プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
「もう一度」と願った景色は遠く、それでも鮮やかに
※なにげなく書き始めたのだが長くなった上に後半完全にUCHUSENTAI:NOIZの宣伝!!
 よ、よろしかったら最後まで読んでいただけると大変うれしいです・・・


こんばんは、香菜です。CANTAの東名阪始まってますね!
わたくしは安定の東京のみ参加です。。。遠征しない人になりつつあります。。。
新曲演奏されてるみたいだし東京楽しみすぎて失神しそうです。。。


遠征しないと言いつつ地元札幌には行きたい(´・ω・`)ゞ帰省だし・・・と言い聞かせて。
UCHUSENTAI:NOIZの札幌公演に念願かなって参加してきましたよ。
ファンになったのが2011年なので、2年半ごしくらいの夢が叶いましたね。

IMG_9416.jpg

しかも場所が。KRAPS HALLだ。私が初めてCANTAのワンマンを観た場所です。
思い出のライブハウスに紐づく、新しい記憶。それはとても胸が熱くなることで。
あの日のCANTAのライブは死ぬ時に走馬灯に入れてほしい・・・。
大切な思い出です。だから少し怖くもあったんですけどね。
そこに追加されたのが、あたたかな思い出でよかった。

KRAPSは私が札幌在住だった頃にはまだなかった(と思う)ハコなので、
今回の入れても合計2回しか行ったことないのですが
横にステージが広くてメンバーさんも動きやすそうだし、照明が綺麗だしすっかり好きな場所です。
なにより札幌で観られたことがうれしくて・・・。感無量です。地元好きすぎです。

IMG_9517.jpg

実家のちわわぬ空たんも元気です。

UCHUSENTAI:NOIZは47都道府県ツアーを敢行中でしてね。
その一方でフィリピンでのボランティア活動にも継続的に取り組んでいるという、
地球の平和を守るヒーローというコンセプトを体現しているバンドなのですよ。

少しでもご興味があったらぜひ見ていただきたいのですが
最近公開されたウレぴあ総研のインタビュー記事はフィリピンでの慈善活動に特化した内容で、
ANGEL-TAKAさんの人としてのまっすぐさに改めて敬服しました。

私がファンになった2011年はちょうど、2回目のフィリピン訪問のあたりで、
そのときは歯ブラシを集めて子ども達に配る活動をしていたんですが
1回目はANGELさん単独で訪問して、次はメンバーを連れてくるからと孤児院の子ども達に約束をして。
時間はかかったけれどその約束を果たしに行くんです。
そして歯ブラシで子ども達の歯を守る活動から、貧困から抜け出せるように学校に行ってほしいという
奨学金活動にシフトして現在も続いています。
さらに、去年フィリピンで発生した台風災害への支援も。
(このあたりは上記インタビューが詳しい)

私はなんていうか、NOIZのそういう姿とか活動を見て、この人たちはコンセプト通りのヒーローだな、
付いて行きたいなと思ってより好きになった部分があって。
だからフィリピンでの活動はとても、応援したい。
ボランティア活動だけではなくて、
おそらくフィリピンにライブをしに来た最初のヴィジュアル系バンドなんですよね。
なのでライブをする度に熱狂をもって迎えられてるというのがまた、
動画で見ていても熱くなるものがあります・・・

今度ついにフィリピンでの1st ALBUMリリースが決定したそうなので、
今後の展開に期待している(`・ω・´)ゞ

こちらは先日公開されたタガログ語で歌っているカバー曲。(フィリピンのバンドの曲をNOIZがカバー)
「暗闇の中の光」というタイトルみたいですが歌詞が気になるな・・・
台風災害チャリティーにあたってこの曲を選んで、収録されたそうなので。
メンバーが着ているのはチャリティーのために発売されたTシャツです。

2012年に公開された同じくカバー曲で「NARDA」というのもあるんですが、
NOIZらしくアレンジされていてとても好き。
大ヒットした曲だそうで、フィリピンの方は老若男女みなさん歌えるみたい。

好き・・・! 
NARDAの公開直後のフィリピンツアーは、私も参加してるんです。
マニラではなくてダバオという都市で開催された3日間のライブ。
ライブではNOIZのオリジナル曲でももちろん熱狂の渦でしたが、
NARDAが始まった瞬間の現地の皆さんの高まりがすごくて、大合唱になって。
あの空気をまた体感したいなというのは私の、遠い夢です。
ほんとうに素晴らしい体験すぎて、今も鮮やかに思い出せるし、
いつかまた行きたいというのは変わらない夢なんだけど
たぶん、私がその土地に行くことよりも
現地で待ちわびている人たちにNOIZの音楽が届くことが、
より叶うべき夢なのかなと思う。ちょっと違うかもしれないけど。
正直行けたら行きたいでしょ?と心の声が囁きますね。はい。
日本のファンをオフィシャルのパックツアーで募集して連れて行ってくれるのは、きっとハードルが高いんだろうなと、
2回目は難しいのかもしれないな、というのをなんとなく考えているからでもありますな。
とても自力で行ける気はしない。。。ちょっと滞在しただけのマニラは特に怖かった。。。


私は海外経験がほとんどないので、日本では考えられないくらい貧富の差が目に見えてはっきりしていて
そのうえで貧困地域と、富裕層が買い物するエリアが隣接しているとか、
10歳にも満たない子が道ばたで、私の服をひっぱってお金をねだることだとか、
そうした現実にカルチャーショックを受けたのも事実。
そういった環境で、「学校に行かせたい」というボランティア活動はとても意義のあるものだと思います。


ううむ。日本語が拙すぎるな・・・。

えーと、カバー曲を続けて紹介してしまったのでUCHUSENTAI:NOIZのオリジナルも!

5ヶ月連続リリースシングルのラストを飾った「ライカ」。
かなり実験的な作品なのでPVも変わってるけど、歌詞の世界観も含めてとても好き。
  『そこから何が見えたの、ライカ』
  『伝わらない 夜明けの瑠璃色も』




長々とすみません。なぜこんな長文を打っているかというとですね、

iPhoneがばきばきだからです。

え?

iPhoneの液晶画面のガラスが、転倒した拍子にばきばきになってしまいまして!(´ω`)

ばかなの?なんなの?ばかなの?

明日交換修理の相談に行く予定なんですが
(任意のApple Care+という保証に加入していたので自己負担は少ないはずです・・・)

もう、傷だらけのiPhone見るのつらいのでMacで長文打って逃避しているわけです・・・。

軽傷ですが手のひらと膝小僧も擦りむいてまして、
おまえ小学生かと。。。自分が許せない。。。(´ω`)

滅せよ、我。(´ω`)



スポンサーサイト
【2014/04/08 00:54】 | 日々 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<どうかしあわせでありますように | ホーム | ぬくもりを懐かしむ、今はただ春を待つ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuigulumar0206.blog68.fc2.com/tb.php/557-accc0b54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。