プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
2016-12-03 ラッコ 1st ONEMAN TOUR HOLIDAY NEXT 名古屋
ラッコ東名阪ワンマンツアー2日目名古屋。

主催イベントツアーは行けていないのだけど、ワンマンだけは見届けたいなという思いで行ってまいりました。

大阪ワンマンは激情さと衝動に満ちたような精一杯のステージで、その荒削りさに心動かされるものがあった。
そして名古屋ワンマン。間に1回のイベントライブがあったのみと認識しているのだけれど、
めざましく進化しているように感じられて衝撃を受けた。
それぞれキャリアのある方々なので、回を重ねるごとに凄まじいスピードで空気感を自分のものにされているのかな、
などと考えても見るけれど、とにかく驚いた。

率直に言えばCDはそつなくまとまっている印象を受けたのだけれど、ライブで実際に聴くと音源よりずっとよい、と感じる曲ばかりで。

ラッコの音楽に触れてみてほしいと思うし、できればライブを観てほしい。
そう思えたライブだった。

記憶が薄いのでセットリストくらいしか残せないけれど、ライブに行けてよかった、という記録として書き残します。

<2016-12-03 ラッコ 1st ONEMAN TOUR「はじめての着水」HOLIDAY NEXT 名古屋>


セットリスト。
1.終焉詐欺
2.サニーサイドアップ
3.液体
4.滅亡のブルース
5.偽物語
6.ほろ苦ィ。
7.幽囚のバッタ
8.Googly eyes
9.ほろ苦ィ。
10.火花を散らしたら

ドラムソロ
11.色彩皆無
12.終焉詐欺


-encore-
てんてんさんギターソロ
ベースソロ
1.液体
2.Googly eyes
3.サニーサイドアップ
4.色彩皆無


大阪より3曲くらい増えてる。アンコールにてんてんさんがもう1曲、もう1曲と2曲増やしていたような気がする。


大阪と同じくSEの怪しい眼鏡屋さんから始まって登場かなと思い込んでいたので、
客電が落ちて幕が開くと既にステージ上にメンバーさんがスタンバイしていたことに驚いた。

てんてん「12月3日、ラッコ 1st ONEMAN TOUR「はじめての着水」名古屋。」

ライブ開始前に日付を言うてんてんさん独特の口上。kiss my wayの復活時に初めて聞いたのを思い出した。
始めます、という定番のフレーズは言ってらしたか定かではない。

1.終焉詐欺

そして始まった曲が終焉詐欺でまた驚く。大阪では本編の最後の曲だったから。
ステージが高めのホリデーネクストで、台の上に立つてんてんさんは、とても神々しく見えた。
鋭い視線でフロアを見渡すようにしながら歌う姿に、胸がヒリヒリするような感傷を感じた。

1曲目を歌い終わった途端に、ファーのついた上着を脱ぎ捨てる。早いよ。
その衣装好きなんだけどな、と残念に思いつつも、てんてんさんらしいなとも思う。

2.サニーサイドアップ

タオル回す曲。それだけで楽しげな曲ではあるんだけど、この曲ほんといいなあ。
個性的でもあるし、歌詞もてんてんさんらしいギミックがあって好き。

マイクスタンド使ってたのこの曲だったかなあ。マイクスタンド使う時のてんてんさん、
すがるみたいに歌う時か、両手をマイクから離すことが多いと思うんだけど、この日はマイクスタンドごと動いてらして、
ちょっと新鮮だなあと思って観ていた。マイクスタンド抱えたまま体折り曲げたりとかそういうこと。

あと序盤の曲のどれかで、Re:MBHIでいうとアイスピックの時にやってらしたみたいにリズムに合わせて足踏みする動作されてたんだけど、音源を聴いててもここだ、というポイントがわからない・・・
次にライブ行った時に気付けたらいいね・・・。

このあたりでMCしてらしたかな。

てんてん「本日はラッコ 1st ONEMAN TOUR にご来場いただき、ありがとうございます・・・楽しんでますか?もっと前に詰めてください。この人数だからこそ、ひとつになれると思うし・・・俺は泳ぎたいんだよ!飛び込めるくらい詰めてきてください」

てんてんさんダイブ好きよね。私が初めて点々さんを観た日も、客席に飛び込んだ点々さんを観て驚いたものだ。

てんてん「まだまだライブ回数も少なくて、思い通りにできないこともあるし、考えすぎて行き詰まってるときに、ラメさんに「考えすぎじゃないの?」って言われたりするんだけど・・・ライブを重ねるごとに着実に進化できてるのは感じていて。だから今日も映像見るの楽しみなんだよね。」

考え考え言葉を選んではぽつぽつと喋るてんてんさんは、とてもらしいなあと思った。

3.液体

新曲でタイトルコールしなかったんだけど、絶対これが「液体」だと思った・・・
大阪ではセトリの紙に書いてあったので、しかも滅亡のブルースの位置に書いてあったので、
滅亡のブルースの仮タイトルが液体なのかと思ってたけど。
歌詞を聴く限りこの曲が「液体」で間違いないと思った。

ヘビーな音の激しい曲で、かと言ってボーカルラインはシャウトよりもメロディがはっきりしていたと思う。
「傷物の君をもっと見せて」「君に液体を注ぎ込んで」
そんな歌詞があったような気がする。

そして記憶違いでなければ、ギターソロはSANさんとmilkさんで順に演奏されていて、
ソロ回しある曲他にあったかな?これいいなーと思うなどした。

このタイミングでもMCされていたかな。ニュアンスだけど、

てんてん「前に来たいと思ったら一番後ろからでも来てほしいし、ここには俺らを観にきてる人しかいないんだから、それで文句言う人はいないと思うんだよね。ラッコはそういうバンドになりたいし、観に来てくれてるみんなにもそうなってほしい」

そして大阪でも同じことあったけど、次がバラードなのに「付いてこれますかー?付いてこれんのかー!!!」とか熱く煽ってしまって、あー俺上手くねーわー!と自分で突っ込む。自由でいいと思います。

てんてん「次の曲は新曲で・・・『滅亡のブルース』。」

4.滅亡のブルース

どうしよう、まだ音源にもなっていないのに、この曲がラッコの曲の中で一番好きになってしまった。
てんてんさんの声で好きなところはたくさんあるけど、ひりひりとした切なさと孤独が声ににじむところが特に好きで。
この曲はそれをまっすぐに突きつけられるようだ。

「君が放棄した世界を 僕が壊すよ」

終盤の歌詞に鳥肌が立った。私は世界を壊すことを歌う人にとても弱い。

5.偽物語

また滅亡のブルースからの偽物語だ。泣くなという方が無理だ。
かと言って静かでしんみりしただけのバラードでもなくて、感情が忙しい。

変拍子というので合ってるのかな、ところどころ複雑なリズムが入るのを、ライブで聴くととても技術の高さを感じるなあと冷静に考えるところもあった。

6.ほろ苦ィ。

この曲はSANさん祭りなので・・・上手を視界に入れつつてんてんさん見てますね・・・
(意訳:SANさんがワウ踏みまくる祭り)

7.幽囚のバッタ

これも大阪に続き演奏された新曲。
新曲3曲の中では、大人っぽさあるというか、ジャジーな感じもあってメロディーも洒落ていたので、
終焉詐欺みたいなタイプの曲になるのかなあと思った。

Googly eyesに入る前か終わったあとに、てんてんさんが「全員3歩前に来て!」と詰めさせて、2段目にほとんど人がいない状態になっていたのだけど、そうやって素直に人が動くのもすごいことだし、てんてんさんもお客さんもいいなあと思った。
みんなが前に詰めたのをみてうれしそうに笑ってらしたし、心動かされるものがあったんだなあって。

8.Googly eyes

サークルモッシュと逆ダイの曲。
イントロがサークルモッシュなのだけれど、そのすぐあとが折りたたみなので、急いで元いた位置まで戻るの結構大変そう。
でも楽しそうでいいなあと思う。(後方から眺めているのみの人からの投稿)

ここでMC。

てんてん「残り4曲です・・・まだ曲少ないから、今日2回目にやる曲なんだけど・・・俺、やってみたいことがあるんだよね。隣の人と肩組んで!」

???唐突すぎて戸惑うフロア・・・。

てんてん「バンドギャルが向かい合ってやるやつあるじゃん?やってみる!」

そしてSANさんの真正面に立って腕を掴む。

てんてん「こうやってヘドバンするの!あれが見たい!2人組になって!!」

このやろう、体育の先生みたいなこと言いやがって(殺気を放ちながら)

こちとら集団行動が苦手なのでばんぎゃるになったんですよ・・・そういうの辛いよ・・・
と、すぐ終わるかなあとスルーするつもりでいたら、

てんてん「1人の人いたら仲間に入れてあげて!そこの眼鏡くん!マスクちゃん!!」

まさかの個別煽りが始まったという。なんてこった。
やべえ・・・という顔で立ち尽くしている私を手招きしてくださったお優しい方の仲間に入れてもらいました・・・。
その節はありがとうございました・・・。

いやほんと社交性あったら違う人生だったと思いますし( ; ; )てんてんさん空気読め( ; ; )
いや私が読め・・・すみませんでした・・・。

9.ほろ苦ィ。

そんな風にして始まった2回目のほろ苦ィ。は本当にほろ苦かったね・・・。
でも本当にかっこいい曲だと思う。肩組んでというか腕を組んでヘドバンしたのはイントロだけかな。
モッシュパートも1回目よりずっと激しくなっていた。
お客さんの順応性が高い。すごいなあ。

10.火花を散らしたら

もうこのあたりから記憶が薄いよっていうか最初っから薄いですけれども。
本編終盤の曲で、メンバーさんが一斉に立ち位置離れて大きく動いていた曲があってそれがかっこよかったな。
この曲あたりだろうか。

milkさんのソロ、おそらくワウ使ってらっしゃると思うんだけど、エフェクターボードが真横向きだから、
ソロ中に下手の壁を向いているような・・・

あと、この曲か定かではないのだけれど、てんてんさんがセンターを離れると、さっとSANさんがセンターに来て
お立ち台を埋めるのとか、ステージ全体見渡して動いてらっしゃるんだろうなという感じで感動した。

ドラムソロ

次の曲に入るのかな、という流れでhigiriさんのドラムソロが。
大阪ではなし崩し的にソロタイムになった感じだったけれど、名古屋ではしっかりと流れに組み込まれていて、
聴きごたえがあったしかっこよかった。
そして自然な流れで次の曲につないでらして、かっこいいなあと感嘆したのであった。

11.色彩皆無

MVもあるリード曲なのに当初あまりピンときていなくて、でもライブで聴いてて好きになってきた。
魅せどころのたくさんある曲かもしれない。
そして拳ヘドバン曲・・・できなくてごめんという気持ちでいる。

12.終焉詐欺

てんてんさんが「残り4曲」と言ってらしたから今日は12曲なんだなと思っていて、
終焉詐欺が始まった時には、1曲目と最後の曲を揃えてくるとは・・・!としてやられた気分になった。
このセットリストもきっと意味があるんだろうな。
感覚としては、それこそ詐欺というか夢を見させられて、煙に巻かれたような。

うーむ、表面的な感想しか書けていないけれども、なんというか圧倒されていたのは確かだ。
こんなに少ないライブ回数で、こんなに鋭さを増していけるものなんだな、と思ったし、
バンドの音全体としてのグルーブみたいなものも、てんてんさんが放つ殺気がかかったオーラも、肌身で感じるようなライブだった。
だから語彙がなくてあれだけれども、新鮮な驚きを感じながら、逆にぼんやりとその空間を受け止めていたように思う。


-encore-

アンコールに応えて最初に登場されたのはSANさん。ジャケットを脱いでノースリーブになっていたせいか悲鳴に似た歓声があがる。
higiriさんも同じくらいのタイミングで登場されたかな?
続いててんてんさんが、milkさんのギターを抱えて出てこられたので驚いた。
てんてんさん、ギター弾ける人ではあるけど。

そしてSANさんに、てんてんさんのギターソロが聴けるそうです、などと紹介される。
確かラルクの曲をちょろっと弾いて(MBHIの時も同じフレーズ弾いてらしたと思うからお気に入りなんでしょうな・・・)
そのあとはhigiriさんとSANさんも合わせて、何の曲かはわからないけどワンコーラスくらいギター弾いてらした。
わりとちゃんと弾けてたと思うけれど、SANさんに「スタジオではもっと弾けるんですよ」とかフォローされてた。

続いてmilkさんとIvyさん登場されて、milkさんにギター返して。
そしたらこの流れはベースソロするしかないよね、とIvyさんもソロに。

曲に入る前にてんてんさんが少しお話してらしたけど、詳細は忘れてしまったな。
アンコールありがとうとか、ここに全部置いていくつもりで暴れていけるよな?とかそんな煽りだった気がする。

1.液体

本日2回目の液体。(たぶん液体)
ラッコは初音源に収録されていない新曲が、音源曲より一歩先に進んでいる印象がある。
新しければ新しいほどクオリティが上がって、こなれていっているのだとしたら、この先が本当にすごいことになりそうだ。

てんてんさんのことばかり書いているけれど、激しく演奏しながらもステージ狭しと動き回る人たちばかりで、
とても見ごたえのあるバンドだと思うし、個々に魅力的だ。

てんてん「タオル回せー!」

ということはサニーサイドアップなの?と思っていたら、どう聴いてもぐーぐりーあいずのオケですよねって音が流れ始める。

てんてん「あれ?そっち?(笑)」

この流れなんだったんだろう(謎)。

2.Googly eyes

この曲はアンコールの定番になりそうな気がする。
1回目の時よりずっと激しいサークルモッシュが起きていたし、てんてんさんが何度もループさせていた。

逆ダイ中にてんてんさんがお立ち台にしゃがみ込んで歌っていたら、SANさんがてんてんさんの背後に立ち、膝でてんてんさんの体を挟むようにして立つ場面があった。身動きとれない感じになるてんてんさん。
てんてんさんが「これどういう状況?!」と思わず言う程度には謎の光景だった。
挟まれてるてんてんさんかわいかったけど。


てんてん「もう1曲やろう。サニーサイドアップ!」

3.サニーサイドアップ

そして今度こそサニーサイドアップが始まった。
てんてんさんが下手に行って、milkさんの頬にキスしてたのはこの曲の時だったかなあ。
ほんとにメンバーさんにキスするの好きだね。そしててんてんさんがキスしてしまうライブは、楽しい時だと思うから。
いいライブになったんだな、と思いながら見ていた。

てんてん「これで終われねえよなあ・・・?あと1曲やろう。色彩皆無。」

4.色彩皆無

なんだろう記憶がないな!
楽しかったんだろうな!!

最後にてんてんさんが、AREAワンマンのこととか、「また遊ぼうな」とか言ってらしたような気はする。

私自身、まだラッコのライブに慣れていなくてふわっとした気持ちで見ているから、
心ここにあらずな時もあるし、外界から見守っている気分な時もあるし、定まらないのだけれど、
それでもこの日のライブは「圧倒されていた」というのが強いように思う。

バンドとして著しく伸びていくであろうポテンシャルを肌身で感じた。

実際まだ荒削りなところはあるし、私が以前てんてんさんに感じていたような鬼気迫る感じとはまた違って、
ある種の冷静さを持って、空間を俯瞰して歌っているように感じたので、まだまだこれから、鋭さを増していくのだと思う。

それでも本当に、その場所に立つべくして立っている人だと思った。


ギターという楽器が好きだから、てんてんさんがギター弾いてくださるのすごく好きだけど、
でも、てんてんさんって圧倒的にボーカルなんだなというのも感じさせられる。
放つオーラがフロントマンすぎるでしょ。
楽器を持つことにそんなに向いていないのではと思えるくらい、ご自身がオーラを放ちすぎなんだよ。


なんだかうまくまとめられないけれどライブの感想はここまで。
終わったあとは本当に、ちょっと魂抜かれたような状態だった。

ツイート引用などして記録していく。





ライブが終わって21時半からライカエジソン名古屋店で打ち上げインストアというのがあって、
メンバーさんがビール飲みながらトークするという貴重な場面が見られました。
てんてんさんお酒強くないはずなのにビール2本あけてらしたし、
撮影会の時にはかなりぐにゃぐにゃに酔っててかわいかった。

てんてんさん、インストア苦手なのかなーと思う時もあるけど、
この日はいつになく上機嫌で(いつもお優しいけれども)、お酒入ってるのもいいかもしれない・・・
と思うなどした。


名古屋まで行けてよかった。
ぎりぎりまで迷っていたけれど。

1つ前の、大阪のワンマン感想の最後に書いたことを私はまだ引きずっているしこれからも引きずると思う。
痛みで忘れないようにと刻み付ける。

過去も全部連れて行くよ。大切な記憶だったから。
でももっと心の奥深くにしまわなきゃならない。それもわかってる。

私の願いは、いっぺんには叶えられないことだから、祈ってはだめなんだ。少なくとも今は。

乗り越えてその先で、もっと強い思いで好きになれますように。

あいかわらず内面の吐露しかできない私ですが、読んでくださってありがとうございます。

ラッコのライブはすごい。それは本当にそうだから、いつか観てもらえますように。
このblogを読んでくださっているのはほぼ、ほかのバンドのファンの人だと思うので、
そう、願っています。

スポンサーサイト
【2016/12/08 02:45】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<2016-12-18 ラッコ 1st ONEMAN TOUR FINAL 高田馬場AREA | ホーム | 2016-11-26 ラッコ 1st ONEMAN TOUR 心斎橋paradigm>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuigulumar0206.blog68.fc2.com/tb.php/629-ab5b689f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |