プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
2015−10−25 高円寺Mission's えんそく「一人同士のボクラ」
生きることは失うことの連続だとあの人は言いました。

それでもまた、忘れたくない、一生覚えていたい光景を、私はひとつ手に入れた。

一人ぼっちの宇宙で。

(その前置き必要?というのは置いておいて)

えんそくちゃんが1年に1回行っているらしい、各メンバーの出し物的イベント「一人同士のボクラ」。
今年で3回目なのかな。私はファン歴が浅いのでまだ2回目の経験だ。

去年のことも一生忘れることはないと思うけれど、
今年の一人同士も。忘れてしまわないようにそっと心の奥にしまいたい。

ぼんやりとした多幸感に包まれてしまっていたので、細部はまったくあやふやで、
勝手に再構築してしまうのだから間違いも多いと思うけれど、何かあったら教えてね。
では私が生きてきた中でもトップクラスにしあわせだったであろう空間のことを、書き残しておく。

っていうかあれです、点々さんの部分だけクスリをキメてるとしか思えないくらい
アレな感じの文章になっている気がしないでもない、のでぬるーい気持ちで!見守ってやってください!

<2015−10−25 高円寺Mission's えんそく「一人同士のボクラ」(点々さんもいます)>
まずは看板。

そう、私はとても緊張していた。
なぜならクラオカさん、じょいさんの「出し物」が何であるのか、
誰がゲストなのか、まったくのシークレットだったからだ。
(クラオカさんは十中八九、B'zカバーだろうなという予測はできましたけれども。)

それから、点々さんが9月5日に、年内にシークレットでのライブ出演があることをツイートされていた。
blogの方ではさらに限定して「10月」と書かれていたんだったかな。

これは、かつての盟友じょいさんと何か一緒にやるんじゃないか?と期待するなという方が無理な話だ。

日が近くなったらヒントくらいくれるだろうと斜に構えていたものの、前日になってもまったくその気配なし!
点々さん出るのかなあどうなのかなあって、そのことばかり考えていた気がする。
そわそわしながら、もしあてが外れたら捨てるしかないなーなんて思いながら手紙を書いて、
封筒の宛名は迷いながらも「平一洋さん」と点々さんの本名を書いた。

そんな風に恐々と始まったこのイベント。
高円寺Mission'sは小さいけれども天井が高くてステージもそれなりに高さがあって、ほどよく見やすいハコだった。
後ろのお客さんが入れないから前に詰めるようにと何度もアナウンスが流れる。

ぎゅうぎゅうに詰め込まれた状態で、1つめの「出し物」が始まった。

1.midorinokuni(ミドさん)

幕があいた瞬間、midorinokuniというネーミングに納得した。
普段はmidoriningenとしてソロプロジェクトの活動をされているミドさん、
この日は寺子屋レーベルメイト「乙女国家」の面々とバンド形式での登場だったのであった。
なるほど、それで緑の国。

ミド「今日はどうしよう、何やろうかなーと思って。友達少ないからさ」
「それで気づいたんだよね。あ、こいつらバンドじゃん!って。なので今日は乙女国家に来てもらいましたー!」


ミドさんmidoriningenののときはセトリあげてくださるから油断して覚えてなかったけど
上がらなかったなあ(´;ω;`)というわけでわかりません。。。
サケホグスと?OKINAWAと?The neo jap searchlightと?
あと乙女国家さんの曲を2曲くらいやったのかな。
乙女国家のボーカルのミスターさんも、途中で登場されて告知したあとはミドさんと一緒に歌って。

ミドさん黒いオーバーオールでかわいかったな。。。


楽しかった。しかし私はそわそわしてたのであまり記憶がないかもしれない。ない。

midoriniokuniが終わると、ステージは幕ではなくてロールカーテンが降りてきて、
センターの隙間からちらちらとステージでセッティングしている様子が見える。
テンガロンハットかぶった人がベースだ。。。チェックのネルシャツ着ている人がドラム。。。
これは・・・あれだ・・・うん。。


2.生殺し(クラオカさん)

そう、クラオカさん以外全員犬神さん。なんてこった!そんな贅沢な犬神さんの使い方があるか!!
やっぱりクラオカさんは大天使だな。。。という思いをあらたにしました。。。

凶子さんが白塗りじゃないところ初めて見た。可愛らしかった。
譜面台にスマートフォンおいて、歌詞を確かめながら不安そうに歌う姿も愛らしく。。。
そりゃあね、いきなりB'z歌ってって言われたら戸惑いますよね!

MCのことも書いておくか。

クラオカ「生〜殺〜し~」
※腰をかがめて、両手をぐわしってしながら前に突き出して前後に揺れる謎のポーズつき

凶子「生殺しってなんなの?」
クラオカ「生殺し、という字を頭の中で書いてみてください。」
凶子「え?漢字で?」
クラオカ「感じでも平仮名でもいいですよ。書けましたかー?『生殺し』・・・すごく、俺っていう感じがしませんか?」
凶子「・・・クラオカ君は、変だよね。」

そうですね!!!

凶子「今日は景色が違うの。いつもはそこに(クラオカさんのいる上手に)情兄さんがいるじゃない?クラオカ君が変な動きをしていても、みんなうっとりして見るのねー」
「クラオカ君、すごくかっこいいじゃない?でも変なんだよね。楽屋でえんそくのみんなと話してると、ぶう君もステージではすごいけど実はちゃんとしてるのね。ミド君もしっかりしてる。でもクラオカ君はおかしいの!今日は同じステージに立ってみて、変だけどみんなはうっとりして見てるんだなあすごいなあってわかりました」


凶子さんに「かっこいい」と言われるたびに
「そうすか?ありがとうございます」とニコニコするクラオカさんがまじ天使でした。。。

クラオカ「メンバー紹介をしよう、犬神・松本・明!いやあ松本感ありますね〜」

明さんの衣装(クラオカさんリクエストによりB'zの松本さん風)はしまむらで買ってきたとのこと!

クラオカ「テンガロンハット!犬神・松本・ジン!あー、松本ですね〜」

ジンさんはグーグル画像検索で「B'z 松本」を検索してをしてGUで揃えてきましたとのこと!
気合ですねありがたいですね!!

クラオカ「犬神・松本・凶子!松本感ありますよね〜」
凶子「松本感・・・うれしくないね・・・!私が松本さんぽくしてもわけがわからなくなっちゃうから、いつもの衣装できました」
クラオカ「いやあ、松本感ありますよ〜」

凶子「じゃあ私が紹介するね。生殺しリーダーにしてギタリストにして稲葉!クラオカユウスケ!ねえ、この顎見てあげて、ホクロ描いてるんだよ?ホクロ描いてまで稲葉さんになりたかったの?」

クラオカ「いやー俺は、稲葉なんで。」

稲葉なんで いただきました。
以前ぶうさんに「ユウスケは『稲葉みたいなギタリストになりたい』とかいうわけわかんないものをめざしちゃうやつだから!」とか言われてたのを思い出した・・・。

最初のMCこれくらいかな?
LOVE PHANTOMの時に、イントロを口で再現するクラオカさんはなんだったのかな・・打ち込みいらず・・・
なんか「トゥクトゥクタン!」みたいなことをずっと繰り返してた。。。
そして去年と同様にジミーさんが登場されて英語パートを歌って颯爽と去って行かれた。
(あ、ジミーさんや・・・enjoyのメンバー決まったな。。。と思いましたね)

クラオカさんかっこいいのにコーラスする時も様子がおかしかったし最高だな。。。
あまり演奏のこと触れられなくてごめんという感じ。色々他に気になることが多すぎて(´;ω;`)
いつにも増して、顔でギター弾いてらしたなあ。好きなんだなあ。
しかしクラオカさんのギターの音はこの日もとても冴えていましたよ。クリーントーンが多めで。
ギターはトムさんでした。

そして2回目のMC。

凶子「クラオカ君は気がちがっちゃってるよ!」

会話の流れ忘れたけどこの言葉がツボでした。そうですねちがっちゃってますね。

凶子「あとその足!生足?」
※稲葉さん意識してショート丈に切ったジーンズだったクラオカさん
クラオカ「はい。虫みたいでしょう?」

虫。。。その言語センスほんとすごいわ。。。細すぎて白くてとても直視できない。。。

凶子「せっかく稲葉さんなんだからもっとみんなに見てもらった方がいいんじゃないの?」
クラオカ「そうですか?じゃあ・・・」
おもむろに白いTシャツをまくって頭にかぶり、腹筋全開にするクラオカさん。
そして一瞬で戻る。えんそくでいうゴリラTをかぶっている状態ですね・・・

凶子「稲葉さんといえば腹筋ばっきばきでしょ?もっとゆっくりせてあげたら?」
クラオカ「ゆっくりっすか?はずかしいですね〜〜」
といいながら、今度はスローモーションでTシャツをまくりあげて頭にかぶり、
スローモーションでカンフーのような謎の動きをするクラオカさん・・・
ゆっくりってそういう意味なの・・・?違うんじゃない???
もう不思議すぎて尊い。。。。+゚(゚´ω`゚)゚+。

そして犬神さんたちに何かひとこと、を要求するクラオカさん。
みなさん「生殺し〜」とかクラオカさんっぽく言ってくださってたかな。
そしたら最後にクラオカ君からも何かひとこと、とふられて

クラオカ「ひとことっすか?えー。。。そうですねえ。今日は、生殺しのためにこんなにたくさんの皆さんが集まってくださって。感無量です!」

ジンさんに「無茶振りはするけど無茶振りされると弱いんだね」と言われていたのが印象的でした。

最後の曲はバラードのTIMEで、ギターソロがリバーブがかかったような音で、とても優しくてよかった。
ああクラオカさんはやっぱり大天使。。。

生足。。。尊い。。。

そして転換なわけですが、またロールカーテンの隙間から垣間見える様子から、
あ、ドラムはえんそくサポートのモリヤマさんなんだな。ベースはジミーさんっぽいな。など気づく。
じゃあ次はじょいさんの出し物だ。ぶうさんはハロウィンゴリラだから。。。

ああ。私の愛するあの人は登場されるのかしら。
と緊張しすぎて震えていた。


3.en(d)joy (joeさん)

幕が上がると、やはり登場されたのは茜さん(赤いテレキャスター)を携えたJoeさん、
下手にミドさんのベースを借りたらしいジミーさん、ドラムセットにはモリヤマさん。

まだ照明がつかず薄暗い中で、上手後方の扉が開く。

フードを深くかぶったこの細身のシルエットは。

ああ。どうして登場されただけで、こんな風に空気が色を変えるんだろう。

私の大好きな、点々さんでした。唯一無二のカリスマロッカー。

1.プライマル。

点々さんの大好きな、おそらくじょいさんも好きなのであろうThe Yellow Monkeyの曲。
イントロから鳥肌が立つようだった。

おそらく歌い始める前に、拳をあげて客席を煽っていたような気がする。
私は気がちがったように、点々さんの名前を呼んで、必死に腕を伸ばした。
ああもう、感情が爆発して死ぬ。大好き。

歌が始まるともう本当に、何もかも見逃したくなくて全身で受け止めようと必死だった。

点々さんの声でイエモンの曲が聴けることが本当にうれしかったし、
何より「卒業」をテーマにしたこの曲は、私がイエモンの曲の中で一番好きな曲で。
卒業を控えた学生時代にどれだけ聴いたかわからない。
「では内緒 あなたより好きな人が他にいるから」
「紅塗った君がなんか大人のように笑うんだ 悪いから ずっと見とれてた」

ずっと好きだった、でもいまいちつかみきれなくてはぐらかされるような(そこが好きなんだけど)歌詞を、
大好きな点々さんの声が奏でるのを夢のような気持ちで見ていた。

そう、最初はマイクスタンドにマイクがセットされていて、
マイクスタンドに手をかけて歌い始めて。
ステージングが激しくなるにつれて、乱暴にスタンドからマイクを外して、
動き回り始める点々さんの姿もとても好きだった。

この曲の最後かな、不敵な笑みを浮かべながらマイクのシールドを長く持ってぐるぐると振り回して。
ギターのアウトロの音が途切れるあたりで高く放り投げてキャッチしてらした。
ゴツっというノイズまで、この人にとってはステージの彩りみたいなものだ。
もう本当に、一挙手一投足すべてが絵になる人。

そして、そんな風に持て余したみたいな余裕を見せながら、
Joeさんがギターを弾く姿を横目で気にしていたのもわかったよ。
そしてJoeさんが視線に気づくのか目があって、とても柔らかい笑顔で二人して、ふふって笑ったりして。

私はMy BACTERIA HEAT IsLANDで点々さんに気づいたので、
ケミカルピクチャーズの時代のことを知らない。
だから夢というか、叶わないことだと思っていた。

じょいさんの隣で歌う点々さんを見ること。

こんな風に叶うなんて、思わなかった。
本当にね、点々さんはこの一年間で、私の夢を何個叶えてくれたかわからないよ。

そんな思いがぐるぐるする中で、何も見逃したくなくてじっとステージを見ていた。

2.球根

とても静かに始まる歌い出し、点々さんの声が心臓に爪を立てるようにして響いた。
せつなさやひりひりするような痛さが、声に滲んでいる人だと思っているから。
こういう曲は本当に合う。
「世界は壊れそうになった 今、流星のような雨の中」
からサビにつながるのだけど、この部分は息をのんだ。
なんて言ったらいいんだろう、単純な話、つまりは胸がきゅっとなった。
点々さんの声が本当に好きだ。本当にって言い過ぎだな、うん知ってる。

ここからサビの展開がとても胸が痛くなるし、バンドとしてこの人たち、すごくいいなあと思った。
モリヤマさんのドラムもとても、熱を秘めている感じでよかった。

点々さんいつまでパーカー着てらしたかな。この曲の前には脱いでいたかもしれない。
KRYのDAVIDE2を着てらして、インナーはメンバーさん4人全員お揃いで、
白い「en(d)joy」Tシャツだった。かっこよかった。
(私はen(d)joyのTシャツ買ったのはもちろんのこと、DAVIDE2も後日買いました。。。)

3.CALL ME

この曲だけイエモンじゃなくてYOSHII LOVINSON名義の曲。
私は点々さんがこの曲を歌うのを聴くのは確か2回目。

点々さんにはまりすぎだと思う。点々さんの曲だと思った、という人がちらほらいたのも納得。
せつなさでぶん殴られるような曲だと思うけれど、
点々さんの声が本当に沁みる。
「君がよけりゃ必要としてくれ CALL ME CALL ME」
必要としてる。
点々さんの声を、歌を、こんなに必要としてるよって、もどかしく思ってしまうほどに。
なんというか、祈るような気持ちで聴いていた。

魂を削るような歌声だといつも思うけれど、この曲は特にそれが顕著だった。
曝け出すように、吐き出すように、でも救いを求めるみたいでもあるかな。

それからじょいさん、えんそくでは女形なので、男の人としてギターを弾いてる姿が新鮮で印象的だった。
男の人として、っておかしいか。でもなんだか雄々しく見えたのね。
えんそくでももちろん激しいときは激しいんだけど、振る舞いが女の子だから。
この日の、en(d)joyのじょいさんは、感情がむき出しみたいなギター弾くときがあって、
それがとてもかっこよかった。

MCここだったかな。

Joe「メンバー紹介をします。スーパーサポートドラマーモリヤマさん!」

モリヤマさん最近本気で好きです。。。もっと前面に出て欲しいけど控えめに微笑む姿も好き。。。

Joe「アメリカのお友達ジミー!・・・これだとアメリカからこのために来たみたいになっちゃうね」
Jimi「日本に住んでます、実は日本語も喋れます」

じみーさんw かわいいw

Joe「そして、カリスマ・・・」
客席:てんてーーーん!!
Joe「まだ言ってない!平一洋!!」
点々「こんばんはー。えんそくのお客さんあったかいね、びっくりした」
Joe「俺なんかアウェーだ、って楽屋でずっと言ってたんだよね。そんなことないでしょ」

あー点々さん言いそう。めっちゃ言いそう。ちょっといじけた感じで言いそう。かわいい。。。

点々「今日はライブだっていう感じがしなくて、楽屋も居心地が良くて家にいるみたいで。
   今日はぬるくやろうか?なんて言ってたんだけど、出てきたらみんなの方が熱くてびっくりした。」


そんなことを言いながら照れたように笑う顔がとてもとても愛おしくて好きだった。

点々「ぬるくやるって言ってもさ、ぬるくしたら俺なんか何もないじゃん?トゲしかないみたいなところあるじゃん?」
Joe「あー。熱い男だからね」
点々「いや、そんなことはないけど」
Joe「否定するのかよ!」
点々「だって自分で言うのも・・・なんか笑」

この二人の絡みがもう、苦しくなるくらい微笑ましかった。
10代の頃からの付き合いのあるお二人で、元バンド仲間で。
うれしくもあり照れもあって、みたいな。じみーさんも終始にこにこと見守ってらっしゃるし。

今日はこの4人でやれてうれしいな、という話もしていたと思う。
点々さんがモリヤマさんのことをおそらく本名?の君付けで呼ぶ場面があって、
(「モリヤマ」が通名なのはみんな察しているところではあるとはいえ)
じょいさんが一瞬焦ってらしたような。
点々「・・・フォローできないからそのままいっちゃうけど」
なんて言ってらしたのがまた点々さんらしいな。と思った。

そしてこの日の衣装、揃いの白いTシャツの話に。

点々「enjoyにdが入って、en(d)joyなんだよね。なんかメンヘラっぽいね笑」
Joe「あなたの影響じゃない?」
点々「え?俺の影響なの?・・・うれしいな・・・笑」
Joe「うれしいの?!」

ちょっと思ったことがあるんだけど言っていいかな?
じょいさんが誰かのことを「あなた」って呼ぶこと、そんなにないと思うんだけど
それがクラオカさんと点々さんのときは結構な頻度で、そうやって呼んでるなあって。
心の距離が近くないとそう呼ばないのかもしれない。。。そう思ったら泣ける。。。
でもじょいさんは今はクラオカさんのものなので点々さんにはあげられません。。。

点々「今日は最前列にいる人達もいつもと違う顔で。。。どうもーはじめましてー」
Joe「そういうこと言うなよ!」

はじめましてーってかわいいな。。。
点々さんわりとしっかり顔見てる人だからそういうのに敏感なんだろうなとは思う。
初めてマイバクで最前入った時、後日のインストアでそのことに触れられて度肝を抜かれた経験がある。。。

点々「残り2曲なんだけど・・・」
客席:ええええー!!!??
客席の素直な反応に、点々さんが一瞬驚いたあとに優しい笑顔になってらして、
それが本当にかわいらしかった。こんなにアットホームな空気なのもめずらしいのかもしれない。

点々「残り2曲、隙間なんて詰めていくような気持ちでいけるよな?場所とか気にすんじゃねーぞ?!いけるよなー?!!」

煽りモードにスイッチが入った点々さんもとても好き。
場の空気を支配する才能をお持ちだと常々思っているけれど、この日もあらためて痛感した。
震えるほど、かっこよかった。

4.パール

後半は明るめというか疾走感のある感じの選曲で、それがまた良かった。
上手を見ても下手を見ても、Joeさんと目があっては微笑みあい、
じみーさんと目があっては微笑みあう、かわいらしい点々さんなのだった。

もう、この曲のあたりからは私の視界が完全にバラ色というか虹色というか
世界が輝きすぎていてやばかった。やばいのはおまえの脳内だ。
だって点々さんが見たことがないくらい柔らかい表情で、
じょいさんの隣で歌う姿は、多幸感に包まれていて。時折見せる照れたような表情もまた。

こんなに明るい気持ちで点々さんを見られるのなんて滅多にないことで。
それは私のメンタルのやばさもいろいろあれですけれども。

5.SPARK

凄まじく定番な曲をもってきましたね・・・盛り上がらないわけがない。
JAMの次のシングルですよねえ。
明るいメロディーだけど、大人の色気を感じさせる曲でもあり、
点々さんの声にはとてもよく似合っていた。ロックスターだなあ。

じょいさんのステージングもどんどん激しくなるし、とてもかっこよかった。

アウトロの最後のキメというかためるところで、点々さんが若干しくじったのこの曲の時だっけな。
「あ、やっべ!」みたいに言っていたずらっこみたいに笑って、
モリヤマさんも笑っちゃってた。
一瞬で仕切り直して、ちゃんと、じゃーん!っと終わったんだけどね。
その表情もとても愛おしかったな。

去り際、お立ち台に立って客席を見下ろして、手のひらを唇に強く押し当てるようにして、
ずいぶんと荒々しい投げキスを客席に放ってから去って行かれた。
点々さんそんなに投げキスしてるの見たことないと思うんだけど。よっぽど楽しかったのかご機嫌だったのかな。
上手後方の扉に向かいながら、途中で一度振り返って、手を振ってくださった気がする。
そんな風に振り返ることも、あまりないことな気がしている。

ああ、本当に、このステージを見届けられてよかった。
そう思いました。ありがとうありがとう。
点々さんは私にとっては唯一無二のカリスマボーカリストです。
大好き。

うう、好き。。。
と、すっかり放心状態ではあったものの、私は次の演目も見届けなければならない。
そう、次はぶうさんがゴリラ。。。


4.ハロウィンゴリラ(ぶうさん)

きゃりーぱみゅぱみゅちゃんの曲かな、が流れて、アナウンス。ミドさんの声かなと思ったけれどどうだろう。
?「今日のハロウィンゴリラの出し物は、絵本の朗読だよ〜」

そして登場するぶうさんあらためハロウィンゴリラ。

ふぁっ?!!?!?! 登場と同時に目を疑った。
去年とは比べ物にならないレベルでゴリラですね。。。
去年は黒トレーナーにスウェットパンツ、顔は黒く塗って、頭にアンテナみたいなのつけてたんだっけ・・・
今年は完全にゴリラの着ぐるみにマスク。これはやばい。

おばけのクリスマス・・・みたいなタイトルの絵本を取り出しマイクの前に立つゴリラさん。
ぶう「うあ・・・うほっうほ。。。
ゴリラマスクのせいかしゃべりづらそうww
しばしのあいだ絵本をめくってみたり何か言ったりしようとがんばるも、うわあああ!という感じで絵本をあきらめ、
マスクも脱いでしまうゴリラさん。
・・・マスクを脱いでも顔は黒塗り!さすがぶうさん・・・

ぶう「ゴリラは絵本が読めない。だから歌を歌おうと思う。ゴリラはギターが弾けない。なので今日はギタリストにきてもらいました。ハロウィンに仮装してギターを弾く、と言ったら、この人ほど似合う人はいないんじゃないかと思います。LIPHLICH、新井崇之!」

たっきーさん・・・?!ほんとに?ゴリラさんがまじめに歌うというだけでもびびるというのに?
ゲストギタリストですと?うわあああああああああ去年のゴリラさんはなんだったのまじで。
30分かけて延々、ステージ上でゼリエース作ったりゴリラの真似してた人とは思えない。

ぶう「曲いける?たっきー大丈夫?」
新井「優しいゴリラだねえ。もっと怖いのかと思ってた。オッケーゴリラ!・・・なんかゴリラって付けると悪口みたいだね笑」

たっきーさんいい人か。。。

ぶう「死んだ男が恋人に会うためにゾンビになって帰ってくるっていう、ハロウィンにぴったりの曲がありまして、今日はそれを歌いたいと思います。」

こ、これは・・・筋少ですねトゥルー・ロマンスですね・・・?!

1.トゥルー・ロマンス(筋肉少女帯)

˚‧º·(˚ ˃̣̣̥᷄⌓˂̣̣̥᷅ )‧º·˚(言葉にならない)
ぶうさん。。。私はぶうさんがオーケンフォロワーだ!と2014年1月の無料ワンマン中に気づいて、
そこからえんそくさんにどはまりしていったので、ぶうさんが筋少歌うのはとても、感慨深いです。。。

ぶうさんの声はいいなあ。噛んで含めるような優しさがある。
そして新井さんのアコースティックギター、いい音だった。

ぶう「いい曲でしょ?知ってた?たっきーは知らなかったんだよね」
新井「知らなかったー」
ぶう「たっきーに知らない曲ばかりやってもらうのも悪いから、2人の共通点を探したんだけどね。全然なくて。それがSOPHIAでかすったんだよね。俺もよくカラオケで歌ってました」

2.ゴキゲン鳥(SOPHIA)

おー。世代だなあ。ぶうさん私より年下だけど大きなくくりだと同世代、だと思ってる。。。

ぶう「GLAY派だった?ラルク派だった?」
新井「GLAY!」
ぶう「俺はラルクだったんだよね〜。でも大人になってGLAYの良さがわかるようになってきた。泣けるね。次の曲はみんな知ってるからタイトルコールいらないよね」

3.グロリアス(GLAY)

おおおおお。この曲GLAYで一番好きかもしれない。あとは彼女のModern...とか好きですね。。。
あと千ノナイフガ胸ヲサス。。。

ぶう「俺、デブって呼ばれてるけどTERUって呼ばれたいな!『生まれた街の片隅で〜』俺に今日歌われるためにあるような曲だね?高円寺生まれ高円寺育ち!」

ぶう「次の曲は椎名林檎です。えんそくを始めた頃、ミドリーダーの前のバンドが解散しちゃって、その代わりに出演していたから曲がなくてカバーをやってたんですけど、その頃に演奏していた曲です。当時はライブでアンケートがあったんですよね。その時『二度と林檎ちゃんの曲を歌わないでください!』って書かれたのを覚えてます。」

4.幸福論(椎名林檎)

ああああああああ˚‧º·(˚ ˃̣̣̥᷄⌓˂̣̣̥᷅ )‧º·˚(言葉にならない二回目)
こ、この曲、、、、私世代の人は好きな人多いと思うんですけど、
さらにばんぎゃるちゃんだったら、愛するバンドマンをこんな気持ちで慕っている人が100万人くらいいると思うんですよね。
私の点々さんへの想いはほぼこんな感じです。形は違うけどぶうさんにも同じこと思ってるところはある。

私は君のメロディーやその哲学や言葉すべてを 守るためなら少しくらいする苦労も厭わないんです

この日、この曲をぶうさんが選んで歌ってくれてよかった。

ぶうさんが、俺歌うまくなったね、当時あのアンケート書いた人にも聴いてほしいですね、
みたいなことをおっしゃっていた。ぶうさん本当に良い声。

ぶう「最後はえんそくの曲を歌いたいと思います。『ぱやぱや』という曲です。この曲を書いてからもうずいぶん経ちましたが、気持ちは変わってません。つらくたって笑顔は笑顔。笑ってごらんなさい。」

5.ぱやぱや(えんそく)

ぶうさんの真髄というか真骨頂というか。
聴けてとてもうれしかった。
ぶうさんはずっと、「笑っていてほしい」ということを、歌ってきた人だから。
そして点々さんは「歌しかない、歌い続けたい」ということを、バンドが変わっても曲が変わっても歌ってきた人で。
お二人のそれぞれの核だろうな、と私が思っているところだったりする。
そんなことを考えながら聴いていた。

新井さんのアコースティックギター本当に素敵だったし、
ぶうさんが新井さんを呼べるくらいに仲良くなっていたことに驚いた、かな。ふふ。


5.えんそく

最後はえんそくさんで締め。

ぶう「一人同士だったボクラが、こうしてえんそくになれました。」

あー。なんかいいなあ。

ぶう「この街を走る電車は、かつては丸ごとカボチャ色でした。その名も、朱色1号。」

それからゴードンの前には

ぶう「中央線は世界で一番、人を殺しているらしいですねえ。そんな殺人列車になる覚悟はいいかー!」

みたいな煽りをしてらしたような。
ぎゅうぎゅうのライブハウスで、ぐるぐる回って楽しかったな。

えんそくさんの時はひたすらハイになって、楽しくて酸欠寸前な心持ちだったので記憶が薄いのだけど、
enjoyのときはつけていなかった赤い口紅をひいたじょいさんをみて、
(服装は変わっていなかった)女形としての努力というか気概もすごいなあとあらためて思ったのでした。

そして、服装もTシャツにパンツだし外見は男の人のそれなんだけれど、
じょいさんが最後のえんそくのギターソロをお立ち台の上で弾いたあと、
ぴょんっと飛び降りながら両足を後ろに蹴り上げてらして、
それがとてもかわいらしくて、じょいさん好きだなあと思った。

ぶう「敵しかいない、殺してやる勢いでいくしかない、そんな熱いライブもいいものです。でも今日みたいに、たっきーとか、平く・・・点々くんとか、仲良しな人ばかり集まってやるライブもいいなあと思いました。」

そんなこともおっしゃっていたと思う。

ぶう「ライブ続きだった我々えんそく、今日で少し次のライブまで期間があきます。そんな日に、えんそくのことを好きでいてくれる皆さんと過ごせてよかった。」

ぶうさん。。。
でも、次のライブまでたぶん5日しかあいてないですけど・・・
えんそくさんにしたらすごく期間があくという感覚なんでしょうね。ずっと走り続けているから。

あー。
この日のことはずっと覚えていたいなー。
えんそくのメンバーさん一人一人がとても好きだし、えんそくさんを取り巻く人たちのことも好きだ。

点々さん、寺子屋所属になってくれないかな笑
私はわりと本気で祈ってるよ。

いくつかツイート引用したいので
長くなるので続きに格納。
スマートフォンから見てる人にはあまり関係ないけど。。。。





ぴー( ˃ ⌑ ˂ഃ ) 本当にいいイベントだったなあ。。。

この日は点々さん出るかも、とは思っていたのだけど私は確信もなかったし、
きっと予想もしなかった人が沢山いて。
そして点々さんが出てきた瞬間に私の安否というか生命の心配してくれた人が複数いらしたことがうれしかった笑
何度も死にましたけどね。何度でも蘇るさ。

イベント終了後も、会場でもTwitterでも、点々さんの感想を私に伝えてくださったり、
よかったですねって言ってくださったり、そんなことがたくさんあって涙が出る。

私は点々さんのかっこよさを、凄まじさを、もっと知ってもらいたい。
この日はえんそくというかっこいいバンドのファンの人たちに、
点々さんのかっこよさがちゃんと伝わったっていうことが、とてもとてもうれしかった。

点々さんの一番凄いところというか私が点々さんにいかれてしまった最大の理由は
空気の色を変えるところなんだと思う。
その場の空気を支配する才能。それが、私が点々さんをカリスマと呼ぶ理由でもある。

My BACTERIA HEAT IsLANDに「無題」という曲があって。

何色に見えてる?変わらないよ僕にはデジタルでしかなくて
でも君に触れたなら 嘘のよに世界は色づく 奏でるから

世界が色づく。まさに、点々さんは私にとって世界の色を変えてくれる人だから。
この曲が本当に大切だなあと思います。
音源化されていないのだけど。
どんなに遠い未来でも、この曲と再び出会う日を、私はあきらめていない。


この記事めちゃくちゃ長いね。
読んでくれた人いるのかしら、いたらありがとうしかないです。
私のひとりよがりな文章におつきあいいただいてありがとうございます。

よかったらこの下の拍手ボタン押してもらえたらうれしいです。
読んでる人がいらっしゃるんだなって思えるので。

えんそくさんが大好きで点々さんが大好きだ。

一生えんそくし続けたいし、点々さんの声を聴いていたい。
ずっとステージに立っていてくださいますように。
そして私がそれを、見続けられたら。いいな。

スポンサーサイト
【2015/10/29 00:39】 | えんそく | トラックバック(0) | コメント(0)
<<2015-12-23 池袋EDGE 平一洋さんアコースティックライブ | ホーム | 2015−10−18 kiss my way 渋谷チェルシーホテル>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuigulumar0206.blog68.fc2.com/tb.php/597-12797f9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |