プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
2018-05-19 CANTA 埼玉 西川口HEARTS
CANTA2018春ツアー、私にとっては2本目にしてファイナル。
関東しか行っていないもので。

今回はセットリストと使用ギター、それから覚えておきたいいくつかの些細なことだけ、書き留めておきたいと思います。

<2018-05-19「春CANTA'18 遅かれ早かれどうあれ幸あれTour」埼玉 西川口HEARTS>

Heartsはいつもソールドアウトしている印象がある。

私にとっては忘れがたい記憶がいくつもあるハコ。前回来た時は最前列で、たかむらさんを目の前で観た。
今回は番号が遅かったのでどのへんで見ようかな、最後列に入れたらいいなと考えていたら、私にとっては理想的な、下手の最後列に空きがあったのでそこで見ることにした。

最後列が好きなのは理由があって、背の高い私が背伸びしたりジャンプしたりしてもどなたの邪魔にもならないこと、
ほかの人と少しくらい挙動が違っても視界に入りづらいので許されるだろうと思えること(密かにハート飛ばしたりしてしまいがち)
つまり一人きりの世界で見られるポジションだと思っているので。
もうずっとお祈りポーズで見てたわ・・・いつも好きだけど最高に好きだった・・・。


というわけでセットリストです。

【KG-SPELLBINDペイズリー】
1.春の嵐
2.Fantasize
3.Fly!

MC
4.Are You Ready?
5.Bound for Freedom

MC
【KG- Fascist7弦】
6.Ready to the love I need
【KG-SPELLBINDペイズリー】
7.Madness
【KG-TRIUMPH V】
8.Bitter Sweet
9.旅立ちの歌
10.金木犀

メンバー紹介・MC
【KG-SPELLBINDペイズリー】
11.So Alive
12.1400km/h
13.HEAVEN’S WAITING


encore.
【KG-SPELLBINDペイズリー】
1.EVERYBODY NEEDS SOMEBODY
2.Tonight3
3.月とチャリとGuitar



ツアー2箇所しか行っていないのであれだけれども、結構入れ替わっているし聴きたかった曲も入ってるし、
興奮しながら感激しながら見ていて感情が忙しかった。

「春の嵐」始まりなのは赤坂BLITZと同じで、過去には大団円の盛り上がりのタイミングで演奏されていたこの曲を、
1曲目にもってくるなんてすごいなあと思ったけれど、この日も最初から大盛り上がりだった。
「エロトピア」の歌詞のところで、すっと舞台袖の方を向き直って変顔をしてらしたように思うので、きっとカメラにあの瞬間のたかむらさんがおさめられていることでしょう・・・
(私は真顔でハートを飛ばしておりました、エロトピアはハート飛ばしポイントです)

「Fantasize」はたかむらさんのダンスが見られるので好きです。
この日もかわいかった。アドリブなところと固定の振り付けなところがあると思っている。

そういえば最初の方(1曲目から3曲目の間)でたかむらさんが「Are You Ready?」とおっしゃった気がして、
あれAre You Readyやるのかな、と思ったら違う曲だった、ということがあった気がする。
結局最初のMC後のタイミングで聴けたわけだけれども、Green Hornの収録曲はすべてに対して並々ならぬ思い入れがあるので、曲が始まった瞬間に飛び跳ねてしまった。

最初のMC。

LUKE「埼玉ー!暑いねー。もう夏みたいだね。水着買った?まだ?俺も!(笑)」

水着買うような客層に見えますか・・・

LUKE「海行く予定ある?ない?俺も!!なんだか、気が合うねえ(笑)」

・・・?!まさかそれを言うために・・・?好き・・・気が合うから結婚しよう・・・

そしてAre You Ready?に入る前に、

LUKE「埼玉ー!準備はできてるか?楽しむ準備はできてるのか?傷つく準備はできてるのか?・・・おー、漢気だねえ」

確か、楽しむと傷つくだったと思うけれど違ったかもしれない。漢気とおっしゃったのは覚えている。

「Are You Ready?」は明るい曲調だけれど思い入れが強すぎて涙ぐんでしまう。

「今誰かが準備万端で 君の代わりに輝きだした」

「いくら大好きだって上手になるには越えるべき壁がいくつも現れて 敢然と立ち向かわざるを得ないんだって」

「君の声で歌え ずっと」


とか、本当にたかむらさんらしい歌詞だなと思うし、劣等感とか敗北感とかそんな痛みをにじませながらも立ち上がる生き様は本当に美しい。


7弦ギターに持ち替えたたかむらさん、アルバム制作のお話に少し触れられる。

LUKE「新曲がんばって作ってるよ。『少し猶予がありますよ』って言われてて・・・いや、そういうことは言わない方がいいな(笑) もうねーギッチギチ。余裕なさすぎて俺なんて家の中でずっと立ってるから!(笑)」

とおっしゃりつつ、ギターを抱えて縮こまった感じに直立してみせるたかむらさん(かわいい)
なぜ時間的な余裕の話がスペースが狭いという話に変わっているんだ(好き)

内容忘れてしまったけどここの部分で話が脱線して、あれ、いつもは何話してたっけ・・・と足元を見てらしたので、
もしかしたら歌詞プロジェクターにMCのメモでも出ているのかもしれない、と思うなどした。

新曲のタイトルと歌詞の意味についてお話されて(赤坂でもお話されていた内容)、
「Ready to the love I need」という歌詞のあとに続くフレーズに「blue」という単語が入っていることに私はこの日初めて気づいた。
早く歌詞読みたいな。


7弦さんは1曲で終わりでペイズリーさんに持ち替えて、Madnessのイントロの同期が流れている中で、
聞き間違いじゃなければたかむらさんがこうおっしゃった。

LUKE「星の降る夜に・・・」

一瞬そういうタイトルの新曲?と思ったけれど聞き覚えのあるオケが流れているし、えっえっ?とあわあわしていたのだけど、Madnessのイントロがちょっときらきらしているから・・・?


ライブの序盤から、客席後方を何度も気遣って前に詰めようかと声をかけてくださったのだけど、
毎回ソールドアウトする西川口Heartsは満員ゆえに具合が悪くなって途中退出する人がでることも過去にはあったからだと思う。

LUKE「後ろの人達大丈夫?元気?ここは倒れる人が多いみたいで、ライブハウスの墓場と呼ばれてるとか・・・(笑) 隣の人が急に背が低くなったなとか猫みたいに寄りかかってきたな、という時は助けてあげてね。俺達に教えてくれてもいいし。そしたら演奏止めるから。MASAKI君とかよく見てるからきっと気づくよ」

それでもしも助けなかったら(演奏止めずに続けたら)悪魔のようなバンドだ・・・!って言われちゃうかな?あ、悪魔だった。
とかそんな流れで、僕達は悪い大人ですからねーみたいな流れでお話されていたような気がする(曖昧)

LUKE「悪い大人ですが、優しい曲もあるんですよ。世の中を憂いながら優しい曲を歌って・・・」

優しい曲、という言い回しをされていたことはよく覚えている。
そんな風にバラードコーナーに入ったのだけど、1曲目がBitter Sweetだったので、イントロが始まった瞬間に息を飲んだ。
私が一番情熱をもって、というか初期衝動をもってCANTAの音楽を追いかけようとしていた時期によく聴いた曲だから。

色鮮やかに脳裏に焼きついている記憶がいくつもあって、目の前の光景を全身で受け止めたいのに、記憶が描く光景に視界を遮られるように錯覚するほど、それは鮮烈だった。
ああこんな風に、私の記憶と結びついている音楽なんだな、と自覚してあらためて泣けた。

「この目で見なければ この手汚さなければ 本当じゃない 僕のものじゃないんだ」

この歌詞が刺さる。優しさと正しさゆえに傷ついていくような。
私にとってたかむらさんは、そういう人で。
強く惹かれ続けている。

「金木犀」が聴けたこともとてもうれしかった。この曲も私にとってはとても特別な曲で。
CANTAを観に一度だけ広島に行ったことがあって、晴れ渡る空を見上げた平和記念公園の風景を思い出していた。
あの時、あんなに晴れていたのにほんの短いあいだだけ、雨が降り出して、涙雨かなと思ったりしたな。

「誰かのため殺すのなら あなたのために死ぬ」
「看取られずに死に逝く子も 過ぎ行く日々にいる」


消えていく儚い命に向ける慈しみ深い視線。どうしてこの人はこんなに、清く正しくあろうとするのだろう。
最初に聴いた時は、戦争であったり遠い異国の地で起こるようなそんな悲劇を想像していたけれど。
私が生きる国でも、日々起こり得ることなのだと、気付かされたこともあった。

涙がこぼれるままに、思い浮かぶ情景を振り払わずに、ただじっと聴き入っていた。



バラード3曲が終わると、これも恒例のメンバー紹介というか、雷電さんとMASAKIさんがお話されるコーナー。
たかむらさんが確か、「西川口はありがたいことにソールドアウトすることが多くて・・・それでも忘れっぽい人もいるかもしれないから、メンバーを紹介しておこうかと思います」とかそんな風な前振りをされていた気がする。

雷電「埼玉ー!!!地元ーー!!!」

なんのお話されていたかな・・・あ、クリック音のお話。
金木犀はピアノが入るから、オケと演奏がずれないように雷電さんとMASAKIさんはクリック音を聴きながら演奏されているんだけど、
オケが入らない、3人の演奏だけで成り立っている曲の時に、鳴っていないクリック音をあれ?聴こえない!ドンカマどこ?!と焦ってしまって、この曲ドンカマねえじゃん、と自己解決しましたーとかそんな。
か、かわいい。。。

そして雷電さんがMASAKIさんのことを、「上手にいるドレッドのお兄さんは誰だー?」みたいに紹介してらした気がする。

MASAKIさんは、ツアー先の札幌からの帰りの飛行機で、搭乗口でMASAKIさんの搭乗券が反応しなかったお話とか。
(行きの飛行機の券をかざしていたそうです)

この日はたかむらさんが舞台袖から戻っていらっしゃるのが早くて、MASAKIさんがお話始めてまもなく登場されていたように思う。
それで、たかむらさんもMASAKIさんも、手荷物検査のゲートでいつも引っかかりがち、というお話とか。
そうですね金属たくさん身につけていらっしゃるイメージですものね・・・ベルトとかブーツとか。

来週の奈良公演で、CANTAは47都道府県すべてでライブしたことになる、というお話もされていたかな。
残り2公演ともにチケットソールドアウトらしい。すごいなー。


からの、本編ラスト3曲。
どれも好きな曲で心底高まった。HEAVEN’S WAITINGのあの高揚感はなんなんだ。血が沸騰する。。。

私はステージに向けてというか宙に向けて手を差し伸べる行為がとても好きなのだけど、
掴みたくて届きたくてそれでも触れることもできない輝くもの、を必死で求めるような心情が好きなのかもしれない。
HEAVEN’S WAITINGではそれが顕著だ。愛しいすべて手離す覚悟を。

曲の終盤、たかむらさんがピックを高く放ったのが見えた。
まさかこんな後ろまで飛んでくることはないだろう、と思ったのも束の間、目の前に落ちていることに気づいて拾い上げた。
とてもうれしかった。


アンコールは、結構長いこと呼び続けた気がする。
あの時間も好き。応えてくださったらいいなと願いながら叫び続ける。

最初にMASAKIさんが、続いて雷電さんが登場されて、ピックを投げてくださる。
そして最後にたかむらさん。

LUKE「アンコールありがとう!お前らが今、必要としているものはなんだー!!」

えっ・・・反応に困る客席。。。

LUKE「・・・お前ら・・・(笑)」

そして始まったのがEVERYBODY NEEDS SOMEBODYだったので納得。
いやその問いかけ難しすぎるでしょ・・・(好き)

そしてどのタイミングか忘れてしまったのだけど、本編終盤かアンコールで

LUKE「埼玉、今日も楽しかったぞー!大好きだ!!」

と叫ばれる場面があって、だ、大好き・・・?大好きっておっしゃった?
私だって大好きですよもう結婚しよう。。。ってなった・・・。
いや、楽しかったよーはよくおっしゃるけど、大好きってあまり聞けなくない?最高か???

そして一番最後の「月とチャリとGuitar」も終わって去り際に、

LUKE「来週で、行ったことのない場所がなくなります。みんなが来てくれるから、できたことです。ありがとう」

と、ゆっくりと客席を見渡すようにしておっしゃって、とても柔らかい笑顔で微笑まれた。

ああ、たかむらさんはいつもそうやって、手渡すようにして優しさをくださる人だな。と思って、また救われたような気持ちになった。

本当に、CANTAの音楽が好きで、ライブの空間が好きで。
今日もここにいてくださってありがとう。


ピックをいただいて帰るのは何年ぶりだろうか。とてもうれしかった。


また秋に。まだ発表されているわけでもないのに、もう次のツアーに思いを馳せている。

季節のうつろいと共に、次の約束のことをぼんやりと考えられるのもまたしあわせなことだと思う。


このたまにしか更新されないblogを、時々読みに来てくださる方々も、ありがとうございます。
自己満足な記憶の記録ですが、自分には大切なものです。宝箱のような。

この先も、共に行きてくれる音楽でありますように。

そう祈ります。


【2018/05/23 01:32】 | CANTAライブ感想 | トラックバック(0) | コメント(1)
<<2018-06-11 ラッコ 巣鴨獅子王(ツーマンシリーズ「ステゴロ」1日目) | ホーム | 2018-04-21 ラッコ高田馬場AREA(ZEALLINK TOUR2018)>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2018/05/24 01:16】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuigulumar0206.blog68.fc2.com/tb.php/650-57149005
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |