プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
2014-05-06 えんそく 名古屋ell.SIZE
次のライブが入るとどんどん記憶薄れるので早く書こうと思いながら5月も下旬ですよ。。。
先日3年ぶりにcoal tar of the deepers観てきました。なっきーは妖精でした。かわいかったです。
あんなにビール飲みながらライブする人だっけなあ・・・w歌声は飲んでも変わりませんね!

ここ最近えんそくさん関係のエントリーまみれになっていますが、
読んでくださった方ありがとうございますー(´;ω;`)
忘れた頃に拍手が増えるのですがお気遣いありがとうございます(´;ω;`)お知り合いの方かな・・・

いつもこのblog読んでくださっている方には馴染みがないかと思いますが
少しでも興味持っていただけたらうれしいです。バンド名やヴィジュアルで私も壁があったのですが
それには勿体ないほどの音楽性と演奏力をもったバンドさんです・・・!
特にクラオカユウスケさんは20代のギタリストとしては飛び抜けたものをお持ちだと感じています。

というわけでえんそくさんの主要都市洗腦大作戰ツアー、地方ファイナル=セミファイナル名古屋の記憶を!
つらつらっと書き留めていきます。
ほぼツイートしたことのまとめなので細切れですが!
そして今までよりは短いはず!

<2014-05-06 えんそく『惡道を進め!~主要都市洗腦大作戰~』TOUR 名古屋ell.SIZE 覚書>

この日はELL、FITS ALL、SIZEと大須がARTPOP関係バンドで大変なことに。。。
客層かぶりすぎで勿体無い。

えんそくさんはSIZEですよっと。


私はライブの数日前にプレイガイドでチケット購入したので後ろの方だったのですが、
ell.SIZEは段差があるので後ろでも見やすいですね!
すごく視界がクリアで、この日も下手にいたのですがぶうさんもよく見えて、
ここ数回はほとんどぶうさん見えていなかったので
(クラオカさん前だと目が離せなくなってセンターが向けない)
この日はステージ全体を堪能しました。
もちろんクラオカさんもJoeさんもよく見えて。あまりの美しさに見とれるなどした。

セットリスト!
SE「ここで会ったが百年目!」
入場曲:ウシノシタ団のテーマ
1.ツンドラの暴君
2.コドナチャダルド~人生の続編~
3.ブルーハーツ
MC
4.デジデリオ
5.いなおりベイビー
6.アンテナマン
7.愛の流星
MC
8.ゴードン
9.581c
MC
10.白いテレビ
11.ハロー・ゴッド・モーニング
MC
12.This is a pen.
MC
13.少女戦闘員M、踊る。
14.1999年のブルース
15.俺、イクラ化計画
16.TDL
17.少女怪獣バンギャルラ
18.惡のミカタ

ガンダーラ
1.最後のえんそく
2.ハイウェイ・スター・ラブ
MC
3.改造人間「人間改造ニンゲン」


ツンドラの暴君はクライマックスにもってくる曲だと思っていたので意外だった・・・!
もう最初からクライマックス!
でもあまり最初の方だとJoeさんが乱れられないですね!狂おしい笑顔は見せてくださいましたが!
口紅乱したりとかはなかった!(あの仕草、好きです)

そしてツンドラのクラオカさんボーカルパート、
ステージセンターで♪冷たさ重たさ痛さに慣れた~♪と歌いながら腕を広げて左右に移動するクラオカさん・・・
の、後ろでぶうさんも真顔で左右移動してる・・・!!
こ、これは珍しいのでは。
ぶうさんの真顔好き。わざとらしいほどにむすっとした顔、というか。好き。

コドナチャダルド、後ろから観るとやっぱり壮観。
絶!好!調!\(^ω^)/ 調(下手)以外で飛べる気がしません!!

そして3曲目でブルーハーツきちゃいますか!最初からフルスルットルですよ・・・!
ステージ遠いしわりと空間に余裕があったので大げさに「大好き~♡」のハートを飛ばすなどしてひとり楽しみました。。。
この曲は特別だなあ。えんそくさんらしさの詰まっている曲だと思う。
クラオカさんとJoeさんがうなずき合いながら、次はこっちね、とジェスチャーしながら右に左に
ツイストで移動したりするのを微笑ましく眺めていました。
否、微笑ましいっていうか悶絶しながらの間違いだわ。。。

最初のMC。
ツアーのセミファイナル、座席のないライブでは今日がファイナルなんだよ!
っていうことを言ってらしたと思う。
そうだよセミファイナル!悔いのないように楽しむ!(`・ω・´)ゞ

ぶう「後ろ!暗くてこっちからじゃよく見えないんだよ、だから通常の3倍飛べ!」

照明さんが気を利かせて客席照らしてくださる。
そして3段目の私、煽りに素直に従う体質なので必死に垂直ジャンプヾ(´ω`)ノシ

ぶう「おー高い高い。バレー部みたいだな!」

わ!目が合うまではいかなかったけどこっちを見て言ってくださった気がする!
さらに、クラオカさんもこちらの方向を指差してよーし!みたいな顔でうなずいてくださった!
きゃーうれしい!きゃーーー!BBA渾身の垂直ジャンプした甲斐がありましたよ・・・
たぶん端からみたらトドショーみたいだったと思うよ・・・

デジデリオのうっとりタイムが本当にうっとりなんですが。
ぶうさんが池袋EDGEのMCだったかな、で、
「こういう普通にいい曲どうやって聴いたらいいかわかんねえだろ、バンドマンが喜ぶポーズを教えてやる!」
と言いながら、
・胸に手をあてて聴く
・唇に指をあてて聴く
とかそんな話をしてらしたけど、(表情はどちらも泣く寸前みたいな感じだったwはわわ・・・!みたいな!)
ごめんなさい意識しなくてもそういう感じになってごめんなさい・・・BBA涙もろいねん・・・
この曲はベースに耳を澄まそうと決めている。この日も胸に沁みました。

いなおりベイビー、私まだちゃんとフリできなくてぼーっとしてしまう時がある(´ω`)
ぶうさんが真顔で猫ちゃんみたいな(拳を頭の横でちょいちょいやる)ポーズしてるのがかわいくて・・・。
そしてじょいさん!じょいさあああああんん!!!ソロ好きです!!

愛の流星、私はライブではまだ2回目とか3回目とかそんな感じの邂逅です。
わ、わ、若い!これ曲にできるのすごい!歌詞の大どんでん返しがすごい!
そして右手の親指と人差し指をL字に開いて、指で☆を描いたあとに目の横にあてて、
つまりマクロスのランカちゃんみたくキラッ☆ってやる振付があるんですけど、
ぶうさんの美貌でやられるともう、どうしたらいいかわからなくなるくらいかわいい。。。(壁殴)

ゴードン前のMCかな?
ぶうさんずっとハイテンションで、MCも結構不思議な感じになっていたんだけど

ぶう「すみませんね、今日は薬飲み忘れちゃって。中二から患っている薬をね!

患っている薬ってw 中二から患っている病って言いたかったのでしょうな!
もう、最高だ!!

ゴードンの振付け説明では、クラオカさんによる安定の『昭和のバカのダブルピースイェーイ!』を堪能したのち・・・
(あのルックスでバカキャラをこなしていらっしゃるのがすごいんですよ・・・奇跡か・・・)
ぶうさんがミドさんにもイェーイやってみてよ!とふって。
意気揚々と前歯を剥き出しにして指で歯をこするミドさん!
ミド「歯乾かして、唇を内側に折り込むとよりバカに見える!」
その発想はw なかったww
そしてゴードンのサークルモッシュ・・・サークルシュッシュは、
ell.SIZEの段差に考慮して段差別モッシュでした(´ω`) 3段目もぐるぐる楽しかった!

そして581c!私たぶんライブで聴くの初めて!!
これが衝撃的なくらいかっこよかった・・・。
CDだとそこまで好きな曲というわけでもなく、ふーんと聴いていたのだけど
この曲のギターめちゃくちゃいい。。。改めてCD聴くとCDでもかっこいいのだけど、
ライブではクラオカさんとJoeさんのギターの絡みがとんでもなくよかった。。。
ちょっと痛いくらいの歪んだ音で、でもノイジーな歪みじゃなくてちょっと懐かしい感じの。
これはまた聴きたい・・・。

白いテレビ前のMC。

ぶう「パラレルワールドっていうのがあってさ。人間が考えたり願ったりしたことは全部実現可能だって、そういう説があるんだってさ。
(ミドさんに)なあトカゲさん、聞いたことあるか?!・・・トカゲの世界にはその概念はないか・・・

かぶりをふるミドさん。

ぶう「おバカちゃんは聞いたことあるかい?
クラオカ「?・・・クラオカですけど。

ちょっと。おばかちゃんって呼んじゃうぶうさんもぶうさんだけど(かわいい)
おばかちゃんって呼ばれて、違いますけど?クラオカですけど?
みたいにしれっとした表情で返すクラオカさんもなんなの。天使なの?

ぶう「じょいさん!中二病のじょいさんなら知ってるんじゃないか?!」
Joe「・・・結構好きです」
ぶう「稔さん!大分にはパラレルワールドはあるか?」
稔さん、さあ?と手を上げるポーズ。


ぶう「俺が考えた、世界の終わりの歌を聴いてください。」

ぶうさんの描く終末幻想がとても好き。
アルバムの中で一番好きなのは白いテレビかもしれないなあ。
Joeさんとクラオカさんのソロのコンビネーションも好き。

そして次の曲が、ハロー・ゴッド・モーニングだったので、
もう、声が出せないくらいうれしかった。
1月にファンになってから、ずっと聴きたかった曲です。
七日間戦争の2日目に演奏されていたようなのだけど、その日はまだ音源を持っていなかったので
意識して聴けたのはこの日が初めてでした。
すごく個人的な感想をだらだら長く書いてしまうけれど、
子どもの頃にはもっていた万能感、全能感の感覚を歌詞に昇華できてしまうぶうさんは本当に持っている人だと思う。
足りないなんて勘違いでした、その言葉がとても清々しくて。
明るい曲調なのに涙がでてしまうような、どこか尊さがある、そんな曲だと思っています。
そして、この五大都市ツアーで、池袋・大阪と見て来て感じた私の感想は
「万能感、全能感を感じた。えんそくさんはどこまでも行けるという確信を得た。」だったので、
まさしくハロー・ゴッド・モーニングは今のえんそくさんにぴったりの曲だなって。
だから名古屋か中野で聴けたらこのうえなくうれしいと思っていました。
なので名古屋で聴けて本当に、うれしかった。
出会いたい曲があって、出会うことができて、やっと会えたねなんて思って。
曲の途中から涙が止まらなくてずっと、押さえることもせず泣いていた。しあわせなことだと思う。


ハロー・ゴッド・モーニングの曲終わりかな?
ぶうさんが3回、投げキッスしてたと思う・・・!
今までもそんなことする方でしたか??私は初めて見た気がする!
びっくりしました。

少女戦闘員M、踊る。の前のMCではぶう総統閣下の・・・というか将軍様劇場が・・・w

ぶう「総統閣下の命令は絶対だ・・・北朝鮮のマスゲームを超える一体感を見せて欲しい!」
足をまっすぐ伸ばす北朝鮮的な行進をしてみせるぶうさん。かわいい。

クラオカ「足、みじかっ(吹き出す)」
ぶう「貴様、将軍様にそんなこと言ったら処刑されるぞ…!」
わろたw

ぶう「俺が短いんじゃない!お前が長すぎるんだ!」
そ、それだ!納得!

ぶう「お前達はこれから、何を言われてもイー!と答えろ!」
\いえーい!/←あっw 間違えてるw
ぶうさん「お前ら処刑されるぞ・・・?!」
「我が国が2万人になったら、イー!って言わなかった奴は処刑するからな!
 口にまんじゅうを詰め込んで処刑する!【甘き死】を与える!


甘き死www ぶうさん天才すぎて!!!

1999年のブルースはこの日もクラオカさんのワウペダル遣いに酔いしれました・・・
サビ前のフレーズ回し(クラオカさん→Joeさん→ミドさん)はこの日もピンスポット照明ばっちりだった!
すごいなあここはかっちりリハしてるのかな?すごく高まる。

俺、イクラ化計画。は初めて聴いた・・・!かな?
音源も持っていないのでよくわからないままだった・・・
あれ?もしかしてダウンロードならまだ買える曲かな(´;ω;`)調べよう・・・

からの、TDLでテンション上がりまくりでした・・・
踊り狂いたい・・・!!

そしてこの日も少女怪獣バンギャルラが聴けました(´;ω;`)大好きです・・・!
私ヘドバン下手なので一応形だけでもやろう!とぬるいヘドバンしていることが多いのですが
この日は後方で見ていたので、私より前の人が全員綺麗にヘドバンしている・・・
という瞬間があって。うわーいいなあなんて思って、自分はヘドバンすることも忘れてぼけっとしてしまって、
ふとステージを見るとJoeさんと目があってしまった(´;ω;`)ごめんなさい・・・!!
なにしろ最後方で遠いので目があったというよりこっち方面を向いてらした、という感じだとは思うのだけど、
じょいさんが人差し指を立てて口角を上げて笑いながら、ちょんちょん、と頭をつつくポーズを・・・!
ごめんなさい振ります振ります・・・!!(´;ω;`)
あわててヘドバンするわたくしでした。。。

惡のミカタ、ギターソロがとてもしあわせな音がする・・・なんていうんだろう・・・
歌詞もすごく好きなんだけど、その世界観にすごく合っているというか。。。
胸をいっぱいにしながら聴きました。
そして惡のミカタの終盤、歌メロがないところでぶうさんが
「俺が、味方になってやるー!!」
とシャウト。
今までそんなのあったかな?思わず口をついて出た叫びなのかなとか考えてしまって、
とてもきゅんときた。

本編終盤からガンダーラにかけての会場の一体感がとてもすごかった。
会場全体を包む高揚感みたいなもの、熱いとか楽しいとか超えて、みんなで同じところを見ているような・・・
という錯覚なのかもしれないけど、あの熱量は覚えていたいなと思う。

もっともっと覚えていたかったのになあ、
こぼれ落ちるように忘れていってしまうから。
せめてもの記録に、覚えていることをこうして叩き付けるように書き留めてしまうのです。

ああ、五大都市ツアーの感想書き終わってしまった!
一抹の寂しさ・・・(´ω`)

でもまだまだここから、始まりますから。終わりの始まりと、その先の春。

来年4月の赤坂BLITZワンマンに向けて、快進撃を続けるに違いないえんそくさん。
私はどれくらい、目を離さずにいられるかな。

どうか、えんそくさんを知らない方が少しでも興味を持っていただけたなら、
と願ってやみません。




最新アルバム「惡童のススメ」ぜひ試聴してみていただけたらと思います。
バラードがお好きでしたら白いテレビ、
激しい曲がお好きでしたらツンドラの暴君がおすすめです。

自主的に宣伝投稿ばかりしておりますが、
本当に、知られないままで過ぎるには惜しいバンドだと思います。

さて!
どうしても今週中に名古屋まで書き終わりたかったのはCANTAのFCイベントが待っているからです!
気持ちを切り替えて楽しむ!!!
私は好きなバンドがたくさんあって、それはとてもしあわせなことで、
苦しいことでもある(´ω`)身体はひとつしかなくて、いつも取捨選択を迫られている。
(7月のvivaceイベントは不参加になりました)
選ばなければならないことは、切り捨てたようでとても悲しくなることがあるけれど、
そんなことで、好きであることから逃げるのはもっとつらい。

身の丈にあった愛情を、これからも静かに注ぐよ。
全部に全力になれなくてごめんね。でもどれも本当に、大好きだよ。
スポンサーサイト
【2014/05/27 20:38】 | えんそく | トラックバック(0) | コメント(0)
<<BABY I LOVE YOU | ホーム | 2014-05-05 えんそくインストアイベント ライカエジソン名古屋店>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuigulumar0206.blog68.fc2.com/tb.php/570-a1b07d6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |