プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
2014-06-22 えんそく 名古屋HOLIDAY NEXT
ライブ感想を3つ溜めているのでさくさく記録していこう!
ほぼツイートまとめです!

<2014-06-22 えんそく出演イベント「BadeggBox Presents「BATTLE FEVER TOUR2014」 名古屋HOLIDAY NEXT 主にえんそく部分感想>
Bqt8DIACQAA8XrN.jpg

大阪でマイナス人生オーケストラとツーマンの翌日に、名古屋のイベントでもマイナスちゃんと対バン!
(ハルさんは翌日も一緒なの気付いてなかったみたいですが・・・笑 気付かないまま当日迎えたら驚いたでしょうね)

出演バンドたくさんだったので細部は覚えていないのですが、
各バンドの印象も思い出程度に書いていきますー

入場したら、会場SEがエアロスミスだったヽ(・ω・)ノ渋い。
と言っても、有名などんわなみすあしんぐ 。アルマケドンのテーマソングですな。私もそれくらいしかわからぬ。

まずOAの Vent Croix
私のイメージする名古屋系ってこういう感じです!
ドラムの人がずっとにっこにこしてらして、激しい曲でもデスボの曲でもずーっとにこにこで。
お若いし、微笑ましいなあと思って観ていました(年齢的にね・・・バンドマンの母目線になるよね・・・)。
ベースの人はコーラスがかなり上手かった。
コーラスというか曲によってはツインボーカル扱いなのかもしれない。
ボーカルの人の声との相性がすごくいいという印象でした。


2バンド目、Dear Loving
私ディアラビさん何年ぶりだろ?と思ってこのblog内で検索かけたら、わー!!
初めて宇宙戦隊NOIZを観た、そして10年以上ぶりにTuskさん(中学時代の本命・・・)を観た、
伝説の柏じゃないですか・・・・;;
私が初めてNOIZを観た日のblog
ギターのYUKIさんがあいかわらずすごく面白かったです。バンギャル子ちゃんというネタを延々と・・・笑
あとは使用ギターの本数が多いのが印象的。年季の入ったレスポールとかストラトとか。
ボーカルのMASAさん、すごく、言葉が届くように一生懸命な印象を受けた。MCもわかりやすくて歯切れよいし、
歌いながらお客さんの目を見て語りかけているように見えるし。


3バンド目、Awake
Awakeさんはキラキラしてますね、歌詞からしてキラキラだった。
ボーカルさんが飄々として若いのに堂々としたいいキャラでしたねえ。若さゆえの自信なのかもしれないけど。
後日Twitterでボーカルさんの発言が話題になっていて、あー、こういう感じの方なのね。とどこか納得。
そしてシャボン玉飛ぶ演出にびっくり。これはバンドさんというよりハコにびっくりなわけですけれども。
まさかこのあとも見られるとは・・・w


4バンド目、えんそく!!!
まずはセットリストを

1.改造人間「人間改造ニンゲン」
2.その後のペテン師
MC
3.少女戦闘員M、踊る。
4.ブルーハーツ


ブルーハーツが聴けただけでも、名古屋に来たかいがありました・・・
本当に、大好きで大切な曲です。大好き・・・!

改造人間はクラオカさんとじょいさんが背中預けあって弾くところがあって、それがとても好き。
ツインギターのバンドでは結構見かける光景ですが、
お互いに体重かけることで支えあっているのが、信頼の証だなあと思うのです。

1曲目終了後
ぶう「我々がえんそくだ!ほら、笑えー!!」

という前フリで、『その後のペテン師』へ。

肘を体の横にかまえて肘の角度を3段階上げる振り付けがあるのですが、その時のぶうさんの顔がすごくて・・・
変顔で始まってもっとすごい変顔になっていくというか。
イケメンほど変顔がやばいですよね・・・アイドルの変顔がやばいのと同じ感じですね。

それから、その後のペテン師ではシャボン玉が飛ぶ演出が!

クラオカさんがネジの壊れた人形みたいなカクカクした動きで頭を動かしながら、
上を向いて大口あけてシャボン玉食べようとしてらして。目を見開いて。
本当にかわいいなあ無垢だなあ。。。(号泣)

MC。

ぶう「名古屋ー!ついてこれんのかー?!追いつくぞ!ん?・・・追い越すぞ・・・?」

ついてこれるか?と問うているのに、どちらにしても後ろにいないですかそれは。。。
置いて行くぞっておっしゃりたかったのかな・・・?


ぶう「えんそくを大好きになる準備はできてますかー!?」

すでに狂おしく大好きですが!!もっと好きになります!!!


ぶう「このつまらない世界を破壊したいと思っているみなさん、僕たちと一緒に行きましょう。
宗教じゃありません、仲間になりましょう。一緒に、楽しいことをしましょう」


ぶう「(突然)ヤクはやめろー!
そんなものよりもっと楽しくなれるものを俺が教えてやろうか?ROCKだよ・・・(ドヤ顔)」


やめろー!の部分をなぜか下手に向かって叫んでたのだけど、
クラオカさんがぶうさんの話が長い時によくなさる、目細くしてだるそうな表情とポーズで
眠そうに聞き流してるのがかわいかったです。

ぶう「告知をします。9月10月はワンマンツアーがあります!
これを聞いたら驚くと思いますがなんと!名古屋はありません!
え?東名阪は外さないでしょ?!常識を覆していくのがえんそくです!
名古屋の人たちはどこに来たらいいのかな?(Joeさんを振り返る)浜松だ!浜松まで来てください。」


そして来年4月4日の赤坂BLITZの告知もして、今年のえんそくは戦争だ!という話に。

ぶう「今年えんそくは他のバンドのお客さんをごっそり奪っていきますから。
えんそくのライブを見た他のバンドは焦っているはずです、えんそくやべえぞすげえ盛り上がっているぞと。
(オフマイクで)ラ○クアンシエルも怖くないぜ!


マイクはずしたw 大丈夫ですよ気にされないと思いますよ!

ぶう「そのためにはみなさんに戦闘員になっていただきたい。戦闘員になってくれますか?!
客席:\イー!/

ぶう「驚いた?驚いたでしょ!イーって何?!って思うよね!
戦闘員って言われるとイーって言っちゃうんだよ!」


ぶうさんうれしそう。

ぶう「勝ち馬に乗るなら今しかない!人は誰しもドヤりたい。
『あたしー、えんそくが売れてない頃から知っててー』とあとからドヤるためには今しかないんです!」


そうですよ今しかない!!もっとえんそくのすごさが伝わってほしい・・・!

ぶう「もうえんそくの持ち時間が半分終わりました。
(客席:えー!!)
えんそくはね、イベントで時間を押さないことにかけては定評があるんです・・・」


へ、へー。(遠い目)

そして次の曲は『少女戦闘員M、踊る。』である、と宣言してから
サビの振り付けを伝授してくださるぶうさん。

ぶう「ヘドバンしながらジャンプ!今笑ってる人!笑ってる場合じゃない!ここからもっとすごいですからね!
ヘドバンしながらジャンプしながらバーンスバンスバンスバーンス!」


うん、無理★ 私はこれをヘドバン抜いた感じでやらせていただいてます・・・

そして曲が始まり。
イントロの左右に飛んでイー!するところ、客席がイー!っと叫ぶタイミングで、
ぶうさんが両手を耳にあてて、ん?て表情で聞いてるポーズしてらっしゃるのにこの日初めて気付きました。
かわいかった・・・。

そう、この日は初めて、本当に初めてぶうさんセンターでライブ見たのですよ。いつも下手住人ですので。
後ろの方でしたが縦の距離があまりなくてステージの高いライブハウスだったのでとてもクリアに見えて。
正面で歌っていらっしゃるともう、それだけでどきどきしますね・・・!
目が合っているわけでもなんでもないのに照れてしまう!この純情BBAめ!

『少女戦闘員M、踊る。』のぶうさんの語り(我々は戦闘員を募集しております、のあたり)の後ろでは
クラオカさんとじょいさんが右手をつないでぐるぐる回る、という動きが6月あたりから追加されましたが
私が最初に見たとき(池袋)はつないだ手は腰くらいの高さだったのですが。
名古屋では頭の少し上くらいにつないだ手を掲げていて、フォークダンスっぽい・・・と思いました。
今日はちょっと変えてこうやって回ろうか?とか相談してるんですか???
かわいすぎませんか???(吐血)


そして最後の曲、『ブルーハーツ』。
ああこの多幸感ってなんなんでしょうね、本当にこの曲が好きすぎて。笑いながら泣きそうになる。
歌詞はぶうさんの高校時代の実体験に基づいている内容ですが、
これを歌詞に昇華できるセンスが本当に稀有だと思っています。
大人になる前の、でも子供でもなくて、愛だ恋だじゃ一切ないと言いながら、
好きという感情に名前も付けられなくて。
ライブの感想じゃなくなってるぞ・・・その話はまた今度。


ブルーハーツでもシャボン玉の飛ぶ演出があったのだけど、
ぶうさんがお立ち台の上で下手側を向いて、斜め上を見上げながら、
シャボン玉がくるたびにフーッと吹き飛ばしてらした。

つまり横顔でフーッとしてるわけで、くちびる尖らせてるご様子がかわいくて・・・。
ぶうさまのキス顔!頂戴いたしましたー!とか思ってしまってごめんなさい
生まれてきてごめんなさい。。。


ブルーハーツの最後、クラオカさんとじょいさんはいつもどおり、向き合ってギター弾いてそのままハグ。
からの、頭の後ろに両手あてた状態で、交互に背中側に倒れたり起き上がったり・・・
つまり向かい合って腹筋ワンダーコア~してらしたヽ(・ω・)ノ
このネタもう3回目くらいでしょうか、どんだけお好きなんですかワンダーコア・・・笑

それからぶうさん、ブルーハーツの時に上手のスピーカー(身長より高い)に結構長いことしがみついてたんですけど、
本当は登りたかったのかしら?足かけるとこがなかったのかな?
なんだか、動物園ぽかったです。かわいいっていう意味です♡


えんそくの感想ここまで!!

残り2バンドの感想もさらさらっとー!


5バンド目、マイナス人生オーケストラ
2日連続のマイナスさん、大変楽しかったです!
前日にお友達から光る指輪(フラッシュリング)いただいたのでそれも装備して、
ブレスレットタイプのサイリウムも装備して。
ハルさんがMCでえんそくちゃんを何度もネタにしてくれてうれしかったです!

ハルさん「ぶうさん、今年はハートフルなんでしょ?え、違う?ピースフル?同じ同じ!」

ハルさん「ぶうさんはねー、メイク前2時間もべっこうのプレートでリンパ流してるんですよー。
そして、イライラしたら甘いものを食べる、っていうOLみたいな生活を送っている、そんな愛すべき人なんですー。」


ぶうさん・・・おかわ・・・ハルさんおかわエピソードありがとうございます。。。

サブカルチャーを標榜されているのに底抜けに明るくて運動会か!というくらい動いて。
でも歌詞はとても深くて痛くて、優しい。

マイナスさんの音源は3枚かな、持っているのだけれど
よくライブで演奏される曲の収録されている音源を持っていない気がする・・・探します・・・。


そして6バンド目、本日のトリはBEETHOVEN
ベテラン(と言ってもまだまだお若いけれど)の風格だなあ。
曲はとてもメロディアスで耳馴染みがよい。
それから最前列のファンの方々の、愛情表現が、咲くときもあるけれど「捧げる」という感じで、
それが素敵だなあと思いました。

結構激しい曲が多かったかな、バラードを挟みつつの。

那オキさんが曲によってはフレットレスベースを使ってらしたのと、
福助。さんがアコースティックギターも弾いてらしたのが印象的でした。
私は福助。さんを最初に観たのがADAPTAR。だったので、ギタリストとしての福助。さんをよく知らなかったのだけど
やっぱりギタリストさんだなあと思ったりして・・・アコギの音がとても、良かったです。

演奏中はとてもシュッとしてらっしゃるYURAサマが、MCになると途端に人のいいお兄さんになるのがなんともいいですね。

このイベントは音楽事務所BadeggBoxの主催イベントで各地でツアーを回ってきたのだけど、
今回だけBadeggBox所属バンドがいない!そうで・・・
マコトさんが、俺たちがBadeggBoxだ!というようなことをおっしゃっていました。
愛があるなあ。ミネムラさんのところの事務所ですものね。

そして最後に出演バンドの名前ひとつずつ全部あげて、
それぞれのバンドに「大きな拍手を!」と言ってらしたのがとてもよくて、
あたたかい気持ちでイベントをしめくくれました。
マコトさんありがとう。

そんなこんなで、名古屋まで足を運んで、というか大阪遠征の帰りに名古屋も寄ることにしてよかったです!
私完全にこの日ライブあること忘れてたんですけどね・・・うん。。。。スケジュール管理ちゃんとできるようにしよう。。。

チェキ2日分!!



ディアラビのMASAさんが上げてくださったぶうさん!



メンバーさん同士が仲良くしてらっしゃると観ているファンも本当にうれしいですね・・・






では今回はここまで!
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

あとは高田馬場ツーマン2daysのことを早く・・・書かないと忘れる・・・・
スポンサーサイト
【2014/07/04 17:13】 | えんそく | トラックバック(0) | コメント(0)
<<2014-06-28 えんそく 高田馬場CLUB PHASE | ホーム | 2014-06-21 えんそく 心斎橋club ALIVE!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuigulumar0206.blog68.fc2.com/tb.php/575-5185e8a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |