらさんがステージに膝をつくようにして顔を伏せて、右腕は上に突きあげて。

LUKE「俺に、力をくれ・・・!」

しばし客席からの歓声を受けつつ、すっと立ち上がり

LUKE「いけますー。」

↑微妙に関西弁だったと思うんですがw
「い」と「ま」が小さいイントネーションとでもいうんだろうか・・・
なんか変だったから印象に残っているww

次の曲で本編最後。

たかむらさんの、言葉を選びながらの真剣なMCに聞き入る。
お話の概要は、大阪の感想でまとめて書いてしまった気がするのでここでは省略しようかな・・・
新宿でお話されたことで印象に残ったのは、
「気のせいかもしれないけど、最近雨が降っている日は調子が悪い気がする」
とおっしゃったこと。それ以上掘り下げたことは特におっしゃってなかったけど。

震災の話は本当に難しいと思う。
もっと真剣に向き合わないといけないと思いつつ、現実ではなかなか人と話しができない。
どんな経験をして、どんな思いを抱えているのかわからないから。
どれだけたくさんの命が失われて、どれだけたくさんの生活が脅かされているのか。
身近な人を亡くしているかもしれない。原子力発電と関係のある人かもしれない。
それぞれの正義と罪悪感と、もどかしさと。
話をすることでたとえばさらに傷つく人がいたらと思うと、何も言えなくなる。
でも口をつぐんでいればいい、というほど単純な話ではないし。
・・・ライブの感想から離れすぎてしまったかな。


12.MIRACLE

ああ・・・今年は本当に、この曲に支えられたな。
たかむらさんの声が、痛いほどに響く。きっと、この優しい人は、私なんかには理解しがたいほどの
思いを詰め込んで、必死に書いたんだろう。今も必死に、歌っているんだろう。
どうしたら全部受け止められるだろうと、
穴があくほどその姿を見つめながら、懸命に聴くんだけれど、
この日は後半、目を閉じてじっと、耳を澄ませて聴いていた。
私には私の喪失があり、それを埋めるのではなくて、失われたものの大きさを噛み締めながら、
この先も進むしかないのだと。


曲終わり、穏やかな微笑をたたえて、客席に手をあげて応えながらさっていくメンバー。
ありがとう、もうすぐ終わりだね。
このツアー、MIRACLEで締めだとどうしても、アンコールの声が出しづらくなってしまって困ったのだけど、
(余韻が強烈すぎて。手拍子するのが精一杯だったり)
最後だしがんばらなー(´・ω・`)と思ってなんとか小さな声から出し始める。
もう一度会いたいから。

~encore~
MASAKIさん、雷電さんの順に登場。
ツアーTにお召しかえですね~
ほどなくたかむらさんも登場。
この日は下手の最前だったので、たかむらさんが近い距離で、
アンコールではひたすらたかむらさんの腕を見つめていました・・・
ツアーT以外の衣装で半袖のことってないですもんね。
なのでアンコールでは凝視ですよ凝視。気持ちわるいですね^^^
二の腕も大好きですが、前腕の筋肉がギター弾くときに形が顕になるのだとか。
たまらないですね^^あぁもちろん手の甲の血管も好きですよ^^^^
って書くとものすごくフェティッシュな感じですが他の男性だとそんなに気にならないので、
「たかむらさんの腕だけフェチ」なんだと思います^^←きっめ
あとはANGEL-TAKAさんの乳首フェチ。。。
基本的に男性が上半身裸の状態とかってあまり好きではないはずなんですが、
ANGELさんに限っては脱いでくれると乳首と腹筋が見えるので歓迎です^^^←しねよ



LUKE「アンコールありがとう!」

ここで、ディティール忘れちゃったんですが客席煽り系のMCをして、
「~でいいのかー!?」とか言ったあとの流れで
LUKE「いいんです。←川平慈英さん?の物真似でw
客席、微妙な笑いww

LUKE「・・・違うんだよ、そんなこと言いたいんじゃないんだよ・・・あーあ(笑)」
やっちゃったなあ、って顔してるたかむらさんがかわいいから無問題(´^ω^`)w

LUKE「ついに番が来たようだな。誰の番だ?おまえらの番だよ!」
「実は生まれてからずっと、自分の番なんだ。My Turn」


1.My Turn

ふむ(´ω`) MASAKIさんのコーラスが好き~。
そしてこの曲聴く度に「たった」も聴きたいのですが~?と思うw
演奏頻度にかなり差がでている気が。。

ここで恒例の~~ コーラス練習コーナーヽ(´▽`)/
基本物真似・・・w
・ジェイムズ・ヘットフィールド「Oh~Yeah~ナッツ!」
・ヒロミ・ゴー「Oh~Yeah~ジャパーン!」
・ヒデキ西城「Oh~バーモント!」
高音だしてみたり、かなり長いフレーズをやってみたり~
でもいつも、次の曲中で実際歌うであろうフレーズは練習してくれないたかむらさんwなんでww

そんで、もっといけるだろー?的なことを言ってからMASAKIさんに引き継ぎ。

LUKE「MASAKIさん、頼みます!」
MASAKI「うちの大将が、もっと声を出せと言ってるんだよー!!」
男子ー!女子ー!!全員ー!!! 
とかやったのはMASAKIさんだっけな~
そしてちゃんと曲中のコーラス練習をしてくださるMASAKIさんwありがとうございますw
雷電さんがずっとリズムを刻んでくださってるんですが、
コーラスが入るタイミングをはかりかねて何度か入り損ねるMASAKIさんがかわいい(ノ∀`)

2.So Alive

この日は雷電さん見えづらかったけど、やはり注目ポイントは雷電さんのコーラス姿ね(´ω`)

3.春の嵐

くふふ。エロトピア~♪の唇なめが、私の位置からだと
なかば横顔の状態で見えたのがよかったです・・・←きめえ


4.Happy Birthday To You!

最後の曲。今日の最後でありツアーの最後であり、2011年最後の曲。
えっとギターはカポ付きのV、かな・・・たぶん。

予想というか期待はしてたけど、曲中やはり、MASAKIさんのバースデーケーキでてきたヽ(´▽`)/
おめでとうございます!
なんだか催促したみたいで~!とかそんなことを聞いた気がします(ノ∀`)w
うぬ?私、12月にCANTAのライブ見るのって今年が初めてかな?
当然MASAKIさんのバースデーケーキを見るのも初めてでした、ライブでお祝いできるのうれしいなー。

そして、メンバーが客席に降りるのコーナーもありw
BLAZEはステージと客席のあいだがちょっと開いているので、上手の客席の柵とステージのあいだに
階段が設置されてて、あーここから客席降りるのね、ていうのがわかりやすい感じでしたw
私は下手なのでかすりもせず(´ω`)
わりとスムーズにPAブースまで向かっていかれましたねー。
客席降りる段階でヘッドセットマイク外しちゃうので、基本的にその先は歌もMCもないんですよね。
それが若干寂しいっちゃ寂しいw スタンドマイクはあるけどそんなにわざわざ使わない感じで。

たらいが回ってきて、最後の最後は風船スタンドが出てきて、
雷電さんがバット並みに大きいスティックで風船割りして。
この日は紙吹雪入ってたかしら?たぶんそうね。

うーん、風船のカラーが白と赤の2色だったのはどの会場だっけ・・・
ショートケーキみたいでかわいいじゃん、と思って記憶があるんだけども
もうすでに思い出せない/(^o^)\

演奏がすべて終わって、楽器をおろして、撒きものタイムヾ(・ω・)ノシ
私の位置は端すぎて何も降ってこなかったので逆に気楽~(´ω`)
あ、なーんもこなかったけど、たかむらさんがペットボトルを放るときだけ、
下手側指さして顔も下手向いてるのにひょいっと上手側に投げる、といういつものフェイントをやってたので、
目線だけいただいた感じです(´^ω^`)
たかむらさん俺のこと見てる!っていう妄想で遊べました(´^ω^`)ww←きめえ

ああもうみんな、いい笑顔だなあ。。。あたたかい空気に満ちていて、
本当にありがとうと思う。ここにいられてうれしいし、ここに帰ってきたい。

最後の最後、たかむらさんが去り際にステージと客席柵のあいだに降りてきてくれた。
自分が最前にいるときにこのサービスを受けるのは初かも(・ω・;)あせあせ
上手側から下手に向かってタッチしながら進んでらして・・・ついに目の前に。
とりあえず思ったことは、近い!お顔が近い・・・!!
握手会のときの机ひとつ隔てた感覚よりさらに近い・・・_(:3」 ∠)_
LUKE「ありがと。ありがとう」
客席から差し出される手のひとつひとつにタッチしながら、何度もありがとうと繰り返すたかむらさんに、
私もそっと、ありがとう、と呟きながら触れさせていただく。
聞こえるかわからないけれど、伝わるかわからないけれど、
ありがとうって言いたかった、っていう自己満足。

あーなんだかとても、満たされてしまったなあ。

いつも節目のライブのあとは寂しくて、反動でかなり落ち込んでしまったりするんだけど、
この日はとてもあたたかくて穏やかで、でも高揚した気持ちのままで終われた。

ありがとう。2011年はたくさん、CANTAが観られてしあわせだった。
どれだけ支えられたかわからない。
2012年も、共に歩めますように。そう願わずにいられない。


以下、いただいた拍手コメントへのお返事です。
みなさんいつも拍手やコメントなどありがとうございます。

☆拍手コメントくださったL様☆
いつももったいないようなお言葉をありがとうございます。
そこまで多忙を極めているわけでもないのですが、
冬は電池切れが早いもので・・・_(:3」 ∠)_
Macの前に座る時間が短すぎます。。。
2012年はもっとてきぱき行動したいです_(:3」 ∠)_
追記:いつもメールいただきっぱなしで申し訳ないです~
ありがたく拝読しております!


☆拍手コメントくださったK様☆
お掃除の方のお話、イベント参加者の方の質問に答えてくださった形だったのですが、
私も聞けてうれしかったです~質問してくださった方に感謝しております♪
たかむらさんの誠実さが垣間見えて、また好きになってしまったなーと思ったりです。
常に自分の感情を書き留めることが優先で、自分以外の方には読みづらいblogだと自覚しておりますが、
受け入れていただいていること、共感とまで言っていただけることに恐縮です。
更新頻度がかなり低くなってしまいましたが、また思い出した頃に見ていただければと思います(´▽`)
ありがとうございました!


☆拍手コメントくださったM様☆
年末生まれであることを覚えていてくださったのですか~(ノ∀`)
わざわざありがとうございます!
ひとりよがりなblogですのに、あたたかいお言葉をありがとうございます。
身近な人間に言われるのですが、blogという場所に吐き出すことでバランスをとっているんだねと。
恥ずかしながらそのとおりだと思います・・・
これからもチラシの裏クオリティで続けていくかと思いますので、
来年もよろしくお願いいたしますヽ(´▽`)/♪
スポンサーサイト
【2011/12/05 00:39】 | CANTAライブ感想 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<振り返る日々の後悔を 少しでも光に変えていけるのならば | ホーム | 凍える指先を祈るように重ねて>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuigulumar0206.blog68.fc2.com/tb.php/493-bb627c6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。