プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
届かずに堕ちたとして最期を迎えたとき 僕の願い事を聞いて
(記事タイトル:UCHUSENTAI:NOIZ「BACK BONE」より引用)

先日、UCHUSENTAI:NOIZに興味を持ってくれた女の子がいて、
私が過剰在庫を抱えている(インストアイベント目的)CDを何枚かもらっていただくという事案がありました。
うれしい( ˃ ⌑ ˂ഃ )ありがとうございます( ˃ ⌑ ˂ഃ )

UCHUSENTAI:NOIZはライブパフォーマンス、楽曲のセンス、演奏力の高さ、
そして「音楽の力で地球の平和を守りたいとわりとマジで思っている」ところ、
すべてが魅力的で、もっと評価されたらいいなあと思っています。

なので、私が好きだなあと思うポイントとか、
音源ごとにつらつらとまとめてみたくなりました。
最近のものだけですが。

限りなく私信に近いというか他に需要はなさそうなのはわかっているものの、
よかったら読んでみてください。youtubeのNOIZ公式チャンネルのリンクもいくつかあるのでその部分だけでも。
お時間ありましたらお付き合いください。

遡っていこうかな、新しいのから。
※遡っていたつもりがGENOM EMOTIONとHIGH☆FIVEが逆になってる!
 でもカナタで締めるのもそれはそれでいいだろうと、一旦そのままにしておきます。。。

まず直近発売のシングル。
デッドマンズ・ロデオ・リボルバー(Single)

1.デッドマンズ・ロデオ・リボルバー
フラメンコのような独特のリズムと雄叫びが特徴的な、ツインボーカル曲。
「正義面すんなカス共!」「神をぶち殺せ」
「旗を翻し天に穿つ この屍の上で立ち上がれ」

とか毒気があって力強い歌詞にもぞくぞくする。
ライブではとても気持ち良く聴けてくるくるモッシュができる曲ですのでライブで聴いてほしいですね。


2.CINDERELLA BOYs DOn'T CRy
一転してカップリングはバラード調。
弱さの中に強さがあって、一度つまずいた人にも優しい。
MASATOさんの歌詞世界の中でも特に好きな歌詞。
「君がいないと僕は歩けない」
から始まるこの曲の、展開に胸を打たれる。
それでも立ち上がって、立ち止まらないで、扉の前で。
ちなみにCDとライブではアウトロが違います。それをぜひライブで確かめてほしい。



ROMANTIC☆AMADEUS(Single)

※歌詞カードでメンバーそれぞれの「ロマンティック」について写真とメッセージで触れているのだけど、
ANGELさんの肉体美に酔いしれてください。。。そして若者組の不思議ちゃんっぷりに小首を傾げてください。。。

1.ROMANTIC☆AMADEUS
NOIZはデジタルロックというかミクスチャーというか、打ち込みの取り入れ方がかなりセンスよいと私は思っていて、
この曲はそれが前面に出ている、ひたすらテンション上げていく曲。
ライブで演奏される時も小難しいことは何も考えないでひたすら飛べる。
ANGELさんの激甘で能天気な(褒めてる)歌詞も天才的。こんなの書けないでしょ他の人に。
「そんな僕は 超絶胸Kyun」「甘えCha-Cha-Cha 君の片手両手で包む」
天才か。


2.Ding Dong make a NOIZ in the world
この曲は確か発表時、MASATOさんが「なんのメッセージ性もない、ひたすら音楽の楽しさだけの曲」
というようなことをおっしゃっていたのが印象的。
それこそがメッセージな気もするけれど。
「遊びたい奴 手を叩け No problem! "MUSIC" I'm OK! You're OK?」
そしてこれもツインボーカル曲。かっこいいっす。わくわくする。



METEORS(Album)

個人的にはUCHUSENTAI:NOIZの音源の中で一番思い入れがあって好きなアルバム。
全曲解説していくと長くなりすぎるので特に思い入れがあるものをかいつまみます・・・

2.Cloud9

MASATOさんに次ぐコンポーザー、YAMATOさんの作曲。
YAMATOさん曲は、メロディーがとてもキャッチーで、耳にとても残るという印象。
疾走感あってとてもかっこいい曲です。YAMATOさんのドラムの音が好きだなあ。
PVかっこいいのでぜひ再生ボタンを押してください。
※撮影地はフィリピンなんですが、この撮影のときANGELさんはマンゴー食べ過ぎてお腹壊してます。。。
「勝手に想い 勝手に失望していく感情」
「勝手に作り上げた理想像 落差に騙されたっていう」

あーあと、イントロでMASATOさんが「シュー。。。」って言うところが好きです!


4.ヒカリヒラリ
桜舞い散る光景が目に浮かぶような曲。
MASATOさんが描くバラードの世界観はいつも色鮮やかだなあと思います。
そしてANGELさんの歌声はそれを余すところなく表現していて。
歌詞のどの部分を切り取ってもせつなくて、どれも好きですが、
「僕は少し俯いて 花を踏まないように動けず」
というフレーズが、初聴時にとても刺さったことを覚えている。


7.LOCOCO〜FUTARIZIMENO SOUTH OCEAN〜
この曲、踊りまくる曲なんですが

振り付けビデオはこちら。ANGELさんの尊さに触れてほしい˚‧º·(˚ ˃̣̣̥᷄⌓˂̣̣̥᷅ )‧º·˚
夏は演奏機会が多かったけれど秋冬はどうだろう、そんなに演奏しないかも。
でもこの振り付けは最強に能天気で最高なのでぜひ覚えてほしい。
ANGELさん、泣かせる真面目な歌詞も書く人なんですが、
こういう明るい曲書かせたら右に出る人本当にいないと思ってます。
「超調子に乗って願う(*^。^*) 超寵愛哀愁的(*^^) 妄想的な乙メンズ(#^.^#)」
顔文字も歌詞!


9.ROBO to ME
ファンタジーというか物語のある曲。タイトルは「ロボトミー」と読みます。意味深でしょう。
MASATOさんの真骨頂だと思う。
荒廃した世界で生き残った無機に憧れる少女と、心を理解したいと願うロボット。
「娘は僕に話しかけてる 理解は出来ても 僕 話せないんだ」
「数値化された 香り 手触り どうすれば君に伝わるだろう?」

その先の歌詞は曲の展開とともにじっくり味わっていただきたい・・・
本当に好きな曲です。
ナウシカとかクラナドが好きな人ならきっと好きな世界観。


10.METEORS
アルバムタイトルでもあるこの曲。「流星群」という意味ですが、文字通り流星群を感じる曲。
この曲を最初に聴いた時の感触をよく覚えている。皮膚感覚があったというか、風圧を確かに感じた。
降り注ぐ流星群を浴びるような感覚でもあり、自分が流星群の中のひとつになっているようでもあった。
落下するスピードと肌を撫でる風圧。
ライブで聴くと空間がまるごと多幸感に包まれるようだと思う。天井の高いライブハウスで聴きたい曲。
「いつか重なる二人の両手 羽根に見立てて 飛び立つ」
「幾千の祈りが燃え尽きて 生きる日々を星と読んだ」
「役目終えた神様が君の為に降り注ぐ」

このあたりの歌詞は鈍器で殴られたくらい衝撃を受けた。MASATOさんの世界に心底惹かれる。
生きる日々、で「星」なんだ。

あ、全曲紹介SPOTがあった。
上で紹介しきれなかった曲もあるけど、どの曲も好きだよ。。。( ˃ ⌑ ˂ഃ )




GENOM EMOTION(Album)
artistPhoto.jpg

このアルバムはなんと、全曲無料でダウンロードできます。こちらから。
http://uchusentainoiz.com/genom-emotion/

これも名曲揃いで、一部抜き出して説明するのが難しいので・・・
「PEAKの終盤で涙腺が崩壊する」
「BACK BONEでも必ず泣く」

ということだけはお伝えしておきます(´・ω・`)ゞ
無料なのでとにかく!ダウンロードして歌詞も読んでほしい!という感じです。



HIGH☆FIVE(mini album)

フィリピンでのボランティア活動(歯ブラシを送る活動から始まって、今は就学支援)を長年続けてきたNOIZの皆さんが、
メンバー全員で初めてフィリピンを訪れたのが2011年で(それまではANGELさんが代表して来訪)
その影響を感じる曲が多いという印象を私は持っています。

2.Jewel

これもフルPVがあった。強風に煽られて崖から落ちそうになりつつ演奏するメンバーの皆さんを見てあげてください。。。
呼太郎さん作曲でギターのかっこよさが前面に出ている曲。
歌詞はANGELさんで、とても素直な力強さを感じる。
「そんなとこに居ないでここに来て 君に逢いに来たんだ 話す言葉は違うけれど」
「この世に生を受けた時 君は大きな声で泣いてた だけどねぇ 周りのみんなは笑ってたでしょ? 光が差し込むように」

ANGELさんの言葉には嘘がない。
励まし系の歌詞というか前向きな歌を素直に聞けないところがある私だけれど、
この人は本物のヒーローで、弱っている人に迷いなく手を差し伸べてくれる人だとわかるから、
すっと入ってくる。なんて思います。


3.シューゲイズ
対バンイベントでもおかまいなしにセンターの人にサイリウムもたせて回れ回れ!
な洗濯機モッシュでおなじみのこの曲。
モッシュのイメージで楽しい曲、と思いがちだけれど歌詞をじっくり聴くともう、泣くしかない。
MASATOさんの仄暗いところに光をあてるような歌詞に惹かれてやみません。
「自慢できるほどの不幸もなく」
「一人だと言えるほど寂しくもなく」
「それなり手が届く幸せ 謳歌して」
「あの手 この手 正当化するんだ」

さきほども書いたけれど、MASATOさんの歌詞は鈍器で殴られる衝撃をうけることが多々あって。。。
この曲も鈍器曲、私の中では。
それからこのフレーズも好き。
「交わした言葉には傷をつけた 痛みで忘れないようにと刻み付けた」
忘れないように。そうだね。痛みで、刻みつけたい。


4.カナタ
MASATOさんがフィリピンで出会った少年のために、少年のことを思って書いた曲。
病気によるハンディキャップを抱えているその少年の前で、
2012年に再びフィリピンを訪れた時にこの曲を演奏したあと、MASATOさんが
「この曲は役目を終えました。みんなのおかげです。ありがとう」というようなコメントをされていたことがとても印象的でした。

「君の唄がまだ聞こえるって 僕の詩が彼方へ届けと願った」

さらに遠くまで、届きますように。
音楽の力で地球の平和を、これからも。守っていってくださいますように。


つらつらと書いてまいりましたが一旦このへんで。
もし読んでくださったならありがとうございます。
少しでもUCHUSENTAI:NOIZの音楽に、世界に、興味を持っていただけたら幸いです。
スポンサーサイト
【2015/10/04 13:55】 | 宇宙戦隊NOIZ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<2015−10−18 kiss my way 渋谷チェルシーホテル | ホーム | 2015−09−05 池袋EDGE 点々さんセッション>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuigulumar0206.blog68.fc2.com/tb.php/595-1a9b3c2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。