FC2ブログ
プロフィール

香菜

Author:香菜
大槻ケンヂ先生、narasakiなっきー、ルーク篁さま、ANGEL-TAKAさん(肉眼で確認できる唯一の天使)、クラオカユウスケさん、点々さんが大好きです。

好きなバンドはCANTA、宇宙戦隊NOIZ、えんそく、My BACTERIA HEAT IsLAND、特撮、筋肉少女帯、coaltar of the deepers、INO HEAD PARK、eversetなど。

ライブという空間が生きがい。
しかし対社会スキルが異様に低いので人が多い場所ではキョドります。すみっこで生きてます。
脳内ダダ漏れチラシの裏blogです。
生まれてすみません。
Twitterでは「ザジ」という名前です。
どちらでも呼びやすい方で呼んでくださいませ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

09 | 2018/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ。
2018−07−31 ラッコワンマンツアー 夏の海水欲情 抗争特区 FINAL公演
ラッコの始動当初からの体制、すなわちIvyさんがいらっしゃるラッコの最後のライブが終わった。

約5日間、ぼんやりと過ごして記憶が戻ってくるのを待っていたけれど、私は今もぼんやりとしている。
なので淡々と、いくつかの記憶だけ書き留めたいと思う。

私はラッコのIvyさんとして、Ivyさんというベーシストに出会えたことは幸運だったと思う。
華やかなステージングも攻めるタイプの音作りも、とても好きだったし、飄々としたお人柄にもとても惹かれた。
この先もベーシストIvyさんとしての活動は続いていくので、私もその姿を見続けられたらいいな。

ラッコとして正式始動する前に「コアラ」という名前での数回のライブ活動、私は最初の1回、
一度だけ観に行った。受け入れがたいとは思いつつも、メンバーさんの熟練度の高さを感じたことは覚えている。
さらにその前、ラッコと同じ構成ではないけれど(milkさんはいなかった)ラメさんのお誕生日イベントで、
SANさんhigiriさん点々さん、そしてIvyさんという組み合わせでのセッションがあった時に、
Ivyさんを数年ぶりにステージで拝見して、記憶の中のIvyさんよりずっと大人びていることに驚いた。
(私はIvyさんのことは2014年に一度か二度、Moranで観たことがあるだけだった。)
全員おそ松さんのパーカーだったなあ。

ラッコの始動は私にとっては喪失だった。
Re:MBHIの終幕とほぼ同時にやってきた事象だったから。
(活動一時停止という立て付けではあったものの、実質的にはプロジェクトの終わりだったと思っている)
ラッコの活動だけがRe:MBHIの終わりの原因でないことは2年近くかけてようやく飲み込めてきたけれど。

喪失感と共にラッコというバンドの活動を追いはじめて、それでも着実に心を掴まれていったのは、
最愛のボーカリストてんてんさんの存在だけではなくて、楽曲とライブが、メンバーの皆さんが魅力的であったのに他ならない。

Ivyさんの脱退はラッコにとっては大きすぎる喪失だと思う。
それでも乗り越えていってほしい。
私はその先の景色が見たいから、というファンとしてのエゴだけれど。

IvyさんがラッコのIvyさんとして存在してくださった最後の記憶は、あまりにも断片的だ。
ただそういう日があったということだけど、残しておきたいと思う。

<2018−07−31 ラッコワンマンツアー 夏の海水欲情 抗争特区 FINAL公演>

セットリスト。
1.液体
2.火花散らしたら
3.白昼夢
4.幽囚谷のバッタ
5.PM5:00
6.幸甚に存じます
MC
7.教育
8.人間博覧会
9.滅亡のブルース
10.本当の自分の物にナッテイナイ物
11.百足
MC
12.Googly eyes
13.ほろ苦ィ。
14.溝鼠讃歌
15.色彩皆無

encore1
1.青年ナイフ
2.液体
3.火花散らしたら

encore2
1.終焉詐欺


MCもほとんどなく、Ivyさんの脱退に直接的な言葉で触れることはなかった。
あくまで私の感覚だけれど、いつも通りのかっこいいラッコを全力で見せようとしてくださっていたように思う。

そしてこれも私の感覚なので、ちげーよと言われても仕方ないけれど、
てんてんさんはライブの前半くらいまでは空回りするぐらい前のめりだったように思う。
いつもだったら水を得た魚のように歌われるライブチューンも、どこか緊張がにじむように感じていた。
そういうてんてんさんは過去に何度か見たことがある。
歌詞をメロディーをちゃんと歌おうと思えば思うほど、力んでしまってそれが焦っているように見えるような。
たとえば年末のツアーファイナルZircoでCamaro69’を歌われた時もそうだった。
大丈夫だよちゃんとかっこいいよ、思うままに歌ってくださったらいいんだよ、とはらはらするような気持ちで見つめながら、ああいつもこんな風に素直に受け取れないのが私の嫌なところだな、と思うなどした。


登場SEはいつものきらきら星アレンジ。
ステージセンターにマイクスタンド。
higiriさんとIvyさんが、続いてmilkさんとSANさんが登場される。
この日は弱肉教職の時の衣装だった。
最後に平さんが登場してマイクスタンドに手をかけるとすぐに1曲目が始まった。

1.液体

Ivyさんがセンターのお立ち台でイントロのベースソロを弾かれることが多いこの曲だけれど、
この日は1曲目で、平さんもマイクスタンドの位置にいらっしゃるせいか、Ivyさんはお立ち台は使われていなかった。
それでも下手の定常の立ち位置から前に出て、ステージの際には出ていらしたと思う。

液体でマイクスタンド使われるのめずらしいと思うのだけど、スタンドごと体を倒すようにされたりとか、派手なステージングをされていてそれがとてもよかった。

2.火花散らしたら

曲に入る前に平さんが「散らして行こうぜ散らして行こうぜ!」と煽っていたのは覚えている。
この日のセットリスト決めたのも平さんなのかなあ、Ivyさんのことは意識して組んであるなあとこの曲の時点で思った。
Ivyさんソロの液体から始まって、Ivyさん作曲の火花で。
(のちに、火花が2回組み込まれていたのでやはり意図的に序盤で1回入れたんだろうな、と思った)

眼鏡屋さん初回盤を通して聴いた時に、この曲が一番好きかなあと思ったことを思い出した。
なお、初回盤では作曲者クレジットが誤植でSANさんになっている。通常盤ABからはIvyさんに訂正された。

milkさんのソロがこの日も冴えていたなあ、印象としてはmilkさんはライブの都度アレンジを変えられることが多いと思っている。

3.白昼夢

この日はhigiriさんがTwitterのヘッダー画像にしていらっしゃるツーバスのセッティングで、
(ヘッダー画像はおそらくBFNのサポート時代のものだと思う)
私はhigiriさんのツーバスを初めて見られたのでとてもうれしかった。

白昼夢のhigiriさんのドラムがとても好きなので目を凝らして見ていた。
なぜならフロアタムが2つあるかどうか確かめたかったから・・・(私の位置からは見えなかった)

白昼夢の時には確信が持てなかったけど、曲間のかき回しの時に、
スティックの動きと音できっとツーフロアなんだなと思った。

4.幽囚谷のバッタ

captured Locust、のシャウトの後にIvyさんmilkさんSANさんが縦ヘドバンというか折りたたみというかの激しい動きをされるのが好きで、この日はより切れ味が鋭い感じだったので魅了された。

この曲は本当に、ラッコの代表曲だなあと思う。楽曲が初公開された時は衝撃だった。完成度とかMVのインパクトとか。
ラッコらしい世界観が確立された曲だと思っている。

5.PM5:00

バッタからのPM5:00、動と静という感じだけれど冷静に考えればPM5:00もさほど静かな曲ではない。
それでも立ち尽くして聴き入ることが許される曲だと思うので、それも含めて私はとても好き。
(音源だと語りにあたるところで拳と声を煽られるけれど、それくらいだと思う)
本当は、てんてんさんの
「茜色に包まれて俺のヒーローは死んだんだ 憧れを亡くして現在まで生き続けてきたよ」
の語りが聴きたいんだけどね。ライブだと省略なのかな。この日も語りは最後の部分だけだったな。
「もう沢山だサッサとソレなりにソレっぽく君も死んでくれ」
死んでくれ、の部分で首に手刀をあてる仕草。

私がてんてんさんに期待してしまうのは、重ねてしまう理想像は、痛々しさや生きることの葛藤や孤独を見せてくださることだから。
茜色の空の情景を、苦しそうな表情で吐露するように歌われる姿が好きだなと思ってしまうので、私はきっと残酷なんだろう。
私の心にも、消えない傷をつけてほしい。忘れられなくなるように。

6.幸甚に存じます

!!このツアーでこの曲がセットリストに入ったのは初だし、ということは私はライブで聴いたのも久しぶりだ。
「君のせいにせず行くと決めたからさ 運命よそこ退いてよ」
この歌詞がやはり印象的だなと思った。「運命」に逆らう、という強い意思。

「浮かれたご様子でいらっしゃるところ誠に恐縮ではございますが ご逝去あそばせていただければ 幸甚に存じます」
この慇懃無礼さも好き。

ここでMC。細かい言い回しはまったく覚えてないので雰囲気です。

平さん「ツアーファイナル、来てくれてありがとうございます。楽しもうぜ。ラッコのライブは一番前から一番後ろまで最前列だから。前に来たいと思ったらスイッチ入れて前に来いよ!隙間埋めていこうぜ!」

平さん「無理かもしれないけど、俺は人が泳いでいるところが見たいんだよ」

平さん飛びたいのかなと思いながら聴いていた。EDGEでダイブされてるのは見たことないから禁止なのかもしれない。
とはいえ、AREAも禁止のはずだけど2014年には飛んでるところ見たしすぐにスタッフさんに戻されてた・・・

7.教育

記憶が確かなら、この曲に入る前にマイクスタンドをセットしてから、「両手をあげてください」とおっしゃっていたような。
なので借り物(本当の自分の物にナッテイナイ物)が始まるのかなと思ったらこの曲だった。

mlikさんがサビでワウペダル使われるのだけど、それがこの日はすごく鮮明に聴こえてとてもよかった。

本当に、教育はてんてんさんの声のためにあるみたいな曲だなあ。

8.人間博覧会

幸甚に続いて博覧会も。一時期に比べたら演奏頻度低めの曲なので聴けてうれしかった。
この曲ににじむ暗さというか葛藤も好き。

「ショーウインドウに並べられた 高値の人形のように古びていく」
そう歌いながら操り人形のように、肘から先をだらりと下げた仕草をするところも変わっていなくて好きだった。

「正解も不正解も最初からないのに 揺らぐ思考 生涯かけて探す筈の自分らしさに 値段はつかない 君は君らしくあるがままでいいのに」

てんてんさんらしい純粋な葛藤だと思う。私にはとても眩しく見える。

9.滅亡のブルース

ファイナルの日にもこの曲が聴けてよかった。
レギュラーチューニングにリアレンジされてから、名古屋、大阪、東京と3回聴けたことになる。
Ivyさんがいらっしゃる間にこの曲が聴けたらと願っていたし、この3回の演奏のためにアレンジを完成させて仕上げてくださったことに感謝している。もちろんこのあとはサポートベーシストさんが弾かれることになるのだけれど。


もしかしたら、私が聴いた中で一番感情のこもった滅亡のブルースだったかもしれない。
私はラッコの曲の中で滅亡のブルースが一番好きで思い入れもあるので、受け取り方が歪んでいるところもあるかもしれないけれど、
この曲を歌われる時の平さんが好きで、こんな風に痛みに寄り添うような歌詞を書いてしまう平さんが好きで。

私にとってMBHIの点々さんは、「自分のために」歌う人だった。
感情が入れば入るほど、ご自分の世界に没頭してしまって孤独の底にいるようにして、客席が目に入らなくなって。
ひとりぼっちの世界で、痛みを振り絞るようにして歌う人だった。
ラッコ以降は、そんな風に断絶の先に行ってしまうことはほぼなくなっていた。

それでもこの日の滅亡のブルースは、そんな過去の点々さんの姿を彷彿とさせてしまうような、そんな印象を受けた。
平さんはご自分の世界に入り込んでいるように見えたし、その歌声はひりひりとした痛みを見せつけるようで、この人は今傷口を開きながら歌っているんだ、と思った。

ああ、こんな風に自分のために、痛みのために歌うてんてんさんを。私はこの先も見ていたいな、と思った。

10.本当の自分の物にナッテイナイ物

SANさんのギターのフレーズとオルガンのオケの音が印象的な曲だ。
この日は上手で見ていたので、SANさんがより美しさを増していらっしゃることと、ステージングに堂々とした華を感じることをまた目の当たりにしてうれしかった。
ずっと美しい人だけれど、フェイスラインがシャープになられたことと、長身をもてあましていらっしゃるのかなと感じていた控えめさが薄くなって、大胆になられたと思う。

11.百足

サークルモッシュがある曲なので、曲に入る前に平さんが「一つになろうぜ」とか「巻き込んでいくぞ」とかそういうことをおっしゃっていたと思う。

百足はhigiriさんが好き。とても好きでずっと見てしまう。
サビに入る前にhigiriさんソロからのIvyさんソロ(というには短いのでソロっぽいフレーズ)がつながるところがあって、
その部分が好きすぎて血が滾る。

ここでMC。ステージ上が暗転している中、メンバーさんの名前を呼ぶ声が響いていて、照明が薄明るく点いて平さんが口を開こうとすると歓声がすっと静まる。

平さん「俺が喋っていようと、空気読まずにずっと名前呼んでてもいいからな!空気読まないで楽しんでるやつが一番かっこいいんだよ!」

ひとしきり、主にIvyさんを呼ぶ声が大きく響き、Ivyさんがそれに応えて、右手を下におろしたまま、掌だけちょっとあげて手を振ってらしたのがかわいくてまた悲鳴のような歓声があがる。

そのほかのこと何も覚えてないな。残り曲数は告知されてたかな。

12.Googly eyes

いつものワンマンよりはちょっとしつこく逆ダイループしていた気がする。
milkさんもIvyさんも上手に来てくださって、つまりメンバーさんが満遍なく上手下手移動されていてうれしかった。
私はその場でジャンプすることしかできなかったけど、かなり激しい逆ダイが繰り広げられていたと思う。

13.ほろ苦ィ。

この日は「ギター!」からの「おまえらの声ー!」だった。(君達の日とおまえらの日がある)

14.溝鼠讃歌

曲に入る前に平さんがフロアを左右に分けさせて、もっとぎゅっと寄ってーとか詰めさせてから、フロアに降りてらした。
EDGEの高めの柵を掴んでひらりとステージに戻ってらしたけど、身体能力高すぎると思う。

あと記憶が曖昧なんだけど、この日溝鼠讃歌以外でもWODというか左右に分けさせてたと思うのにどの曲か思い出せない。
平さんが「俺は左右に分かれるのが大好きなんだよ」とかそんなことをおっしゃっていた。

平さん「次の曲で最後です。俺達の始まりの曲・・・」

15.色彩皆無

ああもう、痛いほど想いの込められたセットリストだったんだなとこの時思った。
私はいまだにこの曲を聴くたびに息が苦しくなる。あの頃、喪失の痛みと向き合いながら受け入れようとしていた記憶が蘇るから。
そうやって音楽は記憶や色や匂いと結びついていく。
私がほしかったのは、与えられたかったのは消えない傷と痛みだから。
てんてんさんはちゃんとそれを与えてくださったんだ、もう叶っていたんだ、とか痛いことを考えていた。

だから空っぽになりながら聴いていたのだけど、この曲にかけられた深い想いに、思いを馳せていた。

encore1

1.青年ナイフ

ステージセンターにセットされたマイクスタンドに平さんが手をかけたのとほぼ同時に、曲が始まった。

平さんの伝えたいこと、が詰まったこの曲を。この日演奏されることを選んでくださって本当によかった。
とても、聴きたかったから。

ただただその光景を目を見開いて見届けることに精一杯だったなと思う。
最後の歌詞はこの日も「震えてる掌翳して」と歌われていた。

次の曲に入る前に何かおっしゃったような気もするけれど、短い感謝の言葉とかそういうことを。

2.液体

この日2回目の液体。1回目の時は下手でソロを弾いていたIvyさんが、この時はセンターのお立ち台を使ってらしたので、最後に観られてよかったなと思った。

3.火花散らしたら

Ivyさんの曲で終わるんだな、と思った。それはつまりそのままの意味で、Ivyさんへのリスペクトなんだと思う。

平さん「またどこかで会えたら遊んでください。俺達もびーさんも続いていくと思うんで」

この言葉ははっきり覚えているけれど、アンコールの最初だったか最後だったか、もしかしたら本編の最後だったかもしれないし、いつおっしゃったのかはよく覚えていない。

そして去り際に

平さん「今日は本当に本当にありがとう!!」

と叫んで、手を上げてから去って行かれた。

ダブルアンコールを求める声が長く響いたけれど、終演のアナウンスが2回流れて、客席もあきらめて物販列が形成された頃に、幕の向こうから音が聴こえてきて、客席が騒然となった。

こんなタイミングでアンコールが始まるのは初めて見た。

encore2
1.終焉詐欺

最後の最後に終焉詐欺か・・・!
初期は特に、ライブの最後に演奏されることが多かった曲だし納得感があった。
諦めて帰ってしまった人達のことを思うと胸が痛んだけれど、応えようという気概はうれしいと思った。

1曲さらりと演奏されて、颯爽と去っていかれたから本当に時間がない中応えてくださったのかもしれない、と考えた。

ライブ感想はここまで。

Ivyさんラストであるという意味では、泣かせてくれる隙はなかった。
いつもどおりのかっこいいライブに終始徹してらしたし、Ivyさんが口を開くことはなかった。
笑顔が眩しくていたずらっぽくて、とても魅力的な、いつものIvyさんだった。


最後にツイート引用。








あー。Ivyさんいなくなるんだなあ。

(本当は嫌だよ寂しいよって言いたかった、けど、あまり言うタイミングなかった、な。)


バンドって奇跡みたいなものだ。
すべての困難を超えて、存在してくださっていることに感謝したいし、
同じ時代に生きることができてよかった。

広い宇宙を軌道を描いてまわりながら、もしもはぐれてしまうことがあっても、いつかまた巡り会えるよって。
そんな夢みたいなことを、わりと本気で信じている。


私の痛々しい妄言を最後までスクロールして読んでくださった方、もしいらしたらありがとうございました。
読了のしるしに拍手ボタン押してくださったらうれしいです(定型文なので気にしないでね、うれしいけど)


Ivyさん、今まで本当にありがとうございました。
ラッコのIvyさんが好きだったし、これからはサポート活動をされているIvyさんを観に行きたいなと思う。

そしてこれからのラッコと、平一洋さんからも。目を離さずにいられますように。

【2018/08/05 15:05】 | ラッコ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<2018−08−14 MORRIGAN × ラッコ 2マン『独眼竜』仙台公演 Space Zero | ホーム | 2018−07−28 ラッコワンマンツアー 夏の海水欲情 抗争特区 大阪公演>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nuigulumar0206.blog68.fc2.com/tb.php/661-c3c8d1bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |