プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
2013-12-08 新宿BLAZE (ツアーファイナル)
拍手やコメントありがとうございます、お返事できてなくてごめんなさい!!
すべて拝読していますヾ(´ω`=´ω`)ノシ



今年の秋CANTAツアー=My Generatorレコ発ツアーが終了しました。
いろいろと思うところはあるけれど今はとても書ききれないので、
先にセットリストだけup。

私、My Generatorが今までのアルバムの中で1番好きだよ。少なくとも今は。
変化を続けるCANTAの今を、1番好きだなと思えることがうれしい、な。なんて思ったりしたんだ。

<2013-12-08 秋CANTA'13 Tour "My Generator" ~やれるうちが花!~ in新宿BLAZE 感想というか覚書>
Ba8m2GeCUAAu7IU.jpg

セットリストと使用ギター。


【KG-SPELLBIND】
1.Fly!
2.To be Continued
3.オルタナ
【KG-TRIUMPH V】
4.Fantasize
5.Flower Song
6.Forgiveness
7.Born to Love
【名称不明:Killerの白いギター(ストラトシェイプ)】
8.Round and Round
【KG-SPELLBIND】
9.金木犀
10.Happy End
11.1400km/h
12.NATURAL BORN FIGHTERS
13.HEAVEN’S WAITING

encore
【KG-SPELLBIND】
1.MIRACLE
※ここでMASAKIさんバースデーサプライズあり
2.春の嵐
3.Tonight3
【KG-TRIUMPH V:カポ付き】
4.Happy Birthday To You!



ツアーラスト2daysは同じ会場ではなかったし2daysを売りにしていたわけではないけど
(鹿鳴館は追加公演なので)
2日合わせて、My Generatorの曲をほとんど網羅するという構成だった模様。
Goneは元々ライブでの演奏を想定していない気がするので、
Heartbeat以外は演奏したということに。My Generatorツアーのファイナルとしては最高の内容でした。

たかむらさん、いつもかなりしゃべる方だしまたそれが面白いけど、
ファイナルの今日は探りさぐりというか、噛みまくりだったり沈黙を気にされたりで、
客席がはらはらしながらもあたたかい目で見守る保護者っぽくなっていた印象(´ω`)
あとでMCの内容書き足すときに書くと思うけど、
たかむらさんが「今日はみんなのうなずきが半端ない」というようなことをおっしゃっていたのが非常にうけたw
いつもたかむらさんは不思議ちゃんだなああははと思いながら聞くことはあれど、あんなにうなずきながら聞いていたことは私はなかったかも(´ω`)
文字に直すと「うん、うん??・・・だ、大丈夫よちゃんと聞いているから続けて・・・うんうん」という気持ち。。。←わかるか!!

そして4月の東名阪ツアーの発表もあり。名古屋大阪が4月5日6日。
東京は4月12日、なんと赤坂BLITZ。+゚(゚´ω`゚)゚+。

だめだな結局書きたいことがありすぎてまとまらないから
あとでちゃんと書くさ。鹿鳴館も札幌も途中だよ。+゚(゚´ω`゚)゚+。
柏飛ばしてるからそこはセトリだけでも書くさ。。。

☆最後まで書きました(2014-01-08)☆
というわけで年を越してしまったが続き書く_(:3 」∠)_ ※2時間くらいかけて編集した内容を全消去したミスから立ち直れません
ので中途半端でもがんがん上書きしますのでご了承ください_(:3」 ∠)_

この日は結構番号がよかったので(といっても2桁中盤)どの立ち位置で見るか迷ったのですが、
自分にしては珍しく素直に下手にIN!たかむらさん前の3列目あたりに。
壁じゃない下手って自分的には珍しいので緊張(´ω`) 手元が見たかったのよね〜

開演時間ちょっと押しくらいで開演(´ω`)

たかむらさんはカーキ色のロングカーディガン、同系色のもう少し濃い色のカシュクール、黒いカットソー。首もとはオニキスのペンダント。ブリーチが広範囲に入った黒っぽいボトム。ヘアスタイルは自然な感じで巻き気味。
そんなに巻いてるわけではないんだけど、前日の鹿鳴館が外はね気味だったのに比べると、カール寄りな感じ(´ω`)
MASAKIさんは白い七分袖のカットソー、黒と白のレイヤードロングベスト、青いボトム。ヘアスタイルはハーフアップ。
雷電さんは白い半袖シャツ、黒いダボっとしたワークパンツ、腰に黒いストール。ヘアスタイルはソフトモヒカン風にアップ。


1.Fly!

1曲目からFly!ですか!盛り上がりますねー(´ω`)
LUKE「カモンカモンカモン・・・!」
と煽りながら手拍子を促すたかむらさんが印象的でした。

2.To be Continued

ここで最初のMC。

LUKE「こんばんはCANTAです!ツアーMy Generator、ファイナルへようこそ!」
「史上もっとも多い本数のツアーのファイナルだから、最後にはどんなことになるか想像もつかない。
未知の領域に足を踏み入れるわけだ・・・!


足を踏み入れる、のところで長いおみ足を横に開いて高く上げ、ドン!と着地するたかむらさん。
そしてそれに合わせてバスドラをドン!と踏む雷電さんがさすがすぎたw
客席大歓声ヽ(´▽`)/

たかむらさんもうれしそうに笑って、何度かドン!としたり足をふらふらさせて結局着地しないフェイントを繰り返したりw
ずっこける雷電さんもまたかわいい・・・w

LUKE「モンティ・パイソン知ってる?今の動き、モンティパイソンのシリーウォークみたいだったな(笑) そう、『バカ歩き』ね」

モンティ・パイソンは聞いたことはあれどバカ歩きは知らなかったのでググってしまったw

LUKE「ツアーMy Generatorと銘打ちながら、My Generatorからまだ1曲もやっていないという。My Generatorの曲をやると、そういう流れになって他の曲が入れづらくなるんだよ」
「今までの7枚の中で70曲くらいレパートリーがあって、昔は一生懸命やっていた曲でも・・・いや、今も全部一生懸命やってますが(笑) 埋れていってやらなくなる曲があるわけです。」
「ライブでやらなくなると、俺たちも弾けなくなる、リハビリが必要になるかもしれない。リハビリを兼ねてやりたいと思います(笑)」
「次に控えし曲は!そんなにやらなかったわけではない、結構やってはいたんだけど、もっとやってもいい曲だと。」
「なぜならこの曲はテレビで流れた曲!CANTAにもそんな曲があったんだ!しかも人気番組!ゴールデン!いやー金がかかったなあ・・・(笑)うそうそ。」


おおおなつかしい(´ω`)私がCANTA聴き始めた時期ですよ!
ということはあの曲が聴けるわけですね・・・うれしい・・・・!

3.オルタナ

オルタナ好きすぎる。+゚(゚´ω`゚)゚+。そうですよもっとライブでやるべき曲ですよ・・・
きらきらでめらめらで。笑いながら涙が出てしまいそうな曲だ。

ここでギターはVにチェンジ。

LUKE「ではいよいよMy Generatorから。裏番長的な曲をやりたいと思います。」

裏番長っていう表現好きだな(´ω`)
My Generatorの新機軸をよく表している曲ですよね。

4.Fantasize

たかむらさんのダンスも磨きがかかりましたねツアーを通して・・・(´ω`)
IN&OUT〜♪のところの笑顔が眩しいっていうか腰の動きがry

5.Flower Song
6.Forgiveness


My Generator曲、どれも同じくらい好きだなあ。
曲によってわりと好みの差が激しい自分にとってはめずらしいことだったりします。

そしてForgivenessでのスライドバー使用するたかむらさんがかっこいいなあと鹿鳴館で思ったので、
この日は手元をガン見する事に集中しておりました( ´艸`)
弾いているときはもちろん素敵だし、外す所作まで美しいのですよ・・・!
ギタリストの手元ってなんでこんなに素晴らしいのだろう。ううむ(´ω`)

ここでMC。

LUKE「アッパー系の盛り上がる曲を続けて聴いてもらいました。」
「逆に、ボディブロウのようにじわじわと効いてくる曲のことを『じゅんこみはら』と呼ぶことにしました。『顔はやめな、ボディにしな・・・』(笑) 次はそんなじゅんこみはら曲を聴いてください」


鹿鳴館でじゅんこみはらネタ言わなかったから封印したのかと思ったらファイナルではきっちり使うのですねw
このツアーで生まれた名言ですものね!

7.Born to Love

ここで白いストラトシェイプのギターに交換。
このギターはRound and Roundでしか使用されているのを見たことがないけれど、なにか特殊なセッティングなのかな?

8.Round and Round

ギターはKG-SPELLBINDに戻る。
そして次の曲がまさかの・・・

9.金木犀

金木犀きた。+゚(゚´ω`゚)゚+。
このツアーではあまり演奏されなかった(私が参加した会場でたまたま演奏していなかっただけかも)ですが、
ファイナルで聴けて本当にうれしかった曲のひとつです。私の心臓だな・・・

ここで一区切りというか、恒例のメンバー紹介タイムですヽ(´▽`)/

LUKE「オンドラムス、雷電湯澤!」
雷電「こんばんはー!ツアーファイナル、新宿!」

雷電さんのお話の話題は発売されたばかりの2013年4月のライブDVDについて。

雷電「先日11周年ライブのDVDが発売されました!俺もまだ見ていないんだけど。ジャケット写真が『11』でしょ?あれを最初ホームページに載っている画像で見た時ね、月面だと思ったの!アポロ11号にかけてるんだ!すげーじゃん、と思って」
「それで隊長に会った時に、『DVDのジャケット月面でしょ?アポロ11号!』って言ったら、『は?』って言われちゃってさ!『あれはうちのマンションの駐車場の番号だよ』だって!ええぇ〜?!よーく見たら下の方に草生えてるしさ、月面に草は生えてないっつーの。」


その発想はなかったw(´ω`)雷電さん素敵!
私もこのでこぼこした感じはなんだろう?と思ったんですが、駐車場だったんですねw
それがわかっただけでもとてもうれしいですw(´ω`)

雷電「オンベース、MASAKI!」
MASAKI「リップクリームをお持ちの方はいらっしゃいませんか?!」

ちょww昨日と同じネタじゃないですかw

MASAKI「それは新品ですか?間接キスになってしまうじゃないですか・・・。僕の前に入られる方は、新品のリップクリームをご用意ください!」

はいww
どうしようMASAKIさんのMCの記憶がリップクリームしかないんですがw
きっと長いツアーの振り返りと来年の話とかされたと思いますよ・・・!!
そしてたかむらさんの呼び込みはこちら!

MASAKI「今日はゲストをお呼びしております。見栄を切らせたら日本一、篁団十郎さんです!!」

ファッ?!(´ω`)たかむらさんこれはどう攻めてくるかな・・・
と思ってたら、長い木の棒を持ち、とっとっとっと・・・という感じで登場してしかも棒を器用にくるくる回すたかむらさんの姿が!!w
なんだか身長くらいの長さの丸い木の棒(つまりほうきの柄のように、角のない棒)でしたw

そしてステージ中央で止まり、いよーぉ!っと見栄を切る(表現として合っているのか謎)たかむらさん。
ほんと、咄嗟の適応力高すぎですよ・・・!どんな無茶ぶりにも応えていってしまう・・・

LUKE「・・・一瞬で歌舞伎界を敵にまわしたね・・・(笑)」

そんなことはないと思いますよ!

MASAKI「すごいですね、その棒はどうしたんですか?」
LUKE「うーんわからないけどそこにちょうどあった(笑)」

そして、MASAKIさんの無茶ぶりがひどい、けどなんでもこなしてしまいますよね〜というお話にw

LUKE「なんでもやりますよ!何かやってほしいものがあるときはMASAKIにお願いしておくといいよ(笑) それでネタが採用されたら特典としてなにか・・・」
MASAKI「僕の使用済リップクリームを。」
LUKE「いいね!」
MASAKI「いいですかね?・・・おい、誰だ!今首をふったやつは!!」
LUKE「キレキャラだ(笑)いいね〜」

使用済リップクリームって、昔音楽誌のプレゼントコーナーで見かけたことあるなあw
しかもレイジーナックの(松雪さんの弟さんの方)使用済リップクリームだった。。。(なにか強烈だったので覚えている。。)


ここで棒をスタッフさんに返して、ギターを受け取るたかむらさん。ギターに目線を落としたあと、

LUKE「あ、クロス貸して?」
「(ギターを拭きながら)年取ると出るものが変わるのかなー」」


えっw体液的なものですか・・・(´ω`)w
それにしてもギターを磨くたかむらさんというのもいいものですね・・・
チューニング中のたかむらさんに次ぐ萌えポイントを発見してしまった気分。。。。

LUKE「発見したんだけど、この木の部分(指板)を拭くと弦が錆びにくくなる!・・・気がする!」
「て言ってるんだけどうちのスタッフ全員やってくれない、そんなわけあるか、って(笑)」


気がするだけ・・・( ´艸`)wかわいいなあ。
それにしてもツアーファイナルでMC中にギターをご自身で磨く姿まで見られるとは。
マイペースというかなんというか(´ω`)なごなご
もしかしたらちょっといつもと違う緊張感でいつもと違う所作になったのかもしれないですけどねw
このMCもかなりゆったーりとした時間が流れていて、実際時間もかなり長かったので
客席もとてもなごんだ雰囲気に・・・ライブ中ですけども( ´艸`)

導入は忘れてしまいましたが曲に戻らなきゃ!ということで、後半戦いくぞー!
となったのだと思います。たぶん(´ω`)

10.Happy End
11.1400km/h
12.NATURAL BORN FIGHTERS


3曲続けての演奏。
NATURAL BORN FIGHTERS、中央のお立ち台から飛び降りる動作が素敵でした。
膝揃えて後ろにジャンプする感じの・・・。

ここで本編ラストに行く前のMC。

LUKE「ツアーももう終わっちゃうね。今日も楽しかった、ありがとう」
「・・・6曲くらい、やり直したいわー」


ファッ?!(´ω`)客席ざわざわw
ぼそっと、ふと思ったという風な呟きで、本心なんだろうなあという感じがいじらしかった。。。←無礼な

LUKE「そういう気持ちだけはある、ということをみなさんにお伝えした、ということで(笑)」 

で、ですよね(´ω`)わかりますわかります

LUKE「今日はみんなのうなずきが尋常じゃない(笑)」

ぶはっw なんていうんだろう、いつものたかむらさんとちょっと違う・・・わけでもないんだけど(なんだよ)
発言のテンションがちょっと違った感じなんですよね。客席の反応をいつもより気にされたりとか。
なので、聞いてますよ!わかりますよ!っていう意思表示ですごくうなずいてたんですけど
どうやら客席全体的にそうなってたし、またたかむらさんがそれを感じ取るレベルだったんですねw
その一体感に震えたのでこの発言は印象深いです(´ω`)ww

そしてHEAVEN’S WAITINGの曲解説。他会場同様、今までのCANTAにはなかったタイプの曲ができて、
反応を知りたくてレコーディング前に4月のライブで演奏されたこと、反応が悪くなかったのでレコーディングすることにしたこと、を説明されるたかむらさん。

LUKE「この関係に名前をつけるなら・・・名前じゃないか。妊婦と助産婦!」

みんなの曲と呼びたいと思う、とおっしゃってくださるたかむらさんに、胸が熱くなりっぱなしだ。

13.HEAVEN’S WAITING

本編はここまで。

あまり記憶がないのでさらっといってしまいますが続いてアンコールです(´ω`)


〜encore〜

えーと、4月の東名阪の発表あったのここだったはず。
たかむらさんが紙を手に登場されて・・・・なにか告知かな?と思ったら、新年会のことと合わせて、
4月東名阪の日程と会場を。

LUKE「東京は4月12日。おっいい日だね。会場は、赤坂BLITZ!」

なにいいいいいいい渋谷じゃないのですね!!大きい会場で感激。+゚(゚´ω`゚)゚+。
CANTAいい波に乗ってますよね・・・・!!赤坂楽しみすぎる!!
と、告知で興奮気味の客席ですが、

1曲目は一旦落ち着いてこの曲から。

1.MIRACLE

冒頭、ちょっとした噛み合なさがあるかな?という感覚がありましたが(音楽的に詳しい方であれば原因がわかるのかも)
ワンコーラス終わったあたりで、演奏を中断するたかむらさん。

LUKE「やり直すわ。」

おそらく立て直すこともできたんじゃないのかなと思うのですが、最初からやり直すところがCANTAらしいなと思ったり。
改めて丁寧に演奏されたMIRACLE、深く噛み締めながら、問いかけながら聴き入った。

そして次の曲にいくよ!と見せかけて・・・(MASAKIさんたぶんタオルの用意してらしたと思う)
ステージ袖からケーキを載せた台が登場ヽ(´▽`)/
MASAKIさんのバースデーサプライズですね!!
お祝いできてうれしいヽ(´▽`)/Happy Birthday を全員で合唱♪

MASAKI「素敵な中年になれるようがんばりたいと思います!」
LUKE「では中年への第一歩、1曲目はこの曲です!春の嵐!」

確かこんな前フリだったと思うなあ(´ω`)

2.春の嵐
3.Tonight3


春の嵐のエロトピア、最近カメラの方向いてること多くないですか?(´ω`)w
なかなか正面向いてるたかむらさんが見られないw

ラストはもちろんこの曲ですね!

4.Happy Birthday To You!

BLAZEは後ろまでひらけた感じの会場だから、PAブースでの演奏もよく見える感じでいいなあ(´ω`)
(2階席に上がる会場だと、立ち位置によっては見えないこともありますしね)

最後は雷電さんの風船割りで終わりですが!
なんだかこの日だけ、風船スタンドが高かった気がする〜ステージの天井も高いから?ファイナルだから?(´ω`)
例の特大スティックを振りかざして、えいやっ!っといつもより腕を伸ばして割ってらっしゃいました〜


これで長かったツアーも終わりですね。未知の領域を、確かな足取りで踏みしめて。

MASAKIさんと雷電さんが手を上げて声援に応えながら去っていかれたあと、
たかむらさんはさきほど告知に使った用紙を手に取り・・・折り紙???
なんと紙飛行機を作って客席に飛ばしていましたw
1機目は、そんな甘い折り目で大丈夫かなーと思ってたら案の定ふらふらとした航路で、
最前列あたりに落ちた気がしますw
それをあちゃーっという笑顔で見送ったあと、2機目はもう少し違う折り方でしっかりと折り目をつけるたかむらさん。
こちらはふわーんとした航路で、もう少し先まで飛んだと思いますww

もうほんと何やってもかわいい。。かわいいいい。。。。_(:3」 ∠)_

そして最後は最前柵とステージの間の通路に下りてきてくださるたかむらさん・・・
客席との触れ合いを大事にしてくださるのは前からだけれども、ここ2年くらいは特に強く感じます。

私も3列目あたりだったので前方に手を伸ばして。お手を触れてくださるのを待っていたところ。
たかむらさん、右手と左手でランダムに、取りこぼしがないように差し出される手を順番に握ってくださるではないですか。
このとき、私が差し出していた右手と左手を偶然同時に握ってくださったので、ファッ?!(´ω`)ってなりましたww
や、改めて説明するとそれがなんだって感じなんですがwそのときはわああああってなったんですヾ(:3ノシヾ)ノシ

以前はハイタッチ風な感じだったと思うんですが、最近は指先を握ってくださったり、
指を組む形?に握ってくださったりするではないですか・・・
この日も指をきゅっと組んでくださったので、それが両手いっぺんだったもので心拍数ががが。

もう、こういうことをいちいち事細かに覚えてたり反芻したりする自分が大層気持ち悪くてごめんなさい。+゚(゚´ω`゚)゚+。
なんかあれですね、中学生男子があこがれの先輩とフォークダンス踊った感じに近いですかね!←近くない

はー。
このblogは拍手ボタンの隣に気持ち悪いねボタンもつけた方がいいと思う。。。
2014年の目標、脱ミーハーにしますか?無理ですねやめます。

というわけで2013年のCANTAライブ感想、これにて終了。
今年も一年ありがとうございました。

・・・・柏書いてないぞ_(:3」 ∠)_ ちょっと下書きあったんだった〜
そのまま葬るのもあれなので、これはまたあとで。

とりあえず、とりいそぎ、ツアーファイナルよかったよってことでひとつ。
CANTAの音楽が、末永く続くことを祈ってやまない。そこにいてくれて、ありがとう。

スポンサーサイト
【2013/12/09 02:24】 | CANTAライブ感想 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<零れゆくものを拾いあつめて、いつかまた還るように | ホーム | 2013-12-07 目黒 鹿鳴館>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuigulumar0206.blog68.fc2.com/tb.php/550-386aa0b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |