プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
2017-04-23 ラッコ 新横浜NEW SIDE BEACH!!
ラッコ2回目のワンマンツアー「シドヴィシャス」折り返し地点。

私は新横浜がこのツアー初参加で。

ライブを重ねる度に恐ろしいほどのスピードで研ぎ澄まされていく、ラッコのライブパフォーマンスに、怖々とした期待を感じすぎていて、精神的に具合が悪かった(いつものこと)。

覚えていることはそんなに多くはないけれど。

ラッコのワンマンに自分が参加できた時は何かしら投稿しておこうと決めているので、今回も書きます。

てんてんさんの声が、ステージに立つ姿が好きで。
かけがえのない、私の唯一絶対のカリスマ。

好きでいさせてくださってありがとうございます、といつも思っている。

<2017-04-23 ラッコ oneman TOUR 2017 『シドヴィシャス』新横浜NEW SIDE BEACH!!>


公式のセットリストは何故か4曲目と10曲目が逆だ。
それは鮮明に覚えているので私の記憶を信じる。謎の自信。

横に広めなNSBの会場はステージも高く、さらにドラム台があるので視界がとてもクリアだった。

開演は少し押した。10分くらい押した頃だったろうか、higiriさんの影アナウンスが始まった。

「ただいま会場の準備中で…まもなく始まります…お待たせして申し訳ありません」

そして最後に微妙な間があいたあと、

「ピンポ…ピンポンパンポーン」

と口でチャイムを鳴らすhigiriさん。。。
滑舌がよくないので噛んでしまって言い直してらしたし、とても可愛かった。

それからほどなくして、客電が落ち、登場SEが流れ始める。
途中でテンポが変わるので手拍子をするには少し難しい曲のように感じている。

最初にhigiriさんが、そのあとはほとんど間隔を空けずに楽器隊の皆さんが登場された。
Ivyさんがステージの際まで出ていらして、客席に向かって煽るように叫んでいた。
いつも熱い人だけれどこの日は特に熱を感じた。
ここは横浜、Ivyさんの地元だからかな。

最後にてんてんさんが登場される。

まだ薄暗いステージで、客席に背を向けて俯いて佇むその後ろ姿から、オーラが放たれるのをじっと見ていた。
赤いジャージの上着に袖を通さず肩にかけていたてんてんさんが、振り向きざまに上着を放り投げる。

まったく、何をしても絵になる人だ。

この人に惹かれる理由は沢山あって、言語化も容易いけれど、
何よりも、指先の動き一つとっても神が宿るような。
常人離れしたオーラに、夢中にさせられている。

1.終焉詐欺‬

始動当初は最終楽曲に据えられることの多かった終焉詐欺がこの日の1曲目だった。
とは言え確か最初のワンマンツアー名古屋もこの曲始まりだったか。

SANさんのギターソロでてんてんさんが上手に行って、あーこれは邪魔するんだろうなと思ったら案の定、ものすごい勢いでSANさんの乳首をまさぐっていたので、相変わらずですねと微笑ましい気持ちになると同時に、SANさんのファンの皆さん、てんてんさんがすみませんという気持ちになった。(何目線だよ)

2.ほろ苦ィ。

SANさんの歪んだギターのイントロが印象的な曲。イントロではワウペダルを思い切り踏まれてると思うんだけど、
SANさん、ワウじゃなくてもああいう空間系を出されることあるよなあと思って、それはどういうエフェクターでどうなってるのかなあとライブ中に考えてしまったりする。わからないので考えても仕方ないのである。

この曲の吐き捨てるような激しいボーカルもとても好きだけれど、この日のてんてんさんは1曲目からフルスロットルで、ほとばしるような歌い方をされていたように思う。
全身から、歌いたいという気持ちが溢れ出るように見えることがままあるけれど、この日のてんてんさんはまさにそんな風だった。

3.百足‬

フレーズの端々から、ラッコの演奏技術の高さを見せつけられるような曲だと思っている。
higiriさんのドラムの音のみずみずしさにはっとした部分があって、あとで音源でも聴き直そう、とライブ中に思ったのを覚えている。

途中演奏が落ちて静まる部分、歌詞で言うと「だって要らないもの押し付けられる様なこの日本で」のあたりで、てんてんさんがほんの少し歌詞を飛ばしてしまったのだけど、
その飛ばし方がいつもと少し違う感じがして印象的だった。
歌の世界に入り込みすぎているように見えたから。
目を閉じるようにして歌っていたてんてんさんが、歌詞が出てこなくなった瞬間にはっと目を見開いてびっくりした表情をされて、それから一瞬、照れたような笑顔になってから、またすっと歌に戻っていかれた。

その一連の流れを、不思議なものでも見るような気持ちで見守っていたのでよく覚えているのだけれど、いつもの思い込みかもしれない。
この日のてんてんさんは、言うなれば「吹っ切れて」いるように見えた。ひたすらに歌という表現をぶつけているように。

‪4.色彩皆無‬

正直言って私は精神的なものが理由でこの曲が苦手なので、おろおろと終わるのを待ってしまうところがある。
曲自体にはなんの恨みもない。ただこの曲が世に出た時期のことを思い出して辛くなるだけだ。
それでもやはり、始動時のリード曲に選ばれるだけあってキャッチーな名曲だと思う。
早く心から好きになりたい。

‪ここでMC。MCの時系列には自信がないので適当に書き留めているだけと思っていただければ。

てんてん「えーと、こんばんはー。ラッコ、2回目のワンマンツアー『シドヴィシャス』4日目、新横浜。お越しいただいてありがとうございます」

最初のMCではいつもとても丁寧な口上をおっしゃるてんてんさん。武士みたいだなと思って聞いている。(武士を誤解している恐れがある)

てんてん「今日は横浜アリーナではワンオクとミスチルがやってるみたいで。そんな中、ここに来てくれてありがとう。俺らも機材運んだりしてたから、並んでる人に向かって手振ってみたりしてそしたら・・・やめよこの話。笑」

NSBでライブする人、隣の横浜アリーナでライブやってる日だったら絶対にMCで触れる法則ある。

てんてん「いろんなライブが各地でやってるなか、貴重な日曜日使って、ここに来ることを選んでくれてありがとうございます。」

選んでくれてありがとう、かー。泣いてしまうな。生きることは選ぶことだし、選ばれなければ生きられないんだよ・・・。
輪るピングドラムという、私がとても好きなアニメにそれに似たセリフがあるのを思い出してしまい、まったく関係ないのに涙ぐむ。病気か。はい。

てんてん「俺、blogでも熱いこととか恥ずかしいこと書いちゃうんだけどさー・・・」

このワンマンツアーでラッコとして進化できていると思う、というような主旨のことを。
照れながらもしっかりとお話しされていたように思う。

てんてん「チェキとかインストアとかさー。いや、インストア楽しいけど、チェキは・・・昔の人はよく言ったもので、『写真に写ると魂が抜ける』っておばあちゃんとかに言われた時は、抜けねえよ!って思ってたけど、最近はあー抜けてる・・・って思う・・・。ラメさんが色々考えてくれて、俺たち音楽しかやってないニート野郎だからさ、俺たちが生活できるようにチェキ売ってくれてるんだけど・・・来年ここでワンマンする時は、いや、まだ来年来られるかどうかわからないけど、次にここでワンマンする時は絶対ソールドアウトさせるし、そしたらみんなは楽しみが減るかもしれないけど、チェキ売るのもやめます!!・・・あれ、こういうこと不用意に言わない方がよかったかな・・・笑」

もー。どんだけ純粋なの。。。

てんてん「いや、インストア楽しいよ?またあれやろ、ドーンって・・・(milkさんに向かって壁ドンポーズ)嘘!!ぜってーやんねー!!笑」

あ、はい嘘ですよね、あの時は本当に辛そうでしたね。笑
不本意って顔に書いてありましたもんね。それはそれで被虐的でかわいかったですが。(鬼か)

てんてん「ここにはラッコが好きな奴しかいないんだよなあ?一番前から一番後ろまで最前列だと思ってるし、後ろまで見えてるからな!‬‪誰も1人にさせねえから!」

てんてんさんらしい。あまりにもてんてんさんらしい物言いに、くらくらした。

てんてん「‪こんな狭いところでいがみ合ってるのなんて見たくないんだよ!‬‪全員、ラッコが好きで来てるんだよな?SANちゃんのことが好きで来てる人も、少しは俺のこと好きだと思う・・・し・・・え・・?違う?好きだよね?!ラッコのこと好きだよね??!!」

なんだよもう、かわいすぎかよ。となったてんてんさんの発言でした。なんでそんなことで焦るの。かわいいかよ・・・。

そんなこんなで、もっといけるよな楽しめるよなー!と激しく煽られながら次の曲へ。

‪5.液体‬

Ivyさんのベースソロで始まるこの曲、楽器隊の見せ場が全員分あって、ライブで聴くのが心底楽しいし好き。
リズム隊の掛け合いも、ギターソロ回しも。
途中、サビ前に他の楽器が落ちて、higiriさんがドラムソロにあたるような短いフレーズを叩くところとか、好きすぎてhigiriさんに咲いてしまいそうになる。
というか後ろで見ている時はタガが外れたように飛んでいるし、この日も例外ではなかった。
なぜ私がいちいち咲くことにためらいがあるかというと、Re:MBHIの時期にてんてんさんがギターソロでファンが咲くのを嫌がったからだ。あれはなんだったんだよほんとにって今も思ってるけど・・・。
あの時はてんてんさんのソロプロジェクトだしてんてんさんがそうおっしゃるなら、とやめざるを得なかった。
今はそれぞれにファンの方がいらっしゃるし、特に止められるわけでもないから好きにしているけれど。


この曲のときかな、違う気もするけれど、てんてんさんが有線マイクのコードを持ってギターソロ中にぐるぐると回して、
あと0.5秒でも遅れたら歌に入れないというような絶妙なタイミングで放り投げたマイクをキャッチする場面があって、
そんな時は本当に、憑依型のステージングをされているなあと思って見ている。
てんてんさんは音楽の神様に愛されたロックスターだから。

‪6.火花を散らしたら‬

この曲どうだったかな、あまり覚えてない。
てんてんさんが湯気出てそうだなって思ったような気がする。ほかほかしてそうだなって。あんまんかよ。いや、火花だけに。

本当にこの日のてんてんさん、がむしゃらで全力で、でも辛そうじゃなくて楽しそうで。とても美しかった。
孤独の底にいるみたいに寂しそうに歌われる日もあるし、そっか、今日はこっちのてんてんさんなんだなって。思った。


曲が終わり、次の曲に入るかどうか、というタイミングで、てんてんさんがhigiriさんの方を向いて何か合図する。
higiriさんは一瞬緊張した面持ちでてんてんさんの伝えたいことを汲み取ろうとしたあと、頷いてらしたようだった。

きっと、MCのタイミングではないけど少し曲に入るの待って、とかそういうことなのかなと思う。
短いけれどてんてんさんが言葉を発する。

てんてん「生きてると色々あるよな。日常でストレスとかあると思うんだよ、みんな色々抱えてるよね?ストレスなんて無いでーす!って人いるの?いないでしょ?そんな人はこんな湿っぽいところに来てないで、南の島とかにいるはず」

ストレスがない=南の島にいる その発想、天才的だと思うし好きです。
やっぱりてんてんさん凄いわ。感性が爆裂してるわ。

てんてん「その抱えてるもの、全部ぶつけてこいよ!そしたらその辺に(客席上空をさす)もやーってなって、それを俺が全部、ぶっ飛ばしてやるから!!」

痺れた。てんてんさんだなあと思う。
青いくらいの純粋さで、子供じみた正直さで、そんなことを言うてんてんさんが好きで。

‪7.幸甚に存じます‬

なるほど。この曲に入るにあたって、あんな風におっしゃったんだなと思ったらとても納得がいった。
<運命>に抗って、運命のせいにしない強さを持って。切り開いていくような鋭さで。

「いいからアクセル踏みなよ」の歌詞を歌いながら、苛立ったように台にのせた足をガンガンと踏みつける様子が印象的だった。


てんてん「ラッコには日曜しかやらねえ曲があるんだよ。目玉焼き焼こうぜ!‬」

‪8.サニーサイドアップ‬

私がライブで聴けるのはいつぶりだろう。もしかしたら去年のクリスマスイブに、アコースティックverで聴いた時以来かもしれない。
ゲーム音のような楽しげですらあるイントロ、明るい音階のメロディー、それでも歌詞は悲哀がにじむ。
人生を諦めてしまった人の歌。ビルの屋上から眼下に俯瞰する街に、現実感が欠落したまま落下していく。
その切なさに思いを馳せながら、次にこの曲が聴けるのは私はまた先になるだろうなと考えたら泣けた。


てんてん「‪早いものでもう後半戦、残り4曲です。‬」

‪ここのMCで何をお話しされていたのか記憶が薄い。というか最初のMCのところにまとめて書いてしまったかも。
私の記憶が薄いのと書き終わらないのでまとめて書きます。。。

9.人間博覧会‬
‪10.幽囚谷のバッタ‬
‪11.数の原理‬
‪12.Googly eyes‬

本編ここまで。

数の原理、私はこの日、初めて聴いた。
ライブ映えするかっこいい曲だなあという印象で、会場限定音源買ったから早く聴きたいななんてぼんやり思っていて。
そして音源でしっかり聴いてみたら、もっと衝撃的な内容だったというかぶん殴られた気持ちになった。
なんだこれは。ラッコというバンドのポテンシャルの高さには何度も驚かされてきたけれど、こんな強さのある曲が、会場限定で終わらないことを祈る。


‪en1.‬

アンコールに応えて最初に登場されるのはいつもはhigiriさんであることが多いと思うのだけど、この日はてんてんさんが最初に登場されて、ドラムセットに着席されたので悲鳴のような歓声があがった。

最初は普通の、スネアとハイハットを使うような8ビートで叩き始めて、その次はフロアタムを使うフレーズとか、ドラムロールのようなこともされていて、叩いているご本人はしきりに首を傾げていらしたけれど、聴いている側としては、想像以上にちゃんと叩けていらっしゃることに驚いたし、てんてんさんリズム感いいんだろうなあと思うなどした。
ドラムの良し悪しみたいなものは全然わからない素人だけれど、音の収まりがとてもよく感じたので。

そして楽器隊が登場されて、ドラムのhigiriさんは所在なさげに佇んだあと、周囲に促されてボーカルマイクを手に取る。

どなたがきっかけで曲に入ったのか忘れてしまったけれど、偽物語のイントロが始まっててんてんさんがドラムを叩いてhigiriさんが歌って、
イントロで終わらずにそのまま曲に入ってしまったので驚いた。

‪偽物語‬(higiriさんボーカル、てんてんさんドラムver 途中まで)

「似たような偽物語 続いていく」の歌詞のあたりでリズムが変わるのだけれど、てんてんさんがそのあたりでギブアップ。
曲のフレーズも逐一叩けていらっしゃることに驚いたけれど、higiriさんが歌詞を見ずにほとんど完璧に歌えていらっしゃることにもとても驚いた。

そして本来の持ち場に戻ってもう一度最初から演奏されていた。
このタイミングでも何かMCをされていたと思うけれどあまり覚えていないな。

‪偽物語‬

曲が終わると、てんてんさんmilkさんSANさんは歓声の中退場されていって、Ivyさんも去るのかな?と思ったところでマイク前に立ち、
Ivy「アンコール、アンコール、アンコール!!」

最初はつぶやくように、徐々に叫ぶようにアンコールを始めるIvyさん。
そして引っ込むタイミングを完全に見失って困ったような笑顔でにこにこしているhigiriさん。

Ivy「ここはどこだ!そう、新横浜だ!うちの地元ー!!なのに‪Googly eyes‬でコーラスしてて全然前に出てこられなかった!!嫌だー!これで終われない!!」

てんてんさんのお立ち台(モニタースピーカーだと思うけどスピーカーとしても機能しているのだろうか)の上に寝そべって、足をばたばたしながら嫌だ嫌だーと叫ぶIvyさん。
引っ込んでいたメンバーさんたちもぞろぞろと戻ってくる。

てんてん「かわいい・・・笑」

Ivy「ラメさんには、それはまだ早い、自分でなんとかしろって言われてるんですけど、うちも前出たいし!」
てんてん「ラメさん弾いてくれないかなー!」

あー、ラメさんベーシストさんだからか。
そんなこんなでメンバーさん同士のわちゃわちゃしたやりとりがありつつ(かわいい)
てんてんさんがステージをぐるぐる走り出した、んだったかな・・・?
違うタイミングかもしれないけどおそらくここ。
そしてみんなも入ってよー!と弦楽器隊にぐるぐる走る輪に入ることを要求。
higiriさんがあれ?自分も呼ばれてるのかな?とそわそわと様子をうかがっているのがかわいかった。
そして弦楽器隊の皆さんがなかなか入らないのでhigiriさんが立ち上がると、
てんてんさんにhigiriはそこにいてよ!このまま曲に入りたかったの!とか言われる。理不尽でかわいい・・・。

‪en2.‬
‪Googly eyes‬

私は逆ダイが苦手なので、無理だなと思ったら後ろに下がるようにしているのだけど、
同じように後ろにいる人に向かっててんてんさんが「後ろの人はその場で飛ぶのでもいいよ!」と言ってくださったので垂直ジャンプして楽しかった。

この時の‪Googly eyes‬自由だったなあ。Ivyさんが何より自由だった。途中、てんてんさんにベース渡してしまったり。
SANさんの控えのギターを客席に渡してしまったり。
あと、てんてんさんを肩車してらした。ちょっとびびってる風なてんてんさんもまたかわいかった。

そんな風にお祭り騒ぎでの幕引きで、泣いている暇はなかったけれど、ラッコはアンコールを長々とはやらないからきっとこの曲で終わりだなと思って、少しセンチメンタルな気持ちで、その光景を後ろから見ていた。
本当に、いいバンドで、いいライブをするバンドだと思った。
メンバーさん同士のリスペクトが見えるし、客席への信頼のようなものも感じる場面が多い。
届いてほしいな。届くべき人たちに。

てんてん「ワンマンツアー残り4本もあるから、また遊びに来てください、日本なんて狭いんだからさ!今日楽しいと思ったなら来てください!次は4月30日新潟、5月1日仙台!」

狭くねえよと突っ込みたくなりつつ、わかった行く!と答えたくなるような。それくらい、いいワンマンだった。

てんてん「そして5月20日、新宿ReNY。すげえ景色見せてやるから。必ず来いよ!また遊ぼうな!」

満足そうに笑って、振り返らずに去っていく後姿を、本当に好きだと思った。

やっぱりラッコは凄まじいバンドだった。どれだけ熱量を秘めているんだろうと思う。
ライブを重ねるごとに、驚異的なスピードで進化を繰り返している。

私はてんてんさんファンなので、こうして文字にするとてんてんさんの話が多くなるしまるでそこしか見えていないように受け取られるのではと思うけれど、ステージ上どこを見渡してもかっこよさしかない。
プレイヤーとしてメンバーさん全員が好きだし、またメンバーさん全員が、てんてんさんの声を活かして、愛してくださっているのが痛いほど伝わってくるので、てんてんさんは本当にメンバーさんに恵まれたんだなという感慨にふけることがよくある。

音楽が伝わっていくというのは難しいことなんだなと客席の目線で感じることは多い。
気づかない世界が間違っているとすら思う。それでも、届くことを信じている。




私のライブ感想はここまで。
読んでくださった方がもしいらしたらありがとうございます。

読了のしるしに拍手ボタン押してもらえたらうれしいですし、ラッコに興味を持ってもらえたら、ライブに来ていただけたら本当にうれしいです。
ラッコオフィシャルサイト←スケジュールなどはここから。
5月20日、新宿ReNY、ツアーファイナル。来てほしいなあ。


私のてんてんさんへの崇拝は信仰じみているという自覚があるけれど、
一度それは途切れているので。ラッコのてんてんさんとして、またはじめから好きになって、またその信仰を取り戻しつつある。

神格化するところから始めようか。

まずは人間扱いをやめます。支障のない程度に。なんてな。

でも本当に、てんてんさんは常人離れしたロックスターで、時々背中から羽根が生えているから。
今日は人間だったなとか今日は天使だったなとか、それを確かめに行っているのかもしれない。

まだラッコを見たことがないどなたかにも、届きますように。


スポンサーサイト
【2017/04/30 00:46】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(2)
<<2017-05-01 ラッコ 仙台spaceZero | ホーム | 2017-04-08 CANTA 赤坂BLITZ>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2017/05/02 08:33】 | #[ 編集]
>5月2日にコメントくださった方へ

はじめまして、コメントありがとうございます、とてもうれしいです。
そしてもったいないようなお言葉をいただいて恐縮です、重ねてお礼申しあげます・・・!

イベントでラッコをご覧になったことがおありとのこと、
そしてReNYワンマンにはいらっしゃるご予定とのこと、自分のことのようにうれしいです。
ワンマンのてんてんさんはいつも切れ味が鋭いと感じているので、
ぜひ観ていただきたいなと思います。

ラッコの魅力は言葉に変えるのは難しい部分も多いですが、
てんてんさんへの思いが伝わるとのお言葉、とてもうれしかったです。

偏った感想文しか書けませんが、よろしければまた読んでいただけたらと思います。
ありがとうございました!
【2017/05/04 00:07】 URL | 香菜 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuigulumar0206.blog68.fc2.com/tb.php/633-8b8235a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |