プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
2016-07-22 Re:My BACTERIA HEAT IsLAND 東高円寺二万電圧
Re:MBHIの主催ツーマンも2週目に入った。1日1日終わってしまうことが寂しくもあるけれど
噛み締めていきたいなあと思う。

今日は手短に!!端的に!!まとめていこうと思う。
いつも1記事書くのに4時間くらいかかってるので・・・今日は2時間以内にする・・・
※3時間以上かかりました・・・こんなに内容薄いのになんで・・・

点々さんが大好きでこの人の音楽が大好きで。他に何もいらないと思った。
他の好きなもののことを諦めるという意味ではなくてね。
うまく言えないけれど。この人の音楽のために生きていきたいと思った。何を犠牲にしても。
幸福論か。そうだよ。
「私は君のメロディーやその哲学や言葉すべてを守るためなら少しくらいする苦労も厭わないんです。」
椎名林檎ちゃんは19歳くらいでこの真理に到達していたのだから凄いよね。
まあ守れやしないけれど。気持ちとしては、そうです。

<2016-07-22 Re:MY BACTERIA HEAT ISLAND 主催2マン「遅れてきた狂犬〜ドーベルマン〜」東高円寺二万電圧>
まず対バンのギャロさん。お久しぶりに見たなあ。MBHIでは対バン多かったから、懐かしさもあった。

ジョジョさん、MCでも「てんさんが帰ってきた。こんなにうれしいことはない」みたいなことをおっしゃっていて、
ギャロのファンの皆さんにも「必ず最後まで楽しんで行くように。」と声をかけてくださって、
それもあってギャロ動員の方々も最後まで見てくださったんじゃないかなあと思っている。ありがとうございます。

ギャロさんは世界観がはっきりしていて好き。それにファンの人達が体中で楽しさを表現するようにしてライブを楽しんでいらっしゃるから、その光景を見守るのが楽しい。
私はやっぱりばんぎゃるちゃんという人種が好きなのだな。ばんぎゃるちゃんを見守るのが。
自分はもう、ご老体なのでばんぎゃるを名乗っていいとは思ってないんだけど、くくりとしてはばんぎゃるだと思う。。。

そして、主催のRe:My BACTERIA HEAT IsLANDへ。
まずはセットリストを公式から。



このツーマンシリーズ、金曜はランダムなお洋服で、土曜は衣装になるのかなもしかしたら。
先週はシャツと黒パンツという感じで(点々さんは赤チェックシャツだった、他のメンバーさんは黒とか紺水玉とか)
今週はなんと全身白。シャツもパンツも、靴までも白で統一されていた。眩しい・・・。
そして点々さんのメイクがすごかった。もともとボディペイント的なことはなさる人だけれど、
こんなに真っ黒になってるのは初めてみたよ。腕の刺青が見えなくなるほど真っ黒に塗りつぶされていた。

幕が開くと、点々さん以外のメンバーさんはスタンバイされていて。
インスト曲のような感じで少し演奏されたあと、点々さんが登場して、マイクスタンドに手をかける。
・・・と思ったら、歌い始める前に客席側にマイクスタンドごと転倒しそうになってらした。
すぐに体勢立て直したようには見えたけれども、結構焦ってらしたしそのあと照れ笑いしてたな・・・。

1 .アイスピック

1曲目からこの曲とは、意外さあった。とても好き。
点々さんの声は切なさや寂しさがにじむところがとても魅力的だと思っているけれど、この曲ではそれが顕著だ。

最後の静かになるところ、この日も空気がピンと張るようで、それはまるで冬の空みたいだねと思いながら聴いていた。
「君のサンタ いくつまで生きてた?教えて 僕のサンタは 今も冬の夜空を飛ぶ」
リヒトさんのピアノがきらめくようで。好きだな。

2.能力者

先日発売された音源の収録曲。
他の曲に比べると大人っぽいというか色気のある歌い方をなさっているように思う。
点々さんのブレスというか、音の区切りで漏れる吐息が好きで、それがわかりやすい曲だと思うから。
歌詞の内容は独特で、どこかはぐらかされているというか答えが明らかにならないところがあると思うけれど、
それもとても点々さんらしくて。
「君の頭を弄るように 僕は能力を研ぎ澄ますよ」

最後の「何処まで いじられたい?」のところで、上目遣いに見上げたあと、舌で唇を舐め回す表情にぞくっとした。

ここでMC。

この時かなあ、暗転して薄暗い中で、メンバーさんの名前を呼ぶ歓声が響いて。
リヒトさんがほんの少しだけ反応して、はにかみがちに微笑んでらしたような気がする。暗がりの中で。
もーーーリヒトさん王子様すぎてつらい。好きです。
でも私のような下賤のものが・・・リヒト王子を好きなんて・・・言ったら消される・・・というような気持ちでお慕いしています。頭は大丈夫です。

点々「3日目ー・・・3日目は、ギャロです。」

そういればツーマン初日から共犬の皆さんのグッズを身に付けていた点々さん、
この日は左手首にDOFとギャロのラバーバンドを、左足首にマイナス人生オーケストラの腕章をつけてらした。

点々「今日は初めてこんなに黒塗りしてさ・・・なのに転んじゃった(笑)登場早々転ぶなんて何年振り?!と思って(笑)だからダメだわ、自分に負けてる。俺ヤベーってなってる・・・(笑)」

照れたように笑う姿がかわいい。そしてこういう話なさるときって、メンバーさんの方を見がちの点々さんなんだけど、
この時もアガサさんと笑いあったりしてらして、かわいかった。

点々「こんな浮かれた格好してるけど、関係なくぶっ込んでいくんで。おまえらも場所気にすんじゃねえぞ!!」

3.Wonderland

もうこの曲毎回泣いてる。
「いつかまた声が届きますように」「どうか思い出にしないでくれ」ひりひりと引っ掻くような切なさで。
それでも最後は「どうか消えてくれないか」で終わるのが、人の心のアンビバレントさを表しているようにも思う。

それから、この曲のギターソロ好きだな。涙腺が刺激される泣きのメロディー。
真平さん、Re:MBHI始動からしばらくは涼しい顔というか怖いくらい美しい冷徹さを保って演奏されることが多かったように思うんだけど、最近はたくさん笑顔を見せてくださるようになってうれしい。
最初は覆面だったし(ライブでは覆面ではないけどファンの子達も知らなかった人多いだろうし)、
今は真平さんとして活動されてるから、ってこともあるのかもしれない。

4.プラスチックマン

この曲のリヒトさんのピアノがとても好き。サビのメロディーの耳残りの良さも。
「純潔が消えてしまった 幸せな歌が嫌いだ 汚れちまった プラスチックなこの体」
サビあとのピアノとベースが目立つところとか、ギターソロとか、各メンバーさんの聴かせどころがあるところもとても好き。

5.燃ゆる東京

一転して激しい曲。激しいイントロからの、Aメロの入りで繊細なピアノだけになるところとか、この曲の展開ほんとかっこいい。
いつかまたこの曲で逆ダイになる日をお待ちしています。人が増えたらきっといい感じになると思うんだ。

「騙し続けてくれればいい」のところのリヒトさんのピアノも好きすぎて。拝み倒したくなるんですがどうしたら。。。

6.my head bursting open call a doctor

モッシュ曲なんだけど、この日は普通のモッシュとサークルモッシュと両方やった。
点々さんがフロアにおりてきたのもこの曲だっけ。巻き込まれることなくちゃんとステージに戻るところが点々さん。
最後のモッシュのパートを点々さんの合図で何度も繰り返していて、higiriさんが笑顔で点々さんを見守りながらタイミングを見計らっているところとか、ほんと点々さんを自由にさせてくださってありがとうございますという気持ち・・・。

MBHIの時に同名の曲があったので、この曲ができたということはあちらの曲はもう聴けることはないのだろうな、と思うと寂しくなる・・・。

MC。

点々「かっこ悪いこと言うけど・・・こういうことわざわざ言うのかっこ悪いかもしれないけど。」

言葉を選ぶように、途切れがちにお話なさる点々さん。

点々「まだ音源2枚しか出してなくて、今は6曲が、家に帰っても聴いてもらえる状態だと思うんだけど。
次の曲はまだ音源になってない曲です。俺もバンド歴が長いから、色んなことがあったなあって思うんだけど・・・
ひとつのものをずっと好きでい続けるのって、大変なことだと思うんだよね。
一番大事なものは、ずっとここ(胸を叩く)に持っておいてほしい。そんな曲です。
全員の心に刺さるように歌います。『ナイフ』。」


点々さん・・・私はひとつのものをあまり長くは好きでいられなかったよ。失うのが怖くて手を離してばかりだったよ。
でも今は、長く見つめていたいと思ってるよ。心離れずに、手を離さずに。

しかし、『ナイフ』の演奏に入らずにHappy Birthday To Youを演奏され始めるメンバーさんたち。
点々さんのお誕生日、7月20日だったから・・・!!!まさかのサプライズで同様する点々さん。

点々「まじかよ!!ここ?!?!あー???!!!ここじゃないでしょー?!今めちゃくちゃかっこよく言ったと思ったのにーー!!」

そんなことを叫びつつ、満面の笑顔でメンバーさんたちの顔を見回して、床を転がり回るようにしてあわてる点々さん。
もうほんとかわいい。好き。

そして床にぺたーんとうつ伏せに寝っ転がってしまって、

点々「もー!俺起きねーから!」

なんて言ってらしたんだけど、Happy Birthday To Youの合唱が始まると照れくさそうに起き上がって、
ろうそくの火が灯ったケーキをアガサさんが持ってらしたのを見て、

点々「スタジオでもやってくれたじゃん・・・わー甘そう。フルーツたっぷりだねー(笑)」

と、ろうそくの火を吹き消す。すごく幸せな空間だった。
点々さんが愛されていると私もうれしい。点々さんはあたたかな愛に包まれていてほしいんだ。

点々「もう一回言うわ・・・大事なものは離すんじゃねえぞ、って曲です。『ナイフ』」

7.ナイフ

この曲早く音源化してほしいな。どの曲に対しても思っているけれど。
点々さんの声が痛切で、えぐられる。今の点々さんにはきっとこういう曲がとても合っているのだと思う。
メロディーがとても美しくて、点々さんの声が刺さって。

床にぺたんと座り込んで両手でマイク抱え込んでうつむいて歌う点々さんが、まるで泣いてる子供みたいで。
胸が痛くなった。

ガラス細工みたいな繊細さと、畏怖を感じざるを得ないような無敵なカリスマのオーラを、同時に放てるボーカリストなんて、本当に点々さんしか知らない。

8.Ⅲ秒で光る骸骨狂ったチャップリンと命名(cover)

KuRtの曲。これもすごくモッシュしてたんだったかな。基本的にモッシュ曲は記憶がありません、ステージ見てないから・・・
楽しかった。あと、やっぱりこの曲各楽器の聴かせどころあっていいなと思った。
リヒトさんが鍵盤に覆いかぶさるようにして激しく弾き散らかすところとかほんと好き・・・
すみませんこんな下賤のものが王子を好きになって・・・・
あとどの曲の時か覚えてないんだけど、基本的に客席を見ないリヒトさんが一度だけ客席の方向いてくださった時があって、下手のリヒトさん正面で見ていた私はお顔が拝見できてうれしかった。
今のセッティングだと、リヒトさんの近くで見たければ下手だけど、上手に行かないとお顔は見られないという。

ちなみに一瞬お顔を向けてくださったリヒトさん、すっと目線を落として前に向き直られていたので、本当に控えめな王子様というかお姫様だな・・・と思いました・・・。

点々「残り3曲ー!楽しめるかー?」

実際4曲だったのだけど。間違えたのか、最後の1曲は追加だったのかどっちだろう。

9.ハゲ散らかしたジョニー

もうだめ・・・リヒトさん大好きbotになるしかない並びなんですが・・・この曲のピアノも好き。
折りたたみに入る前のタイミングでベースがごりっとして目立つところも好き。ほんとRe:MBHI全員かっこいい。
Re:MBHIはデスボイス的なシャウトは少なめで、今の点々さんにはそれが合ってるかなと思うけど、
この曲みたいに激しいのもやっぱり好きだなと思う。緩急ついてるところが好き。

10.狂犬病

ああああ。音源になってる曲の中ではこれが一番好きで、思い入れもある曲。
そしてまたリヒトさん大好きbotだよ。どこをとってもかっこいいの、AメロもBメロもサビの裏でもかっこいいことしてるし、リヒトさんの旋律から耳が離せない。
最後の方の「悲しいほど鈍感な奴らのまわりにいると反吐がでる」のところで点々さんとリヒトさんだけになるんだけど、
もう、痺れる以外の言葉が見つからないくらい痺れる。
音源でもかっこいいけどライブが本当にかっこいい。この曲はほんと、一生懸命リヒトさん見てるわ・・・。

11.27

明るい曲調なのに涙がでるよ。点々さんは「笑顔見せてくれー!」って言うし、点々さん幸せそうだし、笑ってしまうけど。泣きながら笑ってる。
20th Century Rock Star. みんな死んでしまった 生き残った者達に最高の値打ちをくれ
うまく聞き取れないけど、そんな。
生きてよ。生きて伝説になってよ。いつもそう願っている。

この曲の時かなあ、アガサさんと戯れて、右乳首つねろうとしてたよね・・・やめなさいそういういたずらは・・・
なあ、なんで点々さん仲良くなりたい人の乳首つねってしまうん?

12.ひまわり(cover)

10年以上前の、点々さんの曲。その曲を今の点々さんが歌ってくれることに、とても意味があると思う。
歌詞の内容も若さがにじむし、音源で聴くと声がとても幼くて。点々さんはきっとずっとロックスターだと思うけど、
着実に進化されているんだな、ということも感じるから。私はここ2年の点々しか知らなくて。何もわからないけど。
この曲を歌われている点々さんの笑顔はとてもまぶしかった。

ここまでで本編終了。
アウトロの途中で一足先に消えていく点々さんの後ろ姿を見送って、メンバーさんも1人1人消えてくのだけど、
リヒトさんが控えめに微笑みながら手を振って歓声に応えてらしたので、高貴な一族の生まれなのかな・・・と思いました。
リヒトさん本気で王子様にしか見えないのですが???
叶わぬ恋すぎてつらくない?????

-ENCORE-

そしてアンコールの「アイランド」コールをして待っていたのだけど、
意外なことに最初に登場されたのは点々さんだった。いつもはリヒトさんが登場してピアノ演奏されたりすることが多い印象。
点々さん、上の白シャツを脱いでインナーのグレーのカットソー姿だった。

最近襟元の詰まった衣装が多かったからこの日ふと思ったことなのだけど、点々さんまた鍛えてらっしゃるのかなあ。
洋服の隙間からのぞく胸板が前より逞しく感じたしとても筋肉質だったので。。。

点々「アンコールありがとう。・・・あのさ・・・『アイランド』って言うのやめて『アンコール』にしよう。飽きた・・・(笑)アイランドって・・・と思って・・・(笑)」

点々さんが初東京ワンマンの前か何かのタイミングに、blogで「4文字でアイランドがいいな」とかいう謎の名言を生み出されて以降、アイランドだったと思うんですけどね!!
そういうことをはっきり言っちゃう点々さんが好きだよ。というわけで明日からアンコールな!!!

点々「えーと・・・すごく楽しいです。黒く塗ったのが汗で全部落ちるくらい、いいライブ出来てるのかな、と思います。それは来てくれるみんながいるからだし、ステージからみんなのこと見てて、楽しんでくれてるなー、と思ってこっちも楽しくなるし。ありがとう。明日も遊ぼうな。」

点々さん・・・前からお優しい人だったし感謝の気持ちも言葉にしてくれる人ではあったけれど、
ここ最近の点々さんは本当に、フロアに向ける視線が優しい。その空間を構成する一部になれてよかった。
だからまた行きたいし目を離したくないと思うよ。

点々「最後に1曲だけ・・・上げたふりしてんじゃねえぞ!!」

1.燃ゆる東京

楽しかった・・・点々さんが楽しそうだった・・・あとはモッシュばかりしていて記憶がございません(結局それ)

曲終わりの残響の中で、点々さんがメンバーさんたちの方を見てぼそりと呟く。

点々「もう1曲やろう・・・」

点々さん、しばらく考えてから曲名をおっしゃっていた。
higiriさんが点々さんの方をじっと見て、それを聞いてうなずいてから曲に入ってらしたので、
最後の曲は本当に点々さん次第なのかもしれない。それに順応できるのがすごいなあと思う。

2.my head bursting open call a doctor

点々さん、フロアがぐっちゃぐちゃにモッシュしてるのが好きなんだろうなと思う。
いつもそうやってぐちゃぐちゃになった光景を見て満足そうにしてらっしゃるから。
Re:MBHIに限らず、モッシュの空間って多幸感にあふれがちだと思っているので、なるべく自分も自由に楽しみたいな。

点々さんが客席に向かって微笑んでから、振り返らずに去っていく後ろ姿を、この人の笑顔を守りたい・・・と思いながら見つめていた。

君が笑ってくれるなら、僕は惡にでもなる。(真顔)

ツーマン始まってから、毎回ライブの良さを更新していくようだなと思っている。
まだ目撃していない人には、早くこの空間を感じてほしいなと思う。
そのハードルが高いのはよくわかってるんだけどさ。
私も友達が聴いている音楽、どれも良いなとは思うけれど会場に足を運ぶところまでなかなか達しないから。

点々さんがステージで歌い続けてくださいますように。
私の人生の一部を点々さんのかっこよさを伝えるために使いたいよ。
無力だけどそう思ってしまうよ。

最後にツイート引用。








真平さんがリヴァイ兵長みたいでかっこよかったです(吐血)
リヒトさんはどう見ても王子様でしかなくて生きるのがつらい。つらい・・・。

あとチェキ。

シャッフルで点々さんとリヒトさんとか、引きが強すぎて怖い。私死ぬのかな。

楽しかった、な。
楽しいで終わらないくらい、突き刺さるものとか揺さぶられるものもあるけれど。
からっぽで笑えるくらい楽しい時間もあって、点々さんのライブの度に決死の覚悟で向かう私には久しぶりの感覚だったかもしれない。
本当に、大好きで大切な空間。点々さんがステージで歌う姿を、ずっと見続けられたらいいな。


毎度ながらの脳内を晒すような頭の悪い長文、読んでくださってありがとうございます。
読了のしるしにこの下の拍手ボタン押していただけましたら幸いです。
Re:MBHIの魅力が少しでも、伝わりますように。届きますように。

では、また次のライブで。
スポンサーサイト
【2016/07/23 15:27】 | Re:My BACTERIA HEAT IsLAND | トラックバック(0) | コメント(0)
<<2016-07-23 Re:My BACTERIA HEAT IsLAND 東高円寺二万電圧 | ホーム | 2016-07-16 Re:My BACTERIA HEAT IsLAND 東高円寺二万電圧>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuigulumar0206.blog68.fc2.com/tb.php/616-8c409aad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |