プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
2016-11-05 CANTA 新宿BLAZE
CANTAの秋ツアー、私は結局ファイナルしか行けなかった。
今年は通っているバンドで感情の振れ幅が大きすぎることが起こりすぎて頭がおかしかったのと余裕がなかったので、
CANTAのツアー先行申し込み忘れたりしているうちに気づけばファイナルだったという・・・。

このひとつ前のCANTA関連のライブ感想がおそらく札幌(春ツアーのファイナル)なんですが
コメントとか拍手コメントとかありがとうございました。
お返事できていないものもありますがすべて拝読しています。
同じ会場にいらしたんだなあ、ということもある意味奇跡みたいで。
思い出を共有できるというか、同じ時間の記憶をそれぞれ持っていること、ということに想いを馳せたりしています。

新宿のツアーファイナルから時間があきすぎてしまって、記憶はほぼ抜け落ちているのですが、
セットリストだけでも残しておきたいのでblogの管理画面を開きました・・・。

私にとってCANTAのライブはやはり帰る場所だった。そのことを痛感した日でもありました。
揺るぎなく、そこにいてくださるということ。
どれだけ救われたかわかりません。

<2016-11-05 秋CANTA'16「Growth ~成長中の男達~」ツアーファイナル新宿BLAZEセットリスト>

セットリストと使用ギター。

【KG-SPELLBIND】
1.Thema of New Frontiers
2.Tonight3

MC
【KG-TRIUMPH V】
3.Bound for Freedom
4.オルタナ
5.Fantasize

MC
【KG-SPELLBIND】
6.Love Fixxxer
7.Campanella
8.Madness

MC
【KG-TRIUMPH V】
9.金木犀
10.Everyday
11.月とチャリとGuitar

【KG-SPELLBIND】
12.EVERYBODY NEEDS SOMEBODY
13.108
14.HEAVEN’S WAITING


encore
【Takamineアコースティックギター】
1.MIRACLE
【KG-SPELLBIND】
2.FEEL YOUR LIGHT
3.1400km/h
4.春の嵐

【TRIUMPH V ※2フレカポ】
5.Happy Birthday To You!

たかむらさんの歌が、ギターが。本当に好きで、大切で必要で。
胸が痛くなったり、涙が出ることの連続だった。

聴けてうれしかった曲はいくつもあるけれど、たとえば「オルタナ」とか。
明るくて力強いメロディーなのにいつも泣けてしまう。

それから「金木犀」。おそらく私はCANTAの曲の中で一番この曲が好きだと思う。
初めてライブでこの曲を聴いた頃のことを色濃く覚えているし、とあるフレーズで思い出す光景があって、
その度に胸がえぐられる。忘れてはいけないこと、を思い出させてくれる曲です。私にとっては。

それから「FEEL YOUR LIGHT」が、音源ではそこまで好きな曲というくくりではなかったのだけれど、
ライブで聴いてがらりと印象が変わった。力強く胸に突き刺さるものがあった。
これもライブの醍醐味だなあ、なんて思ったりした。

その他にも「Fantasize」でたかむらさんのダンスが見られてうれしかったとか、
「HEAVEN’S WAITING」や「EVERYBODY NEEDS SOMEBODY」の高揚感がすごかったとか、
いろいろ感慨はあったので、やっぱりちゃんとライブの感想は書き残すべきだったな。
本当に、CANTAのライブは受け取るものが多い。


MCで印象的だったことをいくつか書き残します。

最初のMCで、「東京ー!」と笑顔で何度か煽ったあとの笑顔が眩しかった。
そして次の曲に行く前のタイミングで、
LUKE「12月、4月に行けなかった鹿児島と、追加公演で熊本に行きます。九州を、元気付けてきます!」
と力強くおっしゃって。
その真摯さが、とても好きだと思った。それから、
LUKE「でもその前にまずは、今日ここにいるお前達を元気付ける!日常に疲れたお前達を・・・(笑)」
と柔らかい笑顔でおっしゃった。
いつだってそうだ、たかむらさんは、ここにきたら全部忘れていいよって言ってくださって、
そして忘れられるくらい浄化させてくれる。

NEWアルバムから数曲披露したあとのMC。
Madnessはこの日がライブでは初演奏だったようで、
LUKE「Madnessいいね?ドラムのパターンがさ・・・(雷電さんに向けて拍手が起きる)俺が考えましたー!(笑)」
MADNESS、フロアタム入るところとかすごく好きだな・・・!と思いながら聴いていたので、とても頷くMCだったなあ。
音源で聴いているよりさらによかった。

同じタイミングのMCで(8曲目のあとあたり)雷電さんとMASAKIさんの紹介タイムもあって。
雷電さんが、アルバムのレコーディングはまだドラムのトラックと展開くらいしか決まっていない状態で渡されて、
どんな曲になるかもわからない状態で録っているんだけど、アルバムどうだった?そうかーよかったかー、
ルークが作った打ち込みのドラムに、魂を吹き込むことができているならよかったなあ。
なんてことをお話しされていた。雷電さんの音は、雷電さんしか出せないような音がするなあと思いながら聴いている。

MASAKIさんのMCで大爆笑していた記憶はあるのですが、ですが、大爆笑していた記憶しかないです。。。
ものすごくリリックを。韻を踏んでお話されていてすごいな!と思った記憶。。。


そしてどのタイミングかは忘れてしまったのだけど、中盤あたりかな。
演奏した曲のタイトルコールをしたりして穏やかに微笑まれたたかむらさんが、なにげなく始めたお話しが心に残っている。
LUKE「これは演奏家だけの現象なんじゃないかと思うんだけど、ふっと心が旅に出てしまうことがあって。ここではないどこかに。それはどこなんだろう。」
「音楽を聴いていて記憶が蘇るとか、例えば数年前の曲だったらその曲を初めて聴いた時の光景を思い出すとか、そういう聴く側の感覚も、自分もすごくわかるんだけど、それとはまた違うんだよね。」
「今日はそんな瞬間が何度かあったから、きっといいライブできてるのかなと思います。」


たかむらさんの感性が好きだな。
その感覚を、きっと私は知ることができないけれど、想像することはできるから。


そして、アンコールの1曲目。たかむらさんがアコースティックギターを手にお一人でステージに登場されて。

LUKE「奇跡を起こすのは神様なんかじゃなく俺達なんだ、という想いを込めて。奇跡を起こすのは大きな力じゃなくて、被災した人が顔をあげた瞬間に、生まれるものなんだと思う」

ニュアンスなので正確な言い回しは違うけれど。
言葉をゆっくりと選びながら語るたかむらさんの真っ直ぐな視線とともに、その言葉をしっかり受け止めたいなと思って聞いていた。

たかむらさんはなんというか私にとっての「正しさ」を見せてくれる人で。
それははっきり言葉として形として見える時もあれば、姿勢から憶測で補ってしまう部分もあるのだけれど、
たかむらさんが正しいと思われるものを、私の正しいにしたい、と思ってしまう。

私からたかむらさんに向ける崇拝は、そういう形をしているのだな、と度々痛感している。

たまにしか行かないファンになってしまったし、いつまでもその場所にいてくださいと願うことすらおこがましいけれど、
私とともに歩んでくれる音楽でいてくれますように。

たまにしかCANTA関連のことを更新できていないのに、数年に渡りこのblogを見てくださっている方、
コメントや拍手をくださる方、いつもありがとうございます。

頻度は減ってしまったけれど、私はこれからもCANTAのことが必要で大好きだと思うので、
年に一度くらいは更新あるかなーと思って見に来ていただけると幸いです!

短いけれど今回はここまで。

同じ時代に生まれて、その音楽の魅力に気付けてよかった。
強く、そう思います。

スポンサーサイト
【2016/11/28 00:25】 | CANTAライブ感想 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<2016-11-26 ラッコ 1st ONEMAN TOUR 心斎橋paradigm | ホーム | 2016-09-25 Re:MY BACTERIA HEAT ISLAND ONE MAN LIVE「RETURN TO DUST」>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2016/11/28 21:31】 | #[ 編集]
>Kさま
お久しぶりです!コメントありがとうございます、
CANTAにあまりというかほとんど行けておりませんのに、blog読んでくださってうれしいです(´;ω;`)

本当に素晴らしいツアーファイナルだったので、ツアーもきっと実り多い内容だったんだろうな、と想像していました。
やはり良いツアーだったんですね。
メンバーさん達が楽しそうに演奏されているのを見ると本当に胸が熱くなります。

来年は15周年!もうそんなに・・・春ツアーがあるなら、もう少し都合つけて行きたいと思います!
またお目にかかれますように!
【2016/12/02 21:03】 URL | 香菜 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuigulumar0206.blog68.fc2.com/tb.php/627-5918916f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |