プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
2014-06-21 えんそく 心斎橋club ALIVE!
名古屋なう。なんだか3日前くらいに急に行くことにしたライブ遠征。。。
そして昨日は大阪にいました。これは10日くらいに急遽我慢できずに予定に入れて・・・
おまえはこらえ性のない犬か。条件反射でよだれ垂らしすぎ。わんわん。犬に失礼だよ!
♪私ってー馬鹿なのー犬以下なのとー微笑むー♪ まさしく私のための歌だよ。。。

それは置いておいて、またしてもえんそくの記事更新ですよ!2日連続ライブなので書かないと忘れる!
CANTAの記事書きかけだというのに!それも忘れてませんから!!!

<2014-06-21 えんそくVSマイナス人生オーケストラ2マン『This is a サブカルチャー』 心斎橋club ALIVE!>

今年はツーマンライブを積極的に行っていくえんそくさん。今回はマイナス人生オーケストラ!
これは楽しくないわけがない!マイナスさん、去年初めてイベントで拝見した時から気になるバンドです。

長くなりすぎたので折り畳みますね。(PCの場合)
「続きを読む」からどうぞ!

ではまずえんそくのセトリ。

OPSE:マイナス人生オーケストラの登場SEの改変
1.This is a pen.
2.改造人間「人間改造ニンゲン」
MC
3.コドナチャダルド
4.はたらくのりもの王
5.デジデリオ
MC
6.痴呆少女どぐら★マグラ(マイナス人生オーケストラカバー)
MC
7.ゴードン
MC
8.少女戦闘員M、踊る。
9.アンテナマン
10.TDL
11.最後のえんそく

アンコールセッション
アベルカイン(特撮カバー)


アンコールセッションで私が一度死んだことは想像に難くありませんね。
気持ちを落ちつけてそれはあとで書きましょう・・・・

イベントの先攻はえんそく!
このツーマンは東京でも開催されるので、きっとそのときはえんそくが後攻な気がする。

マイナスさんの登場SEが流れて沸く客席!ぷりっきゅあぷりっきゅあ・・・
そしてマイナスさんverだと「ステージを変態が飛び回りますのでご注意ください」みたいな解説が流れる部分がぶうさん用にアレンジしてあって
「ものすごい勢いで汗を飛ばすゴリラが登場しますので、ご注意ください!」
「ゴリラにはけして食べ物を与えないでください!」

ぶうさんはゴリラじゃないよー!;;←マジレスやめて

そしてSEにのってメンバーが1人ずつ登場!SEに合わせてセンターのお立ち台でポーズとってるんだけど、
稔さんとミドさんのとき、なんて言ってるかよくわからなかった・・・
お笑い芸人さんのネタな気もする。とても疎いのでわからない・・・・
マイナスさんの元ネタとは全然違う内容になっていたとは思う。
クラオカさん登場のときはCMが元ネタの「♪倒れるだけで腹筋ワンダーコアー♪」の音声にが流れて
お立ち台の上で下手側向いて横向きに立つ→両手を頭の後ろにあてて後ろに傾く→起き上がるときに体の向きをくいっとひねって客席向いて満面の笑み

を繰り返してました・・・なんだこの穢れを知らない天使は。。。奇跡か。。。

続いてJoeさん。カタコトの「ワタシ、Joe。ニホンゴ、チョトワカル・・・」みたいな音声が流れていたのだけど
あれは一体なんだったんだろう。これも元ネタあるんでしょうね・・・・

そして全員楽器をもってスタンバイしつつ登場SE終わり・・・!え、終わり?

ぶう「ちょっと待てー!!!」
来たww そしてなんか手に袋持ってる・・・ヴィレッジヴァンガードのビニール袋だw
サブカルチャー=ヴィレヴァンって短絡的かつ真理ですね・・・!

ぶう「俺の分は?!(クラオカさんに詰め寄る)なあ俺の分は?!(ミドさんに詰め寄る)よくできてるじゃねえかと褒めてやろうかと思ったらこれだよ!そんな気はしてたんだよ、だってマイナス人生オーケストラは4人だもんなー!

詰め寄られてるときのクラオカさんとミドさんの微妙な表情が好き。へいへいみたいな。。。

ぶう「まったく、俺が買い物に行ってるあいだにこれだよ・・・」
と言いつつヴィレッジヴァンガードの袋をがさごそ。手袋してらっしゃるせいか開けにくそう!開けて差し上げたい!

ぶう「なんだと思う?丸尾末広も愛用しているという・・・(ボールペン取り出して)This is?」
客席:a pen!
ぶう「This is?」
客席:a pen!

というわけで1曲目
1.This is a pen.

イントロのツクツクしたギター(その表現はどうかと思うよ)、Joeさんパートですね!
Joeさんはこういうファンキーなニュアンス出されるのすごく得意とされている気がする。好き。

「接触ー!」のところではクラオカさん下手のお立ち台に上がって
そこから右手を伸ばして客席上方壁際に下がっている配管・・・ケーブルかも、をつかむ仕草。

しょっぱなから両隣と手をつないでジャンプ移動する曲で、会場の一体感が一気に高まった・・・!

2.改造人間「人間改造ニンゲン」

手を挙げて手拍子するところで、ぶうさんが「もっと高く!もっとだ!」と煽ってらしたなあ。
曲中、かなりの割合で横にぴったり寄り添いながらギター弾いてらしらクラオカさんとじょいさんでしたが
♪その心キャッチして♪」の歌詞のところで、
じょいさんの頭撫でるクラオカさんと、クラオカさんの心臓をつんつんするじょいさんという光景が見られたのですがなんですかこれ。天国ですか。
早く結婚しろください

ここで最初のMC。

ぶう「今日はマイナス人生オーケストラのツーマンだ!This is a サブカルチャー!おまえら、ヴィレッジヴァンガード寄ってきたか?!」
客席:いえーい! 
やっぱりサブカルだからヴィレヴァン選んだんですねw かわいい・・・・
ぶう「えっそんなに寄ってきたの?それもすげえな!」

ぶう「メインカルチャーにはなれない俺たちだけどサブカルチャーでやってやろうじゃねーか!なにしろ今日は、嵐よりえんそくが好きな、EXILEよりマイナス人生オーケストラが好きな奴らでこんなにパンパンになってるんだよ!」

この日はSOLD OUTでしたからね!

ぶう「パンパンだよ、まるで俺の腹みたいにね!ははっ!」

自虐ネタかわいいけどぶうさん太ってないよ!←マジレスやめてください
アメリカンジョークっぽい感じで言ってたなあ、ははっ!まで含めて。

ぶう「今年の俺はピースフル斉藤だ。楽屋でもマイナスのメンバーとずっとしゃべってるよな?(クラオカさんに同意を求める)楽屋では嫌味と嫌味の応酬になってるよ!」

それ全然仲良いように聞こえませんがw

そして何かの煽りに対して客席がfoo!みたいなレスポンスをした時に
ぶう「foo!なの?大阪すげえな!・・・おお!さか!(客席になにかを促すが反応できない客席)ジャストキーポン!」

これはwウルフルズの大阪ストラット! 客席の何人が理解できたのでしょうか・・・
ぶうさんと同世代の絆を感じましたw 私のほうが上だけど!

そしてコドナの客席三分割の説明。
ぶう「みなさんを3つに分けます!ここからここまでのみなさんは釣り人!ここは波!ここは魚!それから絶!好!調!わかりましたね?!」
ここまでではないけどわりと雑だったw

ぶう「ではみなさんひとつになりましょう・・違う!3つになりましょう!」

3.コドナチャダルド

サビ後半の「♪俺なんて足りないフリをしちゃうよ♪」の前に、クラオカさんとじょいさんが目配せして横並びになったので
なにかするのかなと思ったら、タイミング合わせて重心低めにして2人揃ってくるっと回転してた。おおおおお・・・・
これで聖飢魔II連想するのはおそらく私だけだとは思うけど、参謀と閣下・・・!と思いました。。。しぬ。。。

あと何かの曲のギターソロ前にぶうさんがクラオカさんを紹介する口上をしていた気がするのだけどコドナだったかしら。
この日はクラオカさんのギターがピックアップの交換を経て生まれ変わり、
初披露された日でもあったのですよ・・・私はギターのこと何もわからないので直観的な印象だけど、
低音域中音域の厚みがあってすごくいい音だなと思いました。
どうしてこんないい音出せるんだろうというくらい、クラオカさんの音が好き。

ぶう「じゃあ、横移動してもらおうかー!?(胸ポケットから笛を取り出す)右に左に移動してその場でヘドバンだ!」

4.はたらくのりもの王

私はこの曲まだ数回しかライブで聴いたことはないのだけどすごく楽しい!
客席も移動するけどステージ上も左右に移動してはヘドバンしてる!音もヘヴィでかっこいいなー。

ぶう「せっかくのツーマンですから、歌モノもいっておきますか。デジデリオ」

5.デジデリオ

な、泣ける・・・本気のガチ恋ポーズで聴くしかない・・・。この曲のベースラインと、クラオカさんとじょいさんのユニゾンっぽいハモリが大好きです。
モッシュもない歌モノは演奏に歌に耳を澄ませることができるから、あいだに挟めてくださるとすごくありがたい。
クラオカさんのギターの音色、堪能しました。叙情的な色をつけるのがとても上手い方だと思う。

MC。

この時かな?ミドさんがステージ上手からの照明に照らされているのを見て

ぶう「お!ここからみると息が白く光ってすごくかっこいいよ!」
息が白く・・・照らされた埃の動きが反射してるってことかな・・・

ぶう「DVD作りたいわ、トカゲの横側DVD!ってな!はは!!」
なんか変なテンションのぶうさんかわいい。

ぶう「素っ頓教(マイナスさん)に負けず劣らず、最近はうちも宗教がかってきてるからね!信仰心が足りない!つって。・・・なぜ今NoGoDのネタを挟んだんだろうね?」
この話ももうちょっと続きあった気もする。

ぶう「マイナス人生オーケストラとのツーマンなので、マイナスさんの曲をカバーしようかと。どの曲がいいかなーって色々考えたんだけど、タイトルが一番サブカルっぽい『痴呆少女どぐら★マグラ』を選びました。」
じょいさんがどぐら★マグラに合わせた音階をアルペジオで弾く。
その音をバックにぶうさん、

ぶう「これ以上サブカルなタイトルもないよ?ドグラマグラを知らない子はググりましょう、サブカルに一歩踏み出せるから。一歩と言わず五歩は踏み出せる(踏み出すポーズ)・・・BGMに合わないこと言っちゃったな」

痴呆少女いい曲だったなあ・・・ハルさんのblogに歌詞があった。
クラオカさんとJoeさんが並んで弾いている時間が結構あったのだけど、顔を寄せ合いながら、
歌詞をなぞるみたいに歌いながら、時折耳元に口を寄せたりしていて、ああ・・・今日も尊い愛を見た・・・と思いましたね・・・

MC。

ぶう「マイナス人生オーケストラの曲は、歌詞がオシャンティだよね。アルビノで生まれた少女が、1日しか記憶が持たなくなっちゃうんだよ?すごくサブカルでオシャンティだね。」
「うちにもちょうど同じような、少女を歌った曲があって。うちの場合、少女が機関車になっちゃうんだけど。うん、似たようなもんだよ」

それはw かなりw 違いますがw ゴードンに出てくる少女も好き!

ぶう「機関車になるのは大変だよ?まず顔を肩幅と同じくらいに大きくしないといけないから。そしてほほ骨をこう上げてね!」
それはトーマスのつもりなのかな・・・という白目剥いて頬を上げて口をとがらせる変顔をするぶうさん・・・いとおしいな・・・・

そしてぶうさんが説明している間、クラオカさんが同じく変な顔しながら、必死に肩を後ろに反らせてた・・・
肩幅狭くして顔幅に近づけようということですね。おい。おい。。かわいすぎか。天使ですか。
そしてじょいさんの方に向き直って同じことをしてみせるクラオカさん
なんなの?褒めてほしいのかな??かわいいですね???(吐血)
じょいさんは最初、しょうがない子ねーみたいな苦笑で見守っていたのだけど、
結局近寄ってきて、今度は客席を向いて肩幅狭め変顔をするクラオカさんの真後ろに立ち、
クラオカさんの体の両脇から手を伸ばしてしゅっしゅっぽっぽと動かすじょいさん・・・・なにこの二人羽織夫婦漫才・・・・(大吐血)

下手がわちゃわちゃして客席もざわざわしているのに気付いたぶうさん、
ぶう「うるせーんだよ、薄い本の奴らがよー!薄い本の奴らはビックサイトに帰れよー!
また薄い本言ったw ぶうさんそれ気に入ってますね・・・
そして以前インストで「薄い本」「ビックサイト」という単語を出されてもまったく通じていなかったクラオカさんとじょいさん、
今も理解はされていないのかもですがBLのことらしいな、、というのはわかるのでしょうね、
そんなこと言われても困るなあ、ふふ・・・みたいな苦笑を浮かべてそっと目配せしたりしてて、
それはそれは愛くるしかったです(スライディング吐血)

ぶう「次の曲ではみなさんに機関車になってもらいます。機関車になるったってどうやってなるのかわからないでしょ?まず中心の人を決めて、その周りを回ってもらいます!」
ここでごそごそとステージ上を探し始めるぶうさん。いつもの光る誘導灯じゃないのかな?

ミド「それじゃないよ、中心用のがあるでしょ・・・」
ぶう「えっどれ?これ?」
ミド「それじゃなくて」

結局特大のサイリウムを取り出すぶうさん。「中心なんとか」とマジックで書いてあったけどなんだっけ。

ぶう「はい、中心になりたい人!・・・いや、お姉さんは前過ぎるな。お姉さんが中心になったらこのへんが異様につまって、きゅー!っぽん!っていう現象が起きちゃうから!」
つかえていたものが一気にどばっと出る感じですねw

ぶう「円になってぐるぐる回るから、四隅の方は空いてしまいますが、そこは駅です。骨折していたりして私回れないわっていう人は、骨折している小川は、駅にいればいいですからね!駅から電車に手を振ったりしていればいいです」
「もともと駅の位置にいるけど回りたいっていう人は、『乗ります乗りまーす!プシューガシャン』って乗り込めば、乗せてくれると思うよ!」


小川さん・・・マイナス人生オーケストラの小川さん、前日のライブで足を骨折してしまったんですよね。
痛みはないけど不便、とおっしゃっていましたが(心配させないようにという気遣いかもしれませんが)完治までお大事にしていただきたいです。

ぶう「それから、ゴーーー!!いきなり言われてもえ?!ってなりますよね。あ、ツバ飛びましたね。すみませんね。」
「信仰心が足りない。信仰心があれば、教祖のツバがとんできても、わー!って、こうやって受け止めるはずじゃないですか?」

口を大きくあけて顎をつきだしてみせるぶうさん。

ぶう「俺がまだ至らないということですね。いつかそうなりますよ。・・・俺がこうしても?!(クラオカさんの方向いてツバの霧吹き)」
ちょw クラオカさん、顔しかめてたじろぐ・・・距離的にかかってはいないと思うけど、
メンバーにツバかけちゃだめでしょ!め!

ぶう「だから受け止めてよー。(客席に向かってツバ飛ばすポーズ)・・・やらないよ!斉藤菌とか言うのやめてよ?バリアとかね!バーリア!ってされても全部破っていきますよー」
小学生ですかw

ぶう「みんなの心のバリアを俺の歌で溶かすから・・・
きゃーかっこいい!もともとはツバ飛ばす話だけどかっこいい!
客席の肯定的な反応に喜んでしまうぶう総統閣下・・・

ぶう「いいこと言っちゃったー?!補完しちゃう?人類補完しちゃう?ねえ!(ミドさんに詰め寄る)」
ミド「先に進みませんか!」
ぶう「はい進みまーす!」


さすがリーダーです!!!

ぶう「ゴーー!はヘドバンです。こういう顔をするとなおよいです。(白目剥いて口とがらせる)ヘドバンするときは腕を組むといいですね。そしてドン!で止まって、ドン!の顔をしてください。」

この説明しているあたりから、クラオカさんの変顔が止まらなくてもうずっと変顔。白目で歯をむき出して・・・
こんなに二枚目なのに・・・キャラ的に二枚目半なのが不思議なくらい二枚目なのに・・・尊い・・・。

ぶう「そしてサビに入る前にイエーイ!と言いながらバカな顔をしてもらいます!オシャンティなサブカルのみなさんには難しいかもしれませんがこの時だけは昭和のバカになりきってください!ではここでお手本を・・・(クラオカさんの方向く:既にバカ顔のクラオカさん)早い。早いよ!まだかっこつけた顔しててよ!・・・ではお手本を!」
クラオカ「イェーイ!」
ぶう「・・・今日はあまりうけませんね」

ひどいww うけるうけないじゃないんだ!こっちはクラオカさんの無垢さに号泣必至ですよ!

7.ゴードン

しょっぱなから「パワー!」のフリもあるんですよね、ぶうさん説明なさらなかったけど。
それでやっぱりあまりできてなかったみたいで、曲中に
ぶう「説明してないことはできねえみたいだな?!」
と言ってらしたような。でも腕動かすだけで簡単なので、曲後半にはみなさんやってくださってたと思う!

ゴー!ドン!のドンでクラオカさんがいっちゃってる笑顔で客席見渡してくださるのが好き!
客席がはっきり見えそうな会場だと、目を合わせてじっと見つめあう、を順番に繰り返してくださったり。
この日は客席暗かったので目は合わないかなあと思ったのですが、一度だけ3秒ほど見つめああえた気がする・・・!
それこそ暗いからクラオカさんには見えていなくてたまたまこっちの方向いてらしただけかもしれないけど。
もはや気持ちの問題というか信仰心の問題ですよ(遠い目)

MC。

この曲のときかな、もう後半戦だよっていうMC。ひとつ前かもしれない。

ぶう「(セトリのカンペ見ながら)早いものでもう後半戦だね。(客席:えー!)俺だってえーって思うけどさ、Jin-Machineとツーマンしたときに30分押しちゃって・・・さすがに俺も気をつけようと思うよ!」

そ、それはあかんですね

ぶう「今年はえんそくにとって勝負の年です。攻めていきます。バンドにとって、栄光と飛躍の年にするために、みなさんにはがつんがつん飛んで、びよんびよん頭を振る優秀なサクラ、優秀な戦闘員になっていただきたい!」
「次の曲は少女戦闘員M、踊る。という曲ですが、サビのフリはこうです。まずジャンプ!それから手をこうやりながらバンスバンスバーンス!さらにヘドバン!これを全部いっぺんにやります!口でバンスバンス・・・と言ってもいいです」
「それから手を上にあげて、半回転して戻ってくる!では一度やってみましょうバンスバンスバンスバーンス・・・5万点!1人100点で5千人いるから!」

ん?5万点・・・合ってる・・・かな・・・その時は合ってなかった気がしたのですが、
聞き間違いでぶうさん正しく言ってたらごめんなさいね・・・
それにしても、フリやってみて全員に100点くれるなんてぶうさんとてもピースフル!!

8.少女戦闘員M、踊る。

ぶうさんの語り部分(我々は戦闘員を募集しております、のところ)、サブカルという単語を強調していい感じに変えてあったのだけど思い出せなくてつらい。。。
そしてその語り部分ではやはり、クラオカさんとじょいさんが右手をつないで、つないだ手を中心にくるくる回ってらした。
このお遊戯感がたまらないのですが・・・?萌えころす気ですか。。。

ぶう「ひとつになれますかー?!アンテナマン!」

9.アンテナマン

ライブで聴くと本当に楽しい!そういえばPVの撮影地は大阪は新世界じゃないですか・・・

ぶう「これで最後だ!TDL!!」
ぶうさんわりとくっきりタイトルコールされますよね、毎回ではないけど。対バンだから余計にかな?
曲覚えてもらうためにもすごくいいなあと思う。

10.TDL

TDL大好き・・・!全力でフリもして楽しかった・・・モッシュモッシュくるくる。
私は糞バンギャですので、どれくらい糞かというとメンバーさんと目が合ってほしくて仕方ない病気ですので
モッシュくるくるしつつもクラオカさんが客席見てるなあというときはこちらも目を離さないようにしてしまう程度には糞です・・・
クラオカさんわりと目合わせてくれるタイプだと思うので、TDLのときも一度、
モッシュしながら見つめていたらこっち向いてうんうんって頷いてくださった、気がする。
もはや気持ちの問題というか信仰心(2回目)ですよ。。。
そしてモッシュ曲はじょいさんもステージの際まで出てきてくださること多いから好きです!
じょいさんに煽られたいよーじょいさああああああん!!

ぶう「そんな程度ですか大阪ー?こんなんじゃマイナスに渡せねえな?もう1曲、全力でいけよ!!」
!最後じゃなかった!
そうか前まではこんなフェイントが多かった、のか。惡道ツアーそうでもなかったから忘れてたよ。

11.最後のえんそく

ああー・・・泣きたくなる曲だよ。せつなさのかたまりだ。
悲しくはないんだ、泣き笑いの笑顔でせつなさに胸がしめつけられる。
えんそくの世界観を最初に理解した曲が私にとってはこれかもしれない。ライブの感想と関係ないから一旦やめようそうしよう。


この曲もクラオカさんじょいさんの仲良しっぷりが炸裂するので眼福祭りでした。。。
並んでギター弾いてらっしゃるのが本当に好き・・・ホモでもホモじゃなくてもどっちでもいいです、ひたすら尊い。
お経のところでクラオカさんじょいさんがお2人並んでちょこんと座られる様子も好き。

あと曲の感想にうまく挟めなかったのだけど、この日はドラムセットがいい高さで、稔さんの表情がよく見えました。
白塗りメイクだし目の上に目が描いてあるとはいえ、今のゴルゴっぽいメイクは稔さんの目力が結構はっきりわかる気がします。
凛とした表情でドラムを叩かれる方だなあと改めて思いました。リズムの安定感は当然ながら、
スネアの音の粒の揃い方・・・とか、専門的になんというかはわからないけれど気持ちのよい音を出されるドラマーさんだなあと。



大好きだ、えんそく大好きだ。曲が好きで演奏力の高さが好きで、ライブが本当に楽しくて、
それに加えてメンバーさん同士が仲良くされているのを見るのが本当にしあわせで。
それを自分で確かめながら反芻しながら、記憶をたどるのはとても胸の熱くなる行為だ。

とりとめのないことも書きましたがえんそくパートの感想は一旦ここまで!
マイナスさんパートまで書きすすめられなかった!(書き始めから5時間経過・・・まじか・・・・)

マイナスさんもえんそくさんの曲カバーしてくださったり、しかもクラオカさんが特別ゲストだったりしたので
それは必ずあとから書きたしますわ・・・。

ではここで中断!またあとで!

ほぼ一週間放置したのちに再開・・・マイナスさんパートのざっくりした感想とセッションの感想をば!

マイナス人生オーケストラさんは、
去年CRUSH OF MODEで観たのを皮切りに都合3回程度イベントで拝見している大阪のバンドさん。
サブカルチャーを標榜されていますがとっつきにくさはなくて、
客席のきらきら具合(サイリウムと光る指輪と・・・そして楽しそうな笑顔!)にいつも圧倒されます。
今回はせっかくツーマンだし私も全力で楽しみたい!とメンバーさんカラーのサイリウムを用意して臨みました。
フラッシュリングもほしいなあ物販で帰りに買おうかなあと思っていたら、
NOIZで知り合った女の子がプレゼントしてくれたといううれしい事件が・・・!
ありがとうございます(´;ω;`)なんで私が指輪ほしいってわかったの。。。

曲名などはわからなかったので細かいことは書けないのだけど、
登場SEから既に楽しい!うふふ、登場SEあるなんて私が通っているところだとNOIZくらいなので親近感・・・w
そしてこの日は、前日のライブでベースの小川さんが足を痛められたということで
お立ち台に上がったりは無理かな?と思っていたのですが、
小川さんの登場シーンで、えんそくのミドさんが連れ立って登場!!
お立ち台にはミドさんが上がり、♪ドドスコスコスコ ラブ注入♪のフリまで完璧にこなしてらっしゃいました!
ミドさーーーーーん(´;ω;`)!

MCではハルさんがえんそくにたくさん触れてくれてそれもうれしかったです!
ミドさんが楽屋ではかまってちゃんすぎて大変、とか。
突然お尻だしたりするらしい。。。
かわいいな?ミドさんかわいいな・・・??

えんそくとは4年前くらいから付き合いがあるのだけど、最初の頃はぶうさんが怖くて、
ライブハウスに入りした時から周囲をにらみつけながらしゃーっす、とか言いながら歩いてて・・・
なにか怒ってるのかな?と思ったんだけど周りの人に聞いた結果、あれは役作りなんだって!
ステージに出るときに怒りのボルテージをマックスにしておくための!
とかそんなお話をうかがえました(´ω`)

そして!
ハル「では今日は特別ゲストをお呼びしたいと思います〜。えー!特別ゲストってー!今日はえんそくとマイナスのメンバーしか入りしてなかったと思うけどな〜?まさか?!あの人が!!」
このときハルさん、ラルクのneo universe(たぶん)を歌いだしたのだけど何故だったのでしょう。。。
そしてステージ上手袖にポチョムキンさん(ギター)のネックがちらっと見えた・・・!
えええええ ということは?!

ハル「えんそくのギタリスト、クラオカユウスケさんです!!」

ぎゃああああああああああありがとうううううううう。+゚(゚´ω`゚)゚+。
うれしいいいいいいいい!!!!

クラオカさん両手を上にあげてゆらゆら縦にゆれながらステージに出て来て、
ハルさんのまわりうろちょろしてると思ったらそこに鍵盤シンセがあったみたいで、
それを適当にさわってうれしそうに音出してたw

そして下手の立ち位置について早々、クラオカさんが口を開く。

クラオカ「告知していいすか。えんそくは来年、赤坂BLITZでライブします!ここにいるお客さんが全員来てくれるってことでね。すげえなと。」
ハル「ここにいる人以外誰も来ないかもしれないけど」
クラオカ「来るよばかー!!

ばかー!ってwwwかわいすぎる!天使か・・・!
しかもばかー!って言いながらハルさんの方に体ごと勢いつけて振りかぶっていった感じでw
ああもう!かわいすぎます!!

ハル「この人、反応がわからない怖い!うちのバンドにおけるゆっけと同じポジションで、宇宙人て呼ばれてる人だもん・・・」

あと、クラオカさん登場時のうねうねした動きについてハルさんが触れて、
ハル「手をあげて近寄ってくるからハイタッチかなー?と思ったらシンセなんだもん」
と。
それを聞いたクラオカさんが再びうねうねしながらハルさんに近寄って、
あ、今回はハイタッチかな?と思ったらハルさんをスルーしてまたシンセにいたずらw
もう!かわいいんだから!!

そしてギターをセッティングするクラオカさん。ワイヤレスの調子がよくなさそう・・・?

ハル「ん?時間かかる感じ?」
クラオカ「ちょっとしゃべってて!!」

ハルさんがMCでつないでくださる。
クラオカさん、結局ワイヤレスじゃなくて有線シールドに変えてらっしゃいました。

そしてクラオカさんの準備がOKになったあとも、クラオカさんに容赦ないツッコミが。
クラオカさん、左手の腕を前の方に伸ばして、右手の手刀で腕の先の方から肩に向かって
トントントントーン!って叩く仕草をよくされるんですが、
それについてもハルさんから「えっなんなのその動き?」と突っ込まれるw
見慣れてしまったから何とも思ってなかったというかかっこいいなあとしか思ってなかったけれど、
確かに最初はなんなのその動き?!って思ったなあ、と思いました(´ω`)
クラオカさんは答えず、ガッツポーズというか腕をしゅぴ!っとするのみ。さすがクラオカさんです。
そのあとも「黙っていれば結構男前なんだけどねえ」と言われるなどw
ハルさんそれは違うよ・・・黙ってなくても男前だよ・・・。
クラオカさんの美しさはこの世の神秘だよ。。。

そして何度かいじられたクラオカさん、おもむろに

クラオカ「曲にいきませんか!」

この流れミドさんぶうさんと同じやないですか(´ω`)ww
そして演奏曲は、えんそくの「最後のえんそく」!!
わーわー(´;ω;`) 他のバンドがカバーするえんそく楽曲、新鮮だなあ・・・

お経の裏で流れる音声もマイナスさん仕様でちゃんと作り直してあった!このように!


さすがハルさんです・・・!

そして曲が終わり、クラオカさん退場。なぜかハルさんも一緒に退場w
舞台袖でクラオカさんにインタビューを始める。
内容わすれちゃったけど、大阪でのライブはいかがでしたか?とか普通の内容で始まって、
クラオカさんもわりと普通に答えてて、それをハルさんが無理矢理「大阪だけに〜?」とかダジャレにしようとして
クラオカさんに「もういいよっ!」みたいにキレられて終わり、みたいな(´ω`)

翌日の名古屋とMCは混同しているかもしれないのだけど、
ハルさんが「今年のぶうさんはハートフルなんでしょ?え?ピースフル?いっしょいっしょ。」と言われていて・・・
あ、これ名古屋だたぶん(´ω`) 忘れそうだから名古屋の書き終わるまでこのままにしよう・・・w

あと面白かったのは
ハル「ぶうさんが『なんかサブカルなもん持ってない?!』って言ってきて。ステージで使いたかったみたい。サブカルなもんってなんだろうね、丸尾末広とか?そんな、バイブルみたいに持ち歩いてないよね〜。生虫が磯部磯兵衛物語持ってるけど、そんなジャンプに載ってるのはサブカルじゃない!とか言って」
それであわててヴィレヴァン行ったのかな?ぶうさんかわいいね??
東京でもツーマンあるので、その時にはぶうさんのために何か持って行こうかなあともおっしゃっていて、
ハルさんお優しい!と思いました。


そしてマイナスさんパートも終わり、アンコール!!
じゃなくてマイナスさんでは「サービス残業」というのですね!知らなかった!面白い。

マイナスさんメンバーのみならずえんそくメンバーも出て来てくださって、
これは早速セッションですね?!

と思ったらぶうさんとハルさんのMCが長いw さっきのサブカルなもん持ってない?!のくだりはここだったかも。
あと、稔さんが怒るとフリーザのような目で見るんですよーって話とか。
ちなみにこの日の稔さんは、足を痛めている小川さんを終始かばってらして・・・
男らしかったです・・・。稔さんへの尊敬が高まった日でした。



クラオカさん、ギター持ってなくてセッションでは弾かないのだなあとその時思ったんですが、
よほど手持ち無沙汰だったのか、Joeさんの周りを暇そうに、とぼとぼくるくると周りだす・・・
なんなの?犬ですか・・・?かわいい・・・
結構長いことくるくるしてたんですがそれでもまだボーカルの2人が話していて、
ついに立ったまま目をつぶって寝始めるクラオカさん。
さて曲に行こうかー!となったときもまだ寝ていたので、客席がクラオカさーん!起きてー!と騒ぎだすw
クラオカさん聞こえてるでしょw 起きてよwww
そのへんでハルさんたちも気づいて、クラオカさんにつかつかと歩み寄るハルさん。

ハルさん、股間をタッチしてクラオカさんを起こす。

ちょっと待ったーーーーー!!!何してはるんですか(´;ω;`)
だめですよクラオカさんにはJoeさんという最愛の人が!!!ぜーはー

そして触られた方のクラオカさん、んあー?という感じでゆっくり目を開けたのみで特に驚いてなかったw
もう。。。かわいい。。。けど。。。気をつけてくださいね。。。。(?)

そしてセッション曲何やるのかな?わくわく!としていたら

ハル「セッションで何やろうか?ってぶうさんとLINEで相談してねー。ぶうさんがどれだけオーケン好きかっていう話を2日くらいに渡って絵文字をはさみながら送ってきて」
ぶうさん「その話はやめよう!東京でやる曲ももう決まってるんだよね。今日やる曲はハルくんが選んだんだけど、いいのを選んだと思うよ」

え・・・ていうことは・・・オーケンの曲なの?!?!?!?!
ぎゃああああああああ俺歓喜!!!!!!ていうか狂う!!!やばい!!!

ぶう「特撮、アベルカイン!」

アベルカイン!!!!!!!わーーーーーー!!!!!!!!!
もう、この瞬間から記憶が混乱している・・・
アベルカインは歌詞に「猫見たり犬見たり」とあったり、サビも猫猫猫猫!犬犬犬犬!の繰り返しだったりなのですが、
「猫」では拳を前に倒して猫パンチ、「犬」では影絵のキツネみたく指をつけて、犬の口を作ってぱくぱくするフリがありまして、
もうそれを必死に!本家特撮のライブでも見せたことがないくらい必死に!!全力でやり倒しました。。。
その他も折りたたみするところがあったりヘドバンするところがあったりで、
それはもう必死にというかスイッチが入ってしまって体が勝手に。。。_(:3」 ∠)_
もう全然ステージ見えてなかった・・・!! 貴重なシーンをたくさん見逃してしまったけど、悔いはない!!
あの会場で一番トチ狂っていたのは私だ!と言える程度には狂ってた!!!
あそこまでブチ切れさせてくれるなんて音楽ってすごいですね(´;ω;`)あああ。。。
参加できてよかった・・・・!これ、もし行けなくてあとから知ったら憤死したかもしれない。。。

ああ、本当に楽しかったです。

ライブ感想としてはとっちらかってしまいましたが、私の狂乱に免じてお許しください・・・。

ライブ後のマイナス人生オーケストラの皆さんのtweetも、胸が熱くなるものが多かったなあ・・・


ゆっけさん・・・。じわっ(´;ω;`)



稔さん・・・!
私は見逃してしまったのですが、最後にお立ち台に一列に並んで飛び降りるシーンがあって、
稔さんは小川さんを下で待ち構えていて抱き留めたそうですよ。。。なんなのもう、紳士すぎます・・・!

最後に、私を発狂させたハルさんのtweetを埋め込んで終わりにしましょう。





く、クラオカさん・・・?!ていうか「ゆうくん」って!!!!ちょっとハルさん!!!
しかもキス顔・・・・美しすぎる・・・この世のものとは思えない顎のライン・・・!!!
ああああああJoeさんという人がありながら!!罪な男ね!!_:(´ཀ`」 ∠):_ …ぜーはーぜーはー

ゆ、ゆうくん・・・・
だめだあああああ私が呼んだら息子を呼ぶ母親みたいな感じになるよおおお
でも呼びたい。。。ゆうくん。。。ゆうくん。。。_:(´ཀ`」 ∠):_ …

すみません取り乱しました。

いやほんと、

全体的にまとまりのない文章になってしまいましたけれども!!
えんそくvsマイナス人生オーケストラ、大変たのしゅうございました!!
東京編が待ってますからね!!
期待しかありません! (`・ω・´)ゞ

長々と失礼しました、最後まで読んでくださった方、いらっしゃいましたらありがとうございます。
スポンサーサイト
【2014/06/22 11:07】 | えんそく | トラックバック(0) | コメント(0)
<<2014-06-22 えんそく 名古屋HOLIDAY NEXT | ホーム | 2014-05-31 CANTAファンクラブイベント 新宿FACE>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuigulumar0206.blog68.fc2.com/tb.php/574-f5bef934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |