プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
2014-05-04 えんそく 心斎橋VARON
急遽思い立って参加したえんそくさん大阪ワンマンヽ(・ω・)ノ
ほぼツイートまとめなので内容細切れですが!
覚えておきたい記憶!!

そして池袋や中野ZEROの記録読んでくださった方ありがとうございます(´;ω;`)
このblogを普段読んでくださっている方は、えんそくさん知らない方が多いと思うのですが
拍手ボタンまで押していただいてうれしいです。名前だけでも覚えていってください・・・
よろしければぜひ、試聴してみてください・・・!「白いテレビ」「ツンドラの暴君」おすすめです!



心斎橋varonは私は初めて!できて1年くらい?綺麗なライブハウスでしたー

ビルの地下なんだけれど、階段の上にモニターがあって、今後のスケジュールとともにえんそくちゃん画像も!

この衣装も好きだったなあ。

開場前物販に、特に買うものはないのだけどスタッフさんにお手紙預かっていただこうと赴いて、
何も買わないのも悪いので過去チェキを1枚購入したらクラオカさんが出た!

※この日は終演後当日チェキも買ったけど2枚とも稔さんだったw
 私ほんとに稔さんの引き強すぎて早く稔さん本命になりたいです・・・!

1/11のクラオカさんチェキうれしい、七日間戦争初日じゃないですかー。
まさとさまのバースデーライブとかぶっていたので私は不参加だったのですよね。

そして寺子屋先行のピクチャーチケット。

大阪は先行申し込んでいなかったので譲っていただきました。
おかげさまで見やすい位置で見られてありがたかったです(´;ω;`)

てなわけで覚書スタート!

<2014-05-04 えんそく『惡道を進め!~主要都市洗腦大作戰~』TOUR 心斎橋VARON 覚書>


セットリスト。
SE「ここは一先ず退散だ!」
1.惡のミカタ
2.となりのオロチ
3.少女怪獣バンギャルラ
MC
4.デジデリオ
5.コドナチャダルド~人生の続編~
6.This is a pen.
MC
7.1999年のブルース
8.その後のペテン師
9.いなおりベイビー
10.はたらくのりもの王
MC
11.少女戦闘員M、踊る。
12.白いテレビ
MC
13.ゴードン
14.OKINAWA
15.TDL
16.ブルーハーツ
17.最後のえんそく
18.改造人間「人間改造ニンゲン」

ガンダーラ(アンコール)
1.ウシノシタ団のテーマ(※フルコーラスではなく冒頭だけアレンジして演奏)
2.アンテナマン
MC
3.YES!BUT!堕落道
4.ツンドラの暴君


退散だ!の方から始まって驚き、さらに
エンディングにもってくると思っていた惡のミカタ始まりだったのでびっくりした!
OKINAWA、私ライブで聴いたのまだ2回目くらいなんですがすごくかっこよかった。
そこからのTDL、ブルーハーツの流れ熱かったなあ・・・
ブルーハーツ本当に好き、青春すぎて走り出したくなる・・・!
クラオカさんとじょいさんが一緒にきゃいきゃいしてるのもかわいいし。。。
最後に向かい合って抱き合ってたのはブルーハーツだっけなあ。


VARON、フロア後方が潰してあったせいもあって後ろの方が詰まって狭そうだったんですが(私は開始時、下手3列目)
2曲目3曲目あたりで
ぶう「座席なんてねえんだよ、隙間があったら前に来い!そのままそこにいろ後ろに戻るな!」
という激しめの煽り。
少女怪獣バンギャルラの曲中、ぶうさんがつかつかと下手に歩いてこられたので、
ぶうさんセンターからあまり動かない人なので下手うれしいなー!わーい!と腕を伸ばしていたら
その腕をぶうさんにがしっ!とつかまれて、最前柵に引きずり込まれた・・・!!
きゃー強引!かっこいい。。。痺れた_:(´ཀ`」 ∠):_
そんなこんなでそのまま最前にはいなかったものの、2列目の方が最前にずれたりで、
私も2列目に。えんそくのお客さんは煽られてちゃんと詰めるのがいいなあと思いました。

そして同じ少女怪獣バンギャルラではクラオカさんもかなり荒ぶってらしたので、
ぶうさん同様に前に来いー!という感じで目を見ながら腕をつかんでくださったりして。
だ、大サービスだな・・・!と接触になれていない私は震えました(´ω`)
痛いファンですみません・・・
あと最後のえんそくの時かなあ、モッシュ中にすごく煽りながら荒ぶっているクラオカさんが、
もっとこーい!という感じで煽って、前に来た人たちの頭をニコニコしながら撫でてくださったんですけど・・・
いいんですかこんなサービスを受けて・・・・_:(´ཀ`」 ∠):_
撫でるというかがしがし!って感じでしたけれども!その手の感触がうれしい・・・!
本当に痛いBBAですみませんうれしすぎて舞い上がりました。。
いやでも本当に自重しないと、若い男性との接触に喜ぶBBAとかつらすぎるね(^ω^)消えてしまいたい!


そしてデジデリオはうっとりするしかなかった。
胸の前で手を組んで涙を浮かべながら聴いてしまいました。
純情BBAですみません。。。
歌詞、曲調すべてが泣けるけれども、ギターもすごく叙情的だし、
そしてこの曲のベースラインがとっても好き!

あと1999年のブルース、サビ前でクラオカさん→Joeさん→ミドさん、と弦楽器隊で
同じフレーズを回すところがあるんですが、その時ピンスポット照明が順にばしっと当たっていて、
VARONの照明さんすごいな!と思った記憶。
さすがにツアーの照明さんはえんそくさん専属じゃなくてハコスタさんかなと思ったので。
ライブの照明はわりと気にするタイプです(´ω`)

最初の方のMC。
ぶう「今年のえんそくはヴィジュアル系と戦争だ!いい感じのバンドと対バンして、いい感じのお客さんをもらっていく!」
「待ってろよ○○!○○!!」←人気V系バンド名
おまえたちは優秀なサクラ、戦闘員だ!
「衣装だって軍服で非常にかっこいい!(ミドさんを見る)・・・ト、トカゲもいる!が、かっこいい!
「こんなにかっこいいと、ガチ恋のファンがつくかもしれないなー?」
「それでもお前たちは動揺するなよ?ガチ恋もお前達も、俺が全部受け入れて味方になる!!
「ガチ恋が増えたら(黄色い声で)『ユースケユースケユスケェ〜〜♡』みたいなファンも付くかもしれないな!」


ガチ恋w そんな単語バンドマンが使ってるの初めて聞きましたよ!

これは衣装がかっこいいっていう話の流れだったかな?

ぶう「じょいさん!じょいさんの中二病な設定、言ってやってよ!」
Joe「最初に言っておきますけど、私が考えたんじゃないですからね。衣装さんがぽろっと言ったんですよ・・・
『メンヘラな彼氏(クラオカさん)』と、『陽気な殺し屋の彼女(Joeさん)』って・・・」

ぶう「さすが、もやがかってるよね!」

ぎゃあああああ中二病っぽいの大好き!しかも恋人設定じゃないですか_:(´ཀ`」 ∠):_ !!!
私の脳内設定でももちろん恋人設定でしたが///←衣装の話ですよ。。。
サイコパスで有能だけれどキレると何をするかわからないクラオカ参謀(元再殺部隊)と、
その彼女である勝ち気な笑顔の暗殺者(非合法再殺部隊にいたステーシーの生き残り)Joeさん、
というのが私の設定でした・・・参謀はキレキャラだけど彼女にはめっぽう弱いっていう。。。
このステーシーな設定を嬉々としてぶうさんへの手紙にしたためた私の痛さたるや。しのうか?(^ω^)

にしても、クラオカさん実際はメンヘラっぽさ微塵もないですよね!
でもでもライブだと変顔もしてくださるけどアー写が美しすぎてですね、
神の与えた美貌で国のひとつやふたつ滅ぼしてるだろうな・・・
この美しさで、頭がおかしい冷酷なキャラだったら最高だな・・・とか思ったわけです・・・

ぶう「じょいさんは2014年の今も、楠本まきの世界にいるんだよ!kissxxxxだよ!」
「かめのちゃんになりたい!って奴いるんじゃねえの?」

突然の楠本まき先生!ぶうさん漫画詳しいなあ。もう20年くらい前の漫画ですね。。。
もちろん私は今でもかめのちゃんになりたいです・・・


そんなこんなでギター隊に夢中。
この日はクラオカさんJoeさんの足元まで見えて至福でした・・・。
エフェクターをかちかちと踏む足元を見るのが本当に好きで。
さらに、お2人ともワウペダルお使いなんだなあとこの日初めて認識したんですよね。
(曲によっては確かにワウ使ってるフレーズあるのでなんで今まで気づかなかったのか謎なんだけど)
クラオカさんは1999年のブルースとツンドラの暴君で、
Joeさんは白いテレビでお使いだと思う。ワウ踏んでるギタリストって本当に素敵・・・
そのシーンを震えながら見つめました・・・。好きだ・・・!

しかし今回の衣装本当に暑そうで。池袋のときはぶうさん暑そうだなと思ったんだけど、
大阪ではクラオカさんJoeさんのギターのボディが、汗にまみれて光るレベルに汗を流しておられて・・・
クラオカさんなんて腕を振り上げる度に客席にも汗の飛沫が。
あ、聖水ってこういうことかな?じゃあありがたいな?とか一瞬でも思ってしまって本当にしにたい

もちろんぶうさんも暑そうだったんですけどね。暑いな〜という話をしているときだっけなー、
ぶう「おっととっと?」
客席\夏だぜ!/
EEJUMPなつかしいww咄嗟に反応できてしまう、、、世代ですね。。。
ぶうさんテンション高くてこれ系の単発のネタをいくつか挟んできてたんですが
ぶう「こういうことしてると記録用ビデオ見返した時に俺がつらくなるからもうやめよう!」

おもしろいのにw(´ω`)


これは少女戦闘員M、踊る。の振付け説明のときかな?
ぶう「なあ戦闘員!」
客席:\イー!!/
ぶう「初めて見た人は驚いただろうね、洗脳されるとこうなるから!」
客席:\イー!!/
何を言われてもイー!と返す客席に、ぶうさんうれしそうw
ぶう「これ気持ちいいんだよー、1人ずつここでやらせてあげたいくらい。クラちゃん、やる?」
クラオカ「えー!いいの?何がいいかなあ・・・ちょいも地獄!(両手を広げてポーズとりながらキメ顔)
客席:\?!イー!!/
ぶう「え?!何を問いかけてるの?!」

ちょいも地獄ww わろたww クラオカさんの言語センスすごすぎる・・・!


白いテレビが、Joeさんのエモーショナルなギターで終わったあとのMC。

ぶう「大雪が降って大変だったの、今年だっけ?今年だよなあ。あの日、ライブがあったんだよ。俺、自転車で行こうとしてたんだけど、まず玄関のドアがこれくらい(身体の幅より狭い)しか開かなかったの!」
「玄関の上の屋根っていうかひさしがこれくらいしかないから、雪が積もっちゃって、その積もった雪をドアあけてぎゅーって押し付けてるから、重みでそれ以上押す事もできなくなって」
「それでその隙間から出ようとしても、ドアノブが引っかかって出られなくて・・・ドアノブ結構くせものだよ?」
俺、結構横幅があるからさ・・・ヴィジュアル系の中では、だよ?『横幅アリマス』ってね、横浜マリノス・・・
「スコップもないしさ、100円shopで買った小さいチリトリ、あの小さいほうきついてるやつあるじゃん?あれしかなくて、それでドアの隙間から雪かきしてたらチリトリ折れちゃうしさ、100円だから。」
このまま雪解けの春まで外に出られなくて死ぬんだ、この世の終わりだな・・と思ったね。・・・この話オチはないよ?」
「じょいさんの泣きのギター聴いてたら、大雪があったなあ、って思い出したんだよ、世界の終わりだと思ったなあって。でもこの話しなくてもよかったね!」


ぶうさんかわいい(´ω`)横幅アリマス・・・w


ゴードンの前のMCで
ぶう「機関車トーマスのナレーション、誰だと思ってる?レオ、って言う奴は古いんだって、今は違うんだよ」
「じょいさんちょっとやってみてよ!『今日はゴードンのお話です』ってさ!」

Joe「え・・・『今日はゴードンのお話です』・・・」
ぶう「次のナレーションじょいさんになるように、みんな投書したらいいよ、いい声の人がいます!って言ってさ!」


投書w どこにしたらいいんだろうw 確かにいい声です!


ゴードンの振付け説明で、ぶうさんが「昭和のバカのダブルピース!」
と言いながらクラオカさんにやってもらうんだけど
クラオカ「イェ〜イ!(白目で歯をだしてダブルピース)」
なぜこの方は、こんなに二枚目なのにそんなに無垢なバカ顔できるんですかね・・・
尊い・・・尊い・・・(号泣)

この日はミドさんにもやってもらってたんだけど、ミドさんは前歯をこすって乾かして、
上唇を中に折り畳むとよりバカに見える!と実践してましたwかわいい(´ω`)w

ゴードンはさらに、ゴーーー(腕組ヘドバン)ドン!(手を小さく前ならえして真顔)というフリがあって、
ドン!のときのクラオカさんのお顔が、一点を見つめながら目を見開いて口角あげて下目使いに上から見下ろす感じで、
つまりいっちゃってるなーっていう感じの笑顔で。そのヤバい笑顔最高だなと思っていたんだけど
その「一点を見つめる」のが客席と視線をぶつけ合っているとは知りませんでした・・・
何度目かのドン!で、ヘドバン終わってクラオカさんを見上げたら
神々しいまでのドヤ顔で思い切り見下ろされていて、腰を抜かしそうになった_:(´ཀ`」 ∠):_
時間にしたら3秒とかなんだろうけどまったく目をそらさずに、いかれた笑顔で見つめ合い・・・!
私たぶん2回、そのような恩恵を授かりましたがもう本当に、どうにかなりそうだった_:(´ཀ`」 ∠):_

そんなこんなで曲の細かい感想とか記憶がぶっ飛んでしまったよ。。。

最後の方の曲で、クラオカさんがぐるぐる回転していた拍子に転倒というか尻もちをついてらして、
びっくりしたけどそのまま仰向けでちょっと弾いて、すぐ起き上がってらした。
リカバリ早い!
ステージ上で尻もちついてしかも天井向いて弾くギタリストのお姿を見るのはジェイル代官に続いて2回目だわ・・・
と思い出すなどしました・・・(´ω`)


ガンダーラのMC。
ぶう「体力を残すなよ、使い果たせ!あと2曲チャンスがある!ユウスケは体力余ってんじゃないの?」
クラオカ「あ?俺は、元気だよ・・・!(両足を交互に蹴り上げる)」

ご無理なさらないでくださいw 息が切れてますよ・・・!
そして肩で息をしているクラオカさんに、自分のドリンクを飲ませてあげるJoeさん・・・!
愛。。。_:(´ཀ`」 ∠):_


さらに最後の方の曲で(ツンドラの暴君かな?)
クラオカさんのギターソロがとても感動的だった。
最前列の柵に接近する形で客席側に身を乗り出して弾いているクラオカさんに呼応して、
1列目2列目のお客さんが咲きながら自然にしゃがんでいって、その輪が大きくなっていって、
クラオカさんを中心に花が咲いたようだなと思ったのです。後ろの方まできっとよく見えたことと思います。
ライブ後に更新されたクラオカさんのblogで、
「そして、俺のギターソロの時の客席の状態に俺は感無量だった。あれは忘れられないぜ。」
という表現があって、きっとあのシーンのことかなと思ったら胸が熱くなった。正解はわからないけれどね。
えんそくoffficial blogクラオカユウスケのSeven Rock Days2『始まりの合図6』

色々と、興奮することが多すぎて、ライブではそれが当然だけれども
もっとこう、今のフレーズの弾き方かっこよかったなとか
この時のステージング素敵だったなとか、もっとあったはずなのにどんどん記憶から消えていってしまうよ。

だからせめて、覚えていることだけでも残していきたいなと思います。
次は大阪インストア!と名古屋インストア!を残したいな。

この独りよがりな長文を、最後まで読んでくださった方、
ありがとうございます。
少しでもえんそくさんに興味を持っていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
【2014/05/17 16:27】 | えんそく | トラックバック(0) | コメント(0)
<<2014-05-05 えんそくインストアイベント ライカエジソン大阪店 | ホーム | 2014-04-20 えんそくインストアイベント Brand-X>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuigulumar0206.blog68.fc2.com/tb.php/567-22d79925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。